GOSE@趣味と投資と徒然模様

初めまして、GOSEです。趣味のゲームやアニメ、投資関連。最近は阪神タイガース記事を中心に書いています。阪神今年は優勝や!!

GOSE@趣味と投資と徒然模様

岩貞 今季初先発で6回1失点の好投! 猛虎打線も爆発で8打点! 18年4月15日 阪神vsヤクルト 第3戦目

スポンサーリンク

閲覧ありがとうございます!!

GOSEです(^^)/

 

 さて本日4月15日に行われた阪神vsヤクルト 3戦目

 

ペナントとしては14試合目となる今回、阪神はホーム甲子園で泥沼の3連敗中、借金1と残念な結果となっています。

 

しかも前回は、今季初の完封負けと6失点で T0ー6S

 

甲子園に阪神ファンの溜息と涙が、雨と共に降り注いていました。

 

今回の先発は、連敗阻止の期待が掛かる今季初登板となる岩貞投手

 

昨年は、防御率4.96と安定性をかき、2017年8月8日の巨人戦で、1イニング5四球と、球団でワーストタイの記録で4回7安打6失点と降板後、試合途中に金本監督に帰阪を命じられ、抹消。

 

長らく2軍で調整を行っていた岩貞投手が1軍に帰ってきました!

果たして阪神の連敗を阻止出来るのか! 

 

注目の一戦!

 

今日も気合いれて応援していきますよ!!('◇')ゞ

f:id:GOSE:20180405220345j:plain

 

 

 

 

4月15日 阪神vsヤクルト 第3戦目  感想と結果について

 

最初に

 

2017年の7月頃から野球を再度見始めた、にわか阪神ファンです。

ルール自体は殆ど知っていますが野球理論など、わからない事は多いです。

 

ただ阪神と野球自体は昔から好きで応援はしておりましたが、往年のファンの方々から見たら、たまに変な事を書いているかも知れません。

 

しかしブログに書いていく事によって、改めてどんな試合だったかを振り返ったり、試合内容をじっくり観るようになり、より一層楽しむ事が出来ていると思います。

 

野球記事としては、未熟な点が多々あると思いますが、よろしくお願い致します。

 

 

阪神スタメン

 

1番(中)高山

2番(二)鳥谷

3番(右)糸井 

4番(一)ロサリオ 

5番(左)福留

6番(遊)糸原

7番(三)大山 

8番(捕)梅野

9番(投)岩貞

 

 阪神スタメンは、1~2番が前々回に戻り

 

1番(中)俊介⇒高山

2番(二)山崎⇒鳥谷

 

中々結果が出せてない二人ですが、復活の狼煙を上げる事が出来るでしょうか。

 

あとは(遊)糸原選手が6番のままで、7番大山選手も変わらず。

 

注目は今季初先発の岩貞投手。

 

なかなか制球が定まらず、2軍で調整を行っていましたが、金本監督が視察に訪れた4月10日のウエスタン・ソフトバンク戦で3回2安打無失点の好投で1軍復帰と、今回の試合をチャンスとし、躍動してほしいです!

 

よろしくお願いします!('ω')

 

ヤクルトスタメン

 

1番(二)山田哲

2番(遊)西浦

3番(左)バレンティン

4番(中)青木

5番(三)川端

6番(右)雄平

7番(一)坂口

8番(捕)中村

9番(投)石川

 

 

ヤクルト野手陣は、前回と大きく変更となっていて、下記のようになっています。

 

1番(二)山田哲

2番(中)山崎

3番(左)バレンティン

4番(右)雄平

5番(一)坂口

6番(遊)西浦

7番(三)奥村

8番(捕)中村

9番(投)由規

 

1・3・8番以外は変動ありと、これがどう影響してくるか・・

 

先発は由規投手

 

今季は2回目の登板でしょうか。

 

 2011年以来7年ぶりに開幕ローテーション入りと、勝負の年になりそうな感じですね。

 

開幕第3戦DeNA戦と登板も4回3失点で降板、その後はファームで調整後、今日の試合に臨む形となる、由規投手。

 

岩貞投手か由規投手か、どちらに勝利の女神は微笑むのか。

 

 

試合開始です!

 

 

1~9回表 ヤクルトの攻撃

 

阪神投手陣

 岩貞投手の立ち上がりはヤクルト打線を三者凡退と良い形。

 

その後は、ほぼ毎回ランナーを溜めピンチを迎えますが、最後にしっかりと抑え込み、ヤクルトに得点を許しません。

 

しかし5回表にヤクルト 9番(投)由規投手⇒代打・廣岡選手のセンターヒット、1番(二)山田哲人選手にもレフトヒットと連打を浴び、

 

1アウト1・3塁のピンチに2番(中)山崎⇒代打・鵜久森選手の犠牲フライで、スコアはT3-1Sとなります。

 

3番(左)バレンティン選手にフォアボール

 

このままズルズルといってしまうのか・・と

 

4番(右)雄平選手をピッチャーゴロで抑え込み、ピンチを1失点で切り抜けます。

 

6回表は三者凡退で締め、勝利投手の権利を得て、7回表からはマテオ投手にマウンドを託します(炎上しませんように、炎上しませんように・・・) 

 

しかし今日はマテオ投手、調子よく7回を三者凡退!

マテオ投手から変わった桑原投手も、8回表を三者凡退!

 

桑原投手から変わった石崎投手も、9回表を三者凡退・・・とは行かず、

 

ヤクルト打線が根性で最終回に2点を返しますが、7点差は返せず、ゲームセット!

 

阪神 投打が噛み合った良い結果となりました!

 

ヤクルト打線

ヤクルト打線はヒットを重ねつつも、阪神先発岩貞投手に、5回まで抑え込まれます。

 

しかし5回に代打攻勢で、2番(中)山崎⇒代打・鵜久森選手の犠牲フライで1得点

 

鵜久森選手は7日の巨人戦で代打で今季初打点を上げ、昨年はDeNA戦、代打サヨナラ満塁HRを放つなど、やはり結果を出しますね。

 

スコアはT3-1Sとなります。

 

 

その後はチャンスを作れず、最終回に2点を返すも力尽きてゲームセット。

 

昨日までの阪神なら、3打点でも3連勝としていたかもしれませんが、全体的に抑え込まれていたと思います。

 

1~9回裏 阪神の攻撃 

 

阪神打線

一回裏 1番(中)高山選手は空振り三振に倒れながらも 長らく不調だった2番(二)鳥谷選手、1回裏から右中間ツーベースと久々の良い当たり!

 

3番(右)糸井選手はフォアボールで、1アウト1・2塁となりましたが、

もはやいつもの通りの4番(一)ロサリオ選手はライトフライで2アウト

 

しかし最近勢いに乗っている、5番(左)福留選手が、開始から早々やってくれました!

 

フルカウントからのレフトタイムリーヒットで阪神が先制点!

 

スコアはT1-0Sとなりました(^^)

 

幸先いいですねー!

 

 

その後は、2塁までランナーを進めますが、チャンスに後一発が出ず4回裏を迎えます。

 

4回裏 2アウトから 2番(二)鳥谷選手が2打席連続ヒットとなるレフトヒットを放ち、チャンスを広げます

 

続く3番(右)糸井選手 ヤクルト先発由規投手が放った初球でした。

 

第3号となるセンター2ランホームラン!

 

キタアアアアアアアアアアアアアアアアア( ゚Д゚)

 

やっぱりホームラン見ると興奮しますねえ!

 

これによりスコアはT3-0Sとなり、ヤクルトを引き離します!

 

続く4番(一)ロサリオ選手も、久々にセンターヒットを放ちますが、5番(左)福留選手は空振り三振に倒れました。

 

5回裏

6番(遊)糸原選手がヤクルト由規投手から変更となった中尾投手から、いきなり左中間ツーベースを放ち、チャンスを広げます。

 

7番(三)大山選手も、ライトタイムリーヒットと久々に良い当たりとなり、1打点!

 

その後は抑え込まれますが、

 

スコアはT4-0Sとなり、昨日一昨日とは違い、打線が好調ですね!

 

嬉しい( *´艸`)

 

しかし今日の阪神は、これで終わりではなかったのです。

 

7回裏

 

ヤクルト中継ぎ 山中投手をメッタ打ちにし、

 

2アウトの状態から、

 

1番(中)高山選手 ショートヒット

2番(二)鳥谷選手 センタータイムリーヒット

3番(右)糸井選手 右中間2点タイムリーツーベース

4番(一)ロサリオ選手 レフトタイムリーヒット

 

と、チャンスで打ててなかった高山選手、鳥谷選手、ロサリオ選手が打ってくれたのが嬉しかったですね。

 

特に鳥谷選手が今季初の猛打賞と、不調を吹き飛ばす大車輪の活躍でした!!

 

その後は追加点は無しでしたが、今日は8打点と打線が回り、観戦してて気分の良い結果となりました!!( *´艸`)

 

ヤクルト投手陣

 

ヤクルト先発由規投手は、4回3失点とゲームを作れず降板。

 

続く中尾投手も、5回裏に長打2発を浴び、1失点。

 

7回裏から入った山中投手は先頭打者となる7番(三)大山選手をフォアボールで塁に出しますが、2アウトまで阪神を追い込みますが・・・

 

1番(中)高山選手 ショートヒット

2番(二)鳥谷選手 センタータイムリーヒット

3番(右)糸井選手 右中間2点タイムリーツーベース

4番(一)ロサリオ選手 レフトタイムリーヒット

 

と阪神クリーンナップに連打を浴び、4失点と炎上。

スコアはT8-1Sとなります(´・ω・`)

 

その後は抑え込みますが、先発中継ぎと不安定な結果となりました。

 

阪神vsヤクルト 感想

 

昨年の2017年8月8日の巨人戦、私もテレビ観戦してまして、阪神岩貞投手が1イニング5四球で、メタメタにされて降板したのを見てたので、今日は大丈夫かなあ・・っと心配してたのですが・・・

 

結果は6回1失点の好投!

 

 マテオ投手、桑原投手も0点に抑え込み、石崎投手が最終回2点を許すなど、少しハラハラしましたが、結果は・・・

 

スコアはT8-3S

 

阪神 打数35 安打13 打点8

ヤクルト 打数31 安打6 打点3

 

と、完勝!!

 

甲子園は昨日の雨も落ち着き、晴れ晴れとした結果に現地観戦していた観客の方々も、良い週末になったのではないでしょうか( *´艸`)

 

まあ3連敗はショッキングでしたが、長いシーズン色々あるでしょうし、

最後負けるより、勝ってくれた方がなんとなく気分良いですしね( *´艸`)

 

この調子で、前回京セラドーム3連戦で負け越した中日戦も、ガツンと!

 

3連勝でお願いします!

 

いくで、阪神!今年は優勝や!

f:id:GOSE:20180326001006j:plain

 

他球団の結果

 

セ・リーグ

 

巨人 4-5 広島

 

広島が逃げ切り連勝と、巨人はリーグ最速10敗目。

上原投手が3失点と、良くないようです。

 

DeNA 6-1 中日

 

DeNAが17年ぶり8連勝と首位を盤石なものにしています。

高卒2年目京山投手がデビュー3戦3勝と絶好調ですね。

 

パ・リーグ

 

オリックス 7ー0 日本ハム

 

オリックス 山岡投手が6回無失点で今季初勝利。7得点で快勝ですね。

 

ソフトバンク 7-6 ロッテ

 

ソフトバンク柳田選手に逆転サヨナラツーランホームランを打たれ、ロッテが沈みました。

 

楽天 12-6 西武

 

楽天2年目池田投手がプロ初勝利と、大量得点で西武を破っています。

 

2018年 4月15日時点での順位

 

セ・リーグ

 

1 DeNA 試合数14 勝9 敗5 引0 

2 広島 試合数15 勝9 敗6 引0 勝差0.5

3 ヤクルト 試合数15 勝8 敗7 引0 勝差1

4 阪神 試合数14 勝7 敗7 引0 勝差0.5

5 中日 試合数15 勝6 敗9 引0 勝差1.5

6 巨人 試合数15 勝5 敗10 引0 勝差1

 

パ・リーグ

 

1 西武 試合数14 勝11 敗3 引0

2 ソフトバンク 試合数12 勝7 敗5 引0 勝差3

3 ロッテ 試合数13 勝7 敗5 引0 勝差0.5

4 日本ハム 試合数14 勝7 敗7 引0 勝差0.5

5 オリックス 試合数14 勝4 敗9 引1 勝差2.5

6 楽天 試合数15 勝4 敗10 引1  勝差0.5

 

最後に

 

いや~今日は気分よく勝ってくれてうれしかったですね( *´艸`)

明日から、また1週間ですが頑張って行こうと思います!

 

 

 

さてさて、ここまで読んで頂き、ありがとうございます!

また次回に~(^^)/

 

 

ブログランキングに参加しています!

 

もし宜しければ下記ボタンをポチっと押して頂けますと、

記事作成の励みになります!(^^)

 

 

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
にほんブログ村

 


阪神タイガースランキング