GOSE@趣味と阪神とタイガース模様

初めまして、GOSEです。趣味のゲームやアニメ、投資関連。最近は阪神タイガース記事を中心に書いています。阪神今年は優勝や!!

GOSE@趣味と阪神とタイガース模様

大谷翔平 メジャー2勝目となる7回無失点12奪三振 平野佳寿はメジャー初勝利

スポンサーリンク

閲覧ありがとうございます!!

GOSEです(^^)/

 

二刀流、大谷翔平選手が、またもやメジャーの歴史に名前を刻む事になりました。

 

前回の大谷翔平選手の記事では、メジャー3試合連続ホームランの記事を書きましたが・・・・

 

www.gosekun.com

 

エンゼルスタジアムで、日本時間9日に行われた エンゼルスーアスレチックスで、

 

堂々たる2勝目を挙げたとの事です!

 

いやー本当に連日驚かせてくれますよね('ω')

 

今回は、大谷翔平選手の2勝目の詳細と、平野佳寿選手についてご紹介したいと思います!

f:id:GOSE:20180409132756j:plain

 

 

大谷翔平選手 メジャー2勝目! 7回無失点12奪三振の詳細

 

アスレチックススタメン

 

1番(左)ジョイス 

2番(遊)セミエン

3番(二)ローリー

4番(指)デービス

5番(一)オルソン 

6番(三)チャプマン 

7番(捕)ルクロイ 

8番(右)ピスコティ

9番(中)スモリンスキー

 

1回表 注目の立ち上がり

 

大谷選手、注目の立ち上がりだったのですが・・・

 

1番(左)ジョイス 空振り三振

2番(遊)セミエン 空振り三振

3番(二)ローリー 空振り三振

 

クリーンナップを三者連続三振に仕留め、地元ファンからは大喝采!

最初から、とんでもないですね。

 

2回表 アスレチックスの攻撃

 

4番(指)デービス 中ライナー

5番(一)オルソン 空振り三振

6番(三)チャプマン 左ライナー

 

2回では5番オルソンを空振り三振とし、三者凡退

 

3回表 アスレチックスの攻撃

 

7番(捕)ルクロイ ファーストフライ

8番(右)ピスコティ 空振り三振

9番(中)スモリンスキー 空振り三振

 

2三振を奪い 3回もランナーを許しません。

 

4回表 アスレチックスの攻撃

 

1番(左)ジョイス ファーストゴロ

2番(遊)セミエン 空振り三振

3番(二)ローリー セカンドゴロ

 

打順が1巡回って、1番からとなりますが、ここでも三振を1つ奪い三者凡退。

 

5回表 アスレチックスの攻撃

 

4番(指)デービス 空振り三振

5番(一)オルソン 空振り三振

6番(三)チャプマン 空振り三振

 

なんかこう、書き間違えたかな?って感じなんですが、

ここでも圧巻の三者連続三振

 

6回表 アスレチックスの攻撃

 

7番(捕)ルクロイ ライトフライ

8番(右)ピスコティ セカンドゴロ

9番(中)スモリンスキー 空振り三振

 

6回も1三振を奪い、三者凡退。

ここまで1人のランナーも許さず、11個の三振を奪うなど、圧巻の投球。

 

7回表 アスレチックスの攻撃

 

1番(左)ジョイス ショートライナー

2番(遊)セミエン レフトヒット

 

ここで(ようやく)ヒットを打たれ、1塁にランナーが進みます。

 

3番(二)ローリー フォアボール

 

さすがに疲れが出始めたのか、フォアボールで1アウト1・2塁となります

 

4番(指)デービス ピッチャーゴロ

 

得点圏にランナーがいる状態で、2017年に、2年連続シーズン40本塁打以上放っている、 

 

アスレチックス4番 クリス・デービスを迎えます。

(2016年 42本 2017年 43本)

 

しかし、真中低めに放った渾身の一球でピッチャーゴロに打ち取りました

 

その間にランナーは2・3塁に進んでいます。

 

5番(一)オルソン 空振り三振

 

尚もピンチが続く中、オルソンを空振り三振に仕留め、合計で12奪三振!

 

大歓声の中、7回を終えた大谷翔平はマウンドを降りました。

 

 

試合結果

 

エンゼルス 6ー1 アスレチックス

 

エンゼルス野手陣も奮闘し6得点

 

160キロに迫る直球と、切れ味抜群のスプリットを武器に7回1死まで完全投球!

 

大谷翔平選手 文句なしの2勝目となりました( *´艸`)

 

www.youtube.com

 

3試合連続ホームランかつ2桁奪三振を同一シーズンに記録した選手は、過去にケン・ブレッド(1973年)とベーブ・ルース(1921年)だけで史上3人目なんだそうです。

 

 また米スポーツサイト「デッドスピン」では、

 

「ショウヘイ・オオタニは明らかにこの惑星由来ではない」

 

の見出しで紹介。

 

大谷翔平選手は、どこの惑星出身なのでしょうかね(´・ω・`)

 

 

平野佳寿は、メジャー初勝利

 

平野佳寿投手とは

 

オリックスに2006年~2017年まで在籍し、2018年には海外FA権にてアリゾナ・ダイヤモンドバックスと2年契約を結び移籍。

 

選手としての特徴は、平均球速148キロ、最速156キロのストレート。

変化球はフォークボール、スライダー、カーブを投げる。

 

先発から中継ぎへ転向後はストレートとフォークボールを中心に投げ、四球が極端に少なく、多数の三振を奪う事が出来る投手です。

 

メジャー初勝利について

 

大谷翔平選手と時と同じく、日本時間9日。

メジャー6試合目の登板となったこの日。

 

カージナルスーダイヤモンドバックスの試合で1-1となった7回に登板、三者凡退に抑えると8回に味方が勝ち越し、1-4となり平野選手に白星がつき、初勝利となりました。

 

大谷翔平選手に隠れて、少し報道が少なかったので、僭越ながら記事にさせて頂きました('◇')ゞ

f:id:GOSE:20180409145926j:plain

 

最後に

 

2018年度 メジャーに在籍している日本人選手は8名。

 

ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手

シカゴ・カブスのダルビッシュ有選手

ニューヨーク・ヤンキースの田中将大選手

ロサンゼルス・ドジャースの前田健太選手

ご紹介させて頂きました、アリゾナ・ダイヤモンドバックスの平野佳寿選手

サンディエゴ・パドレスの牧田和久選手

マイアミ・マーリンズの田沢純一選手

そして6年ぶりにシアトル・マリナーズに復帰したイチロー選手ですね。

 

こう見ると、投手が中心ですね。

 

野手としては、もはや野球を普段見ない人でも、日本人として知っているであろうイチローは伝説として、別格かと思います。

 

レジェンドですね(´・ω・`)

 

野球をしっかり見るようになって、まだ日は浅いですが、その魅力にドップリとハマりつつあります。

 

今後は、阪神タイガースを中心にメジャーで活躍している日本人選手も記事にして行けたらなあと思います。

 

時間の許す限りですけどね!

 

さてさて、ここまで読んで頂きありがとうございます!

また次回に~(^^)/

 

 

野球ブログランキングに参加しています!

 

もし宜しければ下記ボタンをポチっと押して頂けますと、

記事作成の励みになります!(^^) 

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
にほんブログ村 


阪神タイガースランキング