GOSE@趣味とガンバとタイガース模様

初めまして、GOSEです。趣味のゲームやアニメ、投資関連。最近は阪神タイガース記事を中心に書いています。阪神今年は優勝や!!

20181121210904

小野7回途中2失点もマテオは3連続押し出しで炎上 広島vs阪神 第8戦目

スポンサーリンク

閲覧ありがとうございます!!

GOSEです(^^)/

 

5月11日の広島7回戦は、能見投手が4回9失点、続く中継ぎ山本投手が5失点と今季ワーストの14失点での完全なる敗北となった試合でした。

www.gosekun.com

 

まあ2回の時点で9失点は、今の阪神打線を見ると終戦状態でしたね。 

 

悔しいを通り越して、何か達観した賢者モードとなってしまいましたが、広島の勢いをとめ4連敗とならないように、奮起してもらいたいものです!

 

広島戦8回戦、ペナントとしては33試合目となる今回!!

 

注目の一戦!

 

今日も気合いれて応援していきますよ!!( ゚Д゚)

f:id:GOSE:20180501183247j:plain

 

 

5月12日 広島vs阪神 第8戦目 感想と結果について

 

最初に

 

2017年の7月頃から野球を再度見始めた、にわか阪神ファンです。

ルール自体は殆ど知っていますが野球理論など、わからない事は多いです。

 

ただ阪神と野球自体は昔から好きで応援はしておりましたが、往年のファンの方々から見たら、たまに変な事を書いているかも知れません。

 

しかしブログに書いていく事によって、改めてどんな試合だったかを振り返ったり、試合内容をじっくり観るようになり、より一層楽しむ事が出来ていると思います。

 

野球記事としては、未熟な点が多々あると思いますが、よろしくお願い致します。

 

阪神スタメン

 

1番(中)江越

2番(遊)糸原

3番(右)糸井 

4番(左)福留 

5番(一)ロサリオ

6番(二)板山

7番(三)大山

8番(捕)梅野

9番(投)小野

 

今回のスタメンは上記の通りで、前回を大きく変わっていますね。

 

1番には前回に引き続きHRも打った江越選手。

 

2番には糸原選手を置いて、長らく4番に座っていたロサリオ選手は5番に移動し、代わりにキャプテン福留選手が4番となりました。

 

注目は今季初1軍昇格でスタメンとなった6番(二)板山選手でしょうか。

 

2015年ドラフト6位で入団、16年はルーキーとして40試合に出場しましたが、17年の公式戦の出場は、わずか3試合で3打席3三振と厳しいシーズンとなりました。

 

14失点での敗北後に廻ってきたスタメン出場というチャンス。

果たして結果を残す事が出来るのでしょうか。

 

先発は熱烈応援している小野投手!

 

にわかながら思う事は、野球において先発ピッチャーは凄く重要なんだなあっと。

 

昨日の能見投手は2回9失点と、ほぼチェックメイト状態になった事を考えるとチームが3連敗中となる中、嫌な雰囲気を払拭してもらいたいです。

 

5月5日の中日戦では7回2失点の好投でチームを勝利に導きました。

 

今日もよろしくお願いします!!!!

 

広島スタメン

 

1番(遊)田中 

2番(二)菊池 

3番(左)バディスタ

4番(右)鈴木

5番(一)松山

6番(三)安部

7番(中)野間

8番(捕)會澤

9番(投)大瀬良

 

スタメンは上記の通りです。

 

先発は大瀬良投手!

 

現在4勝2敗と、5月5日のヤクルト戦では3年ぶりの完投勝利を挙げています。

 

先発ローテの軸として奮闘している大瀬良投手ですが、本日はどのようなピッチングとなるでしょうか・・・

 

試合開始です!!

 

広島vs阪神戦 試合内容と感想

 

阪神投手陣

小野投手の立ち上がり、1回は1アウトの状態で2番(二)菊池選手にセンターヒットを打たれますが、後続を抑え無得点。

 

2回裏 広島の攻撃

 

しかし2回に課題としている制球が乱れ、

 

先頭打者5番(一)松山選手にセンターヒットを打たれ、6番(三)安部選手にはフォアボールとなりノーアウト1・2塁。

 

続く7番(中)野間選手を空振り三振としましたが、8番(捕)會澤捕手は

デッドボールとなり1アウト満塁のピンチ。

 

9番(投)大瀬良投手 フルカウントから小野投手の152キロのストレートをはじき返し、ライト線2点タイムリーツーベースを打たれます(*_*)

 

今季初ヒットでタイムリーと打点は4年ぶりと、このタイミングでやられましたね。

 

後続の1番(遊)田中選手、2番(二)菊池選手を抑え、昨日の事を考えると2失点で済んで良かった回となりました。 

 

7回裏 広島の攻撃

 

5回表に板山選手のレフトソロホームランが出ましたので1点ビハインドの状況。

 

ここまで追加点を許さなかった小野投手ですが、

9番(投)大瀬良⇒代打・エルドレッド選手にライトヒットを打たれ、ノーアウト1塁。

 

広島は塁に出たエルドレッド選手に代わって代走上本選手が入ります。

 

これを覚えておいてください。

 

1番(遊)田中選手は何としてでも塁に出したくない状況・・でしたが、痛恨のフォアボール。

 

ここで金本監督動き、小野投手⇒マテオ投手に交代となりました。

 

7回裏途中で無念の降板。 

小野投手の悲痛な、悔しそうな表情がクローズアップされていました。

 

小野投手、お疲れ様でした!

 

さあ、ノーアウト1・2塁のピンチですが、マテオ投手頼んます!!

 

2番(二)菊池選手 センターヒット 

f:id:GOSE:20180421190108j:plain

 

ノーアウト満塁となりましたが、大丈夫。

マテオ投手はここからが本番だから

 

3番(左)バディスタ選手 ライト犠牲フライ

 

ぐふぉっ( ゚Д゚)吐血

 

これによりスコアはC3-1Tとなり、チーム状況を考えて痛い失点となりましたが、いやまあ・・・仕方ないですよ、この状況で1点は仕方ない。

 

4番(右)鈴木選手 フォアボール

f:id:GOSE:20180421190108j:plain

 

これにより満塁となりましたが、続く5番(一)松山選手をセカンドフライに打ち取り、2アウト満塁。

 

よっし、あと1人!!

 

6番(三)安部選手 フォアボール

7番(中)野間選手 フォアボール

8番(捕)會澤選手 フォアボール

 

まだ、慌て・・・オイイイイイ( ゚Д゚)

 

ここで金本監督、渋い顔でピッチャー交代の指示。

マテオ投手⇒尾仲投手に変更となりました。

 

ボール先行でフルカウントとなり、危うかったですが、打順一巡で回ってきた上本選手をレフトフライに打ち取り、長い7回裏が終わりました。

 

その後は、8回裏に石崎投手が登板し3連続三振で広島の攻撃は終わりました。

 

阪神打線

 

打線は今日も沈黙で、ヒットは単打で出ますが、得点には結びつきません。

 

5回表 阪神の攻撃

 

2点ビハインドで迎えた5回、今季初スタメンとなった板山選手から始まりましたが・・

 

6番(二)板山選手が、この場面でプロ初本塁打となるレフトソロホームラン!!!

 

キタアアアアアアアアアアアアアアアアアア( ゚Д゚)

 

 

1打席目は、ショートゴロに倒れましたが2打席目、2ボール1ストライクからの4球目を左翼スタンドに叩き込みました!!

 

スコアはC2-1Tとなり、ゲームがわからなくなってきましたね!

後続の大山選手、梅野捕手、小野投手が倒れましたが、士気的にも価値のある1本となりました( *´艸`)

 

ここで今日の阪神打線の見せ場は終了です。

 

最後の最後までパッとしない状態。

最終スコアはC6-1Tで、またもや阪神の敗北となりました。

 

広島vs阪神戦 感想

 

今日も広島の日・・・ってか、途中までは良い試合でした。

 

2回裏に阪神先発小野投手が、同じく広島先発大瀬良投手に2点タイムリーを打たれ先制点は広島から。

 

昨日の事を考えたら2失点なんて、屁でもないですね。

 

5回表に 今季初スタメンとなった板山選手が1点差に詰め寄る、貴重な一発を放ってくれましたので、ゲームはまだまだ分からない状態でした。

 

しかし・・・7回裏

 

疲れが出てきたのか100球を超えた小野投手がヒットとフォアボールで崩れ、無念の降板。

 

ここで金本監督の大誤算となってしまったマテオ投手が登板します。

 

ここからがマテオ劇場となってしまったのですが、コントロールが乱れに乱れ、なんと3連続押し出しとなり、犠牲フライと合わせて4失点。

 

阪神の自爆でゲームは終了しました。

 

なんていうか広島は、やっぱり強いですね。

完全に阪神より格上で、現状では投打共に負けてます。

 

打線は沈黙、頼みの中継ぎ陣もダメとなると、早急に修正を行わなければズルズルと敗戦を重ねるばかりですね。

 

金本監督は「どうすれば良いかわからない」とインタビューで答えていましたが、何とか奮起してもらいたいものです。

  

明日こそよろしくお願いします!!

 

いくで阪神!今年は優勝や!!( ゚Д゚)

f:id:GOSE:20180326001006j:plain

 

他球団の結果

 

セ・リーグ

 

中日 6-0 巨人

 

中日先発ガルシア投手が来日初完封で4勝目をあげました。

5月5日の阪神戦では、5回4失点の成績でしたが本領発揮といった所でしょうか。

 

ヤクルト 6-5 DeNA

 

11回に満塁の状態で青木選手が死球を選び押し出し。この1点が決勝点となり、ヤクルトが延長戦を制しました。

 

パ・リーグ

 

ロッテ 11-2 西武

 

 西武は投手陣が崩壊し、得意の打線も沈黙気味で4連敗となっています。 

 

楽天 2-0 オリックス

 

 楽天エース 則本投手がオリックス打線を、わずか1安打に封じ快勝しています。

 

日本ハム 5-3 ソフトバンク

 

 日本ハムは2回表 1アウト満塁 1点ビハインドの状態で中島選手が逆転満塁ホームランを放ち勝利に貢献しました。

 

2018年 5月12日時点での順位

 

セ・リーグ

 

1 広島 試合数35 勝22 敗12 引1 

2 巨人 試合数35 勝17 敗16 引1 勝差4

3 阪神 試合数33 勝16 敗17 引0 勝差1.5

4 DeNA 試合数32 勝14 敗16 引2 勝差0.5

5 中日 試合数35 勝15 敗19 引1 勝差1

6 ヤクルト 試合数34 勝14 敗19 引1 勝差0.5

 

パ・リーグ

 

1 西武 試合数34 勝23 敗11 引0

2 日本ハム 試合数35 勝20 敗15 引0 勝差3.5

3 ソフトバンク 試合数33 勝18 敗15 引0 勝差1

4 ロッテ 試合数33 勝15 敗18 引0 勝差3

4 オリックス 試合数37 勝16 敗20 引1 勝差0.5

6 楽天 試合数34 勝10 敗23 引1  勝差4.5

 

最後に

阪神 打数32 安打5 打点1

広島 打数30  安打8 打点6

 

負けちゃうのは仕方ないですが、昨日今日とモヤモヤする試合が続いています。

 

今日は糸井選手、福留選手、大山選手、梅野捕手がノーヒットで、投げては四球が8個と、まあ勝てないっすね。

 

5番となったロサリオ選手は17打席ぶりに辛うじてヒットを放ちましたが、期待されていた成績とは程遠い状態で、どこかで吹っ切れて欲しいものです。

 

板山選手は、今後もチャンスを掴んでいってもらいたいですね。

 

4連敗と、悔しい状況ですがファンとしては応援していくのみです!!

 

さてさて、ここまで読んで頂きありがとうございます! 

また次回お会いしましょ~(^^)/