GOSE@趣味と阪神とタイガース模様

初めまして、GOSEです。趣味のゲームやアニメ、投資関連。最近は阪神タイガース記事を中心に書いています。阪神今年は優勝や!!

GOSE@趣味と阪神とタイガース模様

中谷の一打で今季初のサヨナラ勝ちで歓喜の4連勝と3位浮上!対巨人11回戦

スポンサーリンク

閲覧ありがとうございます!!

GOSEです(^^)/

 

前日の試合、打線に関してはほぼ完璧に菅野投手に封じ込められてましたが、糸井選手の150本塁打と岩貞投手の気迫あふれる投球で、菅野投手との投げ合いを制し、今季3勝目をあげました!

www.gosekun.com

 

最後の最後まで目が離せない熱い試合でしたが、本日もお互いにとって負けられない試合が続きます!

 

巨人11回戦、ペナントとしては43回目となる今回!

 

注目の一戦!!

 

今日も気合いれて応援していきますよ!!('◇')ゞ

f:id:GOSE:20180501183247j:plain

 

 

5月26日 阪神vs巨人 第11戦目 感想と結果について

 

最初に

 

2017年の7月頃から野球を再度見始めた、にわか阪神ファンです。

ルール自体は殆ど知っていますが野球理論など、わからない事は多いです。

 

ただ阪神と野球自体は昔から好きで応援はしておりましたが、往年のファンの方々から見たら、たまに変な事を書いているかも知れません。

 

しかしブログに書いていく事によって、改めてどんな試合だったかを振り返ったり、試合内容をじっくり観るようになり、より一層楽しむ事が出来ていると思います。

 

野球記事としては、未熟な点が多々あると思いますが、よろしくお願い致します。

 

阪神スタメン

 

1番(遊)植田

2番(二)糸原

3番(右)糸井

4番(一)ロサリオ

5番(左)中谷

6番(三)大山

7番(中)江越

8番(捕)梅野

9番(投)小野 

 

 本日のスタメンは上記の通りで、福留選手が休養日の意味合いでベンチスタートとなり、3番に糸井選手、5番には中谷選手、7番に江越選手となっています。

 

4番ロサリオ選手ですが、前日では3打席3三振と散々な内容で、巡ってはきませんでしたが9回の4打席目では金本監督は、代打を送る考えもあったとの事で、実際に伊藤隼選手が素振りしてましたね。

 

4番に代打って昨日の結果を見て金本監督もお怒りのようで、今日の試合内容によってはスタメン落ちが濃厚かと思いますね。

 

果たしてどうなるか・・・(´・ω・`)

 

先発投手は小野投手!

 

前回登板は5月19日の中日戦でしたが、7回を投げて6安打3失点と全体にそこまで悪くなかったのですが、打線が今一歩及ばず3-2で敗戦投手となっています。

www.gosekun.com

 

今日はどのような投球を見せてくれるでしょうか

本日もよろしくお願いします!!!

 

巨人スタメン

 

1番(遊)坂本勇

2番(二)吉川尚 

3番(三)岡本

4番(一)阿部

5番(右)亀井

6番(中)長野

7番(左)ゲレーロ

8番(捕)大城

9番(投)田口

 

巨人のチーム打率は2割7分4厘とリーグトップですが、前日の零封負けから上記のように打線が変更されています。

 

先発投手は左腕・田口投手!

 

阪神打線は、前日菅野投手に糸井選手の1発以外、チャンスにキッチリと抑えられていましたが、本日は田口投手を攻略し巨人戦を勝ち越せるのか!

 

試合開始です!!

 

阪神vs巨人戦 試合内容と感想

 

阪神投手陣

 

1回~2回表 巨人の攻撃

 

さあ注目の小野投手の立ち上がりですが・・・

 

先頭打者1番(遊)坂本勇選手にいきなりツーベースを打たれ、2番(二)吉川尚選手は打ち取りましたが、ランナー進塁で3番(三)岡本選手にはフォアボールと、1アウト1・3塁。

 

4番(一)阿部選手は空振り三振としましたが、

チャンスに強い5番(右)亀井選手にタイムリーヒットを打たれ、失点。

 

2回にも8番(捕)大城捕手に手痛いライトソロホームランを打たれ2失点目と、早くも暗雲が立ち込めてきました(*_*)

 

8回~9回表 巨人の攻撃

 

小野投手は2失点後に持ち直し、ふたを開けてみたら7回2失点の好投で8回頭から岩崎投手にマウンドを託します。

 

この時点でT4-2Gと、阪神が2点リードとなっていましたが・・

 

先頭打者3番(三)岡本選手にヒットを打たれるも、4番(一)阿部選手、5番(右)亀井選手を連続三振、2アウト1塁。

 

ここでピッチャー交代、阪神の勝ちパターンとなる桑原投手を投入します。

 

しかし6番(中)長野選手に、まさかの2ランホームランを浴びてしまい同点(*_*)

 

昨日はバシっと押させてくれていたんですけどねえ・・同じようにはいきませんでした。

 

9回表には桑原投手に代わってドリス投手、いつもの通り先頭打者を塁にだしますが、数々のナイスプレーで無得点に抑え、運命の9回裏を迎えます

 

阪神打線 

 

2回裏 阪神の攻撃

 

2点ビハインドとなった2回裏

 

1アウトの状態で、6番(三)大山選手がライトヒットで出塁、7番(中)江越選手もレフト線ツーベースと打線が繋がります!!

 

大山選手は3塁に進みますが、レフトのゲレーロ選手がクッションボールの処理に手こずり、そのスキを付いて大山選手が一気に生還!!

 

2塁打とゲレーロ選手のエラーが重なり阪神が1点を返したかと思えば、8番(捕)梅野捕手もタイムリーヒットを打ち、2打点目と。

 

スコアはT2-2Gとなり、阪神が嫌な雰囲気を払拭し同点としました!

 

3回~4回裏 阪神の攻撃

 

2番(二)糸原選手、3番(右)糸井選手が連続ヒットとノーアウト1・2塁でしたが、4番(一)ロサリオ選手と5番(左)中谷選手が倒れ2アウトと・・

 

ここで今迄の6番(三)大山選手でしたらゴロとかになっていましたが・・・

センタータイムリーヒット

 

うおおおおお、大山選手が打ったああああああああ( ゚Д゚)

 

これにより勝ち越しに成功!大山選手、いい具合に調子が上がってきてますね!

 

4回には、小野投手の今季初のヒットやデッドボールなどで1アウト満塁の場面で、3番(右)糸井選手!!

 

打ったあああああああああああああ、入るか!入るか・・・

甲子園の風に押し戻され、あと少しでしたがライトフライ・・・残念!!!( ;∀;)

 

しかし犠牲フライとなり、タッチアップで1打点と!

スコアはT4-2Gとなりました!!

 

続く4番(一)ロサリオ選手は、イケイケムードのチャンスでも打てずショートフライと、いよいよ進退窮まってきた感じですね。。

 

7回裏 阪神の攻撃

 

巨人先発・田口投手は6回に降板、宮國投手に交代となりましたが7回裏に上原投手が登板します。

 

4番(一)ロサリオ選手からの打順・・でしたが、代打・鳥谷選手と、いよいよ代打を送られてしまいました。

 

ここまで打率・226、4本塁打に22打点と前日の巨人戦で菅野投手と対戦しましたが3打数3三振と散々な結果。

 

本日も田口投手に手が出ずに無安打と、仕方ないと言えば仕方ないのかもしれませんが・・・

 

この結果に不貞腐れず、奮起して貰いたい所ですね!

 

9回裏 阪神の攻撃

 

T4-4Gと、8回に追いつかれた阪神の攻撃

 

先頭打者1番(遊)植田選手は空振り三振に倒れますが、8回裏から澤村投手のコントロールが乱れ、2番(二)糸原選手、3番(右)糸井選手が連続フォアボールで1アウト1・2塁。

 

ロサリオ選手は、すでに変更となっているので4番(一)山崎選手でしたが空振り三振で2アウト。

 

5番(左)中谷選手、ここまでノーヒットと意地を見せて欲しい所でしたが・・・なんとこの場面でレフトタイムリーヒット!!!

 

阪神が今季初のサヨナラ勝ちを決めました!!!

 

これは嬉しい嬉しすぎる( *´艸`)

 

阪神vs巨人戦 感想

 

小野投手、立ち上がりは不安定でしたが、7回8安打2失点の好投で勝ち投手の権利を得てマウンドを降りましたが、桑原投手が長野選手に今季初となる2ランホームランを浴び、権利が消滅してしまいました。

 

得意のスライダーが捉えられ、仕方ないとはいえ無念でした・・

 

打線では大山選手が打てずに長らく苦しんでいましたが、本日はタイムリーやスリーベースなど今季初の猛打賞となり、復活の狼煙を上げていましたね!

 

対照的にロサリオ選手は鳥谷選手を代打に送られるなど、次の試合にどのような扱いを受けるかに注目です(´・ω・`)

 

しかし・・最後は、ついつい叫んでしまいましたよ。

 

打率1割台と、苦しい日々が続いていた中谷選手、大山選手、江越選手、梅野捕手が躍動、特に中谷選手は、9回裏最後の最後でサヨナラ打を打ってくれてチームは4連勝、3位浮上と最高の土曜日となりましたね!!

 

この勢いで巨人戦を3連勝とし、交流戦に向けて弾みをつけて欲しい所です!!

 

いくで阪神!今年は優勝や!!!!

f:id:GOSE:20180326001006j:plain

 

他球団の結果 

 

セ・リーグ

 

DeNA 1-5 ヤクルト

 

同点で迎えた7回裏、ヤクルト代打・雄平選手のタイムリーと坂口選手の走者一掃の三塁打で一挙4打点と勝ち越しに成功し連敗を6でストップしました。

 

広島 6-7 中日

 

中日先発ガルシア投手が6回3失点(自責1)と粘投、打線もコンスタントに点を取り続け、最終回に1点差まで迫られるも耐えきり、マツダスタジアムで今季初勝利となりました。

 

パ・リーグ

 

西武 5-6 日本ハム

 

日本ハムが10回の延長戦を制し対西武戦4連勝としました。

ゲーム差は2となり、背中が見えてきたようです。

 

オリックス 3-6 ロッテ 

 

 ロッテは、5回にドミンゲス選手の2打席連続本塁打などで4点を取りゲームを決めました。

 

ソフトバンク 4ー3 楽天

 

 

ソフトバンクは先発バンデンハーク投手が7回途中1失点の好投するも後半に同点。

 

最後は柳田選手の12号ソロで勝ち越しに成功し楽天に対して辛くも勝利しました。

 

2018年 5月26日時点での順位

 

セ・リーグ

 

1 広島 試合数44 勝27 敗16 引1 

2 DeNA 試合数43 勝21 敗20 引2 勝差5

3 阪神 試合数43 勝22 敗21 引0 勝差0

4 巨人 試合数45 勝22 敗22 引1 勝差0.5

5 中日 試合数46 勝21 敗24 引1 勝差1.5

6 ヤクルト 試合数43 勝16 敗26 引1 勝差3.5

 

パ・リーグ

 

1 西武 試合数44 勝27 敗17 引0

2 日本ハム 試合数46 勝26 敗20 引0 勝差2

3 ソフトバンク 試合数45 勝23 敗22 引0 勝差2.5

4 オリックス 試合数47 勝22 敗24 引1 勝差1.5

4 ロッテ 試合数44 勝21 敗23 引0 勝差0

6 楽天 試合数46 勝16 敗29 引1  勝差5.5

 

最後に 

 

感無量、それだけです

選手の皆様、本日もお疲れ様でした!

 

さてさて、ここまで読んで頂きありがとうございます! 

また次回お会いしましょ~(^^)/