GOSE@趣味とガンバとタイガース模様

初めまして、GOSEです。趣味のゲームやアニメ、投資関連。最近は阪神タイガース記事を中心に書いています。阪神今年は優勝や!!

20181121210904

才木プロ初勝利!中谷、大山が好調で9打点巨人3タテ5連勝!対巨人12回戦

スポンサーリンク

閲覧ありがとうございます!!

GOSEです(^^)/

 

昨日26日の巨人11回戦は、先発小野投手の7回2失点の好投と、打率1割台の4人、大山選手、江越選手、梅野選手、特に中谷選手は最後の最後でサヨナラ打を打つなど躍動し、阪神は今季初の4連勝で3位復帰と良い事ずくめの1日となりました!

 

まあ、中継ぎの桑原投手がホームランを撃たれてしまったので、小野投手の勝ちが消えたのだけは残念でしたけどね(´・ω・`)

 

交流戦に向けて最後の試合となる巨人12回戦、ペナントとしては44回目となる今回!

 

注目の一戦!!

 

今日も気合いれて応援していきますよ!!('◇')ゞ

f:id:GOSE:20180501183247j:plain

 

 

5月27日 阪神vs巨人 第12戦目 感想と結果について

 

最初に

 

2017年の7月頃から野球を再度見始めた、にわか阪神ファンです。

ルール自体は殆ど知っていますが野球理論など、わからない事は多いです。

 

ただ阪神と野球自体は昔から好きで応援はしておりましたが、往年のファンの方々から見たら、たまに変な事を書いているかも知れません。

 

しかしブログに書いていく事によって、改めてどんな試合だったかを振り返ったり、試合内容をじっくり観るようになり、より一層楽しむ事が出来ていると思います。

 

野球記事としては、未熟な点が多々あると思いますが、よろしくお願い致します。

 

阪神スタメン

 

1番(遊)植田

2番(二)糸原

3番(左)福留

4番(右)糸井

5番(中)中谷

6番(三)大山

7番(一)ロサリオ

8番(捕)長坂

9番(投)才木 

 

 今回のスタメンは上記の通り。

 

昨日は休養日となった福留選手が3番に復帰、4番には最近当たっている糸井選手が務めます。

 

また4番打者にも関わらず、代打を送られたロサリオ選手ですが、打順を下げて7番として辛うじてスタメン入りしています。

 

8番には長坂捕手がスタメンマスクをかぶり、先発には前回20日の中日戦では5回5失点で降板と、ほろ苦いデビューを飾った才木選手が務めます。

 

www.gosekun.com

 

今回もバッテリーを組む二人ですが前回の経験を活かし、今日はどのような投球を見せてくれるでしょうか。

 

本日もよろしくお願いします!!!

 

巨人スタメン

 

1番(遊)坂本勇

2番(二)吉川尚 

3番(一)岡本

4番(三)マギー

5番(右)亀井

6番(中)長野

7番(左)ゲレーロ

8番(捕)大城

9番(投)野上

 

今日のスタメンは上記の通りで、西武からFA移籍してきた野上投手が先発を務めます。

 

果たして今日は才木投手、野上投手、どちらに軍配が上がるのでしょうか。

 

試合開始です!!

 

阪神vs巨人戦 試合内容と感想

 

阪神投手陣

 

注目の才木投手の立ち上がり、前回は開始直後から不安定でしたが・・ 

 

1~2回表 巨人の攻撃

 

1番(遊)坂本勇選手にいきなり左中間ツーベースを打たれ、ほんの少し暗雲が立ち込めましたが・・・坂本勇選手は牽制飛び出しで盗塁死となり、その後は三振とセンターフライで締めます。

 

2回に至っては、4番(三)マギー選手、5番(右)亀井選手、6番(中)長野選手を連続三振に切って落とすなど、今日は一味違いますね!!

 

その後は、何度か打者を塁に出すもピンチらしいピンチもなく6回まで投げ切り4点の援護を貰い勝利投手の権利を得た状態で降板となりました。

 

才木投手、お見事でした!

 

7~9回 巨人の攻撃

 

才木投手に代わって登板した藤川投手ですが、イニングまたぎも7~8回を危なげなくキッチリと抑えきり無失点!

 

9回抑えに入ったモレノ投手が不安定で巨人打線を抑えきれず1失点。

 

1アウト満塁の場面で6番(中)長野選手がレフトに打ち上げ、犠牲フライでもう1点の場面でしたが、中谷選手が捕球後、球を握り替える際に落球し、それが審判が完全捕球とみなさず、ノーキャッチの判定。

 

中谷選手がすかさず3塁へ送球し、二塁走者はアウト、さらに三塁から二塁へ転送され、結果的には7-5-3の珍併殺となり、試合終了となりました。

 

レフトゴロ併殺打とはいったい・・・( ゚Д゚)

 

阪神打線 

 

ルーキー才木選手を援護出来るか!息を吹き返してきた阪神打線ですが、1回は三者凡退に倒れます。

 

2回裏 阪神の攻撃 

 

先頭打者4番(右)糸井選手が右中間ツーベースを放ったかと思ったら・・

続く5番(中)中谷選手、初球をレフト2ランホームラン!!!

 

キタアアアアアアアアアアアアアアア( ゚Д゚)

昨日サヨナラ打を放った中谷選手が、今日はいきなりやってくれました!!

 

これによりスコアをT2-0Gとし、才木選手を援護する先制点が入りました!!

 

6番(三)大山選手、7番(一)ロサリオ選手は少しラッキーでしたが打線が繋がり4打席連続ヒット!

 

さらに追加点を!って勢いでしたが8番(捕)長坂捕手はピッチャーゴロに倒れ、ゲッツー・・のはずが、巨人の連携ミスがありセカンドのみのアウト、1アウト1・3塁の場面で9番(投)才木 投手がバント失敗で2アウト。

 

これは彼の課題ですね、バントも練習していかないとですね(´・ω・`)

 

尚もチャンスでしたが1番(遊)植田選手が空振り三振に倒れ、少し勢いが削がれた感じがしますが、チェンジとなりました!

 

4回裏 阪神の攻撃

 

前の打席でホームランを打った5番(中)中谷選手でしたが、ここは見極めてフォアボールで出塁し・・・

最近当たり始めている6番(三)大山選手が技ありの左中間タイムリーツーベースを放ち、中谷選手は一気にホームまで生還!!

 

これによりスコアをT3-0Gとし、貴重な追加点をあげました!!

 

しかし7番(一)ロサリオ選手がセカンドフライに倒れてしまい、合わせて飛び出しすぎていた大山選手も刺されて2アウトとなってしまいました(*_*)

 

ちょこちょこと、こんな事があるような気がしますね、大山選手。

まあこれも経験として蓄積していくのでしょうね(´・ω・`)

 

8番(捕)長坂捕手もサードゴロに倒れますが巨人マギー選手がエラー。

なんか巨人、凡ミスが定期的にありますね。

 

2アウト1塁となりましたが、9番(投)才木選手は空振り三振に倒れチェンジとなりました。

 

5回裏 阪神の攻撃

 

1番(遊)植田選手は空振り三振に倒れますが、2番(二)糸原選手はフォアボールで出塁となり、1アウト1塁。

 

続く3番(左)福留選手が初球のチェンジアップをライトに運びヒット!

 

1アウト1・3塁となり4番(右)糸井選手がセンター犠牲フライと、ここでも才木投手への援護点が入り、スコアはT4-0Gとなりましが、5番(中)中谷選手、ショートゴロに倒れチェンジとなりました。

 

ここまで投打共に阪神ペースですね!最後までこの調子で進んでくれたらいいのですが!

 

7回裏 阪神の攻撃

 

巨人は6回頭からピッチャー交代で谷岡投手となり、イニングマタギで7回も継続しています。

 

1番(遊)植田選手がフルカウントから粘りフォアボールで出塁し、2番(二)糸原選手がレフトヒットで繋げノーアウト1・2とチャンスとなりましたが、3番(左)福留選手は空振り三振に倒れます。

 

しかしワンバウンドで結果的にはダブルスティールの形となり、1アウト2・3塁。

 

4番(右)糸井選手との対戦時でしたが・・この場面でワイルドピッチでランナー植田選手が帰還、その後さらに犠牲フライを決めて2得点と。

 

スコアはT6ー0Gとなりました!

1安打で2点と、巨人は投打守備共にグダグダとなっていますね。

5番(中)中谷選手は、見逃し三振となりましたが尚も勢いは阪神のままとなっています!

 

8回裏 阪神の攻撃

 

巨人は、ピッチャーを谷岡投手⇒池田投手に変更としています。

 

先頭打者6番(三)大山選手がヒットを放ち、ここで2試合連続の猛打賞!

 

ロサリオ選手と長坂捕手は、代打で交代となり熊谷選手と山崎選手がバッターボックスに立ち、熊谷選手はヒットと山崎選手もタイムリーヒットとなり、HPが0に近くなっている巨人を殴り飛ばす7点目となりました

 

熊谷選手、体制を崩されながらも、文字通り食らいついていく気迫のバッティングでプロ初安打と、山崎選手も移籍初安打がタイムリーと、記憶と記録に残る試合となりましたね( *´艸`)

 

 

その後は1番(遊)植田選手がレフトヒットを放ち、ゲレーロ選手がもたついている間に山崎選手がホームに帰還、2番(二)糸原選手も犠牲フライを打ちましたので、スコアはT9-0Gとなりました!

 

レフトゲレーロ選手のエラーとなりましたので、残念ながら植田選手のプロ初タイムリーとはなりませんでしたが、ほぼ勝負ありとなりましたね!!

 

阪神vs巨人戦 感想

 

巨人先発・野上投手が5回6安打4失点で降板したのに対し、阪神先発・才木投手は、6回2安打無失点で降板と、19歳の若虎に取って大きな自信となったのではないでしょうか。

 

7~8回とイニングまたぎとなった藤川投手もキッチリと抑え込み、最終回はモレノ投手が乱れて1失点を許し、その後も少しモヤモヤする終わり方で完封とはいきませんでしたが、見事な勝利となりました!

 

阪神打線ですが、やはり中谷選手と大山選手のバットが当たり始めたのが本当に大きいですね。

 

中谷選手は貴重な先制点となり2ランホームランに大山選手は2試合連続の猛打賞と、今日も暴れまわってくれていました。

 

熊谷選手、山崎選手も代打ながら、キッチリと結果を出して甲子園に足を運んだ阪神ファンは最高の試合を観れたのではないでしょうか。

 

金本政権初となる甲子園で巨人に3連勝となり、2014年以来で、なんと4年ぶり。

 

4月20日~4月22日に甲子園で受けた3連敗を、そっくりそのまま叩き返した形となりました!!

 

若虎が大きく飛躍した今日の試合。

 

現状考えられる最高の結果で交流戦を迎えられる形となりました!!!

 

いくで阪神!まずは交流戦や!!!!

f:id:GOSE:20180326001006j:plain

 

他球団の結果 

 

セ・リーグ

 

DeNA 3-5 ヤクルト

 

ヤクルトは5回裏、2死満塁の場面でバレンティン選手が4番の意地を見せて決勝タイムリーを放ち、逆転に成功。

 

投げては先発小川投手が5回3失点で初勝利となりました。

 

広島 7-8 中日

 

中日が終盤に一気7得点を取り、今季最多の19安打で大逆転勝利を収めています。

 

阪神戦でも中日は後半に怒涛の追い上げしてましたし、底力ありますよね。

 

パ・リーグ

 

西武 8-10 日本ハム

 

 西武が森選手の満塁ホームランなどで初回6得点を上げ、終わったかに見えましたが日本ハムも気合で点を取り続け、延長10回に近藤選手が2点タイムリーで勝ち越し、勝利しました。

 

西武はホームで手痛い3連敗となりました。

 

オリックス 3-2 ロッテ 

 

 オリックスは初回に吉田正選手の2ランで先制するも同点とされますが8回に、またもや吉田正選手のタイムリーで勝ち越し勝利しました。

 

ソフトバンク 4ー8 楽天

 

 両軍、初回から点の取り合いとなりましたが楽天が6~8回と今江選手と銀二選手の活躍などで、6打点を上げ勝利しました。

 

 

2018年 5月27日時点での順位

 

セ・リーグ

 

1 広島 試合数45 勝27 敗17 引1 

2 阪神 試合数44 勝23 敗21 引0 勝差4

3 DeNA 試合数44 勝21 敗21 引2 勝差1

4 巨人 試合数46 勝22 敗23 引1 勝差0.5

5 中日 試合数47 勝22 敗24 引1 勝差0.5

6 ヤクルト 試合数44 勝17 敗26 引1 勝差3.5

 

 

パ・リーグ

 

1 西武 試合数45 勝27 敗18 引0

2 日本ハム 試合数47 勝27 敗20 引0 勝差1

3 ソフトバンク 試合数46 勝23 敗23 引0 勝差3.5

4 オリックス 試合数48 勝23 敗24 引1 勝差0.5

4 ロッテ 試合数45 勝21 敗24 引0 勝差1

6 楽天 試合数47 勝17 敗29 引1  勝差4.5

 

最後に 

 

5連勝!!!

 

そして2位浮上と、最高の結果となり昨日に引き続き、

 

感無量です( *´艸`)

 

29日からの交流戦もよろしくお願いします!!!!!

 

さてさて、ここまで読んで頂きありがとうございます! 

また次回お会いしましょ~(^^)/