GOSE@趣味と阪神とタイガース模様

初めまして、GOSEです。趣味のゲームやアニメ、投資関連。最近は阪神タイガース記事を中心に書いています。阪神今年は優勝や!!

GOSE@趣味と阪神とタイガース模様

藤浪 味方のエラーと西武打線の猛攻、中継ぎ陣も打たれ6回途中6失点で西武に負け越し 2018交流戦 西武3回戦

スポンサーリンク

閲覧ありがとうございます!!

GOSEです(^^)/

 

昨日の試合では、先発小野投手が4回4失点降板と、いつもの阪神ならそのまま負けてしまう内容でしたが、糸井選手の逆転満塁ホームランなど1人で6打点の活躍、全体的に阪神打線が爆発し、

 

西武 5ー10 阪神で連敗を4で止める価値ある1勝となった試合でした。

www.gosekun.com

 

そして本日は西武戦最終となる3戦目

 

果たして阪神は昨日の勢いを維持したまま、西武相手に勝ち越す事が出来るのか!

 

ペナントとしては50試合目、交流戦 西武3回戦!!

 

注目の一戦!!

 

今日も気合いれて応援していきますよ!!('◇')ゞ

f:id:GOSE:20180601193458j:plain

 

 

交流戦 西武vs阪神 3回戦 感想と結果について

 

最初に

 

2017年の7月頃から野球を再度見始めた、にわか阪神ファンです。

ルール自体は殆ど知っていますが野球理論など、わからない事は多いです。

 

ただ阪神と野球自体は昔から好きで応援はしておりましたが、往年のファンの方々から見たら、たまに変な事を書いているかも知れません。

 

しかしブログに書いていく事によって、改めてどんな試合だったかを振り返ったり、試合内容をじっくり観るようになり、より一層楽しむ事が出来ていると思います。

 

野球記事としては、未熟な点が多々あると思いますが、よろしくお願い致します。

 

阪神スタメン

 

1番(遊)植田

2番(二)糸原

3番(左)福留

4番(右)糸井

5番(中)中谷

6番(一)陽川

7番(指)鳥谷

8番(三)大山

9番(捕)梅野

 

本日のスタメンは上記の通りで、前回スタメンを外れたロサリオ選手は、とうとう登録抹消、2軍落ちとなりました。

 

仕方ないと言えば仕方ないですね、前回スタメン落ちした途端に打線が繋がり10打点ってのも拍車がかかった形でしょうか。

 

金本監督曰く「リフレッシュさせたい」との事で2軍で奮起し何とか1軍で活躍出来るようにお願いします!

 

そして1軍昇格となり即スタメンとなった陽川選手が1塁に入ります。

初球から積極的に振っていく事を教え込まれているとの事で、今日はどのようなバッティングでチャンスを掴んでくれるのか注目ですね。

 

そして先発は藤浪投手!

 

前回の登板は、4月20日の巨人戦でしたが5回6失点の乱調で無期限2軍降格となっていました。

www.gosekun.com

 

試合自体も菅野投手に抑え込まれ敗戦、いまだに勝ち星なしと厳しい局面ではありますが、ほぼ1カ月ぶりとなる本日はどのような投球を見せてくれるでしょうか。

 

本日もよろしくお願いします!!!

 

西武スタメン

 

1番(右)秋山

2番(遊)源田 

3番(二)浅村

4番(一)山川

5番(指)メヒア

6番(三)外崎

7番(右)斉藤彰

8番(捕)炭谷

9番(左)金子侑

 

今回のスタメンは上記の通りです。

 

先発は榎田投手!!

 

2010年にドラフト1位で阪神に入団した榎田投手ですが、今年の3月にトレードで西武に移籍した形となります。

 

移籍後7試合に先発として6回登板し、4勝1敗、防御率2・33の成績となっていますが、古巣阪神相手にどのような投球を見せてくれるでしょうか。

 

試合開始です!!

f:id:GOSE:20180603170315j:plain

 

西武vs阪神戦 試合内容と感想

 

阪神投手陣

本日は藤浪投手が先発と、正直少し不安ではあります。

 

4月20日以降、2軍線での成績は4試合で3勝0敗、防御率0・35と無双状態ですが、中々1軍で結果が出せない彼、今季は登板した4つの試合全て黒星で、どうしても不安定で自爆するイメージが強いです。

 

榎田投手とのドラ1対決は、どのような結末を迎えるでしょうか!

 

先発・藤浪投手について

注目の立ち上がりですが1回裏、先頭打者1番(右)秋山選手がヒットで出塁。

 

続く2番(遊)源田選手をショートゴロでダブルプレー!かに見えましたが、植田選手が痛恨のエラーで、ノーアウト1・3塁となります。

 

3番(二)浅村選手を見逃し三振に切って落としますが、4番(一)山川選手の打席時に1・3塁ダブルスチール。

 

梅野捕手が2塁に送球しましたが、ショートにそれてしまい、そこを見逃さず3塁ランナー秋山選手が本塁に帰還し、1失点(*_*)

 

その後、5番(指)メヒア選手にタイムリーツーベースを打たれ2失点目

6番(三)外崎選手にデッドボールとなり、今季初死球・・・でしたが、変化球のすっぽ抜けでしたので大事にはならず。

 

その後は立ち直り後続を切って落とし、初回は何とか乗り切りました。

 

やはり植田選手のエラーが無かったら、この失点は無かったかもで、守備は大事やなあっと(´・ω・`)

 

いきなり打線は2点ビハインドとなりましたが、何とか藤浪投手を援護する爆発を期待したい所です。

 

5回裏 西武の攻撃

先頭打者8番(捕)炭谷捕手をフライに打ち取りますが、9番(左)金子侑選手がライトヒットで2塁に。

 

続く1番(右)秋山選手にもライトヒットを打たれますが、糸井選手がファンブル、送球に戸惑っている間に金子侑選手が悠々とホームに帰還し3失点目。

 

ここまで味方の3度のエラーが元で全ての失点に繋がってしまっているわけですが・・不運ですね。

 

そして3番(二)浅村選手にタイムリーヒットを打たれ最終的に、この回は4失点と、要所要所で押させていますが味方のエラーに阻まれて中々苦しい展開が続きます(*_*)

 

6回裏 岩崎投手とモレノ投手について

味方のエラーに泣く藤浪投手ですが、6回に投球が乱れフォアボールやワイルドピッチ、 ヒットを打たれるなど降板。

 

岩崎投手に後を託しますが、満塁で山賊打線がキッチリと得点を重ね、9番(左)金子侑選手が2点タイムリー。

 

1アウトも取れず、岩崎投手は降板

 

モレノ投手に代わりましたが、コントロールが定まらず、押し出しで1点を献上したかと思えば、4番(一)山川選手に3点タイムリーを打たれ、この回一挙6失点。

 

 いくら厳しい状態での登板とはいえ、この結果は散々かと思います。

 

7~8回裏 尾仲投手について 

7回頭から、尾仲投手に交代となりましたがピンチを抑えきり、イニングマタギとなった8回は三者凡退で、〆てくれています。

f:id:GOSE:20180603170504j:plain

 

しかし全体で10失点と、西武打線に打ち込まれてしまった試合となりました。

阪神打線

阪神打線は西武先発・榎田投手から中々得点を奪えない展開です。

 

1~2回はランナーすら出せず無得点で、3回にはショート源田選手のエラーで1アウト1・3塁のチャンスで1番(遊)植田選手!

 

初打点か!っと期待しましたが、ダブルプレーで仕留められ、阪神打線は中々攻め切れない状態となっています。

 

4回には2番(二)糸原選手と4番(右)糸井選手がヒットを打ちますが、後続が倒れ、無得点。

 

しかし少しずつ榎田投手を捉えてきてるように感じますので、そろそろ得点が欲しい所です。

 

5回表 阪神の攻撃

西武 2-0 阪神 

 

エラーで失点の切っ掛けを作り、チャンスでダブルプレーと精細を欠いた植田選手が懲罰交代となり4回裏から、ショートに北条選手が入っています。

 

まあ仕方ないですね、次に期待します!

 

2点ビハインドとなっていますが、先頭打者7番(指)鳥谷選手がデッドボールで出塁と、前の打席ではフォアボールだったので、榎田投手、なんか鳥谷選手に対して投げにくいのでしょうか。

 

そして8番(三)大山選手がライトヒットを打ちノーアウト1・2塁のチャンス!

 

続く9番(捕)梅野捕手がバントで送りますが・・・少し捕球に手間取った榎田投手が3塁に送球、セーフの判定!!

 

記録はフィルダースチョイスとなりノーアウト満塁・・のはずでしたがリクエストで覆り、3塁アウト!

 

その後は後続が抑え込まれ二者残塁で得点ならず。

うーん、これは残念!これがセーフなら1点~は入っていたと思うのですが・・ここまで流れは西武にいっていますね(*_*)

 

6回表 阪神の攻撃

ここまで阪神打線を押させていた榎田投手ですが、

 

3番(左)福留選手、4番(右)糸井選手にフォアボール、ノーアウト1・2塁に、5番(中)中谷選手がレフトオーバータイムリーツーベースを打ち、1点を返す事に成功!

 

ノーアウト2・3塁に6番(一)陽川選手が、期待に応えるライト2点タイムリーを打ち、一気に1点差としましたが、後続が倒れ、追加点ならず。

 

スコアは西武 4-3 阪神となり、流れがどちらに転ぶかわからなくなってきました!

 

 8~9回 阪神の攻撃

 西武先発・榎田投手は、7回3失点で降板、平井投手に後を託します。

 

8回、平井投手は制球が甘く、先頭打者4番(右)糸井選手をフォアボールで出塁、1アウト1の状態で6番(一)陽川選手がスタメン起用に答える、レフト2ランホームランを打ち、2打点5点差としました!

 

9回は良い所なく、武隈投手に三者凡退。

 

西武 10ー5 阪神で西武相手に、連勝ならずでした。

 

試合を終えて 感想

f:id:GOSE:20180604003526j:plain

藤浪投手ですが、味方のエラーもありましたが全体的に見て、今日の投球は悲観的なだけではなく、次に繋がる形にはなったかな?って感じですかね。

 

6回、ランナーを背負ってから結果的には打たれたり、ワイルドピッチやフォアボールで降板と、悪送球もあり、100点とは言えないですけどね。

 

味方のエラーなど不運の中、課題はまだまだあると思いますが、次回期待しています!

 

岩崎投手とモレノ投手は、ピンチからとはいえお粗末な内容だったと思いますが、尾仲投手は7回~8回を無失点に抑えてくれています。

 

打線は、ロサリオ選手に代わって1軍昇格を果たし即6番一塁でスタメン出場した陽川選手が今季1号2ランを含む2安打、自己最多4打点と活躍してくれたのは大きな収穫だったのではないでしょうか。

 

5日からはホーム甲子園でオリックス、ロッテとの6連戦と、ここまで1勝5敗としていますが、全勝・・とは言いませんが、せめて勝ち越しを期待したい所です。

 

いくで阪神!交流戦残り試合、勝っていこう!

f:id:GOSE:20180326001006j:plain

 

交流戦 他球団の結果 

 

日本ハム 2ー5 中日

 

中日は3回に大島選手のタイムリーで先制し、6回には大島選手の二塁打を皮切りに、福田選手の2点タイムリーで点差を広げ、8回にはビジエド選手の7号2ランで止めを刺しました。

 

日本ハムは8回に近藤選手の5号2ランで完封を阻止しましたが連勝は3でストップとなりました。

 

ソフトバンク 7-5 DeNA

 

同点で迎えた2回、西田選手のタイムリーで勝ち越しに成功したかと思えば3回には松田選手のソロと上林選手の2ランで3点を奪います。

 

DeNAも4回に柴田選手のソロなどで追撃しますが、力及ばず。

ソフトバンクが強すぎの無傷の6連勝としています。

 

楽天 2-3 ヤクルト

 

ヤクルトは1点を追う4回に雄平選手の2点タイムリーで逆転、同点で迎えた8回、1アウト2・3塁から代打・畠山選手の内野ゴロ(フィルダースチョイス)の間に勝ち越しとなりました。

 

これにより楽天は12球団唯一、交流戦で白星がな状態で今季3度目の5連敗としています(まあ、阪神もあまり変わりませんが・・・)

 

オリックス 3-2 巨人

 

オリックスは1点ビハインドの状態で7回に小田選手のタイムリーで同点に追いつき、8回にはロメロ選手のタイムリーで逆転し勝利しています。

 

巨人は11安打を打ち、6回以降は毎回得点圏にランナーを出しますが、あと1本が出ず敗北しています。

 

ロッテ 7-5 広島

 

 

ロッテは、2点ビハインドの6回に井上選手、鈴木選手、田村選手、荻野選手の4者連続タイムリーで一挙4点を奪い逆転に成功。

 

広島は手痛い敗北となりました。

 

2018年 6月3日時点での順位

 

セ・リーグ

 

1 広島 試合数51 勝29 敗21 引1 

2 DeNA 試合数49 勝23 敗24 引2 勝差4.5

3 阪神 試合数50 勝24 敗26 引0 勝差0.5

4 巨人 試合数52 勝24 敗27 引1 勝差0.5

5 中日 試合数53 勝24 敗28 引1 勝差0.5

6 ヤクルト 試合数50 勝22 敗27 引1 勝差0.5

 

パ・リーグ

 

1 西武 試合数51 勝31 敗20 引0

2 日本ハム 試合数53 勝31 敗22 引0 勝差1

3 ソフトバンク 試合数52 勝29 敗23 引0 勝差1.5

4 オリックス 試合数54 勝27 敗26 引1 勝差2.5

5 ロッテ 試合数51 勝24 敗27 引0 勝差2

6 楽天 試合数52 勝17 敗34 引1  勝差7

 

交流戦 順位表

 

1位 ソフトバンク 試合数6 勝6 敗0 引0

2位 ヤクルト 試合数6 勝5 敗1 引0

3位 日本ハム 試合数6 勝4 敗2 引0

4位 西武 試合数6 勝4 敗2 引0

5位 オリックス 試合数6 勝4 敗2 引0

6位 ロッテ 試合数6 勝3 敗3 引0

7位 DeNA 試合数5 勝2 敗3 引0

8位 巨人 試合数6 勝2 敗4 引0

9位 広島 試合数6 勝2 敗4 引0

10位 中日 試合数6 勝2 敗4 引0

11位 阪神 試合数6 勝1 敗5 引0

12位 楽天 試合数5 勝0 敗5 引0

 

最後に  

 榎田投手、古巣阪神相手に自己最多を更新しての5勝目、ドラ1対決は榎田投手に軍配が上がりました。

 

私は昔の榎田投手を知らないので、何とも言えないですが、全体的に良い投球だったのではないでしょうか。

 

阪神、守備のエラーはお粗末でしたが、上位相手にこれでは勝てるわけもなく、1勝出来ただけでも御の字ですかね。

 

明日は休養日で、5日からどのような試合となっていくかは分かりませんが、ガッツリと応援していきますよ!

 

さてさて、ここまで読んで頂きありがとうございます! 

また次回お会いしましょ~(^^)/