GOSE@趣味と阪神とタイガース模様

初めまして、GOSEです。趣味のゲームやアニメ、投資関連。最近は阪神タイガース記事を中心に書いています。阪神今年は優勝や!!

GOSE@趣味と阪神とタイガース模様

ドラ1馬場プロ初登板は6回5安打1失点の好投も勝ち付かず引き分け 18交流戦 オリックス3回戦

スポンサーリンク

閲覧ありがとうございます!!

GOSEです(^^)/

 

昨日20日にオリックス3回戦が行われる予定でしたが、生憎の雨模様で雨天中止となりましたが、本日21日は雨も引いて現地はきっと絶好のナイター日和!

 

スライド登板となりましたが、ドラ1・馬場投手がプロ初登板初先発で待ちに待ったデビュー戦を迎え、仙台育英時代の同級生、ドラフト3位の熊谷選手もプロ初スタメンと、見所たっぷりの交流戦最終日。

 

果たして阪神は有終の美を飾る事が出来るのか!!

 

本日もよろしくお願いします!!(´・ω・`)

f:id:GOSE:20180601193458j:plain

 

 

交流戦 阪神vsオリックス 3回戦 感想と結果について

 

最初に

 

2017年の7月頃から野球を再度見始めた、にわか阪神ファンです。

ルール自体は殆ど知っていますが野球理論など、わからない事は多いです。

 

ただ阪神と野球自体は昔から好きで応援はしておりましたが、往年のファンの方々から見たら、たまに変な事を書いているかも知れません。

 

しかしブログに書いていく事によって、改めてどんな試合だったかを振り返ったり、試合内容をじっくり観るようになり、より一層楽しむ事が出来ていると思います。

 

野球記事としては、未熟な点が多々あると思いますが、よろしくお願い致します。

 

阪神スタメン

 

1番(二)糸原

2番(遊)熊谷

3番(左)福留

4番(右)糸井

5番(一)中谷

6番(中)高山

7番(三)陽川

8番(捕)岡崎

9番(投)馬場

 

オリックススタメン

 

1番(中)宗

2番(二)福田 

3番(遊)安達

4番(左)吉田正

5番(右)ロメロ

6番(一)T-岡田

7番(三)大城

8番(捕)若月

9番(投)山崎福

 

試合開始です!!

f:id:GOSE:20180603170315j:plain

 

阪神vsオリックス戦 試合内容と感想

 1~6回 プロ初先発・馬場投手の投球

1回を無得点に抑えますが、2回に130キロのスライダーが甘く入り、5番(右)ロメロ選手に手痛いソロホームランを打たれ、1失点。

 

その後はエンジンフル回転でオリックス打線を封じ込め6回1失点の好投。

 

既にドラ2・高橋遥投手とドラ5・谷川投手が勝利を挙げていますので、阪神打線は、何とか馬場投手に援護を・・・

 

しかし5回まで無安打無得点と、なんていうか絶望的な状態だったりします(*_*)

 

6回裏 阪神の攻撃 糸井選手のタイムリー

f:id:GOSE:20180605002250j:plain

馬場投手が降板となり、代打・山崎選手がチーム初ヒットとなるセンターヒットを打ち、先頭打者が塁にでます。

 

1番(二)糸原選手が堅実に送りバントを決めて、1アウト2塁となり、今季初スタメンとなった2番(遊)熊谷選手がファーストゴロと、いつもの調子で無得点になるのか・・と思われましたがT-岡田選手がエラー

 

おお!このエラーは大きい、大体この流れでエラーが出ると得点が生まれる匂いがする!!!

 

1アウト1・3塁のチャンス、何とか馬場投手に勝利を・・・!!

 

しかし3番(左)福留選手が空振り三振に倒れ、2塁に走った熊谷選手が刺され、3アウトと最悪の展開となりましたが金本監督、熊谷選手の盗塁の成否についてリクエストを要求し・・・判定はセーフ!!!

 

首の皮一枚で繋がった6回裏、山崎福投手が降板、黒木投手にマウンドを譲ります。

 

さあ阪神の4番(右)糸井選手が粘りに粘って・・・・T-岡田選手が飛びつくもライト方向に抜ける2点タイムリーを打ち、逆転!!

 

スコアは 阪神 2-1 オリックス となり、馬場投手にプロ初勝利となる権利が誕生、熱い展開になってきました!!( ゚Д゚)

 

8回 オリックスの攻撃 パスボールからの失点

7回を貫禄のピッチングで三者凡退に押させた能見投手でしたが、イニングマタギとなった8回に、先頭打者 代打・西野選手にヒットを打たれ、1番(中)宗選手は堅実に送りバント。

 

ここで能見投手⇒桑原投手に交代となりますが、岡崎捕手が後ろに逸らしてしまい痛恨のパスボール(*_*)

 

1アウト3塁となり、代打・小谷野選手がタイムリーヒットを打ち、同点に追いつかれてしまい・・・馬場投手、勝ち投手の権利が消滅

 

3番(遊)安達選手をフライに打ち取りますが、4番(左)吉田正選手にタイムリースリーベースを打たれ、逆転もされる最悪の回となってしまいました。

 

阪神 2-3 オリックス

 

しかし、吉田正選手ですが3塁ベースを回った所で右足を痛めて転倒、ベンチに戻りますが、プレー続行不可能となりました。

 

うーむ、怪我は怖いですね、大事にならなければ良いのですが・・・

 

9回裏 阪神の攻撃 糸井選手の同点ホームラン

オリックスは増井投手に9回を託しますが・・・

 

初球でした、4番(右)糸井選手が同点ソロホームラン!!

キタアアアアアアアアアアアアア( ゚Д゚)

 

後続は倒れてしまいましたが糸井選手の一振りで、またもや首の皮一枚繋がった阪神、延長戦に突入します!!

 

延長戦 10~12回 阪神、オリックス共に総力戦

投げては藤川投手が10~11回表を抑え、12回表には岩崎投手が三者凡退で抑えきり、投手陣の踏ん張りで負けは無くなりました。

 

さあ最終回、阪神の攻撃!

 

先頭打者6番(中)高山選手は空振り三振に倒れますが、7番(三)陽川選手がバットを折られながらも気迫のセカンドヒット!

 

8番(捕)岡崎捕手が送りバントで2アウト2塁・・・、そして最後は山崎選手!!

 

サヨナラをお願いします!!!でしたが、残念ながら空振り三振に倒れ、交流戦ラストマッチは3-3の引き分けで終わりました。

 

試合を終えて 感想

馬場投手は6回5安打1失点と、堂々とした見事なピッチングだったのではないでしょうか。

 

キャンプでは1軍スタートながら実力不足で2軍落ち。

 

同期入団となった高橋遥投手や谷川投手が結果を出しつつも、着々とファームで力を蓄えていた彼の投球はストレートを軸にスライダー、カットボール、フォークを巧みに織り交ぜ、6イニング中4イニングで走者を背負いつつも、要所であと一本を出させず締めてくれています。

 

初勝利は次回に持ち越しとなりましたが、プロ初先発は存在感を存分にアピールする事が出来たのではないでしょうか。

 

次に期待します!!

 

さて阪神打線は、5回まで無安打無得点と、いつも通りでしたが6回にオリックスのエラーもあり、糸井選手の2点タイムリーで逆転

 

今日も負けかなあ・・と思わせておいて盛り上がる試合展開をしてくれましたが、8回に桑原投手が打たれ逆転を許し、馬場投手の勝ちが消える悲劇となってしまいました。

 

岡崎捕手がねえ・・パスボールからの失点、あれは何とか逸らさずに堪えてほしかったですし、桑原投手も逆転のタイムリーを許すなど精細を欠いて、今年は何か要所で打たれてる気がします。

 

マテオ投手、岩崎投手、ドリス投手が不在ですし、連戦続きでジワジワと中継ぎ陣に負担が大きくなっているのでしょうか。

 

9回裏、何時もの展開で三者凡退でゲームセットやろ・・と諦めかけてた所に糸井選手の同点ソロホームランと、交流戦終わらせへんで!!って事なんですかね、糸井選手格好いいっす!!( ゚Д゚)

 

投手陣の踏ん張りで負けが無くなった時点での最終回は2アウト2塁のチャンスで山崎選手が三振に倒れ、痛み分けで終了となりました。

 

全体を通して逆転に次ぐ逆転で試合自体は面白かったですけどね、さあ明日からは広島戦!

 

交流戦お疲れ様でした!ペナントもよろしくです!

f:id:GOSE:20180326001006j:plain

 

交流戦 他球団の結果 

 

本日は、阪神ーオリックスの試合のみでした。 

 

2018年 6月21日時点での順位

 

セ・リーグ

 

1 広島 試合数63 勝34 敗28 引1 

2 DeNA 試合数62 勝29 敗31 引2 勝差4

3 巨人 試合数64 勝30 敗33 引1 勝差0.5

4 阪神 試合数62 勝29 敗32 引1 勝差0

5 ヤクルト 試合数62 勝29 敗32 引1 勝差0

6 中日 試合数65 勝29 敗35 引1 勝差1.5

 

パ・リーグ

 

1 西武 試合数63 勝37 敗26 引0

2 日本ハム 試合数65 勝37 敗28 引0 勝差1

3 ソフトバンク 試合数64 勝34 敗30 引0 勝差2.5

4 オリックス 試合数66 勝34 敗30 引2 勝差0

5 ロッテ 試合数63 勝32 敗31 引0 勝差1.5

6 楽天 試合数65 勝23 敗41 引1  勝差9.5

 

交流戦 順位表

 

1位 ヤクルト 試合数18 勝12 敗6 引0

2位 オリックス 試合数18 勝11 敗6 引1

3位 ロッテ 試合数18 勝11 敗7 引0

4位 ソフトバンク 試合数18 勝11 敗7 引0

5位 日本ハム 試合数18 勝10 敗8 引0

6位 西武 試合数18 勝10 敗8 引0

7位 巨人 試合数18 勝8 敗10 引0

8位 DeNA 試合数18 勝8 敗10 引0

9位 中日 試合数18 勝7 敗11 引0

10位 広島 試合数18 勝7 敗11 引0

11位 阪神 試合数18 勝6 敗11 引1

12位 楽天 試合数18 勝6 敗12 引0

 

最後に  

f:id:GOSE:20180605001825j:plain

 久々の延長戦だった気もしますが、最後の最後まで目が離せない試合展開ででしたが、引き分けに終わりました。

 

惜しむらくは馬場投手に勝ちが付かなかった事でしょうか、ただ次回以降も期待が持てる投球でプロ初勝利が待ち遠しいですね。

 

選手の皆様お疲れ様でした!

また明日もよろしくお願いします!

 

さてさて、ここまで読んで頂きありがとうございます! 

また次回お会いしましょ~(^^)/