GOSE@趣味と阪神とタイガース模様

初めまして、GOSEです。趣味のゲームやアニメ、投資関連。最近は阪神タイガース記事を中心に書いています。阪神今年は優勝や!!

GOSE@趣味と阪神とタイガース模様

糸原 今季1号2ランも投手陣崩れ投打及ばず敗戦で借金最多4 対広島 9回戦

スポンサーリンク

閲覧ありがとうございます!!

GOSEです(^^)/

 

阪神は交流戦セ・リーグ最下位と情けない結果で終わってしまいましたが、22日からリーグ戦再開と、気を引き締めて臨んでいってほしい所です。

 

ただ昨日は用事で仕事終わりに出掛けていたので観戦出来ず、帰って結果を確認した所、どうやら悲しい形となってしまったようです。

 

このまま3タテされそうな感じがします(´・ω・`)

f:id:GOSE:20180601193458j:plain

 

 

阪神vs広島 9回戦 感想と結果について

 

最初に

 

2017年の7月頃から野球を再度見始めた、にわか阪神ファンです。

ルール自体は殆ど知っていますが野球理論など、わからない事は多いです。

 

ただ阪神と野球自体は昔から好きで応援はしておりましたが、往年のファンの方々から見たら、たまに変な事を書いているかも知れません。

 

しかしブログに書いていく事によって、改めてどんな試合だったかを振り返ったり、試合内容をじっくり観るようになり、より一層楽しむ事が出来ていると思います。

 

野球記事としては、未熟な点が多々あると思いますが、よろしくお願い致します。

 

阪神スタメン

 

1番(二)糸原

2番(遊)北條

3番(左)福留

4番(右)糸井

5番(中)伊藤隼

6番(三)鳥谷

7番(一)陽川

8番(捕)梅野

9番(投)秋山

 

広島スタメン

 

1番(遊)田中

2番(二)菊池 

3番(中)丸

4番(右)鈴木

5番(一)松山

6番(左)野間

7番(三)西川

8番(捕)会沢

9番(投)大瀬良

 

試合開始です!!

f:id:GOSE:20180603170315j:plain

 

阪神vs広島戦 試合内容と感想

結果のみ確認した所、阪神 3-5 広島と、虎キラーの広島先発・大瀬良投手が降板した7回までに、わずか3安打無得点。

 

降板後の8回以降に糸原選手の今季1号となる2ランホームランなどで追撃しますが時すでに遅し、21日の交流戦最終日での延長戦12回フルで引き分けとなりましたが、その疲れもあったのでしょうか、今季最多の借金4とグダグダですね(*_*)

 

先発・秋山投手は6回3失点で7敗目となり、中継ぎ陣の尾仲投手と福永投手も打たれてしまい合わせて5失点と。

 

例え打たれて失点したとしても、打線の援護があれば気持ちも変わってくるとおもうんですけどね、期待されていたロサリオ選手は昇格見送りで、しばらく2軍生活が続きそうですし、新助っ人外国人のナバーロ選手は未知数ですが、もし駄目だった場合、かなり苦しい展開が続くと思われます。

 

残念ながら打撃においては広島に差がありますので、3連敗する可能性が高いですが、何とか奮起してもらいたい所です・・・

 

まずは借金返済!タイガース頼んますわ!!

f:id:GOSE:20180326001006j:plain

 

他球団の結果 

 

セ・リーグ

 

巨人 8ー5 ヤクルト

 

巨人は初回にマギー選手と長野選手のタイムリーで先制した後も得点を重ね、投げては先発・菅野投手が6回2失点と好投するし今季8勝目となりました。

 

中日 4-3 DeNA

 

中日は2回に福田選手と木下拓選手のタイムリーで3点を奪いますが、DeNA打線がジワジワと追いつき延長戦へ。

 

11回裏、2アウト満塁から大島選手が押し出し四球を選び劇的なサヨナラ勝ちを収めています。

 

パ・リーグ

 

楽天 7-8 日本ハム

 

乱打戦となった今回、日本ハムは3点ビハインドとなった8回に西川選手の3ランホームランで同点に追いつき延長戦に突入します。

 

延長12回表、1アウト満塁のチャンスで、またもや日本ハム・西川選手のタイムリーで勝ち越しに成功、勝利となりました。

 

楽天は投手陣を全員つぎ込む総力戦を展開しますが、力及ばず敗戦となりました。

 

オリックス 3-5 ソフトバンク

 

今日一番荒れた試合になったのではないでしょうか。

 

同点で迎えた延長10回表、5回にも2ランホームランを打ったソフトバンク・中村晃選手がまたしても2ランホームランを打ち、勝ち越しに成功、ソフトバンクの勝利となりました。

 

しかし当初はファールの判定だったのですが、工藤監督がリクエスト要求。

リプレー検証の結果・・・ホームランと判定が覆ったわけですが・・。

 

結果オリックスは4位転落、試合後オリックス・福良監督が審判団に猛抗議し、再度映像を確認した所、審判団が誤審を認め、日本野球機構に報告するという前代未聞の事態となりました。

 

リクエストでの誤審は、これからも尾を引く問題となりそうです。

 

ロッテ 1-5 西武

 

 西武は2回に斉藤彰選手のタイムリーで先制すると、コンスタントに得点を重ねていき、投げてはエース・菊池投手が7回無失点の好投でロッテ打線を封じ込め、今季8勝目となりました。

 

2018年 6月22日時点での順位

 

セ・リーグ

 

1 広島 試合数64 勝35 敗28 引1 

2 巨人 試合数65 勝31 敗33 引1 勝差4.5

3 DeNA 試合数63 勝29 敗32 引2 勝差0.5

4 阪神 試合数63 勝29 敗33 引1 勝差0.5

4 ヤクルト 試合数63 勝29 敗33 引1 勝差0

6 中日 試合数66 勝30 敗35 引1 勝差0.5

 

パ・リーグ

 

1 西武 試合数64 勝38 敗26 引0

2 日本ハム 試合数66 勝38 敗28 引0 勝差1

3 ソフトバンク 試合数65 勝35 敗30 引0 勝差2.5

4 オリックス 試合数67 勝34 敗31 引2 勝差1

5 ロッテ 試合数64 勝32 敗32 引0 勝差1.5

6 楽天 試合数66 勝23 敗42 引1  勝差9.5

 

最後に  

f:id:GOSE:20180605001825j:plain

 ここ最近の数試合を見ているとBクラスに定着しそうで怖いですね。

 

ちなみに、鳥谷選手を2塁にコンバートさせてまで開幕から出場を続けていた大山選手が今季初の2軍落ちと流石に打率低迷とチャンスに殆ど打てていなかったので致し方ないのでしょう。

 

最近はベンチスタートばっかりでしたからねえ、ロサリオ選手共々復活して上がってきて欲しい所です。

 

選手や監督、コーチも必死で戦っていると思いますが、プロの世界では結果が全てで、批判されるのは仕方ないと思うんですよ。

 

金本監督、片岡打撃コーチは特に批判されていますが、私は応援しますが、結果が付いてこなかったら責任を取って解任が待っているだけですしね。

 

何とか上向いていってくれることを願うばかりです。

 

さてさて、ここまで読んで頂きありがとうございます! 

また次回お会いしましょ~(^^)/