GOSE@趣味と阪神とタイガース模様

初めまして、GOSEです。趣味のゲームやアニメ、投資関連。最近は阪神タイガース記事を中心に書いています。阪神今年は優勝や!!

GOSE@趣味と阪神とタイガース模様

ロシアワールドカップ準々決勝 イングランド 若手躍動でベスト4進出

スポンサーリンク

閲覧ありがとうございます!

GOSEです(^^)/

 

本日7月7日、準々決勝のカードの初戦は、

 

スウェーデンvsイングランド

 

ウルグアイとブラジルが姿を消し、欧州勢のみになったワールドカップですが、どの国のチームも一流の選手達が揃う強豪国ばかり。

 

果たしてどのチームが準決勝へと駒を進めていくのでしょうか!

 

最近本当に寝不足ですわ~(´・ω・`)

f:id:GOSE:20180616000901j:plain

 

 

ロシアワールドカップ スウェーデンvsイングランド

スウェーデンの特徴としては堅牢な守備!

 

グループリーグでは、ドイツに2失点を取られ敗北していますが、韓国戦、メキシコ戦では無失点。

 

そして決勝トーナメント初戦のスイス戦でも無失点と、前半を耐え抜き後半に最低限の得点を挙げて勝利を得るというスタイル。

 

と思ってたらメキシコ戦では3得点を奪うなど、イングランドにどのような戦い方を仕掛けるのか楽しみですね。

 

対するイングランドの特徴は、ハリー・ケインを中心に世代交代に成功した若手主体のチーム

 

若手が躍動し、前半にこれまで6得点を決めてゲームに勝利していて、スウェーデンとは対照的なチームですね。

 

スウェーデンを打ち倒し、果たして鬼門となっている準々決勝突破を決める事が出来るのでしょうか!

 

楽しみですねえ( *´艸`)

 

スウェーデンスタメン

フォーメーションは4-4-2

 

GK:ロビン・オルセン

DF:ビクトル・リンデロフ、アンドレアス・グランクビスト、ルドビク・アウグスティンソン、エミル・クラフト

MF:セバスティアン・ラーション、アルビン・エクダル、エミル・フォルスベリ、ビクトル・クラエソン

FW:マルクス・ベリ、オラ・トイボネン

 

イングランドスタメン

フォーメーションは3-3-2-2

 

GK:ジョーダン・ピックフォード

DF:カイル・ウォーカー、ジョン・ストーンズ、ハリー・マグワイア、キーラン・トリッピアー、アシュリー・ヤング

MF:ジェシー・リンガード、ジョーダン・ヘンダーソン、デレ・アリ

FW:ハリー・ケイン、ラヒーム・スターリング

f:id:GOSE:20180619225856j:plain

前半45分 イングランド、CKから先制

両軍、無理に攻めず様子見ともいえる静かな立ち上がりで、時折スウェーデンのカウンターで持ち上がりますが、点には結びつかず。

 

しかしゲームが動いたのは、前半30分

 

セットプレーを武器にしているイングランドが左からのCKを得て、キッカーを務めるのは、アシュリー・ヤング。

 

正確なクロスからハリー・マグワイアが反応し、とんでもない高さでヘディングを叩きつけ、これがゴール左に吸い込まれてイングランドが先制となりました!

 

前半30分初めてのセットプレーでキッチリと点を取るあたりがさすがですね。

 

その後もチャンスの殆どはイングランドでしたが追加点は奪えず。

 

これまで大人しめだったスウェーデンが、後半にどれだけ攻撃的になるか楽しみですねえ。

 

イングランドが、1点リードでハーフタイムに入ります。

f:id:GOSE:20180701002034j:plain

後半45分 イングランドが試合を決める追加点

1点ビハインドのスウェーデンは、なんとか早いうちに点を取りたい所ですが、開始早々からイングランドが攻勢を仕掛け、中々攻撃に移れません。

 

そして後半14分、試合が動きます

 

イングランドMF:ジェシー・リンガードがシュートを放つも弾かれてしまいます。

 

しかしキーラン・トリッピアーが広ってジェシー・リンガードに再度パス、リンガードは、ふわりと浮かせたパスをゴール前に入れると、反応したデレ・アリがヘディングシュート!

 

これがゴールに突き刺さり、値千金の追加点をイングランドが決めました!

 

スウェーデンも負け時と少ないチャンスで枠内シュートを放ち決定機を得ますが、立ちふさがるはイングランドGK:ジョーダン・ピックフォード

 

ビックセーブもあり点を許しませんね、流石です。

 

アディショナルタイムは5分ありましたが、イングランドが最後まで集中を切らさず、危なげなくベスト4を決めました!

f:id:GOSE:20180619225557j:plain

最後に

全体的にスウェーデンは最後の〆が弱かったですね、結構イングランドのゴールを脅かすチャンスを得ていましたが、得点を決められず。

 

結果的には攻守ともに圧倒したイングランドが、必然的に勝利を収める形となりました。

 

日本のグループリーグの結果次第ではイングランドと対戦していたかもしれませんが、ifとして日本が戦っていたらどうなっていたでしょうか。

 

日本の弱点ともいえるセットプレーで、スウェーデンと同じく失点していたように思えますね、あの高さは脅威でしょう。

 

イングランドの次戦は、ロシアvsクロアチアでの勝者となりますが、果たして・・・(´・ω・`)

 

さてさて、ここまで読んで頂きありがとうございます!

また次回に~!!