GOSE@趣味と阪神とタイガース模様

初めまして、GOSEです。趣味のゲームやアニメ、投資関連。最近は阪神タイガース記事を中心に書いています。阪神今年は優勝や!!

GOSE@趣味と阪神とタイガース模様

阪神タイガース 猛虎打線覚醒! ハマスタ花火大会を制しDeNAに2連勝

スポンサーリンク

閲覧ありがとうございます!!

GOSEです(^^)/

 

昨日の試合では、ロサリオ選手の覚醒と糸井選手の復活の3ランホームランなどで楽勝ムードかと思いきや、ジワジワ追い上げるDeNA打線に戦々恐々。

 

ただ最後は能見投手とドリス投手が踏ん張り、先発岩貞投手もニッコリの4勝目を挙げ、辛勝した戦いでした。

www.gosekun.com

 

そして本日の試合は DeNA 7-11 阪神

連日のハマスタ花火大会を制した阪神が快勝した試合となりました

 

果たしてどのような試合だったのでしょうか、まとめて行こうと思います!

f:id:GOSE:20180601193458j:plain

 

 

阪神vsDeNA 14回戦 感想と結果について

最初に

2017年の7月頃から野球を再度見始めた、にわか阪神ファンです。

ルール自体は殆ど知っていますが野球理論など、わからない事は多いです。

 

ただ阪神と野球自体は昔から好きで応援はしておりましたが、往年のファンの方々から見たら、たまに変な事を書いているかも知れません。

 

しかしブログに書いていく事によって、改めてどんな試合だったかを振り返ったり、試合内容をじっくり観るようになり、より一層楽しむ事が出来ていると思います。

 

野球記事としては、未熟な点が多々あると思いますが、よろしくお願い致します!

 

阪神スタメン

1番(二)糸原

2番(遊)北條

3番(左)福留

4番(右)糸井

5番(一)ロサリオ

6番(中)ナバーロ

7番(三)陽川

8番(捕)梅野

9番(投)メッセンジャー

 

DeNAスタメン

1番(中)桑原

2番(右)ソト

3番(三)宮崎

4番(左)筒香

5番(一)ロペス

6番(遊)倉本

7番(捕)伊藤

8番(投)今永

9番(二)梶谷

 

阪神vsDeNA戦 試合内容と感想

本日はハマスタに花火が沢山上がったみたいで、2回表にナバーロ選手が来日1号となるソロホームランを打ってくれたかと思えば、3回表にはロサリオ選手が2戦連続となる2ランホームランをブチかましてくれたようです。

 

そして5回表には糸井選手がソロホームラン、7回表には陽川選手が2ランホームランを打つなど、これだけ飛び出すと盛り上がったでしょうね~

 

ここにきて猛虎打線は開幕から構想していたベストな打線に近づけたのでしょう。

 

ロサリオ選手の覚醒も嬉しいですし、怪我開けとは思えない糸井選手の連日の活躍、これには金本監督もニッコリ笑顔だったようです

 

最終的には野手全員安打、福留選手や糸原選手も暴れまわってくれてDeNAを粉砕してくれました!

f:id:GOSE:20180603170315j:plain

DeNAは先発の今永投手が3回5失点と、なんか殆ど毎回炎上してる気がするのですが、調子が戻らないんでしょうかね。

 

そんな彼を援護すべく1回裏にソト選手がソロホームラン、8回裏には梶谷選手がソロホームランと打ちますが、阪神先発メッセンジャー投手の7回2失点の好投で、全体的に打線は抑えられたようです。

 

この結果によりメッセンジャー投手は、NPB史上初 外国人投手最多の7度目2桁勝利をマーク!

 

阪神タイガースに、そしてトラファンにレジェンドとして今後も語り継がれていくのでしょうね( *´艸`)

 

9回裏まで8点差と阪神の楽勝かと思われましたが、3番手となる谷川投手が先頭打者ソト選手に対してフォアボールと、その後も連打を浴び炎上

 

2アウトまで行くのに、7人の打者に対して4失点と、これでは敗戦処理か本当に大差を付けている試合でしか登板させられないレベルで、今後が少し心配ですが、反省を生かしてほしい所です。

f:id:GOSE:20180605002250j:plain

甲子園で巨人に3タテされ、愛称の良いDeNAに3連戦の初戦を落としてしまうなど、後半戦はどうなる事かと心配だらけでしたが、ここにきて光明がキラリ!

 

24日からは打線が絶好調の広島3連戦を迎えますが、現状の阪神が何処まで食らいついてくれるのか楽しみで、3タテするくらいの勢いで広島を粉砕して欲しい所です!

 

ここから巻き返しやで、タイガース!!

f:id:GOSE:20180626210549j:plain

他球団の結果について

セ・リーグ

広島 8ー6 巨人

 

広島は3~4回に巨人マギー選手の3ランや吉川尚選手の2ランなどで6失点と苦しい立ち上がりとなりましたが、5回裏に田中選手と丸選手、そして鈴木選手のホームラン大攻勢で同点とします。

 

その後7回裏に丸選手が2打席連続となる2ランで逆転、巨人を3タテし、その強さを誇示しました。

 

これにより巨人は自力Vが消滅する事態となっています

 

ヤクルト 5-4 中日

 

ヤクルトは3-3で迎えた3回裏にバレンティン選手のタイムリーで勝ち越しに成功、同点で迎えた8回裏には山田哲選手が、3試合連続となる第22号勝ち越しソロホームランをぶっ放し、中日に3連勝としています。

 

パ・リーグ

日本ハム 7-5 ソフトバンク

 

 日本ハムは同点で迎えた7回裏に近藤選手のタイムリーで勝ち越し、8回は松本選手のタイムリーで2点を奪いリードを奪ったまま勝利しています。

 

これにより日本ハム3番手 井口投手がプロ初勝利とし、敗れたソフトバンクは4連敗としています

 

西武 6-3 楽天

 

西武は負ければ首位陥落となる一戦、8回まで1点ビハインドの状態で秋山選手、源田選手の連続タイムリーで一挙4点を奪い逆転に成功。

 

後半戦、1勝4敗と失速気味の西武は土壇場で首位の座をキープ、敗れた楽天は5連勝の勢いを削がれる形となりました。

 

ロッテ 7-3 オリックス

 

ロッテは初回に井上選手と角中選手の連続タイムリーで2点を奪いますが、6回にオリックス吉田正選手の2ランで同点に追いつかれます。

 

7回に福浦選手のタイムリー、田村選手の3ランで一挙4点を奪い勝ち越しに成功し同一カード3連勝としています。

 

2018年 7月22日時点での順位

 

セ・リーグ

1 広島 試合数81 勝47 敗33 引1 

2 巨人 試合数87 勝43 敗43 引1 勝差7

3 DeNA 試合数83 勝38 敗43 引2 勝差2.5

4 ヤクルト 試合数82 勝38 敗43 引1 勝差0

5 阪神 試合数79 勝36 敗42 引1 勝差0.5

6 中日 試合数86 勝38 敗47 引1 勝差1.5

 

パ・リーグ

1 西武 試合数83 勝47 敗35 引1

2 日本ハム 試合数84 勝47 敗36 引1 勝差0.5

3 ソフトバンク 試合数81 勝41 敗40 引0 勝差5

4 オリックス 試合数85 勝41 敗40 引4 勝差0

4 ロッテ 試合数85 勝42 敗41 引2 勝差0

6 楽天 試合数84 勝34 敗49 引1  勝差8

 

最後に  

f:id:GOSE:20180605001825j:plain

 いや~~、勝てて良かったですね!

 

以前の阪神なら打線の好調は1回のみで次戦に、貧打に逆戻って敗戦ってバターンが多かっただけに今日の勝利は、いつもとは一味も二味も違う内容だったのではないでyそうか。

 

それゆえに次の広島3連戦が楽しみで仕方ないのですよ!

広島を粉砕して優勝へ向けて突っ走れ~~!!!

 

さてさて、ここまで読んで頂きありがとうございます! 

また次回お会いしましょう!