GOSE@趣味と阪神とタイガース模様

初めまして、GOSEです。趣味のゲームやアニメ、投資関連。最近は阪神タイガース記事を中心に書いています。阪神今年は優勝や!!

GOSE@趣味と阪神とタイガース模様

阪神 ヤジ飛び交う甲子園5連敗 格上に勝てない病が深刻化

スポンサーリンク

閲覧ありがとうございます!!

GOSEです(^^)/

 

前回の広島戦は6月24日でしたが、甲子園で3タテされ実力の差を見せつけられた試合内容でした。

www.gosekun.com

 

ほぼ1カ月ぶりの両軍、本日24日から甲子園で3連戦が始まり、本日の初戦

 

阪神 1-3 広島 敗戦となってしまいましたが、果たしてどのような試合だったのでしょうか、まとめて行こうと思います!

f:id:GOSE:20180601193458j:plain

 

 

阪神vs広島 12回戦 感想と結果について

最初に

2017年の7月頃から野球を再度見始めた、にわか阪神ファンです。

ルール自体は殆ど知っていますが野球理論など、わからない事は多いです。

 

ただ阪神と野球自体は昔から好きで応援はしておりましたが、往年のファンの方々から見たら、たまに変な事を書いているかも知れません。

 

しかしブログに書いていく事によって、改めてどんな試合だったかを振り返ったり、試合内容をじっくり観るようになり、より一層楽しむ事が出来ていると思います。

 

野球記事としては、未熟な点が多々あると思いますが、よろしくお願い致します!

 

あとTwitterもやってまして、主に阪神タイガースやサッカー関連を呟いてたりしますが、もし宜しければフォローしてあげてくださいな(^^)/

 

 

 

阪神スタメン

1番(二)糸原

2番(遊)北條

3番(左)福留

4番(右)糸井

5番(一)ロサリオ

6番(中)ナバーロ

7番(三)陽川

8番(捕)梅野

9番(投)岩田

 

広島スタメン

1番(遊)田中

2番(二)菊池 

3番(中)丸

4番(右)鈴木

5番(左)バディスタ

6番(一)新井

7番(三)安部

8番(捕)石原

9番(投)ジョンソン

 

阪神vs広島戦 試合内容と感想

前回のDeNA戦から、ロサリオ選手や糸井選手の復活で、本来暑さに弱い猛虎打線は、ここにきて覚醒状態!

 

対して広島は巨人3連戦を接戦の末、打線爆発で3タテするなど優勝へ向けて爆進している状態です。

 

乱打戦になるであろう今回、どこまで猛虎打線が食らいついていけるかが見どころですね

f:id:GOSE:20180603170315j:plain

甲子園で勝つとこ見せてや!たのむで~~!!(´・ω・`)

 

1回表 広島の攻撃 菊池選手の先制2ランホームラン

7月17日の巨人戦では、初回から三振の山を築いた岩田投手、注目の立ち上がりでしたが・・・

 

先頭打者・1番(遊)田中選手をフォアボールで歩かせてしまい、2番(二)菊池選手にキッチリと2ランホームランを打たれてしまいます。

 

うむむ・・・流石広島打線といった所でしょうか。

 

岩田投手、なんとか2失点のみで抑えましたが不要なフォアボールからのホームランと、何とも苦いスタートとなりました。

 

その裏、1番(二)糸原選手と2番(遊)北條選手が連続ヒットと流れを引き込めるかと期待しましたが、3~5番が繋げられず無得点。

 

ちなみに糸原選手が、最初の打席でヒットを打ったのは今季初との事で、1点でも取れていたら流れを引き寄せられたと思うのですが・・

 

立ち上がりは広島に軍配が上がったようです( ゚Д゚) 

 

阪神 0-2 広島

 

2回~4回 両軍の攻防 岩田投手の粘り

立ち上がりに失点してしまった岩田投手ですが、その後は安定し広島打線を抑え込んでいます。

 

特に4回表、先頭打者4番(右)鈴木選手と6番(一)新井選手にヒットを打たれ、1アウト1・3塁のピンチ!

 

でしたが、7番(三)安部選手と8番(捕)石原捕手を連続空振り三振に切って落とすナイスピッチングで無失点。

 f:id:GOSE:20180605002250j:plain

逆球での三振など、少々ラッキーな面もありましたが広島打線相手に踏ん張ってくれていますが、それだけに最初のホームランが残念・・・

 

猛虎打線は、初回以降チャンスを作れない状態で、4回に5番(一)ロサリオ選手がツーべースを打ってくれたりしましたが、ジョンソン投手に要所を締められ、厳しい展開が続きます。

 

甲子園に帰ってきて打線が縮小するのはアカンで!

気合みせてくれーーー

 

6回表 広島の攻撃 鈴木選手のソロホームラン

5回の攻撃時に代打を出された岩田投手が降板、望月投手がマウンドにあがります。

 

先頭打者3番(中)丸選手を空振り三振に切って落とし、流石の投球でしたが、さらにとんでもなかったのが4番(右)鈴木選手。

 

2ボールからの高めの150キロの速球をバット一閃、望月投手のプロ初失点は鈴木選手のホームランとなりましたが、その後はフォアボールでランナーを出しつつも、崩れることなく抑えてくれています。

 

ちなみに5回のノーアウト1塁で登場した代打・大山選手ですが安定のダブルプレーに沈んでいます。

 

金本監督は何が何でも彼を使いたいようですが、残念ながら現状では守備以外に光る部分はないと思うのですが・・覚醒がいつになるのでしょうか

f:id:GOSE:20180703214056j:plain

6回裏~9回表 両軍の攻防 奮闘する阪神リリーフと俊介選手

回マタギの望月投手の力投で追加点を許さない阪神ですが、7回裏にジョンソン投手が崩れ始め、先頭打者・7番(三)陽川選手がフォアボールで出塁

 

8番(捕)梅野捕手が堅実に送りバントを決めて・・代打・俊介選手!

 

最近はナバーロ選手が加わった影響かスタメン出場が少なくなっていましたが、ジョンソン投手の放ったチェンジアップを見事に捉え、タイムリーヒット!

 

最高や、俊介!!

 

阪神 1-3 広島

 

さあ、こっから反撃や!!!いてもうたれーーーー!

 

ここで広島、投手交代 ジョンソン投手からフランスワ投手がマウンドに上がります。

 

1番(二)糸原選手 空振り三振

2番(遊)北條選手 空振り三振

 

グフォ!(吐血)

 

広島リリーフの最終兵器か・・・残念( ;∀;)

 

その後は、8回を岩崎投手、9回を岡本投手が踏ん張り無失点に押させてくれました

 

9回裏 阪神の攻撃 代打・鳥谷選手、原口選手でチャンス広げるも・・

フランスワ投手が降板、守護神中崎投手が立ちふさがります。

 

2アウトの状態で代打・鳥谷選手がフォアボールで塁に進み、続く代打・原口選手がヒットを打つなど、もう流石としか言いようがないですがチャンスを広げます!

 

1・3塁の好機で1番(二)糸原選手が無念の見逃し三振に倒れ、ゲームセット

 

あのコースでストライクとは白井球審のストライクゾーンはどうなっているのか、うんぬんかんぬん

 

またしても甲子園でトラファンに勝利を届けられませんでしたが・・・

 

ここから巻き返しやで、タイガース!!(ほんまに頼んます)

f:id:GOSE:20180626210549j:plain

他球団の結果について

セ・リーグ

巨人 2ー5 ヤクルト

 

ヤクルトは3回に山田哲選手の2ランで先制しますが、巨人も6回に岡本選手のタイムリーなどで2点を返します。

 

しかし7~8回に、またしても山田哲選手がタイムリーを打つなどして点差を広げ巨人を粉砕しました。

 

中日 11-4 DeNA

 

中日は2点ビハインドの状態で3回裏に藤井選手、福田選手、松井雅選手の3者連続タイムリーで一挙5点を奪い、6回には平井選手と藤井選手のタイムリーで3点を奪うなど、打線が爆発。

 

DeNAを粉砕しました。

 

パ・リーグ

楽天 10-8 日本ハム

 

序盤から激しい点の取り合いとなり延長戦へ。

 

10回裏、1点ビハインドの楽天は銀次選手のタイムリーで同点としたかと思えば11回裏に途中出場の山下選手が、プロ初となる2ランで劇的なサヨナラ勝ちを収めています。

 

西武 7-1 オリックス

 

 西武打線が、安定の爆発で3回にメヒア選手の2ランで先制、7~8回に森選手の2ラン、中村選手の2ランとホームラン攻勢でオリックスを粉砕しています。

 

ソフトバンク 10-10 ロッテ

 

 こちらも序盤から激しい点の取り合い。

 

延長戦に入りつつもロッテの平沢選手や、ソフトバンクの今宮選手などのタイムリーでお互い譲らず、延長12回を戦い抜き引き分けとなりました。

 

2018年 7月24日時点での順位

セ・リーグ

1 広島 試合数83 勝49 敗33 引1 

2 巨人 試合数89 勝43 敗45 引1 勝差9

3 ヤクルト 試合数84 勝40 敗43 引1 勝差0.5

4 阪神 試合数81 勝37 敗43 引1 勝差1.5

5 DeNA 試合数85 勝38 敗45 引2 勝差0.5

6 中日 試合数88 勝39 敗48 引1 勝差1

 

パ・リーグ

1 西武 試合数85 勝49 敗35 引1

2 日本ハム 試合数86 勝48 敗37 引1 勝差1.5

3 ロッテ 試合数87 勝43 敗41 引3 勝差4.5

4 ソフトバンク 試合数83 勝41 敗41 引1 勝差1

4 オリックス 試合数87 勝41 敗42 引4 勝差0.5

6 楽天 試合数86 勝35 敗50 引1  勝差7

 

最後に  

f:id:GOSE:20180605001825j:plain

広島の強さが随所に現れた試合内容でした。

 

広島打線、取り合えず強力ですよね、初回のホームランに泣きましたが岩田投手はゲームを作ってくれたと思います。

 

猛虎打線は、甲子園で中日ヤクルトDeNA相手には虎になるんですが、苦手巨人や格上広島には猫になっちゃうんですよねえ・・・

 

前回の勢いを見て、乱打戦になるかなあって思ってたんですが代打・俊介選手のタイムリーで1点を返すのがヤットの状態。

 

ジョンソン投手やフランスワ投手に、ほぼ完ぺきに抑えられていましたが、この暑い中、甲子園で応援しているファンに明日こそ勝利を届けて欲しい所です!

 

たのんまっせーーーーー!!!( ゚Д゚)

 

さてさて、ここまで読んで頂きありがとうございます! 

また次回お会いしましょう!