GOSE@趣味と阪神とタイガース模様

初めまして、GOSEです。趣味のゲームやアニメ、投資関連。最近は阪神タイガース記事を中心に書いています。阪神今年は優勝や!!

GOSE@趣味と阪神とタイガース模様

タイガース 5年ぶりの珍プレー2ラン犠飛を決められるなど最下位中日に大敗

スポンサーリンク

閲覧ありがとうございます!!

GOSEです(^^)/

 

7月29日のヤクルト戦、タイガースは先制点を取りながらも同点に追いつかれるなど、どちらが勝利するのか分からない試合展開。

 

中谷選手の勝ち越し弾、24歳の誕生日を自ら祝う北條選手のファインプレーなど、ヤクルトリリーフ陣を攻略し終わってみれば ヤクルト 4ー10 阪神 で大勝となった試合でした。

 

さて本日から名古屋ドームにて中日ドラゴンズと2連戦となりますが、中日に勝ってさらに勢いをつけて欲しい所でしたが、ふたを開けてみれば 

 

中日 7-2 阪神

最下位中日に大敗する体たらく

 

果たしてどのような試合展開だったのでしょうか、下記にて記録に残していこうと思います!

f:id:GOSE:20180601193458j:plain

 

 

中日vs阪神 14回戦 感想と結果について

最初に

2017年の7月頃から野球を再度見始めた、にわか阪神ファンです。

ルール自体は殆ど知っていますが野球理論など、わからない事は多いです。

 

ただ阪神と野球自体は昔から好きで応援はしておりましたが、往年のファンの方々から見たら、たまに変な事を書いているかも知れません。

 

しかしブログに書いていく事によって、改めてどんな試合だったかを振り返ったり、試合内容をじっくり観るようになり、より一層楽しむ事が出来ていると思います。

 

野球記事としては未熟な点が多々あると思いますが、よろしくお願い致します!

 

阪神スタメン

1番(二)糸原

2番(遊)北條

3番(一)ロサリオ

4番(三)陽川

5番(右)中谷

6番(左)ナバーロ

7番(中)俊介

8番(捕)梅野

9番(投)岩貞

 

中日スタメン

1番(遊)京田

2番(二)荒木

3番(中)大島

4番(一)ビジエド

5番(右)平田

6番(左)藤井

7番(三)福田

8番(捕)武山

9番(投)ガルシア

 

中日vs阪神戦 試合内容と感想

本日の先発は岩貞投手ですが、本来は28日のヤクルト戦に登板予定でしたが、台風12号の影響で雨天中止に。

 

いままでに5度、彼の登板日が雨天のためにズレ込むため「雨男」とか言われてたりしますが、防御率1・98と何だかんだ安定した投球をしてくれるので、今日も期待したい所です!

 

打線に関しては、オーダーを大幅に変更し福留選手、糸井選手共にスタメンを外れて、陽川選手が20日DeNA戦以来の4番となり、29日に勝ち越し弾を打ってくれた中谷選手が5番に入っていますね。

 

ベテラン勢を休ませつつ、この打線が機能してくれたら面白いと思うのですが果たして・・(´・ω・`)

f:id:GOSE:20180603170315j:plain

2回表 阪神の攻撃 ナバーロ選手の先制タイムリー

初回は阪神先発・岩貞投手、中日先発・ガルシア投手共に三者凡退と、果たして投手戦か乱打戦か、どうなるのか分かりませんでしたが。。

 

1アウトランナー無しの状態で5番(右)中谷選手が、初球真ん中よりのストレートを捉え、センターヒット。

 

そして6番(左)ナバーロ選手も初球ど真ん中ストレートを捉え、タイムリーツーベース!!

 

29日のヤクルト戦から続いて、先制点はタイガースからとなりました!

 

3回裏 中日の攻撃 岩貞投手 逆転を許す乱調

1~2回と三者凡退で〆てくれていた岩貞投手ですが、先頭打者7番(三)福田選手にツーベースを浴びると、8番(捕)武山捕手にタイムリーヒットを打たれ、あっという間に同点に追いつかれます。

 

続く9番(投)ガルシア投手は送りバント失敗でランナーを進められず1アウト。

 

本来ならここで流れは途切れるはずなんですが、1番(遊)京田選手、2番(二)荒木選手、に連続でヒットを打たれ、1アウト満塁のピンチ。

 f:id:GOSE:20180605002250j:plain

そして3番(中)大島選手にセンター方面に犠牲フライを打たれてしまい1失点・・・と思いきやタイガースの中継がもたついている間にランナー2人帰ってしまい、2失点と。

 

犠牲フライで2失点とは、どういう事でしょうか( ゚Д゚)

 

中日 3-1 阪神

 

4回表 阪神の攻撃 チャンス到来も1点止まり

早いうちに追いつきたいタイガースですが、先頭打者4番(三)陽川選手がフォアボールで出塁し、続く5番(右)中谷選手が辛くも内野安打でノーアウト1・2塁のチャンス!

 

ダブルプレーかと思われましたが、ガルシア投手が弾いてくれて、尚且つ尻餅ついてくれていたので助かりましたね。

 

そして6番(左)ナバーロ選手がレフト方向に2打席連続タイムリーを打ってくれました!!!

 

続く7番(中)俊介選手がセンターフライに打ち取られますが、1アウト1・3塁のチャンス!

 

しかし8番(捕)梅野捕手、9番(投)岩貞投手が共にゴロに倒れ、結局1点止まりと、少々不完全燃焼気味の攻撃となってしまいました。

 

5回裏 中日の攻撃 岩貞投手5回途中4失点で降板

4回裏には、ノーアウト満塁の大ピンチを凌ぎ切った岩貞投手。

 

ここで流れを呼び込みたかった猛虎打線は、5回表3番(一)ロサリオ選手がノーアウト1・2塁のチャンスをダブルプレーで潰すなど、悪いロサリオ選手に戻りつつありますね。

 

そしてピンチを凌いだ中日に流れがいったのか、1アウトランナー無しの状態で3番(中)大島選手にスリーベースを打たれたかと思いきや、4番(一)ビジエド選手にキッチリとタイムリーヒットを打たれ、追加点を許してしまいました。

 

中日 4-2 阪神

f:id:GOSE:20180703214056j:plain

そして2アウトの状態で6番(左)藤井選手にヒットを打たれた所で、岩貞投手は無念の降板となってしまいました(*_*)

 

続く望月投手が7番(三)福田選手をフライに打ち取りますが、どうも後手後手に回って知っているような気がします・・

 

6回~9回 両軍の攻防 阪神に止めを刺す藤井選手の3ラン

2点ビハインドのタイガースですが、調子を上げてきたガルシア投手に抑えられ、点を奪う事が出来ません。

 

7回表、1アウトランナー無しで代打・大山選手ですが、空振り三振と。

調子も悪そうですし、無理に出さなくても良い気がしますがどうなんでしょうか・・・

 

そして7回裏には、望月投手に代わってマウンドに上がった桑原投手が、藤井選手に痛恨の3ランホームランを打たれるなど、一気に5点差に引き離されます。

 

猛虎打線は最終回まで全く流れを引き寄せる事が出来ず、8回表のノーアウト1・2塁のチャンスを陽川選手、中谷選手、ナバーロ選手が連続で倒れ、得点を奪えず。

f:id:GOSE:20180729201841j:plain

万事休すとなったタイガースは、投打共に終盤輝く事が出来ず、中日 7-2 阪神のスコアで大敗となりました(*_*) 

 

試合を終えて 感想

岩貞投手について

岩貞投手、 立ち上がりは良く期待出来そうだったのですが、3回最初から乱れ始め、3失点。

 

まあ、大島選手の犠牲フライを俊介選手が体勢を崩しながら捕球、中継がモタモタしている間に5年前の西武戦以来となる「2ラン犠飛」で2点を奪われる不運もありました。

 

京田選手の足にやられちゃいましたね(*_*)

 

まあそれを差し引いても5回途中4失点での降板は良いとは言えず、5勝目を逃す形となってしまいました。

f:id:GOSE:20180603170504j:plain

ロサリオ選手について

今日のロサリオ選手も、チャンスで本当に打てないんですよねえ・・・

特に岩貞投手がノーアウト満塁の大ピンチを凌いだ次の回となる5回表。

 

ノーアウト1・2塁のチャンスを最悪のダブルプレーで不意にするなど、あれは本当に最悪やったと思いますね。

 

勿論ロサリオ選手1人だけのせいではないですが、流れを引き寄せる事が出来ず、敗戦の一因になったプレイの1つではないでしょうか。

 

桑原投手について

7回裏の頭から登板となった桑原投手、先頭打者大島選手にヒットを打たれたかと思えば、ビジエド選手にデッドボールで自らのクビを締める状態となり、止めに藤井選手に2号3ランを打たれるなど、今季は全体的にパッとしない桑原投手。

 

去年のビシっと抑える投球が記憶に新しいですが、低めに投げたスライダーがど真ん中にいってしまい、丁度打ち頃の球やったんでしょうね。

 

結局は梅野捕手のリードも噛み合っていないのでしょう。

 

今年は今後もこの状態が続きそうですが、何処かで持ち直して欲しい所ですね。

 

取りあえず明日は勝って、最下位転落と自力V消滅を阻止や!

f:id:GOSE:20180626210549j:plain

他球団の結果について

セ・リーグ

DeNA 0ー6 巨人

 

 巨人は、初回に吉川尚選手のタイムリーで先制したかと思えば続く2回に、重信選手のタイムリーと吉川尚選手の3ランで4点を挙げ、早々に試合を決めました。

 

巨人先発・内海投手が気迫の9回無失点で4年ぶりの完封勝利と投打が噛み合いDeNAを粉砕しました。

 

ヤクルト 3-6 広島

 

首位攻防戦となった本日、広島が初回に松山選手のタイムリーで先制しますが、その裏にヤクルト山田哲選手と川端選手にタイムリーを打たれ逆転を許します。

 

その後広島は4、6回に得点を挙げ、8回には安部選手の2ランと田中選手のソロで3点を奪い試合を決めました。

 

ヤクルトは山田哲選手が球団タイ記録となる9試合連続打点を記録しましたが、投手陣が踏ん張れず敗戦となっています。

 

パ・リーグ

日本ハム 14-1 ロッテ

 

日本ハムは初回に中田選手の2打席連続タイムリーや、アルシア選手のタイムリーなど、ロッテ先発・石川投手から打者15人の大攻勢で一挙10点を奪い、早々に試合を決めました。

 

初回から10点も取られたら、やる気もなくなる気がしますね・・(´・ω・`)

 

西武 7-4 ソフトバンク

 

西武は3回にメヒア選手のソロで先制し、以後も点を取り続けます。

止めとなった6回には、秋山選手、浅村選手、山川選手のホームラン大攻勢、投げては先発・多和田投手が今季4度目の完投で11勝目を挙げ、ソフトバンクを粉砕しました。

 

ソフトバンクは最終回に中川晃選手の3ランで4点を返すも力尽きています。

 

オリックス 4-6 楽天

 

楽天は2点ビハインドの8回に茂木選手のタイムリーと今江選手の押し出し四球で同点に追いつき、なおもノーアウト満塁のチャンスで銀次選手が2点タイムリーを打ち逆転に成功し勝利しています。

 

楽天は、後半戦を10勝2敗とし、5カード連続で初戦を勝利としています。

 

f:id:GOSE:20180605001825j:plain

2018年 7月31日時点での順位

セ・リーグ

1 広島 試合数88 勝52 敗35 引1 

2 ヤクルト 試合数89 勝43 敗45 引1 勝差9.5

3 巨人 試合数95 勝45 敗49 引1 勝差1

4 DeNA 試合数90 勝41 敗47 引2 勝差1

5 阪神 試合数86 勝39 敗46 引1 勝差0.5

6 中日 試合数94 勝42 敗51 引1 勝差1

 

パ・リーグ

1 西武 試合数89 勝53 敗35 引1

2 日本ハム 試合数91 勝51 敗39 引1 勝差3

3 ソフトバンク 試合数88 勝43 敗44 引1 勝差6.5

4 ロッテ 試合数90 勝43 敗44 引3 勝差0

4 オリックス 試合数93 勝42 敗47 引4 勝差2

6 楽天 試合数91 勝39 敗51 引1  勝差3.5

 

関連記事について

 29日、ヤクルトに大勝した試合です!

www.gosekun.com

 

 岩貞投手の前回の登板です!

 

www.gosekun.com

 

 7月4日 中日13回戦です!

www.gosekun.com

 

最後に  

中日先発・ガルシア投手や中日打線及び守備は、前半パッとしなかったと思うのですよ。

 

流れを引き寄せて勝つチャンスはいくらでもあったはずなのに、阪神は何一つ掴めずに敗戦となってしまいました。

 

もう溜息しかでないですが、明日は平成の怪物 松坂投手を打ち崩して何とか勝利を掴んで欲しい所です。

 

さてさて、ここまで読んで頂きありがとうございます! 

また次回お会いしましょう!(^^)/

 

ブログランキングに参加しています!

下記ボタンをポチっと押して頂けますとブログ運営の活力となります!!

 


阪神タイガースランキング

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
にほんブログ村