GOSE@趣味と阪神とタイガース模様

初めまして、GOSEです。趣味のゲームやアニメ、投資関連。最近は阪神タイガース記事を中心に書いています。阪神今年は優勝や!!

GOSE@趣味と阪神とタイガース模様

レアル・ベティス乾貴士 プレシーズンマッチ後半から出場、初戦を勝利で飾る

スポンサーリンク

閲覧ありがとうございます!!

GOSEです(^^)/

 

日本時間の8月3日 夜中の3時になりますが、乾 貴士が所属するスペイン リーガ・エスパニョーラ1部のレアル・ベティスとイングランド プレミアリーグ1部のボーンマスがプレシーズンマッチで激突。

 

乾 貴士は後半70分から出場し、短い時間で得点こそなりませんでしたがファウルを受けてチャンスメイクするなど、周囲との連携構築を行っている段階で、果たしてどのような試合内容だったのでしょうか。

 

下記にて記していこうと思います!

f:id:GOSE:20180804113253j:plain

 

レアル・ベティスvsボーンマス

最初に

2011年のアジアカップからサッカーを観始め、日本代表選手を中心に海外サッカー、そして地元大阪のガンバ大阪の試合を観始めました。

 

2011~2013年はサッカー漬けで万博記念競技場に足を伸ばしたり、初のJ2に落ちた後も応援を続けていましたが、仕事とプライベートなどで忙しくなり、次第にサッカーから離れていきました。

 

しかし2018年、ロシアワールドカップ後にサッカー熱が再燃

 

DAZNと契約し、ガンバ大阪の試合や海外サッカーを再度ガッツリみていますが、そこまで専門的な知識があるわけではなく、ただ純粋にサッカーを楽しんでいるにわかです。

 

時折変なことを書いているかもしれませんが、よろしくお願い致します!

f:id:GOSE:20180719190454j:plain

レアル・ベティス スタメン

GK:ジョエル・ロブレス

DF:マルク・バルトラ アントニオ・バラガン アリン・トシュカ アイサ・マンディ

MF:セルヒオ・カナレス ビクトル・カマラサ リャド・ブデブズ ダルコ・ブラシャナツ

FW:ジュニオル アントニオ・サナブリア

 

ボーンマス スタメン

GK:アルトゥール・ボルツ

DF:サイモン・フランシス ディエゴ・リコ ジャック・シンプソン タイモン・ミングス

MF:マーク・ピュー ハリー・アーター ジョーダン・アイブ ルイス・クック 

FW:リス・ムセ ジャーメイン・デフォー 

 

レアル・ベティスvsボーンマス 試合内容と感想

プレシーズンマッチ、レアル・ベティスは昨季プレミアリーグ12位のボーンマスの本拠地に乗り込み形となり、アウェーでの1戦。

 

背番号14番 乾 貴士はサブとして出番を待つ状態でしたが、全体的に力の差が如実に表れた試合となりました。

 

アウェーながら、試合の主導権は終始レアル・ベティスが握っていたように思えますし、コーナーキックやサイドからのクロスなど、前半からボーンマスを攻め立てていました。

 

レアル・ベティスは個の力で打開するチームではなく、パスサッカーで相手を崩すスタイルで、どちらかというとJリーグのチームによく似ているなと思いましたね。

 

ボーンマスも負けじと、カウンターで反撃に転じますが、中々決定機を作れません。

f:id:GOSE:20180701002034j:plain

試合が動いたのは前半16分、レアル・ベティス陣地からDFマルク・バルトラが前線にロングパスを放り込み、反応したMFリャド・ブデブズでしたが、ボーンマスGKアルトゥール・ボルツが一瞬早く追いつきクリア・・・のはずが痛恨のクリアミス。

 

リャド・ブデブズが詰め寄るDFをかわして無人になったゴールに冷静に放り込み、レアル・ベティスが先制する形となりました。

 

プレシーズンマッチですからね、お互いにパスミスなど細かいミスや連携ミスなどが散見されましたが、1-0のままで前半が終了しました。

 

後半開始からはボーンマスの攻めが目立ちますが、レアル・ベティス守備陣がよく守りゴールを奪わせません。

 

そして1点リードのまま後半70分にMF:セルヒオ・カナレスと交代でピッチに立ったのは我らが乾 貴士!

 

敵地でボーンマスとの戦い、応援しにきていたレアル・ベティスファンに拍手で迎えられる乾 貴士、およそ20分程の実戦で直接得点に絡む事はなかったですが、初のボールタッチとなった75分には、敵陣営でボーンマスMFハリー・アーターのファウルを誘発しFKを獲得するなど、チャンスメイクしていました。

f:id:GOSE:20180619225856j:plain

ポジションは、以前のエイバル時代とは若干異なり、2トップの左サイドを中心に、より前線よりのシャドーストライカーになるのでしょうか、攻撃的MFですね。

 

彼の持ち味のドリブルや、縦への突破などは今回の試合では見られなかったですが、元スペイン代表のホアキン・サンチェスの相棒として熾烈なポジション争いに勝てるか未知数ですが、チームはヨーロッパリーグの試合をこなす必要もあるため、チャンスは多く与えられると思われます。

 

スペイン、リーガ・エスパニョーラで最も試合出場をし成功している日本人として、第2ラウンドとなるレアル・ベティスでどのようなサッカーを見せてくれるのか今から楽しみですね!

 

チームとしては、後半アディショナルタイムにFWロレンのダメ押しゴールが決まり2-0のスコアで完勝。

 

乾 貴士にとっても幸先の良いスタートとなりました!

 

関連記事について

ロシアワールドカップ、日本代表の試合です

www.gosekun.com

 

www.gosekun.com

 

最後に  

DAZNで視聴したのですが、実況が英語なんですよねえ・・・なので細かい部分はさっぱりわかりませんでしたが、その分選手の動きを集中して自分なりに観れたと思います。

 

シーズンが始まり、どのような旋風を巻き起こしてくれるのか、今後も注目していこうと思います!

 

ブログランキングに参加しています!

下記ボタンをポチっと押して頂けますとブログ運営の活力となります!!

 


サッカーランキング

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

 

さてさて、ここまで読んで頂きありがとうございます!

また次回に~(^^)/