GOSE@趣味と阪神とタイガース模様

初めまして、GOSEです。趣味のゲームやアニメ、投資関連。最近は阪神タイガース記事を中心に書いています。阪神今年は優勝や!!

GOSE@趣味と阪神とタイガース模様

阪神タイガース 猛虎打線の粘りで5点差を返し延長戦をも制する大逆転勝利

スポンサーリンク

閲覧ありがとうございます!!

GOSEです(^^)/

 

現在タイガースは好調な中日に2連敗を喫し、投打共に精細を欠いて単独最下位に落ち込んでいます。

 

対するヤクルトは前半戦の不調が嘘のように立ち直り、山田哲選手を筆頭に打線が好調で、現在2位につけています。

 

ヤクルトと相性の良い京セラドームで迎え撃ったタイガース、試合結果は延長戦に突入する大激戦の末、阪神 10-9 ヤクルト で大逆転勝利となった、まさしく名試合となりました。

 

果たしてどのような試合展開だったのでしょうか、下記にて記録に残していこうと思います!

f:id:GOSE:20180601193458j:plain

 

 

阪神vsヤクルト 12回戦 感想と結果について

最初に

2017年の7月頃から野球を再度見始めた、にわか阪神ファンです。

ルール自体は殆ど知っていますが野球理論など、わからない事は多いです。

 

ただ阪神と野球自体は昔から好きで応援はしておりましたが、往年のファンの方々から見たら、たまに変な事を書いているかも知れません。

 

しかしブログに書いていく事によって、改めてどんな試合だったかを振り返ったり、試合内容をじっくり観るようになり、より一層楽しむ事が出来ていると思います。

 

野球記事としては、未熟な点が多々あると思いますが、よろしくお願い致します!

 

阪神スタメン

1番(二)糸原

2番(遊)北條

3番(左)福留

4番(右)糸井

5番(三)陽川

6番(一)ロサリオ

7番(中)中谷

8番(捕)梅野

9番(投)メッセンジャー

 

ヤクルトスタメン

1番(一)坂口

2番(中)青木

3番(二)山田哲

4番(左)バレンティン

5番(右)雄平

6番(三)川端

7番(遊)西浦

8番(捕)中村

9番(投)カラシティー

 

阪神vsヤクルト戦 試合内容と感想

8月5日から夏の高校野球が始まりますので、甲子園球場を明け渡し京セラドームにて行われた今日の試合。

 

ヤクルト 山田哲選手は現在連続試合打点を「11」に伸ばしており、阪神最大の助っ人ランディ・バース氏が86年にマークした13試合に迫る勢いです。

 

そしてヤクルト先発・カラシティー投手は無傷の6連勝中と、こちらも好調で猛虎打線は苦渋を舐めさせられました。

 

果たして猛虎打線はメッセンジャー投手は、好調なカラシティー投手と山田哲選手を封じ込めヤクルトに勝つことが出来るのか!

 

色んな意味で注目の一戦!

f:id:GOSE:20180603170315j:plain

1回裏 阪神の攻撃 福留選手の強烈な2ランホームラン

メッセンジャー投手の立ち上がり、ヒットとフォアボールで1アウト1・2塁のピンチを招きますが、4番(左)バレンティン選手をダブルプレーで無失点で乗り切りました!

 

そしてピンチの後にチャンスあり!

 

先頭打者1番(二)糸原選手がヒットで塁に出て、2番(遊)北條選手はサードゴロに倒れますが気合で走ってダブルプレーは免れます。

 

そして続く3番(左)福留選手が・・・カラシティー投手の放ったど真ん中の直球を完璧に捉え、超特大の2ランホームラン!!

 

キタアアアアアア( ゚Д゚)

 

このホームランはタイガースにとって大きいですねー、初回のピンチを無失点に抑えたメッセンジャー投手を、さらに勢いづける形となりそうです!

 

その後、調子を落としたカラシティー投手でしたが後続が打てず、この回は終了しました。

 

4回表 ヤクルトの攻撃 メッセンジャー投手炎上

3回裏に2アウトながら1.2塁のチャンスを不意にしているタイガース。

 

先頭打者3番(二)山田哲選手にソロホームランを打たれたメッセンジャー投手が大きく崩れます。

 

その後も連打を浴び、6番(三)川端選手に2点タイムリーを打たれて逆転され、尚もフォアボールでピンチを広げてしまい、挙句の果てには投手である9番(投)カラシティー投手に手痛い2点タイムリースリーベースを浴びてしまいます。

 

止めに1番(一)坂口選手にタイムリーヒットを打たれ、この回一挙6失点( ;∀;)

 

辛くも2番(中)青木選手をダブルプレーに仕留めましたが、ほぼ打者一巡となるヤクルトの猛攻となりました

 

阪神 2-6 ヤクルト

f:id:GOSE:20180605002250j:plain

5回裏 阪神の攻撃 ロサリオ選手の技ありタイムリー!

メッセンジャー投手が早々に降板し、5回表を望月投手が引き継ぎましたが、5番(右)雄平選手にソロホームランを浴びて1失点となっています。

 

5点ビハインドとなったタイガース、何とか反撃の糸口を掴みたい所ですが・・・

 

1アウトの状態で2番(遊)北條選手がヒットで出塁。

 

カラシティー投手、徐々にですがコントロールが狂い始めているのか、フォアボールが続き、2アウト満塁のチャンス!

 

さあ、最近はチャンスに殆ど打てていない6番(一)ロサリオ選手に打順が回ってきます。

 

大抵の方は(私も)ゴロかフライで終わるだろうと予想しましたが・・・、アウトハイのチェンジアップ、ボール球ですが見事に捉え2点タイムリーツーベースを放ちます!

 

よっしゃあ!ロサリオありがとう!!*1

 

尚も2・3塁のチャンスでしたが7番(中)中谷選手が倒れますが、打撃にカツを入れるナイスなタイムリーとなりました。

 

6回裏 阪神の攻撃 流れを掴みつつあるタイガース

先頭打者8番(捕)梅野捕手がヒットで出塁しますが、代打・ナバーロ選手がフライに倒れ1アウト。

 

そして1番(二)糸原選手がキッチリとヒットを打ち、2番(遊)北條選手がタイムリーヒット!!

f:id:GOSE:20180703214056j:plain

疲れが出てきたのか、ここでカラシティー投手は降板となり、中澤投手が後を引き継ぎます。

 

3番(左)福留は空振り三振に倒れますが、骨折ながらも強行出場の4番(右)糸井選手も追い込まれながらもタイムリーヒット!

 

危険と判断したのか中澤投手が降板、風張投手がマウンドにたちますが、猛虎打線がここぞの場面で攻め立てます。

 

2アウトながら1・3塁のチャンスに5番(三)陽川選手もタイムリーヒット!

 

ここでタイガース、5点ビハインドでもう駄目だあって状態から同点に追いつきました!!

 

続く6番(一)ロサリオ選手も、粘りに粘ってフォアボールで満塁のチャンス!!

 

だったのですが、7番(中)中谷選手がセカンドフライに倒れてしまい、この回の反撃はここまで。

 

うーん、一気に勝ち越しまで行って欲しかったのですが中谷選手、これまで2回のチャンスを潰しちゃってますからね、厳しいと思います。

 

阪神 7-7 ヤクルト

 

7回裏 阪神の攻撃 ヤクルト中継ぎ陣崩壊で、押し出し逆転

回の頭からヤクルトは中尾投手にマウンドを託しますが、先頭打者8番(捕)梅野捕手がツーベースを打ち、チャンスを広げます。

 

中尾投手、コントロールが定まらずフォアボールの連続。

 

4番(右)糸井選手の威圧感からか押し出し四球で、タイガース逆転に成功しました!!

 

さらに得点差を広げて欲しい所でしたが5番(三)陽川選手がキャッチャーフライに倒れます。

 

しかし5点差をひっくり返せたのは、本当に嬉しいですね( *´艸`)

 

阪神 8-7 ヤクルト

f:id:GOSE:20180729201841j:plain

8回~延長戦 両軍の攻防 ドリス投手失点で延長戦に

猛虎打線はその後、得点を重ねる事が出来ませんでしたが、8回表には能見投手が登板し、流石の三者凡退で無失点に抑えてくれています。

 

そして9回表、たまに炎上するドリス投手が登板

 

炎上・・・までは行きませんでしたが、2アウトから2番(中)青木選手にツーベースを打たれ、3番(二)山田哲選手にはフォアボール。

 

2アウト1・2塁で4番(左)バレンティン選手にタイムリーを打たれ同点に追いつかれてしまいます(*_*)

 

ドリス投手の球を見極め、甘目の球をキッチリと打ってくるバレンティン選手、流石の4番やなあっと・・・

 

5番(右)雄平選手をゴロに仕留めますが、この回はヤクルトの粘り勝ちとなりました。

 

阪神 8-8 ヤクルト

f:id:GOSE:20180603170504j:plain

10回表には、桑原投手が登板、無失点に抑えてくれましたが、猛虎打線も得点する事が出来ません。

 

そして11回表、回またぎの桑原投手がヤクルト上田選手のタイムリーを受けて、ここにきてヤクルトに勝ち越し弾を許す結果となってしまいました・・・

 

1点ビハインドで迎えた11回裏

 

1アウトの状態で代打・原口選手がヒットを打ち、1番(二)糸原選手がタイムリースリーベースを打ち、まさかまさかの土壇場で同点に追いつきました!!

 

そして3塁にランナーを置いた状態で2番(遊)北條選手がレフト方向に犠牲フライを打ち、糸原選手がタッチアップで本塁に帰還!!

 

阪神タイガース、5点差をひっくり返し5時間11分の大激戦を制する大逆転勝利で最下位脱出となりました!!

 

試合を終えて 感想

7回、梅野捕手の山田哲選手の盗塁阻止、ゲーム後半になるにつれて打撃も良くなっていってチャンスメイクもしてくれるなど見所は沢山ありましたが、その中でも・・・

 

メッセンジャー投手について

初回のピンチを凌ぎ切り3回まで無失点のメッセンジャー投手でしたが4回に突如崩れ、ほぼ打者一巡の猛攻を浴びて4回に6安打6失点の大乱調。

 

初回を無失点などに切り抜けてくれたら、後は大体最少失点くらいで抑えくれることが多かったんですけどねえ・・・、最近は打ち込まれる事が多くなってきました。

 

んで、先発が早めに降板してしまい中継ぎ陣が酷使され、疲労こんぱいで尚も打ち込まれるケースが増えると・・。

 

今のタイガースは、ありがちな悪循環に陥ってるのでしょうか。

何はともあれ、メッセンジャー投手お疲れ様でした!

 

次に期待します!!

 

中谷選手について

今日のヒーローは数多くいますが、中谷選手はワーストだと言われても仕方ない結果だと思います。

 

スタメンでただ一人ノーヒットで5回、7回と得点のチャンスを潰しちゃってましたからね・・

 

延長戦に入った10回には大山選手が打ってくれただけに続いてほしかったですが、無念の三振に倒れ、全く良い所が無く終わってしまいました。

 

あと少しズレていたらサヨナラホームランでヒーローになるチャンスもあったのですが・・・次回に期待したいですね。

f:id:GOSE:20180804235047j:plain

ロサリオ選手について

先頭打者だと毎試合コンスタントにヒットを重ねてくれているのですが、どうしてもねチャンスになると力が入るのかゴロとかゲッツーに沈んでしまうパターンが多かったですが、本日は5回にキッチリとタイムリーを打ってくれました。

 

もしあの場面で打てていなかったら流れもこず、後々の得点シーンもなかったかもしれません。

 

6回のチャンスにもバットを我慢してフォアボールで出塁、チャンスを広げてくれましたからね、

 

1つ1つ結果を残していかないと来季危うい状態やと思うので、もう開き直って活躍をよろしくお願いします!

 

北條選手について

本日のヒーローになった北條選手ですが、タイムリーを打ち攻撃に守備に貢献してくれていましたね。

 

しかし9回裏、先頭打者糸原選手がフォアボールで出塁した際の送りバントを決められず、結果は最悪のダブルプレーで、このまま負けていたら叩かれる要因の1つになっていたでしょう。

 

しかし勝利の女神は最後の最後に彼にチャンスを与えてくれたようで11回裏に犠牲フライで今季2回目の延長サヨナラを制する形となりました。

 

一時期は植田選手にスタメンを渡してましたが、ここにきて2番ショートの座を盤石なものにしていってるように思えます。

 

打撃が好調で、しっかりと打ってくれることが多いですからね、この調子で活躍をよろしくお願いします!!

 

ここから巻き返しやで、タイガース!!

f:id:GOSE:20180626210549j:plain

他球団の結果について

セ・リーグ

中日 4ー6 巨人

 

巨人は初回から先発菅野投手の乱調で、4失点としますが打線の援護で同点に追いつきます。

 

そして8回表、長野のソロなどで2点を挙げて勝ち越しに成功し、2番手・池田投手がプロ初勝利を挙げ、9回裏を締めたアダメス投手が初セーブを記録するなど投打共に踏ん張り勝利しています。

 

DeNA 2-4 広島

 

広島は初回に丸選手の2ランで先制し、続く2回にも菊池選手と田中選手のタイムリーで2点を奪います。

 

対するDeNAは2回と9回に孤軍奮闘 宮崎選手のソロとタイムリーで2点を返すのがヤットで首位広島に敗戦となっています。

 

パ・リーグ

ソフトバンク 2-3 オリックス

 

延長戦に入り、オリックスは同点で迎えた12回表に1アウト1・3塁のチャンスに武田選手の犠牲フライが勝ち越し弾となり、連敗を4で止める勝利を手にしました

 

楽天 0-3 ロッテ

 

両陣営共に無失点で迎えた4回表、ロッテは井上選手のタイムリーで先制に成功し、続く5回には藤岡選手の2ランでリードを広げます。

 

楽天は打線が3安打無得点と沈黙し、ロッテに敗戦となりました。

 

西武 3-6 日本ハム

 

日本ハムは3回に松本選手と中田選手のタイムリーで幸先良く先制すると、5回には中田選手の2ラン、8回にはアルシア選手の2ランが飛び出し試合を決めました。

f:id:GOSE:20180605001825j:plain

2018年 8月5日時点での順位

セ・リーグ

1 広島 試合数92 勝54 敗37 引1 

2 巨人 試合数99 勝44 敗46 引1 勝差9.5

3 ヤクルト 試合数92 勝44 敗47 引1 勝差0.5

4 阪神 試合数88 勝40 敗47 引1 勝差2

5 中日 試合数97 勝44 敗52 引1 勝差0.5

6 DeNA 試合数94 勝42 敗50 引2 勝差0

 

パ・リーグ

1 西武 試合数93 勝55 敗37 引1

2 日本ハム 試合数94 勝53 敗40 引1 勝差2.5

3 ロッテ 試合数93 勝45 敗45 引3 勝差6.5

4 ソフトバンク 試合数92 勝45 敗46 引1 勝差0.5

4 オリックス 試合数97 勝43 敗50 引4 勝差3

6 楽天 試合数95 勝41 敗53 引1  勝差2.5

 

関連記事について

 前回7月29日のヤクルト11回戦です

www.gosekun.com

 

最後に  

今日は、これまでタイガースの試合を観てきて5本の指に入るくらい興奮した試合でした。

 

猛虎打線の踏ん張りで5点差をひっくり返せたのは、最高でしたね。 

ドリス投手が9回裏、北條選手が送りバントを決めてくれていたら・・

 

しかし最後の最後に糸原選手のタイムリースリーベースからの北條選手の犠牲フライでヒーローになりましたね。

 

最下位脱出に値する名試合、5時間11分の末の勝利、お疲れ様でした!!

 

さてさて、ここまで読んで頂きありがとうございます! 

また次回お会いしましょう!(^^)/

 

ブログランキングに参加しています!

下記ボタンをポチっと押して頂けますとブログ運営の活力となります!!

 


阪神タイガースランキング

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
にほんブログ村

*1:+_+