GOSE@趣味と阪神とタイガース模様

初めまして、GOSEです。趣味のゲームやアニメ、投資関連。最近は阪神タイガース記事を中心に書いています。阪神今年は優勝や!!

GOSE@趣味と阪神とタイガース模様

阪神タイガース ロサリオ来日初グランドスラムと中継ぎ陣の奮闘で巨人を撃破3連勝!

スポンサーリンク

閲覧ありがとうございます!!

GOSEです(^^)/

 

8月5日のヤクルト戦、先発小野投手は、ほぼ毎回ランナーを得点圏に置く苦しい展開でしたが、あと1本を出させない投球で、何だかんだ5回1失点で抑えきり、猛虎打線も得点を重ねて最下位を脱出する連勝となった試合でした。

 

さて本日は7月16~18日、甲子園で悪夢の3タテを食らった宿敵巨人と東京ドームで、本日8月7日より3連戦を迎えます。

 

虎キラーの異名を持つ巨人先発・内海投手と、雨男の異名を持つ岩貞投手が激突し、注目の結果は

 

巨人 4-7 阪神

 

伝統の一戦、敵地東京ドームで巨人を下す最高の1戦となりました!

 

果たしてどのような試合展開だったのでしょうか、下記にて記録に残していこうと思います!

f:id:GOSE:20180601193458j:plain

 

 

巨人vs阪神 16回戦 感想と結果について

最初に

2017年の7月頃から野球を再度見始めた、にわか阪神ファンです。

ルール自体は殆ど知っていますが野球理論など、わからない事は多いです。

 

ただ阪神と野球自体は昔から好きで応援はしておりましたが、往年のファンの方々から見たら、たまに変な事を書いているかも知れません。

 

しかしブログに書いていく事によって、改めてどんな試合だったかを振り返ったり、試合内容をじっくり観るようになり、より一層楽しむ事が出来ていると思います。

 

野球記事としては、未熟な点が多々あると思いますが、よろしくお願い致します!

 

阪神スタメン

1番(二)糸原

2番(遊)北條

3番(左)福留

4番(右)糸井

5番(一)ロサリオ

6番(三)陽川

7番(中)中谷

8番(捕)梅野

9番(投)岩貞

 

巨人スタメン

1番(中)陽

2番(遊)山本

3番(三)マギー

4番(一)岡本

5番(左)亀井

6番(右)長野

7番(二)マルティネス

8番(捕)大城

9番(投)内海

 

巨人vs阪神戦 試合内容と感想

最近のタイガース先発投手は早々にノックアウトされて、中継ぎ陣に負担が掛かり、その影響で全体的に投手陣が打ち込まれ、打線の援護もありながら敗戦ってパターンが多くなっているように思えます。

 

本日の先発は岩貞投手、前回の登板は中日14回戦で5回途中4失点と乱調。

 

果たしてタイガースを3連勝に導く事が出来るでしょうか!

 

打線は、前回のヤクルト戦と殆ど変化なしですが、最近好調のロサリオ選手が6番から5番に昇格しています。

 

2連勝中と勢いに乗れているので、巨人を3タテ・・もしくは勝ち越しはしてほしい所です!

f:id:GOSE:20180603170315j:plain

1回表 阪神の攻撃 ロサリオ選手 来日初の満塁ホームラン!

先頭打者1番(二)糸原選手が早速ヒットを打ち、塁に出ます。

 

2番(遊)北條はゴロに倒れますが、3番(左)福留選手はフォアボール、続く4番(右)糸井選手がヒットを打ち、いきなり1アウト満塁のチャンス!

 

そして5番に昇格したロサリオ選手が、1ストライクからの低めインロー136キロのストレートを完璧に捉え、豪快に振りぬいたバットから放たれた打球は、バックスクリーン左に吸い込まれ・・・

 

ここで来日初 満塁ホームラン!!!!!

 

キタアアアアアアアアアアア( *´艸`)

 

これで7試合連続安打と、チャンスに中々打てない場面も多かったですが、タイガースにとってロサリオ選手にとっても最高の立ち上がりとなりました!

 

しかし油断は禁物、あまり早い回での得点は逆に相手を勢いを与えるかもしれないので、先発・岩貞投手がどこまで踏ん張れるかが勝負所ですね。

 

1回~3回裏 両軍の攻防 巨人・長野選手のソロホームラン

満塁ホームランと最高の援護点をいきなり貰ったタイガース先発・岩貞投手。

 

2回裏に6番(右)長野選手にソロホームランを被弾しますが、後は三者凡退に抑える素晴らしいピッチングで巨人打線を抑え込んでいます。

 

猛虎打線は、3回表 内海投手の乱調で連続フォアボールと1アウト1・2塁のチャンスとなりますが、5番(一)ロサリオ選手、6番(三)陽川選手が連続で三振に倒れ、追加点ならず。

 

チャンスに決めていかないと流れが変わってしまうので、更なる打線の爆発に期待したい所です。

 

巨人 1-4 阪神

f:id:GOSE:20180605002250j:plain

4回裏 巨人の攻撃 長野選手にまたしても打たれる岩貞投手

1アウトの状態で、3番(三)マギー選手と4番(一)岡本選手に連続でフォアボールを許すなど、どうも安定しない岩貞投手。

 

続く5番(左)亀井選手をショートフライに打ち取り、これ以上勢いを与えたくないタイガースでしたが、6番(右)長野選手にタイムリーを打たれてしまいます。

 

尚も2アウト1・3塁とピンチでしたが、7番(二)マルティネス選手をフライに打ち取り辛くも、この回を脱しました!

 

結構亀井選手には打たれてるイメージあったんですけど、フライに打ち取ってくれたのは良かったのですが、こうジワジワと追い上げてくるのって嫌ですよねえ・・・(*_*)

 

5回表と裏 両軍の攻防 激しい点の取り合い

1アウトの状態で、2番(遊)北條選手がツーベースを打ち得点圏にランナーが進んだかと思えば、3番(左)福留選手と4番(右)糸井選手が2者連続のタイムリーツーベースを打ち、この回2得点!!

 

北條選手から3者連続ツーベース、巨人先発の内海投手が5回途中6失点で撃沈となり、田原投手が後を引き継ぎます。

 

1アウト2塁のチャンスでしたが、後続の5番(一)ロサリオ選手と、6番(三)陽川選手が倒れスリーアウトチェンジとなりました。

f:id:GOSE:20180703214056j:plain

点を取られたら取り返す、猛虎打線が火を噴きましたが、巨人も然る者で、先頭打者8番(捕)大城捕手にソロホームランを打たれ、尚且つ1番(中)陽選手にもソロホームランを打たれてしまいます。

 

うーむ、流石巨人打線と言うべきか、岩貞投手しっかりしろ!と言うべきなのか。

 

岩貞投手は6回表に代打・ナバーロ選手を出されて降板、悔いの残るピッチングとなりました。

 

巨人 4-6 阪神

 

6~7回裏 両軍の攻防 阪神中継ぎ陣の好投

6回裏、ポーカーフェイス能見投手が岩貞投手に代わって回の頭からマウンドに上がりますが、5番(左)亀井選手にデッドボール、続く6番(右)長野選手にフォアボールを許してしまい、ノーアウト1・2塁のピンチ!

 

しかしここからが、勝利の方程式の一角を担う能見投手の真骨頂で、7番(二)マルティネス選手と8番(捕)大城捕手、そして代打・中井選手を連続でゴロに仕留めピンチを脱しました!

 

格好良すぎるやろ・・・・( ゚Д゚)

 

7回表にはノーアウト1・3塁のチャンスに4番(右)糸井選手のセカンドゴロの合間に1点を奪いますが、5番(一)ロサリオ選手がダブルプレーに倒れ、少々物足りない形ではありましたが、タイガースが3点差とリードを広げています!

 

7回裏には桑原投手が登板、ランナーを出しつつも、無失点に抑えてくれています。

 

巨人 4ー7 阪神

f:id:GOSE:20180603170504j:plain

8回以降 両軍の攻防 両者中継ぎ陣の奮闘で点差動かず

猛虎打線は前半の勢いはなく無得点に終わっていますが、タイガース中継ぎ陣の藤川投手、そして最終回をドリス投手が巨人打線を抑え込み嬉しい嬉しい3連勝となりました!!

 

巨人先発内海投手に阪神先発岩貞投手、お互いにパッとしない成績ですが、両陣営の打線と中継ぎ陣が奮闘し、見所のある試合となりました。

 

ドリス投手、以前の安定感とキレが戻ってきているのか、最後も危なげなく三者凡退で締めてくれましたね。

 

このまま勝利を重ねていって取りあえずAクラスに返り咲いて欲しい所です(´・ω・`)

 

試合を終えて 感想

猛虎打線クリーンナップ、特にベテラン勢の福留選手、糸井選手が流れを引き寄せる要所のチャンスにしっかりと打ってくれましたね。

 

陽川選手が本日は目立った活躍が無かったのが残念ですが、ヒーローとなったロサリオ選手など、打線に関しては迫力のある攻撃を魅せてくれました。

 

そして能見投手、桑原投手、藤川投手、ドリス投手。

 

特に桑原投手とドリス投手が安定を取り戻してくれたのが大きいように思えます。

 

岩貞投手については・・・

岩貞投手について

岩貞投手は5回4安打4失点で降板

 

初回のロサリオ選手の満塁ホームランもあり、久々の大量援護に守られ勝ち投手の権利を得ての降板ですが、3被弾は決して良い結果ではないと思います。

 

ましてや早い段階で見切られ5回での降板も早いと思いますし、6~7回は先発として頑張って投げて欲しい所ですね。

 

これからは特に連戦が控えているので、次回もよろしくお願いします!

f:id:GOSE:20180807182346j:plain

ロサリオ選手について

本日の主役と言っても良いロサリオ選手、1回表に来日初となる満塁ホームランを内海投手と巨人にブチかましてくれましたね!

 

流れをタイガース側に引き寄せる活躍ですが、その後はノーヒット。

 

開幕から中盤に掛けて不調が続き2軍に降格するなど、どうなるか先が見えない状態でしたが、ここ最近は7試合連続安打と、好調を維持。

 

何より、あの笑顔がいいですよね

 

満塁ホームラン打った後もガッツポーズしまくってましたし、ピンチの時にもピッチャーに一番に声掛けしにいくのも彼ですし、今日は糸原選手にハグしてましたし、まだまだ年棒分の働きをしているとは言えないですが、是非とも好調を維持して貰って、来年の契約をゲットしてほしい所です!

 

ここから巻き返しやで、タイガース!!

f:id:GOSE:20180626210549j:plain

他球団の結果について

セ・リーグ

広島 6ー2 中日

 

広島は初回に丸選手、鈴木選手、バティスタ選手の連続タイムリーで3点を奪い、その後もコンスタントに得点を重ね苦手としていた中日先発・ガルシア投手を攻略、3連勝とし今季最多の貯金19となっています。

 

ヤクルト 1-4 DeNA

 

DeNAは4回にソト選手の2ランで先制し、7回にもロペス選手と筒香選手のタイムリーで2点を奪い試合を決めました。

 

連敗を2でストップし、最下位脱出など価値のある1勝となったようです。

 

パ・リーグ

楽天 2-2 日本ハム

 

楽天と日本ハム、1-1と同点で迎えた9回表。

 

楽天は2アウト1・3塁の場面で日本ハム・浦野投手が暴投で楽天が勝ち越し、このまま試合が終わるかと思われましたが、その裏に日本ハム・中島選手のタイムリーで、同点に追いつきます。

 

その後は点が入らず12回を終え引き分けにとなりました

 

オリックス 0-6 西武

 

西武は2回に中村選手の通算1000打点を達成する15号2ランで先制に成功するなど、その後も得点を重ねオリックスに快勝しています。

 

この勝利で貯金を今季最多の20の大台に乗せるなど波に乗っていますね。

 

ソフトバンク 3-2 ロッテ

 

ソフトバンクは2点ビハインドの3回にデスパイネ選手の2ランで同点に追いつきます。

 

同点で迎えた7回、2アウト1・2塁のチャンスで松田選手の値千金のタイムリーで勝ち越しに成功、そのまま抑えきり勝利しています。

 

f:id:GOSE:20180605001825j:plain

2018年 8月7日時点での順位

セ・リーグ

1 広島 試合数94 勝56 敗37 引1 

2 巨人 試合数101 勝49 敗51 引1 勝差10.5

3 ヤクルト 試合数94 勝44 敗49 引1 勝差1.5

4 阪神 試合数90 勝42 敗47 引1 勝差1

5 DeNA 試合数96 勝43 敗51 引2 勝差1.5

6 中日 試合数99 勝44 敗54 引1 勝差2

 

パ・リーグ

1 西武 試合数95 勝57 敗37 引1

2 日本ハム 試合数96 勝53 敗41 引2 勝差4

3 ソフトバンク 試合数94 勝46 敗47 引1 勝差6.5

4 ロッテ 試合数95 勝45 敗47 引3 勝差0.5

5 オリックス 試合数99 勝44 敗51 引4 勝差2.5

6 楽天 試合数97 勝42 敗53 引2  勝差2

 

関連記事について

7月18日 巨人15回戦です

www.gosekun.com

 

7月31日 岩貞投手が先発した中日14回戦です

www.gosekun.com

 

最後に  

今日はクリーンナップの大活躍、そして自慢の中継ぎ陣が巨人打線を封じ込め何度も苦渋を舐めさせられた東京ドームで、気持ちの良い勝利を迎える事が出来ました!

 

ロサリオ選手、少し波があるように思えますが、久々にヒーローインタビューにも登場していましたし、丸坊主にして気合を入れたのが良かったのでしょうか。

 

明日の予告先発は、若虎の才木投手!

 

果たしてどのような試合展開となるでしょうか!

次も気合入れて応援しようと思います!

 

さてさて、ここまで読んで頂きありがとうございます! 

また次回お会いしましょう!(^^)/

 

ブログランキングに参加しています!

下記ボタンをポチっと押して頂けますとブログ運営の活力となります!!

 


阪神タイガースランキング

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
にほんブログ村