GOSE@趣味と阪神とタイガース模様

初めまして、GOSEです。趣味のゲームやアニメ、投資関連。最近は阪神タイガース記事を中心に書いています。阪神今年は優勝や!!

GOSE@趣味と阪神とタイガース模様

阪神タイガース 梅野、原口、福留、糸井 猛虎打線躍動で広島に逆転勝利

スポンサーリンク

閲覧ありがとうございます!!

GOSEです(^^)/

 

12日に行われたDeNA17回戦は、先発の馬場投手含め中継ぎ陣が全員失点、投手陣崩壊で大敗した試合でした。

 

そして本日14日より首位広島と京セラドームで3連戦を迎えますが、負けてしまうとマジック点灯を目の前で許してしまう大一番!

 

そのような状況で本日のタイガース、追いつけ追い越せの投打共に見所たっぷりな試合で、結果は

 

阪神 7-4 広島 

 

果たしてどのような試合展開だったのでしょうか、下記にて記録に残していこうと思います!

f:id:GOSE:20180601193458j:plain

 

 

阪神vs広島 15回戦 感想と結果について

最初に

2017年の7月頃から野球を再度見始めた、にわか阪神ファンです。

ルール自体は殆ど知っていますが野球理論など、わからない事は多いです。

 

ただ阪神と野球自体は昔から好きで応援はしておりましたが、往年のファンの方々から見たら、たまに変な事を書いているかも知れません。

 

しかしブログに書いていく事によって、改めてどんな試合だったかを振り返ったり、試合内容をじっくり観るようになり、より一層楽しむ事が出来ていると思います。

 

野球記事としては、未熟な点が多々あると思いますが、よろしくお願い致します!

 

阪神スタメン

1番(二)糸原

2番(遊)北條

3番(左)福留

4番(右)糸井

5番(一)ロサリオ

6番(三)鳥谷

7番(中)俊介

8番(捕)梅野

9番(投)岩貞

 

広島スタメン

1番(遊)田中

2番(二)菊池

3番(中)丸

4番(右)鈴木

5番(一)松山

6番(左)野間

7番(三)西川

8番(捕)石原

9番(投)ジョンソン

 

阪神vs広島戦 試合内容と感想

本日の先発は岩貞投手!

 

広島戦に過去16度登板して0勝10敗と、1勝も出来ないのは余程相性が悪いんですかねえ。

 

前回の登板は8月7日の巨人16回戦

 

3被弾 5回4安打4失点で決して良い投球ではなかったですが、今日負けてしまうと目の前でマジック点灯を許す事になるので、何とか気張って欲しい所です!

f:id:GOSE:20180603170315j:plain

2回裏 阪神の攻撃 好機を活かせない打線

岩貞投手、ジョンソン投手共に安定した投球でピンチを作ることなく双方の打線を抑え込んでいます。

 

最初のチャンスは2回裏タイガースからで、先頭打者4番(右)糸井選手がヒットで出塁、5番(一)ロサリオ選手もフォアボールで塁に進むなど、ノーアウト1・2塁のチャンス!!

 

広島打線は怖いので、早々に先制点を挙げて流れを掴んで欲しい所ですが、6番(三)鳥谷選手が、ほぼ最悪ともいえるファウルフライで1アウト。

 

そして7番(中)俊介選手はゴロで2アウトながらもランナーが進み1・3塁となります!

 

最近打撃が好調な8番(捕)梅野捕手に回ってきますが、レフトフライに倒れ、この好機に先制点を挙げる事が出来ません(*_*)

 

でもあと少しで長打、ホームランにもなりそうな雰囲気もあったんですけどね、残念な結果となってしまいました。

 f:id:GOSE:20180605002250j:plain

3回裏には、2アウトからランナー1塁に進みましたが、3番(左)福留選手が無念の空振り三振と、1つ1つのチャンスを大事にしていかないと、流れは広島にいってしまいそうです。

 

4回裏 広島の攻撃 岩貞 2アウトからの失点

2アウトに追い込んだ岩貞投手ですが、3番(中)丸選手にツーベースを打たれてしまい、尚且つ4番(右)鈴木選手にフォアボールを許してしまい1・2塁のピンチ!!

 

2アウトですし、流れ的に失点は避けて欲しい所でしたが・・・

 

5番(一)松山選手に初球を打たれてしまいタイムリー!

 

岩貞投手、ここまでは殆ど完璧な内容だっただけに残念ではありますが、あっさりと先制を許す形となってしまいました(*_*)

 

阪神 0-1 広島

 

4回裏 阪神の攻撃 梅野捕手のタイムリーで同点!

岩貞投手、失点したとはいえ1点で堪えてくれたので、猛虎打線の援護が待たれる所ですね!

 

ピンチの後にチャンスあり! 先頭打者4番(右)糸井選手が追い込まれながらもセンター方向にヒットを打ち、1塁に進みます。

 

しかし5番(一)ロサリオ選手と6番(三)鳥谷選手がゴロと三振に倒れ、一気に2アウト、この回も終わりか・・と諦めかけた矢先。

 

7番(中)俊介選手がヒットを打ち、1・2塁と得点圏にランナーを進ませ・・、前の打席では、あわやホームランという打撃を見せてくれた、8番(捕)梅野捕手が技ありのタイムリーヒットで同点!

 

ボール玉でしたが、上手く打ってくれました!

 

5回表には1アウト2・3塁の大ピンチを迎えますが、岩貞投手の粘りの投球で、1番(遊)田中選手と2番(二)菊池選手を抑え込み無失点に抑えてくれています!

 

5回裏 阪神の攻撃 広島のエラーもあり勝ち越し!

流れはタイガースに来てるように思えます!

 

先頭打者1番(二)糸原選手がフォアボールで出塁し、2番(遊)北條選手が12球粘りに粘ってヒット、ノーアウト1・3塁。

 

そして3番(左)福留選手、当たりは良くなかったですが懸命に走って内野安打、タイムリーとなり勝ち越し!

 

ジョンソン投手、1塁カバーに入ったのですが捕球ミスで福留選手をアウトに出来ず、ラッキーな形となりました(´・ω・`)

 f:id:GOSE:20180703214056j:plain

そして流石の4番(右)糸井選手も続いてタイムリー!

 

5番(一)ロサリオ選手は、広島サードの西川選手の悪送球で1塁に進み、ノーアウト満塁でしたが、後続が抑え込まれ2点止まりの攻撃となりました。

 

もう少し畳み掛けて欲しい所でしたが、タイガースのクリーンナップの攻撃で2点差となりました!

 

阪神 3-1 広島

 

6回表 広島の攻撃 松山選手の同点2ラン

先頭打者3番(中)丸選手に初球ど真ん中のスライダーを打たれ、1塁に進まれます。

 

そして1アウト1塁で、5番(一)松山選手に、こちらも初球ど真ん中のスライダーを完璧に捉えられ、ライト方向一直線となる2ランホームラン( ;∀;)

f:id:GOSE:20180814211637j:plain

岩貞投手、流石にかなりガックリしてましたね。

すっぽ抜けたのか、かなり甘目の球をキッチリと持ってかれてしまいました。

 

阪神 3-3 広島

 

6回以降 両軍の攻防 広島に勝ち越しを許す展開

広島は、6回裏にジョンソン投手を下げてアドゥワ投手を、7回裏にはフランスワ投手を投入し継投策で猛虎打線を抑え込んでいます。

 

岩貞投手は7回3失点で降板、8回表から藤川投手がマウンドに上がりますがフォアボールとヒット、申告敬遠を挟んで1アウト満塁の大ピンチを迎えます

 

そして6番(左)野間選手にボテボテの内野ゴロを打たれますが、際どいタイミングだったため、藤川投手はファウルを期待して捕球を諦めますが、ライン際でピタリと止まってしまい、不運な形での勝ち越し弾を許す結果となってしまいました(´・ω・`)

 

しかしここでズルズルいかないのが藤川投手!!

 

7番(三)西川選手を空振り三振に切って落とし、続く代打・新井選手選手を見送り三振とするなど、痺れる投球でピンチを脱しました!!

 

特に最後のアウトロー 149キロのストレートは痺れました・・*1

f:id:GOSE:20180603170504j:plain

8回裏 阪神の攻撃 今村投手を攻略 猛虎打線躍動!

 広島はフランスア投手を下げ、今村投手に託します

 

1点ビハインドのタイガース、先頭打者6番(三)鳥谷選手は、ショート田中選手のエラーもあって1塁に進みます。

 

7番(中)俊介選手は、ショートゴロに倒れますがランナーが2塁に進み、8番(捕)梅野捕手が続いてヒット!

 

そして1アウト1・3塁のチャンスに代打・原口選手!!

 

追い込まれながらも、この場面で当たり前のように同点タイムリーを打つ原口選手、凄すぎやろ・・・( ゚Д゚)

 

打順は1番(二)糸原選手に戻りますが、フォアボールで1塁に進み満塁

しかし2番(遊)北條選手が空振り三振に倒れ、2アウト

 

あ~同点止まりかなあって思いきや、3番(左)福留選手が危うい場面もありましたが粘りに粘ってフォアボール!!

 

押し出しでタイガース、逆転となりました!!

 

もうメンタルがやられているであろう今村投手、初球のど真ん中スライダーを4番(右)糸井選手が捉えてダメ押しの2点タイムリーで試合を決めました!

 

ちなみに最終回はドリス投手が危なげなく抑え込んでくれてたりします(´・ω・`)

 

阪神 7-4 広島

f:id:GOSE:20180814190649j:plain

試合を終えて 感想

追いつけ追い越せの緊迫した試合展開、今日は投打共に見所がいっぱいありましたね。

 

藤川投手気迫のピッチング、勝ち越し弾を許しながらも、新井選手が全く反応出来なかった渾身の火の玉ストレートは痺れました。

 

特に印象に残った選手としては・・・

岩貞投手について

今日は3回までは、3者凡退の連続で広島打線を抑え込んでくれていましたが、4回以降は広島の松山選手にタイムリーと2ランを打たれてしまいました。

 

後は上手くピンチを抑えて7回3失点の力投で降板

 

首位を走る広島打線が相手だっただけに、良く抑えてくれていたのではないでしょうか。

 

本日14日から広島3連戦、ヤクルト3連戦、合わせて6連戦となるだけに中継ぎ陣も出来るだけ温存したかっただけにプラン通りに投げてくれたのかなっと(´・ω・`)

 

ただ同点のまま降板したので今日も広島に勝てず、16戦投げて0勝のままと、いつか何処かのタイミングで勝ってほしい所です(´・ω・`)

 

猛虎打線について

下位打線である梅野捕手が打ってくれるのは頼もしい限りで、同点タイムリーなど、要所要所でヒットを的確に打ちチャンスを広げてくれていましたね!( *´艸`)

 

8回に1アウト1・3塁の場面で登場した代打・原口選手、代打成績が5割ととんでもない数字だと思いますが、本日もしっかりと同点タイムリーを打ってくれました!

 

なんかもう打席に立つと何かやってくれそうで毎回ワクワクしている自分がいます。

 

福留選手、5回の勝ち越し弾と8回の押し出し四球で大活躍でしたが、押し出しの場面では、本日2度目の勝ち越しを演出してくれていましたね。

 

ヒーローインタビューでは「選んだのか、手が出なかったのか、どっちかです」と謙遜気味でしたが、最後は喜びを爆発させていました( *´艸`)

 

糸井選手も暴れまわっていましたね、骨折してから逆に調子が良いように見えますが、止めとなった8回の2点タイムリーは、広島に引導を渡してくれたように思えます。

 

今季も対戦しては広島に苦渋を舐めさせられる事が多かったですが、本日の勝利で一矢報いてくれたように思えます!

 

ここから巻き返しやで、タイガース!!

f:id:GOSE:20180626210549j:plain

他球団の結果について

セ・リーグ

ヤクルト 6ー5 巨人

 

ヤクルトは初回から、バレンティン選手の2ランなどで4点を奪い有利に試合を進めていましたが、8回表に巨人打線を無失点で抑え込んでいた小川投手が捕まり、岡本選手のタイムリーなどで5点を奪われ、勝ち越しを許します。

 

ヤクルトは1点ビハインドで迎えた9回裏、巨人アダメス投手を攻め立て、1アウト満塁の状態で川端選手がタイムリーを打ち劇的な逆転勝利を収めています。

 

中日 5-6 DeNA

 

DeNAは、初回にビジエド選手に2ランを打たれ、同点で迎えた3回にもアルモンテ選手のタイムリーなどで引き離されるなど苦しい展開。

 

そして2点ビハインドで迎えた9回表に伊藤選手が押し出しを選び同点、そして代打・倉本選手のタイムリーで2アウトからの逆転に成功、勝利しています。

 

中日は、またしても抑えが機能せず手痛い配線となっています。

 

パ・リーグ

日本ハム 1-3 ロッテ

 

 ロッテは0-0で迎えた6回に藤岡選手、中村選手、鈴木選手のタイムリーで3点を先制します。

 

7回に日本ハム・西川選手のゴロの間に1点を返されますが、リリーフ陣が踏ん張り勝利しています

 

西武 7-6 オリックス

 

 西武は、初回にエラー等もあってオリックス・中島選手や安達選手のタイムリーなどで6点を失います。

 

しかし山賊打線が目を覚まし、8回には森選手と中村選手のタイムリーで2点を奪い試合を振り出しに戻します。

 

そして延長10回裏、森選手がサヨナラタイムリーを打ち、激闘に幕が下りました。

 

ソフトバンク 2-1 楽天

 

ソフトバンクは初回に2アウトながら2・3塁のチャンスにデスパイネ選手のタイムリーで幸先良く2点を先制します。

 

投げては、先発の東浜選手の6回無失点の好投もあり、7回には楽天・舛田選手のタイムリー1点を返されますが、最後まで守り切り接戦を制しています。

 

f:id:GOSE:20180605001825j:plain

2018年 8月14日時点での順位

セ・リーグ

1 広島 試合数100 勝59 敗39 引2 

2 ヤクルト 試合数99 勝48 敗50 引1 勝差11

3 巨人 試合数107 勝51 敗54 引2 勝差0.5

4 阪神 試合数96 勝46 敗49 引1 勝差0

5 DeNA 試合数101 勝45 敗54 引2 勝差3

6 中日 試合数105 勝45 敗59 引1 勝差2.5

 

パ・リーグ

1 西武 試合数101 勝61 敗39 引1

2 日本ハム 試合数102 勝55 敗45 引2 勝差6

3 ソフトバンク 試合数98 勝49 敗48 引1 勝差4.5

4 ロッテ 試合数99 勝46 敗50 引3 勝差2.5

5 オリックス 試合数105 勝48 敗53 引4 勝差0.5

6 楽天 試合数103 勝44 敗57 引2 勝差4

 

関連記事について

7月26日の広島14回戦です

www.gosekun.com

 

8月7日 巨人戦 前回の岩貞投手の登板です

www.gosekun.com

 

最後に  

広島の守備のミスに助けられた場面もありましたが、本日の勝利でマジック点灯を阻止する事に成功しましたね。

 

ここからの逆転優勝は流石に厳しいと思いますが、Aクラス入りを目指して奮闘していって欲しい所です!!

 

さてさて、ここまで読んで頂きありがとうございます! 

また次回お会いしましょう!(^^)/

 

ブログランキングに参加しています!

下記ボタンをポチっと押して頂けますとブログ運営の活力となります!!

 


阪神タイガースランキング

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
にほんブログ村

*1:+_+