GOSE@趣味と阪神とタイガース模様

初めまして、GOSEです。趣味のゲームやアニメ、投資関連。最近は阪神タイガース記事を中心に書いています。阪神今年は優勝や!!

GOSE@趣味と阪神とタイガース模様

阪神タイガース 伊予ゴジラ秋山のタイムリーも自身3失点が響きヤクルトに手痛い敗戦

スポンサーリンク

閲覧ありがとうございます!!

GOSEです(^^)/

 

昨日16日の広島17回戦は、1点を取り合う緊迫したシーソーゲームで、どちらが勝っても可笑しくない試合でしたが、大山選手の勝ち越しタイムリーで接戦を制しました。

 

そして本日17日から明治神宮球場にてヤクルトと3連戦を迎えます。

 

秋山投手が先発しましたが、残念ながら結果は、

ヤクルト 3-2 阪神

 

1点差を埋める事が出来ず2位ヤクルトに手痛い敗戦となってしまいました。

 

果たしてどのような試合展開だったのでしょうか、下記にて記録に残していこうと思います!

f:id:GOSE:20180601193458j:plain

 

 

ヤクルトvs阪神 14回戦 感想と結果について

最初に

2017年の7月頃から野球を再度見始めた、にわか阪神ファンです。

ルール自体は殆ど知っていますが野球理論など、わからない事は多いです。

 

ただ阪神と野球自体は昔から好きで応援はしておりましたが、往年のファンの方々から見たら、たまに変な事を書いているかも知れません。

 

しかしブログに書いていく事によって、改めてどんな試合だったかを振り返ったり、試合内容をじっくり観るようになり、より一層楽しむ事が出来ていると思います。

 

野球記事としては、未熟な点が多々あると思いますが、よろしくお願い致します!

 

阪神スタメン

1番(二)糸原

2番(遊)北條

3番(左)福留

4番(右)糸井

5番(一)ロサリオ

6番(三)鳥谷

7番(中)俊介

8番(捕)梅野

9番(投)秋山

 

ヤクルトスタメン

1番(一)坂口

2番(中)青木

3番(二)山田哲

4番(左)バレンティン

5番(右)雄平

6番(遊)西浦

7番(三)谷内

8番(捕)中村

9番(投)ブキャナン

 

ヤクルトvs阪神戦 試合内容と感想

本日の先発は秋山投手!

 

前回8月9日の巨人戦から中7日での登板となりましたが、初回に2失点してしまっただけに、本日も立ち上がりが重要になると思いますね。

 

そして猛虎打線はロサリオ選手が5番スタメンに復帰、そして本日8月17日が誕生日となる俊介選手が7番に入っています。

 

バースディーアーチに期待したい所ですね(´・ω・`)

 

現在2位と好調のヤクルトですが、果たして広島を破った勢いそのままに対ヤクルト戦4連勝となるでしょうか!

 

f:id:GOSE:20180603170315j:plain

1回裏 ヤクルトの攻撃 いきなり失点する秋山投手

秋山投手、注目の立ち上がりでしたが、先頭打者1番(一)坂口選手にフルカウントまで粘られてヒットを打たれ、続く2番(中)青木選手にもフルカウントまで粘られて、タイムリーツーベースを打たれてしまいます(*_*)

 

そして1アウト2塁の場面で、4番(左)バレンティン選手にもキッチリとタイムリーを打たれ、いきなり2失点

 

その後は後続を連続三振に切って落とし追加点を許しませんでしたが、前回巨人戦と同じような展開になりそうです(*_*)

 

ヤクルト 2-0 阪神

 

2回表 阪神の攻撃 失点をチャラにする秋山投手のタイムリー!

1アウトの状態でスタメン復帰の5番(一)ロサリオ選手がライト方向にヒットをうち、6番(三)鳥谷選手も続いて連打でブキャナン投手を攻め立てます。

 

合間にワイルドピッチもありましたので、1アウト1・3塁の好機!

 

しかし7番(中)俊介選手が打ち上げてしまい、タッチアップも出来ず2アウト。

 

f:id:GOSE:20180605002250j:plain

ヤクルトにこれ以上勢いを与えたくないわけで点を取らないといけない場面、打撃好調8番(捕)梅野捕手が、レフト線に鋭い打球で見事なタイムリーヒットを打ってくれました!

 

そして高校時代に48本のホームランを打っていた9番(投)秋山投手、2アウトながら2・3塁のチャンスで今季3本目のタイムリーを打ち、失点をチャラにする同点!!

 

秋山投手、流石ですね。

見事なヒットでした( *´艸`)

 

しかし3回裏に、3番(二)山田哲選手にフォアボールを許したかと思えば、又しても4番(左)バレンティン選手にキッチリとタイムリーを打たれてしまい1失点。

 

バレンティン選手、現在リーグ独走となる96打点目と、貫禄の4番ってやつですね(*_*)

 

ヤクルト 3-2 阪神

 

4回~5回 阪神の攻撃 満塁のチャンスを活かせず

4回表、2アウトながら6番(三)鳥谷選手、7番(中)俊介選手、8番(捕)梅野捕手が連続でヒットを打ち満塁のチャンス!

 

下位打線がテンポよく打ってくれると観てて楽しいですね( *´艸`)

 

そして先ほどタイムリーを打ってくれた伊予ゴジラこと、9番(投)秋山投手に打席が回ってきます!

f:id:GOSE:20180703214056j:plain

ここでも打ってくれたら完全にヒーローだったのですが、無念のセカンドゴロに倒れ、無得点(´・ω・`)

 

そして5回表にも、1アウトながら2番(遊)北條選手と3番(左)福留選手がヒットを打ち、1・2塁のチャンス!

 

ヤクルト4番バレンティン選手が躍動していますが、虎の4番(右)糸井選手も負けていられない!!

 

ドカーンと一発頼んますわ!!!

 

 と期待していたのですが最悪のダブルプレーで、この回もチャンスに決めきれず、1点差のままゲームも終盤に入っていきます(´・ω・`)

 

5回以降 両軍の攻防 お互いに得点を決められず

秋山投手は5回途中3失点で降板、その後の1アウト1・2塁のピンチを2番手岡本投手の投球で乗り切っています。

 

ヤクルトに多くのチャンスが巡ってきているのですが、5回途中に岡本投手、6回途中に岩崎投手、7回裏に桑原投手、8回裏に望月投手の奮闘で無失点に抑えてますが、猛虎打線はチャンスすら作れていない状況です。

 

チャンスに打てないの打線とチャンスすら作れない打線。

果たしてどちらがマシなのでしょうか(´・ω・`)

f:id:GOSE:20180603170504j:plain

タイガース、回ごとにヒットは出ているのですが、5回表以降は得点圏にランナーを出せず、1点が遠い手痛い敗戦となってしまいました(*_*)

 

試合を終えて 感想

秋山投手以降、タイガース中継ぎ陣はピンチを上手く凌ぎ無失点に抑えてくれましたが、猛虎打線が少々不甲斐ない試合となってしまいました。

 

 秋山投手について

前回の登板でも初回に失点していたので、本日こそは!って思っていたのですが、残念ながら初回からヤクルト打線に捕まってテンポよく失点していました。

 

自分の打席でタイムリーを打ち同点に追いつくなど失点をカバーする活躍もありましたが、肝心の投球では5回途中3失点で降板。

 

先発として5回までしか投げられないのも残念ですし、要所要所でピリッとしない投球でした。

 

去年の活躍が印象に残っている分、スケールダウンしている感は否めないですが、まだまだチャンスはあると思うので、奮起して欲しい所です。

f:id:GOSE:20180817185710j:plain

猛虎打線について

本日スタメン復帰となったロサリオ選手、ヒットを打ちチャンスメイクをしてくれていましたが、癖なのか打つときに軸足が動いてしまうようで、ホームランバッターとしても期待されている以上、まだまだ打撃が不安定な状態が続いているようです。

 

一時期に比べたら打撃は向上していますが、来期にタイガースに残る為には更なる奮起を期待しています!

 

北條選手ですが、5回に今日もヒットを打ち、自己最長となる連続出塁記録を23に伸ばしています。

 

ペナント前半では植田選手にスタメンを奪われていましたが、最近は1番糸原選手と並んでガッチリと固定させていますね。

 

守備もしっかりしていますし、このまま活躍していって欲しいですね( *´艸`)

 

そして糸井選手ですが本日は最後までいい所なくノーヒット。

 

特に残念だったのは5回表、1アウト1・2塁のチャンスで最悪のダブルプレーに倒れたシーンですが、あれ以降、ほぼ完全に猛虎打線は縮こまってしまったので流れ的にも、本日のゲームのキモだったのではないでしょうか。

 

貧打打線再来とも言えるような内容でしたが、Aクラスに滑り込むにはヤクルトに勝てないと厳しいと思うので、明日以降期待したいと思います!

 

ここから巻き返しやで、タイガース!!

f:id:GOSE:20180626210549j:plain

他球団の結果について

セ・リーグ

巨人 1ー6 中日

 

中日は1-1で迎えた5回に大島選手とビシエド選手の連続タイムリーで2点を奪い勝ち越しに成功します。

 

その後も8回~9回にアルモンテ選手、平田選手のタイムリーなどで3点を奪い、投げては先発・笹原投手が7回1失点の好投で、投打が噛み合った中日が3連勝としています。

 

DeNA 7-5 広島

 

DeNAは、同点で迎えた5回裏に広島・菊池選手のタイムリーなどで3点を奪われ引き離されます。

 

このまま終わるかと思いきや、広島2番手・一岡投手から8回裏に筒香選手のグランドスラムを浴び、尚且つ宮崎選手とソト選手のソロで一挙6点を奪い、連敗を2で止める逆転勝ちを収めています。

 

パ・リーグ

楽天 0-1 ロッテ

 

 ロッテと楽天、緊迫した投手戦となっていましたが、8回表にロッテが1アウト満塁のチャンスに角中選手の内野ゴロの間に1点を奪う事に成功し、そのまま勝利しました。

 

楽天も反撃したい所ですが、打線が全体で2安打と完全に沈黙してしまい敗戦となっています。

 

西武 3-5 日本ハム

 

序盤から点の取り合いとなりましたが、1点ビハインドで迎えた7回に日本ハムは近藤選手とレアード選手のタイムリーで2点を奪い逆転に成功。

 

そして9回にも中田選手のソロで追加点を挙げ首位攻防戦を制しました。

 

オリックス 0-9 ソフトバンク

 

ソフトバンクは、2回に松田選手の2ランで先制したかと思えば、6回には甲斐選手のゴロの間に1点を追加、7回には柳田選手の2ランで、またしても追加点。

 

9回には福田選手の2ランや上林選手のタイムリーなどで一挙4得点を挙げ、投げては千賀投手が9回無失点の好投で、投打共に圧倒し快勝しています。

 

f:id:GOSE:20180605001825j:plain

2018年 8月17日時点での順位

セ・リーグ

1 広島 試合数101 勝60 敗39 引2 

2 巨人 試合数108 勝52 敗54 引2 勝差11

3 ヤクルト 試合数100 勝48 敗51 引1 勝差0.5

4 阪神 試合数97 勝46 敗50 引1 勝差0.5

5 DeNA 試合数102 勝45 敗55 引2 勝差3

6 中日 試合数106 勝46 敗59 引1 勝差1.5

 

パ・リーグ

1 西武 試合数102 勝61 敗40 引1

2 日本ハム 試合数103 勝56 敗45 引2 勝差5

3 ソフトバンク 試合数99 勝50 敗48 引1 勝差4.5

4 オリックス 試合数106 勝49 敗53 引4 勝差3

5 ロッテ 試合数100 勝46 敗51 引3 勝差3

6 楽天 試合数104 勝44 敗58 引2 勝差2

 

関連記事について

16日 広島17回戦です

www.gosekun.com

 

8月9日 巨人18回戦 秋山投手の登板日です

www.gosekun.com

 

最後に

 秋山投手、本日で9敗目と既に2カ月以上勝ちが無い状態ですね。

 

メッセンジャー投手は好調ですが、藤浪投手も2軍からいつ帰ってくるかわからない状態で、開幕当初は先発の柱として期待されていただけに残念な状態で、もろに順位に反映されていますが、何処かで吹っ切れて欲しい所です。

 

明日こそ勝利頼むで~~(^^)/

 

ここまで読んで頂きありがとうございます!

 

ブログランキングに参加しておりまして、下記ボタンをポチっと押して頂けますとブログ運営の活力となります!!

 


阪神タイガースランキング

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
にほんブログ村

 

ではでは、また次回に~(^^)/