GOSE@趣味と阪神とタイガース模様

初めまして、GOSEです。趣味のゲームやアニメ、投資関連。最近は阪神タイガース記事を中心に書いています。阪神今年は優勝や!!

GOSE@趣味と阪神とタイガース模様

土山球審の誤審 阪神・岩田への危険球退場は是か非か?追い上げもヤクルトに敗戦

スポンサーリンク

閲覧ありがとうございます!!

GOSEです(^^)/

 

昨日8月18日の対ヤクルト15回戦では、タイガースのレジェンド鳥谷選手が15年連続弾などもあり、1点差の接戦を制した試合でした。

 

そして本日19日 5カード勝ち越しを懸けてヤクルト16回戦が行われ、いまだ勝ち星がない岩田投手が先発。

 

結果はヤクルト 8-5 阪神

 

土山球審の判定が大きく影響した、今回の試合。

 

果たしてどのような試合展開だったのでしょうか、下記にて記録に残していこうと思います!

f:id:GOSE:20180601193458j:plain

 

 

ヤクルトvs阪神 16回戦 感想と結果について

最初に

2017年の7月頃から野球を再度見始めた、にわか阪神ファンです。

ルール自体は殆ど知っていますが野球理論など、わからない事は多いです。

 

ただ阪神と野球自体は昔から好きで応援はしておりましたが、往年のファンの方々から見たら、たまに変な事を書いているかも知れません。

 

しかしブログに書いていく事によって、改めてどんな試合だったかを振り返ったり、試合内容をじっくり観るようになり、より一層楽しむ事が出来ていると思います。

 

野球記事としては、未熟な点が多々あると思いますが、よろしくお願い致します!

 

阪神スタメン

1番(二)糸原

2番(遊)北條

3番(左)大山

4番(右)糸井

5番(一)ロサリオ

6番(三)鳥谷

7番(中)俊介

8番(捕)梅野

9番(投)岩田

 

ヤクルトスタメン

1番(一)坂口

2番(中)青木

3番(二)山田哲

4番(左)バレンティン

5番(右)雄平

6番(遊)西浦

7番(三)谷内

8番(捕)井野

9番(投)石川

 

ヤクルトvs阪神戦 試合内容と感想

本日の先発は岩田投手!

 

前回の登板は7月24日広島戦で、久々の先発マウンドとなりますが未だに勝ちが無い34歳ベテラン左腕、今日はどのような投球を魅せてくれるのでしょうか!

 

そして猛虎打線は福留選手が休養日となり、代わりに3番に入ったのは8月17日の代打勝ち越しタイムリーが記憶に新しい大山選手ですね!

 

前回の活躍で打撃が復調傾向を見越して、本来なら大山選手には3~4番くらいにいて欲しいって金本監督の願いも込められているのでしょうか。

 

期待に答えられるか、大山選手!

f:id:GOSE:20180603170315j:plain

1回~2回裏 ヤクルトの攻撃 岩田投手一発に泣く

 注目の岩田投手の立ち上がりですが、初回からいきなり4番(左)バレンティン選手に、流石のホームランバッターというようなすくい上げるようなバッティングで2ランホームランをブチかまされます。

 

この一発は外国人最多タイとなる7度目となる30号。

 

そして両リーグ1番乗り100打点と、流石のヤクルト貫禄の4番ですね(*_*)

 

そして2回裏、6番(遊)西浦選手に今季8号となるソロを打たれ3失点目と、四球はないんですけどねえ岩田投手、一発に泣かされています。

 

ヤクルト 3-0 阪神

 

3回表 阪神の攻撃 大山選手のタイムリー

3点ビハインドで反撃していきたいタイガース、ノーアウト1塁の場面で岩田投手のダブルプレーで2アウトになってしまいましたが、ヤクルト先発・石川投手が乱れ始めます。

 

2アウトながら1・2塁のチャンスに3番に抜擢された大山選手が技ありの2点タイムリーツーベースを打ってくれて1点差に迫ります!

 

今まで尽くチャンスに打てなかった大山選手ですが、少しずつでも復調して、金本監督の期待に応えて欲しい所です。

 

どのような展開になっていくのか楽しみな3回裏でしたが・・・

 

3回裏 ヤクルトの攻撃 岩田投手、無念の危険球退場

岩田投手が投げた初球、すっぽ抜けたストレートは、2番(中)青木選手のヘルメットに掠ったか掠ってないか、きわどい・・・

f:id:GOSE:20180822001039j:plain

まあぶっちゃけ当たっていなかったですが、土山球審の判断で危険球退場が告げられ、金本監督の抗議、梅野捕手も抗議していたようですが実らず、4度目の先発マウンド、初勝利を目指した岩田投手は無念の降板となってしまいました。

 

f:id:GOSE:20180822001250j:plain

状態の悪かった岩田投手、退場となっていなかったとしてもある程度の失点はしていたと思いますが、緊急登板となった2番手岡本投手は、ノーアウトの状態でイケイケのヤクルト打線に捕まり、4失点。

 

まあこれは準備も出来ていなかったでしょうし、ある程度は仕方のない結果だと思います。

 

岩田投手、今日は投球に打撃に良い状態ではなく、3回途中3安打2本塁打3失点の乱調。

 

青木投手の頭部付近に危険な球を投げてしまったのは事実ですが、決して当たっていなかったので、これに関しては誤審かなあって印象です。

 

しかしこの判定で完全に試合は壊れてしまい、まだ3回とは言え5点のビハインドと、厳しい状態となってしまいました。

 

ヤクルト 7-2 阪神

f:id:GOSE:20180626210549j:plain

4回以降 両軍の攻防 ヤクルトに追加点

4回表、2アウトながら1・2塁のチャンスに代打・中谷選手でしたがフライに倒れ得点ならず。

 

4回裏には阪神・岩崎投手が登板し1アウト満塁のピンチを作りますが5番(右)雄平選手をダブルプレーに仕留め、無失点で切り抜けています。

 

さあ、ピンチを切り抜けて猛虎打線反撃や!って雰囲気にはなったんですが、5回裏に8番(捕)井野捕手のスクイズが決まりヤクルトに8得点目と・・・

 

7回表 阪神の攻撃 猛虎打線の反撃

点差を広げられる苦しい展開ですが、ノーアウト2・3塁の場面で、1番(二)糸原選手のゴロの間に1点を返します。

 

ここでヤクルト先発石川投手は降板、風張投手がマウンドに立ちますが、猛虎打線の勢いは止められず、打撃好調2番(遊)北條選手のタイムリーヒットでさらに1点を返します。

f:id:GOSE:20180603170504j:plain

そして2アウトながら1・2塁の好機に5番(一)ロサリオ選手も外角のスライダーをタイムリーとして3得点目と。

 

ヤクルトベンチも堪らず風張投手を下げ、左腕ハフ投手をマウンドに上げ、6番(三)鳥谷選手を見逃し三振に切って落とし、火消しとなりました。

 

しかしこの回で一気に3点差まで迫ったタイガースに、少しずつ流れが来ているように思えます!!

 

ヤクルト 8-5 阪神

 

9回表 阪神の攻撃 満塁のチャンスも活かせず無念の敗戦

8回裏には、望月投手が降板し、マウンドに立つのは何と才木投手!

 

予想外ではありましたが、フォアボール2つでランナーを出してしまい1アウト1・2塁の場面のピンチを自ら招きますが、5番(右)雄平選手と、6番(遊)西浦選手を連続三振に切って落とし、無失点で最終回に繋げてくれました!!

f:id:GOSE:20180817185710j:plain

ヤクルトは守護神石山に運命を託します。

 

対する猛虎打線、先頭打者2番(遊)北條選手がラッキーなヒットゴロで出塁し、3番(左)大山選手もフルカウントまで粘りフォアボールでノーアウト1・2塁!

 

そして4番(右)糸井選手もフルカウントで粘ってフォアボールでノーアウト満塁!!!

 

しかし続く5番(一)ロサリオ選手がファウルフライで打ち取られ、6番(三)鳥谷選手がセカンドのダブルプレーに倒れてしまい、無念・・無念のゲームセット・・・

f:id:GOSE:20180703214056j:plain

投打共に踏ん張り、3点差まで迫ったタイガースでしたが、岩田投手への土山球審の判定が大きく作用した試合でした。

 

当時1塁塁審を担当していた土山氏は2011年4月20日の阪神vs巨人戦でも、阪神・ブラゼル選手の打球を巨人・脇谷選手が捕球したかしないかで当時の真弓監督の抗議を一蹴し、世紀の大誤審で有名な方ですね。

 

脇谷選手「テレビの映りが悪いんじゃないですか?」

 

今日も阪神ファンのヘイトを上げる事になりましたが、審判も人間ですし判定は判定なので、どうしようもないですね。

 

まあ気を取り直して、次戦は1日休みを挟んで8月21日の中日三連戦!

 

ナゴヤドームでどのような熱戦を魅せてくれるのか!楽しみにしていましょう!(´・ω・`)

 

他球団の結果について

セ・リーグ

巨人 6ー5 中日

 

巨人は3回に中日・大島選手のタイムリーで先制点を許し5回にも大島選手にまたしてもヒットを打たれ2点差とされます。

 

その後1点を重伸選手のタイムリーで1点差としますが、8回に中日の平田選手の犠牲フライなどで3点を失い終戦・・になるかと思いきや、最終回に中日の救援陣が大炎上。

 

巨人打線が奮起し、最後はマギー選手のサヨナラタイムリーで劇的な逆転勝ちを収めています。

 

DeNA 7-9 広島

 

広島は初回に丸選手の2ランと田中選手の2点タイムリーで4点を先制。

 

4回にも丸選手や鈴木選手など、広島クリーンナップ陣の攻勢で3点を奪いリードを広げます。

 

7~8回にも追加点を決めて勝利しています。

 

敗れたDeNAは8回に代打・山本選手のプロ初初本塁打やソト選手の2ランなど、9回と合わせて5点返すことに成功しますが、力尽きています。

 

パ・リーグ

楽天 7-8 ロッテ

 

ロッテは3回裏に島内選手のタイムリーなどで一挙4点を失い、8回表に6点を追う展開でしたが、鈴木選手の犠牲フライなどで3点を返したかと思えば、9回表に打者一巡の猛攻で5点を返し逆転に成功。

 

そのまま劇的な逆転勝利を挙げています。

 

西武 7-4 日本ハム

 

両者ともに点を取り合う展開で迎えた7回裏、2点ビハインドの西武は1アウト満塁の場面を作り浅村選手のグランドスラムが飛び出し、この回5得点の猛攻で逆転に成功。

 

首位攻防戦を制しました。

 

オリックス 4-8 ソフトバンク

 

 ソフトバンクは2-2と同点で迎えた9回表に、今宮選手の2ランや松田選手のタイムリーなどで一挙6点を奪い、試合を決めました。

 

その裏にオリックス打線も小田選手の犠牲フライなどで2点を返しますが、力尽き敗戦となっています。

 

f:id:GOSE:20180605001825j:plain

2018年 8月19日時点での順位

セ・リーグ

1 広島 試合数105 勝62 敗41 引2 M28 

2 ヤクルト 試合数104 勝51 敗52 引1 勝差11

3 巨人 試合数112 勝54 敗56 引2 勝差0.5

4 阪神 試合数101 勝48 敗52 引1 勝差1

5 DeNA 試合数106 勝46 敗58 引2 勝差4

6 中日 試合数110 勝48 敗61 引1 勝差0.5

 

パ・リーグ

1 西武 試合数106 勝63 敗41 引2

2 日本ハム 試合数107 勝57 敗48 引2 勝差6.5

3 ソフトバンク 試合数103 勝53 敗49 引1 勝差2.5

4 ロッテ 試合数104 勝49 敗52 引3 勝差3.5

5 オリックス 試合数110 勝49 敗56 引5 勝差2

6 楽天 試合数108 勝46 敗60 引2 勝差3.5

 

関連記事について

 8月18日 対ヤクルト15回戦です

www.gosekun.com

 

7月24日 対広島12回戦 岩田投手の登板日です

www.gosekun.com

最後に

岩田投手の危険球退場から、大きく試合の模様が変わってしまいましたが、点差までタイガースは追い上げてくれたと思います。

 

負けはしましたが、6回頭から投げた望月投手は貫禄の投球でしたね。

 

このまま大きく大成していって欲しい所ですが、そんな望月投手に追い込まれながらもヒットを打った、ヤクルトドラフト6位ルーキーの宮本 丈選手は癖のないミートバッティングと対応力で存在感を遺憾なく発揮していました。

 

若虎たちも負けず劣らず頑張って行って欲しい所です!

 

さてさて、ここまで読んで頂きありがとうございます!

 

ブログランキングに参加しておりまして、下記ボタンをポチっと押して頂けますとブログ運営の活力となります!!

 


阪神タイガースランキング

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
にほんブログ村

 

ではでは、また次回に~(^^)/