GOSE@趣味と阪神とタイガース模様

初めまして、GOSEです。趣味のゲームやアニメ、投資関連。最近は阪神タイガース記事を中心に書いています。阪神今年は優勝や!!

GOSE@趣味と阪神とタイガース模様

阪神・藤浪 19年ぶり投手で満塁本塁打を打つなど打線爆発で快勝

スポンサーリンク

閲覧ありがとうございます!!

GOSEです(^^)/

 

昨日9月15日に甲子園で行われたヤクルト21回戦は、ヤクルト先発・原投手の前に猛虎打線が沈黙。

 

終盤の追い上げも空しく敗戦となってしまいった試合でした。

 

そして本日9月16日 第2のホーム(第1?)とも言えるハマスタでDeNA20回戦が行われ、

 

結果は DeNA 4-20 阪神

 

打線が爆発し4年ぶりとなる1試合20得点達成!

 

果たしてどのような試合展開だったのでしょうか、下記にて記録に残していこうと思います!

f:id:GOSE:20180821205201j:plain

 

 

DeNAvs阪神 20回戦 感想と結果について

最初に

2017年の7月頃から野球を再度見始めた、にわか阪神ファンです。

ルール自体は殆ど知っていますが野球理論など、わからない事は多いです。

 

ただ阪神と野球自体は昔から好きで応援はしておりましたが、往年のファンの方々から見たら、たまに変な事を書いているかも知れません。

 

しかしブログに書いていく事によって、改めてどんな試合だったかを振り返ったり、試合内容をじっくり観るようになり、より一層楽しむ事が出来ていると思います。

 

野球記事としては、未熟な点が多々あると思いますが、よろしくお願い致します!

 

阪神スタメン

1番(二)糸原

2番(遊)植田

3番(三)大山

4番(右)糸井

5番(左)陽川

6番(一)ナバーロ

7番(中)中谷

8番(捕)梅野

9番(投)藤浪

 

DeNAスタメン

1番(遊)大和

2番(三)宮崎

3番(二)ソト

4番(左)筒香

5番(一)ロペス

6番(右)佐野

7番(捕)嶺井

8番(投)今永

9番(中)桑原

 

DeNAvs阪神戦 試合内容と感想

本日の先発は藤浪投手!

 

今季9度目の3連敗で、単独最下位に転落したタイガース

 

大型連戦が控え、1戦も負けられない試合が続く中、本来ならエースとして君臨していても可笑しくない男、藤浪投手が52日ぶりとなる1軍のマウンドに上がりました。

 

お得意様となっているDeNAに、勝率・818と、やたらと相性の良いハマスタで何が何でも勝ってもらい、エースとして自信を取り戻して欲しい狙いもあるのでしょう。

 

先発の柱として復活なるか! 今日こそ頼みます!

f:id:GOSE:20180605002250j:plain

 猛虎打線は、中谷選手が7番に復帰し、早め早めに今永投手を攻略し、先発・藤浪投手の援護をしてほしい所です。

 

DeNA20回戦 試合内容について

今日は用事で試合が全く観れなかったのですが、結果を確認した所・・・・

 

DeNA 4-20 阪神

 

(;゚д゚) ・・・桁がおかしい・・・

 

(つд⊂)ゴシゴシゴシ

 

_, ._ (;゚ Д゚) …!? 20得点だとう!

 

初回に猛虎打線は、早々にDeNA先発・今永投手を攻略し2得点を挙げますが、直後に筒香選手の2ランで同点に追いつかれます。

 

いつもの藤浪投手のパターンとして、このままズルズルと失点が続くかと思われましたが、持ち直してますが、今永投手はズルズルと引きずってしまったようですね。

 f:id:GOSE:20180603170315j:plain

3回表に、大山選手の勝ち越しソロホームランが飛び出した後も、連打とフォアボールで撃沈。

 

ラミレス監督は、早々に見切りを付けて田中健投手をマウンドに上げますが、これが完全に裏目に出たのか、連続押し出し四球の末に、

 

藤浪投手が、自身初となる満塁本塁打

 

 

投手の満塁本塁打は、巨人・ガルベス投手が1999年8月13日に、同じく横浜スタジアムで行われた横浜戦以来となる19年ぶりの快挙

 

その後も、打順一巡となった大山選手が、1イニング内で2本目となる2ランホームランを打ち、この回一挙9得点。

 

9点ビハインドとなったDeNAは4回と5回に、合わせて2点を返す事に成功。

 

藤浪投手は無理せず5回6安打4失点で降板

 

そして8回表、DeNAはイニングマタギで三嶋投手が投げていましたが、又しても猛虎打線が大爆発。

 

先頭打者・大山選手のヒットを皮切りに連打連打でタイムリーを量産。

 

最後は、打者一巡となった大山選手の1試合3本塁打目となる3ランをブチかまして、20得点でDeNAを木っ端微塵にして試合終了となりました

 

試合を終えて 感想

こういう試合こそ、じっくりと最初から観たいんですけどね!

 

用事で観れない時に限って、こんな記録的な大勝利を挙げてくれるんですもの、いやまあメチャクチャ嬉しいですけども(´・ω・`)

 

藤浪投手、5回6安打4失点は、決して良くない数字かと思いますが、彼に今必要なのは1軍での勝ち星だと思うのですよ。

 

2軍では大体無双状態との事で、やはり1軍でどれだけ勝利出来るか、自信を持って投げて欲しい。

 

甲子園では、フォアボールを1つ出しただけでヤジられたり、溜息をつかれたりで、かなりきつかったのでしょう。

 

大事なのは、今後も安定して勝ちに繋がる投球をしてくれるか、でしょうね。

 

ポテンシャルは半端ないはずなので、満塁本塁打を打った事も含めて自信を持って、今後も投げて欲しい所です。

f:id:GOSE:20180703214056j:plain

もう一人のヒーローは、間違いなく大山選手でしょう。

 

1試合に3本塁打

1イニング2本塁打

1イニング2安打2回

6打数6安打

合わせて7打点の大活躍!

 

1試合6安打以上は、2003年7月27日・城島健司選手以来、15年ぶり9人目。

 

球団では1954年5月26日・中日戦での渡辺博之選手以来、64年ぶり2人目。

 

阪神選手の1試合3本塁打は、2010年6月29日・中日戦(甲子園)のブラゼル選手以来、8年ぶり。

 

日本選手では09年4月10日・巨人戦(東京ドーム)の金本知憲選手以来、9年ぶりの快挙。

 

一時期は、チャンスに全く打てずにスタメンに入るたび、打席に立つたびに叩かれていた彼ですが、ここ最近好調で、大活躍してくれていますね。

 

金本監督が我慢して使い続けてきたのが功を奏した形ですが、彼も同じく継続して活躍してくれるかが大事ですね。

 

大型連戦を前に、何とか最下位を脱した形ですが、戦いはこれから

勝って兜の緒を締めて、明日のDeNA戦に挑んでください!

 

他球団の結果について

セ・リーグ

巨人 3-11 中日

 

 

1-1と、緊迫した試合展開で迎えた5回裏、巨人はマギー選手のタイムリーで2点を勝ち越す事に成功します。

 

その後、中日も1点を返し、1点ビハインドで迎えた7回裏に阿部選手の満塁本塁打が飛び出し、点差を突き放します。

 

中日は中継ぎ陣が崩壊し、終わってみれば13安打11得点を奪われ敗戦となっています

 

ヤクルト 2-4 広島

 

広島は初回、鈴木選手の犠牲フライを皮切りに、バティスタ選手の3ランで4得点を奪います。

 

追撃のヤクルトは2回に村上選手のプロ初打席初本塁打となる2ランを放ちますが、反撃はここまで。

 

調子を取り戻した広島先発・岡田投手が6回2失点の好投で8勝目となっています。

 

パ・リーグ

西武 8-5 ソフトバンク

 

西武は初回に山川選手の2ランなどで4点を先制し、続く2回にも山川選手、中村選手のタイムリーで4点を奪い8得点。

 

ソフトバンクは3回以降反撃に転じ3点差まで迫りますが、力尽きています

 

日本ハム 4-8 オリックス

 

オリックスは初回にロメロ選手と中島選手のタイムリーで先制し、以降もコンスタントに点を奪い続け13安打8得点。

 

敗れた日本ハムは最終回にノーアウト満塁の大チャンスを作りますが、中田選手の犠牲フライのみで力尽きています。

 

ロッテ 1-3 楽天

 

楽天は1点ビハインドの4回に銀次選手の犠牲フライで同点においつくと、内田選手の2ランで勝ち越しに成功。

 

以降は両者の投手陣が踏ん張り、楽天が2点リードのまま試合終了となりました。

 

f:id:GOSE:20180605001825j:plain

2018年 9月16日時点での順位

セ・リーグ

1 広島 試合数128 勝75 敗51 引2 M4

2 ヤクルト 試合数128 勝64 敗62 引2 勝差11

3 巨人 試合数132 勝61 敗67 引4 勝差4

4 阪神 試合数122 勝56 敗65 引1 勝差1.5

5 中日 試合数133 勝60 敗71 引2 勝差1

6 DeNA 試合数127 勝57 敗68 引2 勝差0

 

パ・リーグ

1 西武 試合数127 勝75 敗50 引2

2 ソフトバンク 試合数123 勝68 敗54 引1 勝差5.5

3 日本ハム 試合数125 勝66 敗56 引3 勝差2

4 オリックス 試合数130 勝59 敗66 引5 勝差8.5

5 ロッテ 試合数122 勝54 敗65 引3 勝差2

6 楽天 試合数127 勝52 敗72 引3 勝差4.5

 

関連記事について

 9月2日 DeNA19回戦です

www.gosekun.com

 

7月26日 藤浪投手の登板日です

www.gosekun.com

 

最後に

 若手1~3番の糸原選手、北條選手、大山選手は今後の阪神タイガースをけん引していく選手になっていくのでしょうね。

 

それだけに北條選手の離脱は痛かったわけですが、明日のDeNA戦も勝利して欲しい所です。

 

さてさて、ここまで読んで頂きありがとうございます!

 

ブログランキングに参加しておりまして、

 

下記ボタンをポチっと押して頂けますと

ブログ運営の活力となります!!

 


阪神タイガースランキング

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
にほんブログ村

 

Twitterもやってます!

https://twitter.com/GOSE08554215

 

ではでは、また次回に~!