GOSE@趣味と阪神とタイガース模様

初めまして、GOSEです。趣味のゲームやアニメ、投資関連。最近は阪神タイガース記事を中心に書いています。阪神今年は優勝や!!

GOSE@趣味と阪神とタイガース模様

宮本G大阪 降格圏脱出となった清水戦 後半を耐えきり3連勝

スポンサーリンク

閲覧ありがとうございます!!

GOSEです(^^)/

 

9月15日に行われた第26節ヴィッセル神戸戦、イニエスタのゴールで苦しい立ち上がりとなりましたが、苦手としていた後半に2ゴールを奪って逆転勝ちとなった試合で、現在2連勝中となっています。

 

そして9月21日金曜日となりますが 第27節が行われ

 

結果は 清水エスパルス 1-2 ガンバ大阪

 

果たしてどのような試合だったのでしょうか、下記にて記録に残していこうと思います!

 f:id:GOSE:20180710181832p:plain

 

第27節 清水エスパルスvsガンバ大阪

最初に

2011年のアジアカップからサッカーを観始め、日本代表選手を中心に海外サッカー、そして地元大阪のガンバ大阪の試合を観始めました。

 

2011~2013年はサッカー漬けで万博記念競技場に足を伸ばしたり、初のJ2に落ちた後も応援を続けていましたが、仕事とプライベートなどで忙しくなり、次第にサッカーから離れていきました。

 

しかし2018年、ロシアワールドカップ後にサッカー熱が再燃

 

DAZNと契約し、7月18日の広島戦から再度観始めた、にわかです。

 

時々変な事を書いているかもしれませんが、どうぞよろしくお願い致します!

 

ガンバ大阪スタメン

GK:1 東口 順昭

DF:3 ファビオ 4 藤春 廣輝 5三浦 弦太

MF:7 遠藤 保仁 10倉田 秋 15 今野 泰幸 29 高江 麗央 50 小野瀬 康介

FW:39 渡邉 千真 11 ファン ウィジョ

f:id:GOSE:20180804113253j:plain

清水エスパルススタメン

GK:13 六反 勇治

DF:28 立田 悠悟 4 フレイレ 45 角田 誠 25 松原 后

MF:6 竹内 涼 17 河井 陽介 30 金子 翔太 10 白崎 凌兵

FW:23 北川 航也 49 ドウグラス

 

清水エスパルスvsガンバ大阪 試合内容と感想

2018年 今シーズンから始まった「フライデーナイトJリーグ」

 

DAZNは10年間分のJリーグの試合放送権を、2100億円という莫大な資金で契約を結びましたが、そんなDAZNからの鶴の一声で、各節ごとに最低1試合は金曜開催の試合を組み込むようになりました。

 

アクセス集中を避けたりと、色々と思惑があるようで、当初はどうなることかっと危惧されていたようですが、現状ではプレミア感を出したりと、それなりに上手く行ってるようですね。

 

ってなわけで、Jリーグ27節目の金曜開催は、清水vsガンバとなったわけですが・・・・

f:id:GOSE:20180619225856j:plain

宮本体制に移行して10試合戦い、3勝3敗3引き分けとイーブンの状態となっていますが、前節の神戸戦で逆転勝ちを収め、初の連勝と波に乗るガンバ。

 

攻撃面ではファン・ウィジョの復帰、守備には今野の復帰が大きいかと思いますが、攻守揃ってワンランク、レベルが上昇したように思えます。

 

前半45分間は、ラインを挙げる事によって清水に効果的なプレスをかける事ができ、ピンチの芽を早い段階で潰す事が出来ていましたね。

 

攻撃こそ最大の防御の言葉通り、セカンドボールも多く拾う事が出来ていましたし、開始30秒のゴールも合わさって、前半はガンバペースで進めていけたのも大きく、それぞれの距離感がいいのか、パスやロングボールが面白いようにつながりましたし、全体的な攻撃に躍動感がありました。

 

 

開始30秒でガンバが、いきなりのゴール

 

9割ほどは、ファン・ウィジョのゴールやと思うのですが、清水の立田 悠悟のオウンゴールの判定になったようですね。

 

対する清水は、ドウグラスや北川 航也にボールを集め、どちらかというとカウンターで攻勢を仕掛けますが、ガンバDF陣は上手く凌いでいました。

 

早い時間帯に点を取るのって良い面もあれば、悪い面もあるんですよねえ。

 

ガンバが、さらに躍動する原動力となるのか、はたまた清水に火がついてしまうのか・・

 

しかし前半に限っては、良い方に進んでくれたようで、倉田が清水DF陣に妨害され、体制を崩しつつも倒れず、ペナルティエリアに切り込むドリブルからのパスを、小野瀬が軌道を変化させて、ファン・ウイジョにアシスト。

 

ゴール前でフリーとなっていたファン・ウイジョですが、ベストな体勢ではなかったのを瞬時に判断し、自ら溜めを作って左足で合わせて本日2ゴール目!

 

いや、彼はすげえわ、アジア大会で得点王になっただけの事はありますね。

 

彼の復帰と渡邉 千真の獲得

 

お互いの存在がプラスではなくファン・ウィジョ✖渡邉 千真となって、何倍にも得点力がアップしてるように思えます。

 

前半38分には、渡邉 千真⇒ファン・ウイジョ⇒倉田⇒ファン・ウイジョと、最後は惜しくも阻止されましたが、こういったパスが面白い程繋がって、ワクワクする攻撃が目白押しでしたね。

 

 

前半のボール支配率は、お互いに50%と、互角と数値上ではなっていますが、ほぼガンバペースだったと思いますね

 

清水 0-2 ガンバ

f:id:GOSE:20180923005902j:plain

後半に入ってからは、清水もペースを上げてきて、どちらが試合の主導権を握るのか、一進一退の攻防。

 

しかし徐々に清水ペースになっていき、後半60分には、ガンバゴール前、クロスを篠崎が落として、フリーになっていた北川がすかさずシュートしましたが、戻りオフサイドの判定。

 

辛くも凌ぐガンバDF陣でしたが・・・

 

後半70分、清水の華麗なパス交換からの北川のシュートで、1失点してからは、完全に清水ペース。

 

宮本監督としては、引くのではなく3点目を狙いにいくビジョンだったようですが、清水は4バックから3バックに変更し、強烈な攻勢を仕掛けてきてからは、完全にガンバの勢いが消えてしまいました。

 

今までのガンバなら、ここで2失点で同点、最悪逆転されていましたが、ポストに2度助けられるなど、運も味方してくれていたように思えます。

 

アディショナルタイムは4分あり、最後の最後まで目が離せない試合でしたが、辛くもガンバが逃げ切り、降格圏を脱出する暫定14位に浮上となりました!!

 

清水 1-2 ガンバ

 

関連記事について

9月15日に行われた第25節です 

 

www.gosekun.com

 

最後に 

ガンバ大阪の現在の勝ち点は30

 

この数字は、2016年に15位でギリギリ降格を免れたアルビレックス新潟の勝ち点と同じ数字。

 

今節は、この数字でも降格圏脱出とはならないようで、残り7試合で、どのようなドラマが待っているのか、まったく予想が出来ない状態ですね。

 

しかし、全てにおいて上向いてきたガンバ大阪、きっと奇跡の残留になると予想しています!!

 

最後の最後まで応援しますよーーー!

 

さてさて、ここまで読んで頂きありがとうございます!

 

また次回に~(^^)/

 

ブログランキングに参加してまして、下記ボタンをポチっと押して頂けますとブログ運営の活力となります!!

 


ガンバ大阪ランキング

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
にほんブログ村

 

Twitterもやっています!

GOSE@趣味と阪神とタイガース模様 (@GOSE08554215) | Twitter