GOSE@趣味と阪神とタイガース模様

初めまして、GOSEです。趣味のゲームやアニメ、投資関連。最近は阪神タイガース記事を中心に書いています。阪神今年は優勝や!!

GOSE@趣味と阪神とタイガース模様

ベティスvsビルバオ 2点差を追いつくもドロー 乾貴士は途中出場

スポンサーリンク

閲覧ありがとうございます!!

GOSEです(^^)/

  

ラ・リーガ第4節 バレンシアvsベティスが9月16日に行われましたが、

 

0-0のスコアレスドロー

 

そして9月20日にヨーロッパーリーグが開幕し、ベティスは5期ぶりとなる出場で、初戦となるオリンピアコス戦を戦い抜きましたが、

 

0-0のスコアレスドロー

 

そして9月24日 ラ・リーガ第5節 ベティスvsビルバオが行われ、

 

結果は 2-2のスコアレスドロー

 

果たしてどのような試合だったのでしょうか、記録に残したいと思います!

f:id:GOSE:20180903201921j:plain

 

 

ラ・リーガ第5節 ベティスvsビルバオ

最初に

2011年のアジアカップからサッカーを観始め、日本代表選手を中心に海外サッカー、そして地元大阪のガンバ大阪の試合を観始めました。

 

2011~2013年はサッカー漬けで万博記念競技場に足を伸ばしたり、初のJ2に落ちた後も応援を続けていましたが、仕事とプライベートなどで忙しくなり、次第にサッカーから離れていきました。

 

しかし2018年、ロシアワールドカップ後にサッカー熱が再燃

 

DAZNと契約し、ガンバ大阪以外にも日本人が所属するチームを、今年も観ていこうと思います。

 

時々変な事を書いているかもしれませんが、どうぞよろしくお願い致します!

 

レアル・ベティススタメン

フォーメーションは3-5-2

 

GK:13 パウ・ロペス

DF:23 アイサ・マンディ 5 マルク・バルトラ 12 シドネイ

MF:2 フランシス・ゲレーロ 21 ジオヴァニ・ロ・チェルソ 18 アンドレス・グアルダード 6セルヒオ・カナレス  20 ジュニオル

FW:17 ホアキン 9 アントニオ・サナブリア

f:id:GOSE:20180804113253j:plain

ビルバオスタメン

フォーメーションは4-2-3-1

 

16 ダニ・ガルシア 7  ベニャ・エチェバリアがダブルボランチ

 

GK:25 ウナイ・シモン

DF:18 オスカル・デ・マルコス 5 ジェライ・アルバレス 4 イニゴ・マルティネス 24 ミケル・バレンシアガ

MF:16 ダニ・ガルシア 7  ベニャ・エチェバリア 14 マルケル・スサエタ 22 ラウール・ガルシア 12 ユーリ・ベルチチェ

FW:9 イニャキ・ウィリアムズ

 

ベティスvsビルバオ 試合内容と感想

ベティスは、今季5期ぶりのヨーロッパリーグ出場となっているので、本日24日は中二日での試合、かなりきつめの過密日程となっていますね。

 

実質的に2チーム分の戦力が必要になってくるベティスですが、その中で乾 貴士はどのような活躍を見せてくれるのか、我々としては楽しみな1年となりそうです

 

しかしキケ監督が目指す攻撃的なサッカーとは対照的に、現状は深刻な得点力不足に悩まされていて、リーグ戦とヨーロッパリーグ、合わせて5試合戦いましたが、得点はセビージャ戦でのホアキンの1点のみ。

 

如何に攻撃の形を作っていくのか、早急に求められる課題となっています。

 

前半戦 ビルバオ・イニャキ・ウィリアムズのゴール

両チーム、どちらかというと慎重な立ち上がりで、特にビルバオは丁寧に丁寧にボールを保持して、ジワジワとベティスゴールに迫っていく感覚ですね。

 

そして前半開始わずか6分、ベティス陣営内で、MFジュニオルの中途半端なクリアボールが、FWイニャキ・ウィリアムズに渡り、ゴール前でのパス交換を得て、ミケル・バレンシアガがクロス。

 

MFラウール・ガルシアのヘディングシュートを一度は止めたGKパウ・ロペスでしたが、不運にもこぼれ球が再度MFラウール・ガルシアに渡ったと思ったらすかさずパス。

 

そしてゴール前に待機していた、FWイニャキ・ウィリアムズが冷静にシュートを決めて、ベティスはホームで悔しい失点となってしまいました

 

 

1点ビハインドとなり、攻勢に出たいベティスですが、ビルバオの中盤の寄せが早く、思うようにボールを前に運べない展開が続きます。

 

そして開始17分には、ベティス陣営内でガッツリと寄せられてしまい、セルヒオ・カナレスのパスミスから、ラウール・ガルシアのミドルシュートが決まり2失点目。

 

ラウール・ガルシアは、アウェーベティスに5得点目と、相性が良いのかアシストにゴールに暴れまわっていますね。

 

ベティスもビルバオのゴール付近までボールを、運ぶ事もありましたが、運んでいるだけでシュートや攻撃に迫力がないんですよねえ・・

 

何時もの通りベティスの方がポゼッションが上回っていますが、持たされているというか決定機が作れていない以上、数値では表れない劣勢状況が浮き彫りとなっています。

 

前半戦はビルバオのペースで終わる・・・かと思いきや、アディショナルタイムが15秒程過ぎた頃、サイドを駆け上がったDFシドネイが、MFマルケル・スサエタのスライディングを受けて転倒。

f:id:GOSE:20180924105811j:plain

スサエタは2枚目のイエローで退場となり、ビルバオは後半から、10人での戦いを余儀なくされる状態。

 

2点ビハインドながら、ベティスは後半に、どのような反撃を行うのか、乾貴士の出場はあるのか!

 

盛り上がってまいりました!!!

 

ベティス 0-2 ビルバオ

 

後半戦 マルク・バルトラとセルヒオ・カナレスのゴール

前半のシュート数はビルバオが6本に対して、ベティスは1本のみと、精細を欠いている状態。

 

10人となったビルバオに対して、早いうちに得点を重ねていきたい所ですが・・

 

後半50分、ビルバオ陣内でパス回しでスキを伺っていましたが、スルスルっと上がってきたDFマルク・バルトラが、フリーの状態でミドルシュート!

f:id:GOSE:20180924111159j:plain

サイドネットに突き刺さり、ベティスが後半開始早々1点を返すことに成功しました!!

 

そしてFWクリスティアン・テージョと、FWロレンが投入され、より一層攻撃的になったベティスが後半67分。

 

DFマルク・バルトラが自陣内からのロングパス、サイドに展開していたFWクリスティアン・テージョに通り、ボールを要求したセルヒオ・カナレスがワントラップからの左足一閃!

 

完全に勢いを得たベティスが2得点目、同点としました!

 

そして後半77分にMFフランシス・ゲレーロに変えてMF乾 貴士を投入!!

 

乾はサイドを任される事が多いのですが、本日は2列目の真ん中に配置となりました。

 

後半84分にはサイドからFWホアキンが敵DFを交わし、ゴール前でフリーになっていたFWアントニオ・サナブリアに完璧なクロスを供給!

 

サナブリアはヘディングシュートを合わせますが・・・無情にもゴール横を通過し、勝ち越しゴールならず。

 

 

これは決めて欲しかった・・・、これを決めないでいつ決めるのかってシーンでしたが、力んでしまったのかヒーローになり損ねてしまいましたね・・・(*_*)

 

その後もベティスが果敢に攻め乾 貴士がシュートを放つシーンも掛ありましたが、勝ち越しゴールを決める事が出来ず、ホームで引き分けで終了となりました。

 

試合を終えて 感想

18時30分キックオフの予定が、気温が高いって理由で20時からのキックオフとなったようですね。

 

日本もえげつない暑さでしたが、どうやらスペインでもまだまだ暑いようです。

 

さて、我らが乾 貴士、ヨーロッパリーグのオリンピアコス戦では途中出場となった彼ですが、今試合でもスタメンを外れるなど予想外の展開となりました。

f:id:GOSE:20180924110317j:plain

過密日程の中、温存されて本日の第5節には投入されると予想していたファンの方々からしたら、ガックリくる形となりましたが、チーム状況が良くない中、テコ入れを図らないといけないのが現状なのでしょう。

 

前半はベティスが完全に劣勢で2点を奪われ、尚且つ乾 貴士の出場はなし。

 

しかし後半は、マルケル・スサエタの退場で10人となったビルバオに対して、イケイケムードのベティスが早々に1点を返すなど、状況が好転しましたね。

 

乾貴士の出場を、今か今かと待ちわびていましたが、1枚目の交代カードは DFジュニオル⇒FWクリスティアン・テージョ

 

2枚目はMFジオヴァニ・ロ・チェルソ⇒FWロレンと、前を増やして何とか得点に結び付けたい采配でしょうか。

 

特にテージョが効いていましたね、同点弾のアシストを決めてくれました!

 

そしてカード3枚目でMFフランシス・ゲレーロに代わってMF乾 貴士が出場!!

f:id:GOSE:20180924115350j:plain

乾は、アディショナルタイムを含めて20分程のプレイでしたが、積極的にボールに絡み、味方も彼にパスを行っていましたね。

 

ただ中央はボールを受けるのがサイドに比べると難しく、シュートシーンもありましたが、チャンスメイクや決定機を演出する事は、残念ながら無く、結果はスコアレスドローとなりましたが、目の離せない試合展開で面白かったですね( *´艸`)

 

ベティスとしても今季初の1試合で複数点をマークし、少しずつでも攻撃の形を作っていければよいかなあっと・・

 

関連記事について

9月16日に行われたラ・リーガ第4節です

www.gosekun.com

最後に 

ホームで引き分けとなったベティス、乾 貴士は途中出場で良いプレイもあったと思うのですが、この試合では低評価に終わってしまったようです。

 

5試合を終えて1勝3分1敗の勝ち点で暫定13位。

 

キケ監督は色々と試行錯誤をしている中、まだまだチャンスはあると思うので、ガッツリと応援していきたいと思います!

 

さてさて、ここまで読んで頂きありがとうございます!

また次回に~(^^)/

 

ブログランキングに参加してまして、下記ボタンをポチっと押して頂けますとブログ運営の活力となります!!

 


サッカーランキング

 

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

 

Twitterもやっています!

https://twitter.com/GOSE08554215