GOSE@趣味と阪神とタイガース模様

初めまして、GOSEです。趣味のゲームやアニメ、投資関連。最近は阪神タイガース記事を中心に書いています。阪神今年は優勝や!!

GOSE@趣味と阪神とタイガース模様

宮本G大阪 ホームで首位広島を破り3年半ぶりとなる4連勝!

スポンサーリンク

閲覧ありがとうございます!!

GOSEです(^^)/

 

フライデーナイトJリーグ枠で、9月23日の金曜日に第27節が行われましたが、後半に清水エスパルスの猛攻を受けるも、1点差を守り切り、2年ぶりの3連勝を果たしたガンバ大阪。

 

そして29日 ガンバ大阪vsサンフレッチェ広島 28節がパナソニックスタジアム吹田で行われ、結果は

 

ガンバ大阪 1-0 サンフレッチェ広島

 

首位相手に、1点差を守り切り4連勝!

 

果たしてどのような試合だったのでしょうか、下記にて記録に残していこうと思います!

 f:id:GOSE:20180710181832p:plain

 

第28節 ガンバ大阪vsサンフレッチェ広島

最初に

2011年のアジアカップからサッカーを観始め、日本代表選手を中心に海外サッカー、そして地元大阪のガンバ大阪の試合を観始めました。

 

2011~2013年はサッカー漬けで万博記念競技場に足を伸ばしたり、初のJ2に落ちた後も応援を続けていましたが、仕事とプライベートなどで忙しくなり、次第にサッカーから離れていきました。

 

しかし2018年、ロシアワールドカップ後にサッカー熱が再燃

 

DAZNと契約し、7月18日の広島戦から再度観始めた、にわかです。

 

時々変な事を書いているかもしれませんが、どうぞよろしくお願い致します!

 

ガンバ大阪スタメン

フォーメーションは4-4-2

 

GK:1 東口 順昭

DF:3 ファビオ 4 藤春 廣輝 5三浦 弦太 22 オ ジェソク

MF:7 遠藤 保仁 10倉田 秋 15 今野 泰幸 50 小野瀬 康介

FW:39 渡邉 千真 11 ファン ウィジョ

f:id:GOSE:20180804113253j:plain

サンフレッチェ広島スタメン

フォーメーションは4-4-2

 

GK:1 林卓人

DF:19 佐々木翔 4 水本裕貴 2 野上結貴 33 和田拓也

MF:18 柏 好文 15 稲垣 祥 6 青山 敏弘 30 柴﨑 晃誠

FW:31 ティーラシン 39 パトリック

 

ガンバ大阪vsサンフレッチェ広島 試合内容と感想

29日の試合では、地元のシンボル「太陽の塔」や万博記念公園とコラボした「GAMBAEXPO」が開催されて、選手達は赤と黒が基準で、尚且つ太陽の塔がプリントされたユニホームを着用。

 

違うチームに見えていたのですが、来場者全員に同じ柄のユニホームが配布されて、いつもは青いガンバが赤く染まっていました。

 

入場者数は、今季2番目の3万4660人を記録し、多くのファンの前で何とか勝ってほしい1戦!!

 

前半戦 両チーム 一進一退の攻防も得点ならず

 

ファーストシュートはMF青山からと、立ち上がりから押し込んでくる広島。

 

FWティーラシンとFWパトリックの決定機ともいえるシュートを、GK東口とファビオなどのDF陣の奮闘で、ガンバは辛くも攻撃をかわし続けています。

 

ガンバ攻撃陣は前線にボールを送りますが、中盤で広島の激しく素早い寄せでボールを奪われるシーンが多く、チャンスを思うように作れません。

 

攻撃の要となる渡邉 千真とファン ウィジョに、思うようにボールが渡りませんので、少々厳しい展開が続き、その分、MF倉田が切り込んでシュートを打つシーンもありましたが、点には結びつかず。

 

しかし前半25分を過ぎた辺りから、徐々にですがガンバが押し込むシーンが多くなってきて、互角の戦いになっていきます。

f:id:GOSE:20180619225856j:plain

支配率はガンバのほうが高くなりましたが、持たされている時間も多く、どちらかというと広島に決定機やチャンスが多かったように思えますね。

 

あっという間に45分が過ぎ、アディショナルタイムも特に変化なく、一進一退の攻防の末、スコアレスドローで前半が終了。

 

後半戦 ガンバ大阪 CKからの得点

 

後半が始まり、前半と殆ど変わらない展開が続きます。

 

倉田ですが、要所要所でチャンスメイクしてくれていますね、ボールキープもしっかりやってくれますし、ジワジワと効いていると思うのですが、広島DFを崩しきることが出来ません。

 

そして後半80分を過ぎた辺りから、両チーム動き始めて、交代選手をピッチに送り込み始めます。

 

ガンバは、中々チャンスに絡めずにいたファン・ウィジョに変えて、アデミウソンを投入する準備を始めました。

 

しかしここで大きなチャンスが、ガンバに訪れます

f:id:GOSE:20180929221710j:plain

 

広島DF陣の寄せで、一度下げて体勢を整えたいガンバ、GK東口のロングボールで、すかさず前線にボールを送り込み、ペナルティエリア付近の倉田が体勢を崩しながらもライン際でキープ。

 

溜めを作りつつ、ゴール前で虎視眈々とゴールを狙っているFW渡邉 千真とファン ウィジョにクロスボールを放り込みますが、クリアされてしまいます。

 

CKを獲得、キッカーはMF遠藤 保仁ですが、その間にMF小野瀬に代わって藤本淳伍が交代でピッチに入ります。

 

しかし高さの勝負となると予想した宮本監督の采配で、アデミウソンの投入を遅らせ、ファン・ウィジョを残します。

 

後半84分、MF遠藤 保仁が精度の高いコーナーキックを供給、ゴール前でFWパトリックにDF三浦 弦太は競り負けてしまいますが、こぼれ球に反応したファン・ウイジョがチョコンと足を当てて、ゴールに放り込むことに成功!

 

 

アディショナルタイム3分を含めたラスト10分は、完全にガンバペースとなり、1~2点くらい追加点とれたかもってシーンもありましたね

 

そして最後までキッチリと1点を守り切り、嬉しい嬉しいガンバの4連勝となりました!

 

 試合を終えて 感想

個人的なMVPはGKの東口かなあって思っています。

 

幾度となく訪れた1対1のピンチを防ぎ切り、広島のサイド攻撃も彼のお陰で失点を防いだシーンが2度3度ありました。

 

今野の復帰も大きいですが、宮本監督に代わって1番向上したのがDF陣の統率ですね。

 

ディフェンスが安定してきた事により、前線の倉田や藤春も攻撃に多く参加出来るようになり、全体的に1ランク、チームのレベルが向上したように感じています。

f:id:GOSE:20180929230135j:plain

決勝点となった84分のCKの場面、アデミウソンの投入をずらし、ファン・ウィジョを残した宮本監督の采配も見事でしたね。

 

少ないチャンスをモノにしたファン・ウィジョも流石の一言ですね、やっぱりストライカーとして、何かを持っているのでしょう。

 

 

あと、アディショナルタイムを含めた後半の10~15分ってのは、サッカーの醍醐味というか面白い時間帯だと思いますね。

 

 

お互いに苦しい時間帯、リードしているチームは、攻撃にウエイトを置くのか守備的にいくのか。

 

負けているチームは攻め込むしかないので、リスクのある捨て身の戦法を仕掛けたりと、見ごたえたっぷりで個人的に好きな時間帯です。

 

 

何はともあれ首位広島に競り勝ち、降格圏脱出となる暫定13位に浮上、3年半ぶりとなる4連勝!

 

この調子で突き進んでください!

 

関連記事について

9月23日に行われた第27節です 

 

www.gosekun.com

最後に 

広島の守備は固く、中々こじ開けられなかったですが、ガンバは今野とファン・ウィジョの復帰で、ほぼ完全に別のチームに生まれ変わったように思えます。

 

油断は禁物ですが、このままいけば残留は可能かなって希望が持ててきましたね!

 

次節は、アウェーとなるヤンマースタジアム長居でC大阪と、熱い熱い大阪ダービー!!

 

累積でファン・ウィジョが出場出来ない不安もありますが、現状の勢いをぶつけて大勝して欲しい所です!

 

さてさて、ここまで読んで頂きありがとうございます!

 

また次回に~(^^)/

 

ブログランキングに参加してまして、下記ボタンをポチっと押して頂けますとブログ運営の活力となります!!

 


ガンバ大阪ランキング

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
にほんブログ村

 

Twitterもやっています!

GOSE@趣味と阪神とタイガース模様 (@GOSE08554215) | Twitter