GOSE@趣味と阪神とタイガース模様

初めまして、GOSEです。趣味のゲームやアニメ、投資関連。最近は阪神タイガース記事を中心に書いています。阪神今年は優勝や!!

GOSE@趣味と阪神とタイガース模様

ジローナvsベティス 結果が欲しい乾貴士 得点に絡むも途中交代

スポンサーリンク

閲覧ありがとうございます!!

GOSEです(^^)/

 

9月24日にラ・リーガ第5節 ベティスvsビルバオが行われましたがスコアレスドローと、中々勝ちきれない試合が続いていますね。

 

そして9月28日にラ・リーガ 第6節 ジローナvsベティスが行われ、我らが乾貴士は、3試合ぶりのスタメン出場!

 

結果は ジローナ 0ー1 ベティス

 

果たしてどのような試合だったのでしょうか、記録に残したいと思います!

f:id:GOSE:20180903201921j:plain

 

 

ラ・リーガ第6節 ジローナvsベティス

最初に

2011年のアジアカップからサッカーを観始め、日本代表選手を中心に海外サッカー、そして地元大阪のガンバ大阪の試合を観始めました。

 

2011~2013年はサッカー漬けで万博記念競技場に足を伸ばしたり、初のJ2に落ちた後も応援を続けていましたが、仕事とプライベートなどで忙しくなり、次第にサッカーから離れていきました。

 

しかし2018年、ロシアワールドカップ後にサッカー熱が再燃

 

DAZNと契約し、ガンバ大阪以外にも日本人が所属するチームを、今年も観ていこうと思います。

 

時々変な事を書いているかもしれませんが、どうぞよろしくお願い致します!

 

レアル・ベティススタメン

フォーメーションは3-5-2

 

GK:13 パウ・ロペス

DF:23 アイサ・マンディ 5 マルク・バルトラ 12 シドネイ

MF:2 フランシス・ゲレーロ 6セルヒオ・カナレス 18 アンドレス・グアルダード 8 乾 貴士  20 ジュニオル

FW:10 リャド・ブデブズ 16 ロレン・モロン

f:id:GOSE:20180804113253j:plain

ジローナスタメン

フォーメーションは3-5-2

 

GK:13 ヤシン・ブヌ

DF:2 ベルナルド・エスピノサ 5 ペドロ・アルカラ 15 フアンペ

MF:29 ペドロ・ポロ 12 ドウグラス・ルイス 10 ボルハ・ガルシア 6 アレックス・グラネル 11 アダイ・ベニテス

FW:9 ポルトゥ 7 クリスティアン・ストゥアーニ

 

ジローナvsベティス 試合内容と感想

6節に挑むにあたって、2勝2分け1敗のジローナですが、前節ではバルセロナ相手に引き分けとするなど、チーム状況は良いように思えますね。

 

対するベティスは、1勝3分け1敗、ヨーロッパリーグを合わせますと3試合連続で引き分けとなっており、中々勝ちきれない試合が続いています。

 

ベティスは、ジローナと公式戦で8試合戦い、わずか1敗しかしていない状態で、アウェーとはいえ数値上では有利な相手と言えるでしょう。

f:id:GOSE:20180930132131j:plain

3試合ぶりのスタメンとなった乾 貴士ですが、昨季のエイバル時代にはジローナ相手に、2試合連続でゴールをするなど、相性抜群のようですね!

 

好条件が揃った今回の試合、果たしてチームは勝利する事が出来るのか、注目の試合です!!

 

前半戦 ベティスが押し込む展開も得点ならず

試合開始1分 カナーレスが中央から果敢にドリブル突破を図りシュート!

 

惜しくもゴール横を通過してしまいましたが、幸先のよい立ち上がりですね!

 

そして前半6分には、ジローナGKヤシン・ブヌがゴール前でツルっと滑った所にFWロレンが、すかさずシュート!しましたが惜しくもゴールならず。

 

前半12分には、MF乾 貴士がペナルティエリア外からの反転シュートを打つなど、こちらも惜しくもゴール横を通過し、ゴールならず。

 

どうもジローナは開始早々から、少しワチャワチャしてるように見えますね、全体的にベティスがかなり有利に試合を展開しているように思えますが、得点が入らないのがじれったい所です。

 

終了間際には、ジローナが押し込む展開が増えてきましたが、スコアレスドローのまま前半終了となりました。

 

後半戦 乾貴士 ゴールに絡む動きも途中交代

後半開始からもジローナが攻め込む展開が増えてきて、マルク・バルトラが忙しくなってきましたね。

 

後半58分にはサイドを駆け上がったFWリャド・ブデブズからのクロスを、ゴール前に走り込んだ乾がシュート!!・・のはずが、FWロレンが頭で合わせてしまい、乾 貴士にわたらず。

f:id:GOSE:20180930140222j:plain

ブデブズは、恐らくMF乾貴士に合わせてのクロスやったと思いますが、ちょっと残念なシーンでしたね。

 

そして後半63分、MFグアルダードが中央から抜け出してゴールを運び、MF乾貴士にパス。

 

MF乾貴士が若干の溜めを作りつつドリブルからのパス⇒MFリャド・ブデブズ⇒MFフランシス・ゲレーロ。

 

MFフランシス・ゲレーロがダイレクトにクロスを放り込み、ゴール前で待機していたFWロレンが左足で合わせて、先制ゴール!!

 

 

この調子で、ラストまで!っと期待していましたが、その後すぐにMF乾貴士は、FWホアキンと交代となりました。

 

まあホアキンが準備運動している時点で、乾貴士と交代かなあって思ってたら案の定でした。

 

ここからはジローナもエンジンが再始動して、ベティスゴールに迫るシーンも多々あり、特にアディショナルタイムに入ってからの92分には、あわや失点の場面をGKパウ・ロペスのビックセーブで凌ぐなど、かなり危ういシーンもありましたが・・・

 

辛くもベティスが逃げ切って勝利となりました!

 

試合を終えて 感想

前半では、ベティスは8本のシュートを打ち4本は枠内、ポゼッションは72%程と、有利に試合を行いながらも得点が入らないってのは、今まで通りかもしれません。

 

乾自身も、シュート1本、タッチ29回 パス22本 パス成功率77.3%と、悪くは無かったですが、目立ってもいなかった印象。

 

どちらかというとMFカナーレスが、シュートやボールキープ、そしてドリブル突破など、要所要所で存在感をアピールしていましたね。

 

後半に入ってからも、中々得点に結ぶ付ける事が出来ない両チームでしたが、58分にFWロレンのゴールで先制、そのまま決勝点となり勝利となりました。

 

FWのロレン、乾貴士以上に得点に飢えてたはずなので、取りあえずは結果を残せて、ホッと一安心ですね。

 

MF乾貴士も、ゴールに絡む動きが出来たのは良かったですが、評価はそこまで伸びず・・・

f:id:GOSE:20180930145043j:plain

フリーのMF乾貴士にパスを出しくれなかったりと、中盤のMFカナーレスやMFアンドレス・グアルダードといったゲームメーカーからの信頼は、まだまだないのかもしれません。

 

やはり現状、求められているのはゴールやアシスト!

 

一番最初に交代させられたのは、良くない傾向だと思うので、次節以降も気迫のプレーに期待します!

 

関連記事について

9月24日に行われたラ・リーガ第5節です

www.gosekun.com

最後に 

3戦ぶりの先発出場となった、我らが乾貴士ですが、地元紙から3点満点で「1」の評価と、以前もありましたが、少々厳しくみられるようになってきましたね。

 

チームとしては久々の勝利で、次節どのような布陣で挑むのか、注目したい所です。

 

第7節は、日本時間10月1日 3:45分からキックオフ予定の、ベティスvs レガネス

 

例の如く深夜で視聴できるか厳しいですが・・・今後もガッツリと応援していきたいと思います!!

 

さてさて、ここまで読んで頂きありがとうございます!

また次回に~(^^)/

 

ブログランキングに参加してまして、下記ボタンをポチっと押して頂けますとブログ運営の活力となります!!

 


サッカーランキング

 

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

 

Twitterもやっています!

https://twitter.com/GOSE08554215