GOSE@趣味と阪神とタイガース模様

初めまして、GOSEです。趣味のゲームやアニメ、投資関連。最近は阪神タイガース記事を中心に書いています。阪神今年は優勝や!!

GOSE@趣味と阪神とタイガース模様

大阪府富田林寺内町の情緒溢れる街並みを散策しよう お勧めの癒し空間です

スポンサーリンク

閲覧ありがとうございます!

GOSEです(^^)/

 

大阪には数多くの観光地があり、どこに行っても楽しめる場所ばかりですが、その中でも都会すぎず田舎すぎず、オススメの場所が・・

 

大阪府富田林(とんだばやし)市の寺内町です!

 

本日は寺内町の歩き方と魅力について書いていきたいと思います(^^)/

 

 

大阪 富田林寺内町 観光案内

大阪の観光地と言えば、大阪城であったり道頓堀、ユニバーサルスタジオジャパンなどが定番で安定しているスポットですよね。

 

ただ人気過ぎて人が多くて逆に疲れてしまったり、のんびりと楽しむ事には向いてないと思います。

 

賑やかなのは良いのですが、歳を取ってくると、静かにのんびりと観光したいなあって思うようになりまして・・

f:id:GOSE:20181020135531j:plain

 そんな私にピッタシなスポットが、富田林にある寺内町でした(^^)

 

富田林市と寺内町 概要

富田林市とは、大阪府南河内地域に隣接する市で、UR都市機構や近鉄電車、南海電鉄などに開発されたベッドタウンとなっています。

 

都会のようにゴミゴミした感じがなく、だからといって車が無ければ生活出来ない田舎でもなく、自然と歴史に恵まれた住みやすい街ってイメージ。

 

流石に河南町や、千早赤阪村に近づくと車がないと不便のようですが、近鉄富田林駅の近くだとコノミヤや、サンプラザなどのスーパー、外環沿いにはレストランなども豊富。

 

天王寺や難波方面にも足を運びやすい地域です。

 

寺内町について

近鉄富田林駅下車して、目と鼻の先にある寺内町

 

江戸時代から昭和初期の街並みが数多く残り、大阪府内で唯一の「重要伝統的建造物群保存地区」に選ばれ、「日本の道100選」の1つ。

 

1558年、興正寺門跡証秀上人によって創建された興正寺別院を中心とした寺内町として誕生し、商売の盛んな在郷街として発展。

f:id:GOSE:20181020135617j:plain

f:id:GOSE:20181020140624j:plain

碁盤目に張り巡らされた街並みを歩いて見ると、江戸時代以降の町屋が、当時の趣そのままに残され、まるでタイムスリップしたかのような感覚を受けます。

 

フラフラと街並みを歩くのに1時間程、お店などを満喫すると2時間程は楽しめると思います。

 

寺内町を歩いて

何度か訪れているのですが、今回は18年の10月13日にイベント「後の雛祭り」が行われておりました

f:id:GOSE:20181020132651j:plain

富田林といえば年に1回、8月1日に行われるPL花火が有名かと思いますが、寺内町でも春夏秋冬、大体2~3ヵ月に1回は何らかのイベントを行っているようです。

 

「後の雛祭り」でも老若男女、大勢の方が楽しんでおられたので、また訪れて、記事を書き足していこうと思います(´・ω・`)

 

寺内町に佇むお店 大正浪漫について

ここ数年間の間に、寺内町に溶け込むかのような新しいお店がオープンしていってるようで、こだわりの日用品や雑貨、アンティークショップなどを中心に、自家製パン屋さんやイタリアンレストラン。

 

他にも喫茶店やコーヒー専門店などもありますので、歩き疲れたら、ちょっと休憩もしやすいですね。

 

フラリと街並みを楽しみながら歩いていると、何やら素敵なお店を発見、覗いて見ると・・・

f:id:GOSE:20181020134649j:plain

小物雑貨店 大正浪漫

 

富田林市富田林町24-4

電話 0721-51-4411 080-5712-2150

営業時間 10:00-16:00

定休日:月・火・水(祝日営業)

 

低音ボイスが素敵な、オーナーのおじ様とお話させて頂いたのですが、写真撮影やブログ掲載を快く快諾していただき、本当に紳士で話やすい方でした。

f:id:GOSE:20181020135220j:plain

ナイスミドルなオーナー様ですが、高校時代、笑福亭鶴瓶さんの1つ後輩との事で、何とお忍びで鶴瓶さんが来られる事もあるのだとか。

 

その時、店内はお祭り騒ぎだったとの事ですが、もしかしたら鶴瓶さんと会う事が出来るかもしれませんね!

 

店内を見渡すと、可愛らしいお財布や小物が沢山並べられていて、素敵な一品物を見つける事が出来るでしょう

f:id:GOSE:20181020135856j:plain

f:id:GOSE:20181020135932j:plain

大正時代に作られた屋敷がお店となっていて、お隣は何と江戸時代に建てられた花屋さんがあるなど、丁度イベントと重なって、寺内町には着物姿のご婦人方が多く歩いておられて、本当にタイムスリップしたかのような感覚を受けました。

 

私もお土産に2点、小物を購入。

f:id:GOSE:20181020140803j:plain

満足のいくお買い物が出来で大満足となりました( *´艸`)

 

富田林寺内町 交通アクセスについて

天王寺 あべの方面からですと急行や準急で乗り換えなくたどり着けますのでお勧めですが、時間帯によっては乗り換えが発生します。

 

阿部野橋駅から近鉄南大阪線に揺られ、約20分。

 

古市駅で近鉄長野線に乗り換えて約10分で近鉄富田林駅に到着します

 

なんば駅からですと、南海高野線に揺られ約30分、近鉄河内長野駅を下車。

 

近鉄長野線に乗り約10分後に近鉄富田林駅に到着します。

f:id:GOSE:20181020133015j:plain

スマホのナビなどで調べると、かなり楽にたどり着けると思います。

 

寺内町 注意点について

寺内町内部は、若干入り組んでいるものの、駐車場が点々とありますので、通常の休日祝日なら困る事はないと思われます。

 

富田林市営東駐車場など、比較的大きめの駐車場はありますが、内部は迷路のようになっているので、土地勘のないまま迷い込むと難儀されるかもしれません。

 

一方通行の道も多く、以前に警察に捕まっている方もいたりと、事前にしっかりと駐車場の位置を確認しておくか、近鉄電車など公共交通機関を利用されると良いと思われます。

 

あと寺内町内部のお店は、平日は閉まっている事が多く、全てを回りたいとお考えならば休日か祝日に訪れるとよいでしょう

 

最後に

俗世かされた観光地とは違う、のんびりと別世界のような空間の富田林寺内町。

 

イベントに合わせて訪れても良いですし、休日や祝日に目的もなくフラリと訪れるのも一興かと思います

 

是非一度、寺内町を散策してみてください、おススメです!

 

さてさてここまで読んで頂きありがとうございます!

また次回に~(^^)/