GOSE@趣味と阪神とタイガース模様

初めまして、GOSEです。趣味のゲームやアニメ、投資関連。最近は阪神タイガース記事を中心に書いています。阪神今年は優勝や!!

GOSE@趣味と阪神とタイガース模様

ELリーグ第3節 乾は出場無し ミラン相手にライバルが躍動し危機感

スポンサーリンク

日本時間10月22日に行われたラ・リーガ第9節では、3戦ぶりに乾貴士がスタメンとなりましたが、決定機となるヘディングを外し、要所でも動きに精細が無く、残念ながら後半60分に交代となってしまいました。

 

乾貴士にとって厳しい展開になりつつありますが、ベティスはヨーロッパリーグも戦っていかねばならないわけで、必ずチャンスは巡ってくると思います!

 

10月26日に行われたUEFAヨーロッパリーグ第3節

 

グループFを牽引する2チームの激突でしたが、結果は

 

ミラン 1ー2 ベティス

 

果たしてどのような試合だったのでしょうか、記録に残したいと思います!

f:id:GOSE:20180903201921j:plain

 

 

ヨーロッパリーグ第3節 ミランvsベティス

最初に

2011年のアジアカップからサッカーを観始め、日本代表選手を中心に海外サッカー、そして地元大阪のガンバ大阪の試合を観始めました。

 

2011~2013年はサッカー漬けで万博記念競技場に足を伸ばしたり、初のJ2に落ちた後も応援を続けていましたが、仕事とプライベートなどで忙しくなり、次第にサッカーから離れていきました。

 

しかし2018年、ロシアワールドカップ後にサッカー熱が再燃

 

DAZNと契約し、ガンバ大阪以外にも日本人が所属するチームを、今年も観ていこうと思います。

 

時々変な事を書いているかもしれませんが、どうぞよろしくお願い致します!

 

レアル・ベティススタメン

フォーメーションは3-5-2

 

GK:13 パウ・ロペス

DF:5 マルク・バルトラ 23 アイサ・マンディ 12 シドネイ

MF:21 ジオヴァニ・ロ・チェルソ 19 アントニオ・バラガン 14 ウィリアム・カルヴァーリョ 6 セルヒオ・カナレス 20 ジュニオル 

FW:9 アントニオ・サナブリア 7 セルヒオ・レオン

f:id:GOSE:20180804113253j:plain

ACミランスタメン

フォーメーションは4・4・3

 

GK:25 ペペ・レイナ

DF:93 ディエゴ・ラクサール 13 アレッシオ・ロマニョーリ 17 クリスティアン・サパタ 2 ダヴィデ・カラブリア

MF:5 ジャコモ・ボナヴェントゥーラ 21 ルーカス・ビリア 14 ティエムエ・バカヨコ

FW:11 ファビオ・ボリーニ 9 ゴンサロ・イグアイン 7 サム・カスティジェホ

 

ACミランvsベティス 感想

 

ヨーロッパリーグ・グループF第3節がACミランのホーム・サン・シーロで行われ、ベティスはアウェーに乗り込む形となりました。

 

我らが乾貴士はベンチスタートと、残念ながら現状まで目立った活躍が無く、定位置を掴めずにいます。

 

2連勝でグループFの首位に立つACミランですが、セリエAのミラノダービーを敗戦で終えるなど、少々調子を落とし気味なのでしょうか。

 

対するベティスは1勝1敗の2位に位置付けていますが、ラ・リーガで2試合連続の無得点、リーグワーストのシュート決定率など、得点力不足に喘いでいますが、この1戦で波に乗りたい所。

 

前半戦 サナブリアのゴールで先制もオフサイドに泣く

超満員のサン・シーロで苦戦が予想されたベティスでしたが、左サイドから多くのチャンスを作りACミランを圧倒します。

 

前半30分、中央からMFセルヒオ・カナレスが左サイドのジュニオルにロングパス

 

MFジュニオルはボールをキープしつつも右側を駆け上がってエリア内に切り込んだMFジオヴァニ・ロ・チェルソが中央に折り返し、ゴール前のFWアントニオ・サナブリアが押し込んで先制ゴール!!

f:id:GOSE:20181028105336j:plain

ACミランのDFクリスティアン・サパタですが、MFジオヴァニ・ロ・チェルソに対する寄せが、かなり甘かったように思えますね。

 

結構悠々と、FWサナブリアにラストパスを送れていました(´・ω・`)

 

ペースを掴んだベティス、前半33分に、又しても左サイドから攻め込み、MFジュニオルがゴール前に向けてパスを送り、反応したFWセルヒオ・レオンがワンタッチシュート!

 

これはGKペペ・レイナの正面で弾かれますが、走り込んできたFWアントニオ・サナブリアが押し込んで2点目!!

 

のはずが、オフサイド判定。

 

どうやらFWセルヒオ・レオンがオフサイドポジションにいたとの判定でしたが、ACミランのDFダヴィデ・カラブリアより微妙jに後ろにいるように見えるのですが・・、どうやらこれは試合後に誤審となったようですね。

f:id:GOSE:20181028110649j:plain

ラ・リーガではすでに導入されていますが、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)があれば、覆っていたかもしれません。

 

しかし完全に勢いに乗るベティスは前半38分にも、左サイドからの崩しを魅せるなど、ACミランとの対戦の成果とも言えるかもせりませんが、ホットラインが開通したように思えますね。

 

前半45分にACミランのFWイグアインが抜け出しますがDFアイサ・マンディが決死のブロック。

 

ワチャワチャと揉み合いやり合っているシーンもあり、ベティスとしては幻の1点がありましたが、1点リードで前半を終える事に成功しています

 

ACミラン 0-1 ベティス

 

後半戦 ロ・チェルソの技ありシュート

後半が始まり、乾貴士ファンとしては何とか出番をって状況でしたが・・・ライバルであるMFロ・チェルソが後半54分。

 

得意の中盤でのパス回しを得て、ペナルティエリア付近でボールを受けたフリーのロ・チェルソが左足を一閃!

 

ほぼ完ぺきにコントロールされたシュートは左のポストを叩きながらもゴールに吸い込まれ、ベティス待望の追加点が生まれます。

f:id:GOSE:20181028112738j:plain

いやあ・・あの位置からのシュートは乾貴士には無いですね、本当にキレイで見事なシュートでした。

 

ベティスは、2点リードで気の緩みもあったのか、ACミランの必死の攻勢の前に、少しずつミスが増えていきます。

 

後半83分に、ペナルティーエリア内右に進入したミランFWサム・カスティジェホの折り返しを、途中出場のパトリック・クトローネが押し込んで1点を返されます。

 

アディショナルタイムは6分、ACミランの大攻勢がありましたが、FWサム・カスティジェホが足裏を見せる危険なプレーで、一発レッド退場。

f:id:GOSE:20181028105038j:plain

辛くも1点リードを守り切ったベティスが首位ACミランを破り、勝ち点を7に増やして首位に浮上!

 

ACミラン 1-2 ベティス

 

しかし乾貴士に出場が無かったのだけが残念でしたね・・

関連記事について

10月22日に行われたラ・リーガ第9節です

www.gosekun.com

最後に 

乾貴士、ライバルのロ・チェルソが1G1Aの活躍で、スタメンに10歩ぐらいリードしましたね。

 

本日10月28日に行われるラ・リーガ第10節、ベティスと柴崎岳が所属するヘタフェが激突しますが、果たして日本人対決は実現するのでしょうか。

 

両者共に苦しい位置にいますが、ガッツリと応援したいと思います!!

 

さてさて、ここまで読んで頂きありがとうございます!

また次回に~(^^)/

 

ブログランキングに参加してまして、

下記ボタンをポチっと押して頂けますと

 

ブログ運営の活力となります!!

 


サッカーランキング

 

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

 

Twitterもやっています!

https://twitter.com/GOSE08554215