GOSE@趣味と阪神とタイガース模様

初めまして、GOSEです。趣味のゲームやアニメ、投資関連。最近は阪神タイガース記事を中心に書いています。阪神今年は優勝や!!

GOSE@趣味と阪神とタイガース模様

ベティスはヘタフェに完封負け 柴崎岳vs乾貴士の日本人対決ならず

スポンサーリンク

ベティスの乾貴士は、10月22日に行われたラ・リーガ第9節では、3戦ぶりにスタメンとなりましたが、決定機となるヘディングを外し、要所でも動きに精細が無く、残念ながら後半60分に交代となってしまいました。

 

そして10月26日に行われたUEFAヨーロッパリーグ第3節では、ACミラン相手にベティスは試合開始から主導権を握り、よりにもよって乾貴士のライバルMFが1G1Aの活躍で1点差を守り切って勝利。

 

ヘタフェの柴崎岳も、今季まともに出場機会を得られず、日本代表を牽引する2選手が試合に出られてない状況ですが・・・

 

そんな2人を応援するファンにとっての希望とも言える、ヘタフェvsベティスが本日10月28日に、 日本時間の20時から試合開始と、明らかに日本のファンと市場に向けての試合

 

しかし結果は両選手に声が掛かることなく、試合結果は

 

ヘタフェ 2-0 ベティス

 

果たしてどのような試合だったのでしょうか、記録に残したいと思います!

f:id:GOSE:20180903201921j:plain

 

 

ラ・リーガ第10節 ヘタフェvsベティス

最初に

2011年のアジアカップからサッカーを観始め、日本代表選手を中心に海外サッカー、そして地元大阪のガンバ大阪の試合を観始めました。

 

2011~2013年はサッカー漬けで万博記念競技場に足を伸ばしたり、初のJ2に落ちた後も応援を続けていましたが、仕事とプライベートなどで忙しくなり、次第にサッカーから離れていきました。

 

しかし2018年、ロシアワールドカップ後にサッカー熱が再燃

 

DAZNと契約し、ガンバ大阪以外にも日本人が所属するチームを、今年も観ていこうと思います。

 

時々変な事を書いているかもしれませんが、どうぞよろしくお願い致します!

 

レアル・ベティススタメン

フォーメーション 3・5・2

 

GK:1 ジョエル・ロブレス

DF:5 マルク・バルトラ 23 アイサ・マンディ 12 シドネイ

MF:21 ジオヴァニ・ロ・チェルソ 19 アントニオ・バラガン 14 ウィリアム・カルヴァーリョ 10 リャド・ブデブズ 20 ジュニオル 

FW:9 アントニオ・サナブリア 16 ロレン・モロン

f:id:GOSE:20180804113253j:plain

ヘタフェスタメン

フォーメーションは4・4・2

 

GK:13 ダビド・ソリア

DF:22 ダミアン・スアレス 2 ジェネ・ダコナム 6 レアンドロ・カブレラ 3 ヴィトリーノ・アントゥネス

MF:20 ネマニャ・マクシモヴィッチ 24 ディミトリ・フルキエ 18 マウロ・アランバリ 11 アマート・ンディアイエ

FW:9 アンヘル・ロドリゲス 19  ホルヘ・モリーナ

 

ヘタフェvsベティス 感想

 柴崎岳は、今季9節終了時点で2試合に出場し、合わせて118分間プレー、ゴールは0でアシストも無し。

 

乾貴士は、7試合に出場し、出場時間は374分間プレー

 

しかし、ゴールとアシストも無く決定機も外してしまっているので、イメージは悪いですね。

 

ただ活躍するためには試合に出ない事にはどうしようもないので、何とか本日期待したい所だったのですが・・・

前半~後半戦 試合内容と感想

試合展開としては、いつも通りいえばそうなのですが、ベティスが中盤でボールを保持し、それに対してヘタフェはカウンターで応じるという展開。

 

前半はそれの繰り返しでしたが、ただ多くのチャンスを作っていたのはヘタフェで、あともう一押しでゴールと言う場面が多々ありました。

 

均衡が破れたのは後半60分、ヘタフェFW ホルヘ・モリーナがゴールを決めたかと思うと、そのわずか2分後にMFディミトリ・フルキエにもゴールを決められ2失点。

f:id:GOSE:20181028231557j:plain

前半で、辛くも攻撃を凌いでいた集中力は、何処に行ってしまったのか。

 

2点ビハインドとなったベティスですが、交代枠が余っているにも関わらず、最後まで乾貴士に声が掛からず、そのままタイムアップ。

 

柴崎岳も2点リードの状況のまま、3枚の交代枠を使われ、タイムアップ

 

この状況を見るに、両選手は攻撃にも守備にも期待されていないのが良くわかりますね。

 

柴崎岳は6試合出場無しで、ほぼ戦力外通告をされているようなもので、乾貴士も現状ではスタメン争いに敗れてしまったように思えます。

 

厳しい状況ではありますが、海外に飛び出した日本代表レベルの選手でさえも、誰もが通る道。

 

香川真司や長友佑都、本田圭佑など、移籍したり活躍したりして乗り越えて来ているわけですから、柴崎岳と乾貴士も乗り越えてくれると信じています。

 

今後どのような状況になるかはクラブと選手次第でしょうが、今後もしっかりと応援していきたいと思います!!

 

関連記事について

10月22日に行われたラ・リーガ第9節です

www.gosekun.com

 

 10月26日に行われたELリーグ第3節です

www.gosekun.com

最後に 

試合前に柴崎岳と乾貴士が談笑するシーンもあったようです

f:id:GOSE:20181028230657j:plain

両クラブ共に監督の信念の下に勝つために戦ってるわけで、試合に出られない状況が続く二人の評価がどのようになっているのか、よくわかる内容でした。

 

 柴崎岳は、冬に移籍した方が良いと思いますが、乾貴士は、まだまだチャンスはあるはず!

 

リーグ戦、次節は11月4日、ホームでセルタ・デ・ビーゴを迎え撃ちます。

 

果たしてチャンスは訪れるのか!

今から楽しみに待ちたいと思います!

 

さてさて、ここまで読んで頂きありがとうございます!

また次回に~(^^)/

 

ブログランキングに参加してまして、

下記ボタンをポチっと押して頂けますと

 

ブログ運営の活力となります!!

 


サッカーランキング

 

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

 

Twitterもやっています!

https://twitter.com/GOSE08554215