GOSE@趣味と阪神とタイガース模様

初めまして、GOSEです。趣味のゲームやアニメ、投資関連。最近は阪神タイガース記事を中心に書いています。阪神今年は優勝や!!

GOSE@趣味と阪神とタイガース模様

2018日米野球 侍ジャパン初戦は柳田の劇的サヨナラ本塁打で白星発進

スポンサーリンク

11月9日から始まった日米野球!

 

日本のプロ野球と本場のメジャーリーグが激突する、野球ファンとしては大興奮の試合が行われますね!

 

明治時代から続く歴史的な国際試合で、2006年に一旦休止となりましたが、2014年に侍ジャパンの強化試合として復活。

 

そして2018年に4年ぶりに開催されましたが、初戦は

 

侍ジャパン 7-6 MLBオールスターチーム

 

激闘の末に勝利した我らが侍ジャパン!

 

果たしてどのような試合だったのでしょうか、簡単ではありますが記録に残したいと思います!

f:id:GOSE:20181017215048j:plain

 

2018年 日米野球

我らが侍ジャパンですが、そうそうたるメンバーが揃っていますね!

 

阪神タイガースからは唯一、岩貞投手が選ばれていますが、台湾戦での5失点は、かなりマイナスなイメージを、ファンと稲葉監督に植え付けてしまったように思えます。

 

果たして日米野球の合間に、更なるチャンスを与えられるでしょうか・・

 

侍ジャパンvsMLBオールスター スタメン

侍ジャパンスタメン 

1(DH)山田哲人(ヤクルト)

2(二)菊池涼介(広島)

3(右)秋山翔吾(西武)

4(一)山川穂高(西武)

5(中)柳田悠岐(ソフトバンク)

6(三)岡本和真(巨人)

7(左)田中和基(楽天)

8(捕)甲斐拓也(ソフトバンク)

9(遊)田中広輔(広島)

投手 岸孝之(楽天)

 

MLBオールスタースタメン

1(一)サンタナ(フィリーズ)

2(捕)モリーナ(カージナルス)

3(中)アクーニャJr.(ブレーブス)

4(右)ハニガー(マリナーズ)

5(左)ソト(ナショナルズ)

6(三)スアレス(レッズ)

7(DH)ホスキンス(フィリーズ)

8(遊)ロサリオ(メッツ)

9(二)メリフィールド(ロイヤルズ)

投手 ゲラ(ブルワーズ)

 

試合内容と感想について

注目の初戦!でしたが、用事で全く観れなかったのですが・・

 

3回表、8番ロサリオ選手にソロホームランを打たれ先制された侍ジャパン。

 

しかし、その裏の攻撃で、菊池選手のショートゴロの間に同点に追いつくなど、MLBにペースを握らせません。

 

5回表、侍先発岸投手が降板となり成田投手がマウンドに立ちますが、MLB1番打者サンタナ選手に、手痛い3ランホームランを打たれ救援失敗。

 

3点差はキツイだろうなあ・・っと思った矢先の5回裏、1アウト満塁のチャンスを作り、秋山選手が走者一掃となるタイムリーツーベースを打ち、またしても試合を振り出しに戻します。

 

侍ジャパン 4-4 MLBオールスター

f:id:GOSE:20180605002250j:plain

 流れは侍ジャパンが掴んだかに見えましたが、続く6回表に5番打者ソト選手が、3番手岡田投手から勝ち越し2点アーチを打ち、またしてもリードを許してしまいます。

 

MLBオールスターは、これまで全てホームランで得点を重ねるなど、流石としかいいようがないですね。

 

対する侍ジャパンは、足を絡めた機動力野球で得点を重ねるなど、両チーム特徴が出ていますね。

 

投手戦から一転、乱打戦となった今回ですが、その後は最終回まで両チームのリリーフ陣が踏ん張り得点ならず。

 

9回裏、このまま終わってしまうのか、侍ジャパン!

 

しかし最後の最後にもっていったのは、日本シリーズでも広島相手にサヨナラソロホームランをブチかました柳田選手でした。

f:id:GOSE:20181031212424j:plain

 2点差ビハインドの9回裏、1アウトの状態で上林選手がヒットで塁に出て、秋山選手が三振となっている間に盗塁を成功させます。

 

2アウト2塁の場面で、会沢選手のタイムリーで1点差!

 

尚も2アウト1塁の場面で、代走の源田選手が送られますが、1発が出れば逆転サヨナラの場面で、打席に立つのは柳田選手!

 

1球見送り1ボールから高めに浮いたボール球を、いつものフルスイング。

 

今回はバットは折れなかったようですが、打球は真っ直ぐバックスクリーンに飛び込み、

 

劇的サヨナラホームラン!!

 

東京ドームに詰めかけた44934人の大歓声の中、試合終了となりました。

 

侍ジャパン 7-6 MLBオールスター

最後に

 お立ち台での柳田選手は

 

「最高です!ミラクル。来た球を当たる球を自分のスイングをしようと。シンプルイズベスト!ありがとうございます!」と絶叫!

 

うむむ・・・、ここ一番の場面で、最高の結果を出す、正真正銘のスーパースターですね!

 

今日勝った事により明日以降、MLBオールスターは、更に気合を入れて挑んでくるでしょう!

 

日米野球2018は始まったばかり!

 

またガッツリと応援していきますよーーー!

 

さてさて、ここまで読んで頂きありがとうございます!

 

ではでは、また次回に~!