GOSE@趣味と阪神とタイガース模様

初めまして、GOSEです。趣味のゲームやアニメ、投資関連。最近は阪神タイガース記事を中心に書いています。阪神今年は優勝や!!

GOSE@趣味と阪神とタイガース模様

2018日米野球2戦目 柳田が連日の大暴れ!メジャーの度肝を抜く活躍で2連勝

スポンサーリンク

11月9日から4年ぶりに始まった日米野球!

 

日本のプロ野球と本場のメジャーリーグが激突する、野球ファンとしては大興奮の試合が行われていますが、明治時代から続く歴史的な国際試合で、2006年に一旦休止となりましたが、2014年に侍ジャパンの強化試合として復活。

 

そして2018年に4年ぶりに開催となり、初戦はMLBオールスターズのホームラン攻勢に苦しみましたが、最後は柳田選手のサヨナラ2ランで逆転勝ち。

 

そして本日11月10日に行われた2戦目は

 

侍ジャパン 12-6 MLBオールスターズ

 

強い!強すぎるぞ!我らが侍ジャパン!

 

果たしてどのような試合だったのでしょうか、簡単ではありますが記録に残したいと思います!

f:id:GOSE:20181017215048j:plain

 

2018年 日米野球

本日も東京ドームで行われた2戦目ですが、スタメンは柳田選手が5番から4番でDHとなっていますね。

 

先発は日本ハムの上沢投手!

 

野球の本場であるメジャー相手に、日本の選手達がどのように活躍してくれるのか楽しみでしかないですね!

侍ジャパンvsMLBオールスター スタメン

侍ジャパンスタメン 

1(中)秋山翔吾(西武)

2(遊)源田壮亮(西武)

3(二)山田哲人(ヤクルト)

4(DH)柳田悠岐(ソフトバンク)

5(一)山川穂高(西武)

6(右)上林誠知(ソフトバンク)

7(三)岡本和真(巨人)

8(捕)會澤翼(広島)

9(左)田中和基(楽天)

投手 上沢直之(日本ハム)

 

MLBオールスタースタメン

1(遊)ロサリオ(メッツ)

2(DH)モリーナ(カージナルス)

3(一)サンタナ(フィリーズ)

4(右)ハニガー(マリナーズ)

5(左)ソト(ナショナルズ)

6(捕)リアルミュート(マーリンズ)

7(三)ヘルナンデス(ドジャース)

8(中)ピラー(ブルージェイズ)

9(二)テーラー(ドジャース)

投手 ラミレス(マリナーズ)

 

試合内容と感想について

昨日9日の興奮が冷めやらぬ本日の試合ですが、またしても柳田選手が暴れまわってくれたようです。

 

まず初回に2アウト2塁のチャンスに、柳田選手が三塁線を破る左前タイムリーを打ち、侍ジャパンが幸先良く先制します。

 

3回表には、ノーアウト2塁のチャンスに秋山選手がタイムリーツーベースを打ち1点追加!

 

尚も続くチャンスに源田選手の内野安打で点差を広げ、合計で3点目。

 

そしてまたしても柳田選手が1アウト2塁の場面で、2試合連続となる2ランホームラーーーーーーン!!

 

一挙4点を奪い、点差を5とします!

 

MLBオールスターズ 0-5 侍ジャパン

 

f:id:GOSE:20180605002250j:plain

そして5回にも、MLB2番手のジョンソン投手から、柳田選手がタイムリーを打ち、曾澤選手や秋山選手のタイムリーで4得点!

 

リードを9に広げ、まさしくイケイケムードですね!

 

7回には、ジョンソン投手が連続フォアボールで自ら崩れ始めて、2アウトながら満塁のピンチを自ら作ります。

 

3番手のノリス投手に交代となりましたが、勢いを止める事が出来ず、山田哲選手と森選手のタイムリーで3打点!

 

終わってみれば17安打12得点の猛攻で、侍ジャパンが終始圧倒する展開。

f:id:GOSE:20181031212424j:plain

投手陣は、先発上沢投手がMLBオールスター相手に5回1失点の好投!

 

今大会は80球の球数制限があるため、上沢投手は5回79球で降板となり、5回に先頭打者のソト選手に一発を浴びたのみで、十分に先発としての役割を果たし、伝家の宝刀のフォークで7奪三振で翻弄!

 

このままでは終われないMLBオールスターは、2番手DeNA:濱口選手から7回に2点を奪い、8回には3番手の中日:佐藤優投手から3点を奪います。

 

そして9回裏、最後は楽天:松井投手が三者凡退に切って落とし、試合終了となりました。

 

侍ジャパン 12-6 MLBオールスターズ

 

最後に

MLBオールスターズに、最後は追い上げられましたが、17安打12得点の猛攻と、先発上沢投手が流れを引き寄せる投球も見事でしたね。

 

ってか柳田選手は、本日4打数4安打4打点、2試合連続となる2ランも、例の豪快なスイングで魅せてくれましたし、本当に盛り上げ上手ですねえ。

 

ってか西武の森捕手も、7回に柳田選手に代わって代打で登場、現状で打率10割と驚異的な打撃を披露してくれています。

 

打撃が好調な捕手となると、阪神の原口選手を思い出しますが、メジャー選抜相手に打率10割は素晴らしいの一言ですね。

 

しかしそろそろMLBオールスターズが、このままで終わるわけがないと思うのですよ。

 

初日は打ったら踊ったりと、和気あいあいな雰囲気を作ってくれていましたが、明日以降どうなるか、楽しみで仕方ないです!

 

さてさて、ここまで読んで頂きありがとうございます!

 

また次回に~!(^^)/