GOSE@趣味とガンバとタイガース模様

初めまして、GOSEです。趣味のゲームやアニメ、投資関連。最近は阪神タイガース記事を中心に書いています。阪神今年は優勝や!!

20181121210904

前田健太vs大瀬良 新旧広島エースの激突!2018日米野球4戦目

スポンサーリンク

11月9日から4年ぶりに始まった日米野球!

 

日本のプロ野球と本場のメジャーリーグが激突する、野球ファンとしては大興奮の試合が行われていますが、明治時代から続く歴史的な国際試合で、2006年に一旦休止となりましたが、2014年に侍ジャパンの強化試合として復活。

 

2018年に4年ぶりに開催となり、舞台をマツダスタジアムに移しての第4戦が本日11月13日に行われ、結果は

 

侍ジャパン 5-3 MLBオールスターズ

 

果たしてどのような試合だったのでしょうか、簡単ではありますが記録に残したいと思います!

f:id:GOSE:20181017215048j:plain

 

2018年 日米野球 マエケン凱旋

侍ジャパンのスタメンを見てみると、見事にソフトバンク、西武、広島の選手のみと、まあ今年の活躍ぶりと実力をみてみると納得と言えば納得ですけどね。

 

 そしてマツダスタジアムで、大瀬良投手と3年ぶりに帰ってきたメジャーリーガーマエケンとの、新旧エース対決!

 

ちなみに始球式は広島、ヤンキースなどで活躍した黒田氏で、広島ファンの人達にとって最高の1日になることでしょうね!

侍ジャパンvsMLBオールスター スタメン

侍ジャパンスタメン 

1(右)秋山翔吾(西武)

2(二)菊池涼介(広島)

3(中)柳田悠岐(ソフトバンク)

4(一)山川穂高(西武)

5(DH)森友哉(西武)

6(三)外崎修太(西武)

7(左)上林誠知(ソフトバンク)

8(捕)會澤翼(広島)

9(遊)田中広輔(広島)

 

投手 大瀬良大地(広島)

 

MLBオールスタースタメン

1(遊)ロサリオ(メッツ)

2(捕)リアルミュート(マーリンズ)

3(一)サンタナ(フィリーズ)

4(右)アクーニャJr.(ブレーブス)

5(左)ソト(ナショナルズ)

6(三)スアレス(レッズ)

7(DH)ホスキンス(フィリーズ)

8(中)ピラー(ブルージェイズ)

9(二)テイラー(ドジャース)

 

投手 前田健太(ドジャース)

試合内容と感想について

侍ジャパンは2勝1敗と、本日勝つか負けるかで、大きく状況がかわる1戦。

 

まあそれは置いといて、古巣のマツダスタジアムで先発として登板したマエケンこと、前田健太投手の立ち上がりですが、先頭打者の秋山選手をゴロに打ち取ったかと思えば、かつてのチームメイトの菊池選手をフライに打ち取ります。

 

打席に立った菊池選手と、お互いに笑みをこぼす前田健太投手。

こっちまで、ほっこりしちゃいましたよ。

 

そして3番打者の柳田選手もゴロに打ち取り、あっという間に三者凡退に抑えます。

f:id:GOSE:20181113203838j:plain

2回は、4番の山川選手をスライダーで空振り三振に切って落とし、続く指名打者・森捕手をチェンジアップで空振り三振。

 

このまま三者凡退か!って場面で、6番・外崎選手が意地のヒットを打ちますが、続く上林選手を内野ゴロに打ち取り降板となりました。

 

彼的には2回とも三者凡退で抑えたかったようで、外崎選手に打たれた時は悔しそうな表情を見せていましたが、2回1安打無失点と、ほぼパーフェクトな内容でしたね。

 

「かつてプレーしたグラウンドに戻ってこられたのはすごく楽しかった。ファンに僕のピッチングを見せられてよかった」とコメント。

 

こうなると負けていられないのが、現広島エースの大瀬良投手ですね!

 

立ち上がりは、四球で先頭打者ロサリオ選手を塁に出してしまいますが、後続3人を断ち切り無失点、しかし2回に2アウトから7番・指名打者のホスキンス選手に手痛い1発を浴びて失点。

 

その後は崩れることなく、5回2安打1失点の好投で、マウンドを降りました。

 

ホームランを打たれたとはいえ、MLBの強打者相手に、十分な投球内容だったのではないでしょうか!

 

侍ジャパン 0-1 MLBオールスター

f:id:GOSE:20180605002250j:plain

8回以降 地上波中継が終わり次第、盛り上がる侍ジャパン

サブマリン投法、ルーキーで23歳の高橋礼投手が、6回から投げていますが、7回にソト選手にタイムリー2ベースを打たれ1失点

 

2点ビハインドとなりましたが、ここまで侍ジャパンは無得点と、ヒットは出ていますが繋がらないんですよねえ・・

 

っと7回を終えた辺りから地上波中継が終わりましたが、侍ジャパン恒例?の中継が終わり次第、盛り上がるという現象が本日も発生。

 

8回に1アウトの状態から秋山選手が、コリン・マキュー投手の5球目ストレートをレフトに弾き返し、ソト選手がダイビングキャッチを試みましたが届かず!

 

ワタワタしている間に秋山選手が一気に駆け抜けランニングホームラン!!

f:id:GOSE:20181031212424j:plain

しかし直後の8回裏に、サンタナ選手の犠牲フライで、1点を失った侍ジャパン

 

2点ビハインドで迎える9回表 果たしてどうなるか・・・!!

 

野球の面白さが詰まった9回表 侍ジャパンの大逆転劇!

先頭打者・田中和選手が四球で塁にでて、すかさず盗塁を決めて2塁に進みます!

 

この場面で走るのが流石ですね、そしてキッチリと上林選手がタイムリーを打って1点差!

 

続く會澤捕手が完璧な送りバントを決めて、これまたキッチリと田中広選手がタイムリーを打って同点!

 

さらに田中広選手は盗塁、捕手の悪送球で三塁に進塁するなど、侍の機動力の前に、完全に浮足立っているMLB7番手のイェーツ投手が下がり、ヒゲが特徴のブレビア投手がマウンドに上がります。

f:id:GOSE:20181113221930j:plain

1アウト1・3塁の場面で打席に立つのは菊池選手。

 

どういった作戦でいくのか・・っと、ここでセーフティスクイズ!!

 

広島が日本シリーズでやりたかった機動力野球が爆発していますが、見事に決まって、ここで勝ち越し!

 

トドメは、もってる男柳田選手の内野ゴロの合間に1点を加えて、一挙4得点を奪い、侍らしいスモールベースボールで逆転となりました!

f:id:GOSE:20181113222557j:plain

そして2点リードを4番手のDeNA・山崎投手が守り切り、ゲームセット!

 

最後の最後まで諦めない、地元・カープ戦士の活躍が大きく、鮮やかな逆転勝利となりました!!

 

侍ジャパン 5-3 MLBオールスター

 

最後に

カープファンにとって、史上初のマツダスタジアムでの日米野球、マエケンと大瀬良投手が投げて、田中広選手と菊池選手が活躍って、最高すぎる1日になったことでしょう。

 

熱戦が続く日米野球ですが、残り2戦。

 

ナゴヤドームに場所を移し、明日14日~15日で最後の戦いが始まります!

 

最後の最後まで楽しみですね~( *´艸`)

 

さてさて、ここまで読んで頂きありがとうございます!

 

また次回に~!(^^)/