GOSE@趣味とガンバとタイガース模様

初めまして、GOSEです。趣味のゲームやアニメ、投資関連。最近は阪神タイガース記事を中心に書いています。阪神今年は優勝や!!

20181121210904

2018日米野球 侍J岡本が代表1号を打つなど連夜の逆転劇で勝ち越し決定!

スポンサーリンク

11月9日から4年ぶりに始まった日米野球!

 

日本のプロ野球と本場のメジャーリーグが激突する、野球ファンとしては大興奮の試合が行われていますが、明治時代から続く歴史的な国際試合で、2006年に一旦休止となりましたが、2014年に侍ジャパンの強化試合として復活。

 

2018年に4年ぶりに開催となり、本日11月14日にナゴヤドームで行われた第5戦、

 

侍ジャパン 6-5 MLBオールスターズ

 

果たしてどのような試合だったのでしょうか、簡単ではありますが記録に残したいと思います!

f:id:GOSE:20181017215048j:plain

 

2018年 日米野球5戦目

侍ジャパンは昨日の逆転勝利で3勝1敗とし、メージャーリーガー相手に底力を発揮してくれて、個人的にめちゃくちゃ盛り上がった1戦でした!

 

そして本日の試合で勝利すると勝ち越しが決定するなど、快勝を魅せて欲しい所です!

侍ジャパンvsMLBオールスター スタメン

侍ジャパンスタメン 

1番(三)田中広輔

2番(指)菊池涼介

3番(二)山田哲人

4番(中)柳田悠岐

5番(一)岡本和真

6番(右)上林誠知

7番(捕)甲斐拓也

8番(左)田中和基

9番(遊)源田壮亮

 

先発投手:東浜巨

 

MLBオールスタースタメン

1番(遊)アーメッド・ロザリオ

2番(捕)ヤディアー・モリーナ

3番(一)カルロス・サンタナ

4番(中)ロナルド・アクーニャJr.

5番(左)フアン・ソト

6番(指)リース・ホスキンス

7番(右)ミッチ・ハニガー

8番(三)エンリケ・ヘルナンデス

9番(二)ウィット・メリフィールド

 

先発投手:ジュニア・ゲラ

 

試合内容と感想について

先発の東浜投手の立ち上がりは、ヒットと自身の暴投で3塁にランナーを進ませてしまいますが、無失点に抑える事に成功しています。

 

しかし2回表、先頭打者ソト選手がヒットで出塁し、続く6番ホスキンス選手に粘りに粘られての7球目を捉えられ、左中間スタンドに突き刺さる2ランホームランを打たれてしまいます。

 

ホスキンス選手には、前日の第4戦にも先制ホームランを打たれていますからね、今日も追いかける展開になりそうです。

f:id:GOSE:20180605002250j:plain

侍ジャパン 0-2 MLBオールスター

2回裏 侍ジャパン期待の星 岡本の代表1号弾

MLBオールスターも誰からがホームラン打ちますよね、このまま流れを持っていかれたくない2回裏でしたが・・

 

先頭打者岡本選手がMLB先発右腕のゲラ投手の2球目、高めに浮いたストレートを渾身のフルスイング!

 

日米野球13打席目にして、ようやく!とも言える強烈な一発!

 

ナゴヤドームのバックスクリーンに突き刺さる、待望の代表1号ソロとなりました!

f:id:GOSE:20181114211822j:plain

f:id:GOSE:20181114212138j:plain

流れを持っていかせない意味でも、今後の追撃という意味でも、貴重な1発!

 

「力負けせず打ち返せて良かったです」とコメントを残していますが、これからも侍ジャパンでの活躍を期待しています!

(阪神との対戦時でもバカスカ打つと思いますが、お手柔らかにお願いします・・・)

 

3回以降 失点が続く投手陣

侍ジャパン先発の東浜投手は、毎回ヒットを打たれてしまい、3回3失点で降板となり、2番手のDeNA濱口投手は2回2安打2四球1失点で降板。

 

6回頭から登板した3番手、岡田投手もサンタナ選手にタイムリーヒットを打たれ1失点

 

4点ビハインドと、ジワジワと引き離される侍ジャパンですが、昨日見せてくれた追い上げを、今日も期待したい所!!

 

侍ジャパン 1-5 MLBオールスター

7回~8回裏 侍ジャパン 4点ビハインドを追いつく猛攻

ここまで岡本選手のソロホームランのみと元気のない打線でしたが、7回裏に昨日の逆転劇を思い出すような猛攻を、MLB2番手のベラスケス投手に浴びせます!

 

又してもこの男、先頭打者岡本選手がヒットを打ち、上林選手、甲斐捕手も続いてヒットを打ち、1点を奪ったかと思えば・・・

 

続く田中和選手は打ち取られますが、ベラスケス投手が悪送球!

その間に2塁走者の上林選手が生還し、2点差に迫ります!

 

1アウト1・3塁で源田選手は空振り三振に切って落とされますが、田中広選手に代わっての代打・山川選手が打席に立ち、稲葉監督の期待に応える走者一掃の2点タイムリーツーベースを打ち、同点!!

f:id:GOSE:20181114223230j:plain

そして8回裏には、勢いそのままに2アウトから上林選手がヒットで出塁、続く甲斐捕手が値千金となるタイムリーを打ち勝ち越しに成功!

 

そして9回表、楽天の松井投手が登板し、最後の打者となったハニガー選手を打ち取って、ゲッツーで締まるかと思ったのですが、セカンド山田哲選手は1塁に悪送球。

 

ワタワタする侍ジャパンを見てチャンス到来と、ハニガー選手は2塁に進みますが、カバーに入った甲斐捕手キャノンがさく裂!

 

彼が打席に立っていた時、「レッツゴーハニガー」って応援されていたのですが、2塁にレッツゴーした結果、甲斐捕手の矢のような送球で刺され、ゲームセットとなりました!

 

侍ジャパン 6-5 MLBオールスター

最後に

本日の勝利で通算成績を4勝1敗とし、侍ジャパンは明日行われる1試合を残して、日米野球2大会連続となる勝ち越しとなりました。

 

いやあ、連日の大逆転劇、観ていて本当に面白かったですし、興奮させてもらいました( *´艸`)

 

明日の試合も是非勝って有終の美を飾って欲しい所です!

 

さてさて、ここまで読んで頂きありがとうございます!

また次回に~!(^^)/