GOSE@趣味とガンバとタイガース模様

初めまして、GOSEです。趣味のゲームやアニメ、投資関連。最近は阪神タイガース記事を中心に書いています。阪神今年は優勝や!!

20181121210904

2018日米野球 最終戦も岩貞が好救援! 侍ジャパン5勝1敗で有終の美

スポンサーリンク

11月9日から4年ぶりに始まった日米野球!

 

日本のプロ野球と本場のメジャーリーグが激突する、野球ファンとしては大興奮の試合が行われていますが、明治時代から続く歴史的な国際試合で、2006年に一旦休止となりましたが、2014年に侍ジャパンの強化試合として復活。

 

2018年に4年ぶりに開催となり、本日11月15日は最終戦となりますが、

 

侍ジャパン 4-1 MLBオールスターズ

 

果たしてどのような試合だったのでしょうか、簡単ではありますが記録に残したいと思います!

f:id:GOSE:20181017215048j:plain

 

2018年 日米野球6戦目

侍ジャパンは連日の逆転勝利で4勝1敗とし、2大会連続となる勝ち越しを決めて、大興奮の試合を繰り広げてくれています!

 

しかし寂しい事に本日15日が最終戦となりましたが、侍ジャパン史上最年少となる岡本選手が4番に抜擢されるなど、本日もどのような活躍を見せてくれるのか、楽しみですね!

 

そして山川選手、森選手、外崎選手、源田選手などなど、打のスタメンは西武、もしくはソフトバンクのパ・リーグ勢が主力ですね。

 

先発は本拠地ナゴヤドームでの力投に期待が掛かる、中日の笠原投手で、今日もキレキレのチェンジアップを魅せてくれる事でしょう!

 

侍ジャパンvsMLBオールスター スタメン

侍ジャパンスタメン 

1番(中)秋山翔吾

2番(二)菊池涼介

3番(指)柳田悠岐

4番(三)岡本和真

5番(右)上林誠知

6番(一)山川穂高

7番(捕)森友哉

8番(左)外崎修汰

9番(遊)源田壮亮

 

先発・笠原祥太郎

 

MLBオールスタースタメン

1番(指)J.T.リアルミュート

2番(遊)エンリケ・ヘルナンデス

3番(左)ロナルド・アクーニャJr.

4番(三)エウヘニオ・スアレス

5番(一)リース・ホスキンス

6番(右)ミッチ・ハニガー

7番(中)ケビン・ピラー

8番(捕)ロビンソン・チリノス

9番(二)クリス・テイラー

 

先発・ブライアン・ジョンソン

 

試合内容と感想について

意地を見せたいMLBオールスターですが、侍ジャパンは今日も容赦なく侍打線は2回表、先頭打者山川選手が四球で塁に出ると森捕手、外崎選手が連続でヒットを打ち、ノーアウト満塁のチャンス!

 

続く打者は源田選手となりますが、走者一掃のタイムリーツーベースを打ち3得点!

f:id:GOSE:20181115204013j:plain

続く秋山選手は外野フライに倒れ1アウト3塁となりますが、菊池選手が奥深くに外野フライを打ち、4得点目!

 

MLBオールスターに先制点を奪われる展開が多かっただけに、気持ちの良い先制となりましたね( *´艸`)

 

大量の援護点を貰った先発の笠原投手は、ピンチを迎えつつも粘りの投球で、5回途中無失点で降板!

 

80球の登板制限が無ければ、あと1~2イニングは安定して投げてくれそうな出来で、カーブとチェンジアップがキレッキレでしたね。

f:id:GOSE:20181115205145j:plain

 

岩貞投手、見事な好救援で存在感を示す!

そして2アウト1・2塁の場面でマウンドを引き継いだ、阪神タイガースの岩貞投手が、アクーニャjrを三振に切って落とす好救援で、見事に5回を締めてくれました!

 

 

岩貞投手は、その後の6回を三者凡退、7回もピンチを迎えつつも無失点に抑えて降板となりましたが、最後はハラハラしましたけど本当に良かったなあ~っと。

 

唯一の虎戦士ですが、台湾戦で大炎上して叩かれまくってましたからね、見事な救援で存在感を示してくれました!

 

立ち上がりが弱いですが、来期もガッツリと期待しています!

f:id:GOSE:20181115211423j:plain

侍ジャパン 4-0 MLBオールスター

 

アクーニャjrのHRが飛び出すも侍ジャパン勝利!

8回裏、岩貞投手に代わって、中日・佐藤優投手がマウンドに立ちますが、先頭打者アクーニャjrに豪快なソロホームランを打たれて1失点。

 

この一振りでMLBオールスターに流れが出来て2アウトながら満塁の大ピンチ・・・でしたが、本拠地パワー炸裂で、佐藤優投手の気迫のピッチングで乗り切ってくれました。

 

そして最終回、DeNAの山崎投手が三者凡退で締めてゲームセットとなりました!

 

 

 

 

 

最後に

 

侍ジャパンが、2連続の逆転劇の勢いそのままに、本日も快勝で3連勝で締めてくれましたね。

 

今日の結果で、日米野球は2大会連続の勝ち越し、5勝1敗となり、全体的に見てMLBオールスターを圧倒していたように思えます。

 

阪神タイガースを中心に記事を書き続けてきましたが、2018年のプロ野球もこれで終わりと思うと寂しい限りですが、矢野阪神タイガース、来期期待していますよ!

 

さてさて、ここまで読んで頂きありがとうございます!

また次回に~!(^^)/