GOSE@趣味とガンバとタイガース模様

初めまして、GOSEです。趣味のゲームやアニメ、投資関連。最近は阪神タイガース記事を中心に書いています。阪神今年は優勝や!!

20181121210904

森保J 山中亮輔が代表デビュー弾!ポスト長友に一番近い存在か?

スポンサーリンク

閲覧ありがとうございます!!

GOSEです(^^)/

 

森保一監督率いる、新生サッカー日本代表

 

若手主体で挑んだ9月11日のコスタリカ戦、10月12日のパナマ戦では、南野 拓実や伊東 純也などが活躍。

 

3戦目の10月16日の対戦相手は FIFAランキング5位の強豪ウルグアイ!でしたが、2列目の堂安律、南野拓実、中島翔哉ら若手達が大爆発し、日本代表が勝利!

 

11月16日に行われた、FIFAランキング29位のベネズエラとの対戦は、1-1の引き分けに終わり史上初となる4連勝・・とはいきませんでした。

 

そして本日2018年11月20日、今年最後の代表戦が行われ結果は、

 

日本代表 4-0 キルギス

 

果たしてどのような試合だったのでしょうか、下記にて記録に残していこうと思います!

f:id:GOSE:20181012231359j:plain

 

 

キリンチャレンジカップ 日本vsキルギス

最初に

2011年のアジアカップからサッカーを観始め、日本代表選手を中心に海外サッカー、そして地元大阪のガンバ大阪の試合を観始めました。

 

2011~2013年はサッカー漬けで万博記念競技場に足を伸ばしたり、初のJ2に落ちた後も応援を続けていましたが、仕事とプライベートなどで忙しくなり、次第にサッカーから離れていきました。

 

しかし2018年、ロシアワールドカップ後にサッカー熱が再燃

 

現在はガンバ大阪や、ラ・リーガ ベティスの乾貴士を中心に試合を観ています

 

時々変な事を書いているかもしれませんが、どうぞよろしくお願い致します!

 

日本代表スタメン

GK:12 権田修一

DF: 20 槙野智章 5 山中亮輔 3 室屋成  2 三浦弦太

MF:8 原口元気  14 伊東純也  17 守田英正  18 三竿健斗

FW:11 杉本健勇 13 北川航也

f:id:GOSE:20180804113253j:plain

キルギススタメン

GK:1 パベル・マティアシュ

DF:17 ダニエル・タゴエ  5 シェルゾト・シャキロフ 3 タミルラン・コズバエフ 2 ムスタファ・イウスポフ

MF:9 エドガー・ベルンハルト 15 ムロリムジョン・アフメドフ  18 カイラト・ジルガルベク・ウール 21 ファルハト・ムサベコフ 20 バクティアル・ドゥイショベコフ

FW:ビタリー・ルクス

 

試合内容と感想

森保監督率いる我らが日本代表ですが、本日のスタメンは前回と大幅に変更が加わり、原口元気を除いて10人が現役のJリーガーで構成されています。

 

試合展開としては、前半後半共に日本代表が圧倒的していましたし、ピンチらしいピンチも無く危なげなく観ていられました。

 

キルギスも試合開始直後は、グイグイ行こうって感じだったようなのですが、それを打ち砕いたのが本日代表デビューを飾った山中亮輔で、試合開始からわずか2分後の出来事でした。

 

MF山中亮輔の痛快な代表デビュー弾

FW杉本健勇がペナルティエリア近くでボールをキープしつつ、左サイドを駆け上がってきたDF山中亮輔にパスを送ります。

 

DF山中亮輔は、ファーストタッチながら左足でシュートを放ち、ファーサイドのポストに当たって、そのまま先制ゴールとなりました!

f:id:GOSE:20181120214159j:plain

彼は前半のゴールから勢いを得て、自然とボールも集まっていき、チャンスに多く絡んでいましたね、

 

試合後のインタビューでは「最初のチャンスだったんで、思い切って決めれました」と冷静に一言発すると「最初からガンガンいこうと思ってたんで、その結果がゴールにつながって良かった」と振り返っています。

 

全体的に次も観たいと思える内容で、ポスト長友として本日一番アピール出来た存在ではないでしょうか。

 

そして前半19分には、ペナルティーエリア左角付近で得たFKを、MF原口元気が蹴り、相手GKのほぼ正面にボールが転がりますが、キャッチしきれず弾いてしまい、そのままゴールに吸い込まれていき、2点目となりました。

 

そのまま勢いに乗る日本代表、MF伊藤純也が2度程、決定機を作りますが決めきれず、2点リードで後半に入ります。 

 

後半戦 大迫と中島の華麗なるゴール

後半に入ってからは、キルギスもグイグイくるようになり決定的なピンチはないですが、日本代表が攻めあぐねている印象。

 

先発スタメンのDF槙野 智章が脳震とうで担架で運ばれるアクシデントもありましたが、現状の1軍メンバーである吉田麻也、柴崎岳、南野拓実、中島翔也、堂安律、大迫勇也が、後半に次々と投入されて攻撃が一気に活性化。

 

後半72分には、MF守田英正の縦パスを受けたFW北川航也が落として、最後はFW大迫勇也が流し込んで3点目。

 

そのわずか1分後、中島翔也がファーストタッチで流し込み、トドメとなる4点目!

 

他にもDF三浦弦太が、コーナーキックからのヘディングで、2度程

、代表初ゴールとなるチャンスがありましたが、バーに嫌われ得点ならず・・・来年に期待したい所ですね。

 

格下相手にホームに突然・・と言えばそうなのですが、2018年の代表最終戦を勝利で飾る事となりました!

f:id:GOSE:20181120222350j:plain

最後に 

森保監督に代わってから無敗で2018年を終えた形となりましたが、来年1月から始まるアジアカップへの弾みとなるでしょうか。

 

日本はグループFのウズベキスタン、オマーン、トルクメニスタンと戦いますが、

 

1月9日 日本vsトルクメニスタン

1月13日 日本VSオマーン

1月17日 日本 VSウズベキスタン

 

の予定となっています。

 

これまでの戦いを振り返って森保監督は、どのように挑むのか、来年も楽しみに代表戦を応援したいと思います!

 

さてさて、ここまで読んで頂きありがとうございます!

また次回に~( *´艸`)