GOSE@趣味とガンバとタイガース模様

初めまして、GOSEです。趣味のゲームやアニメ、投資関連。最近は阪神タイガース記事を中心に書いています。阪神今年は優勝や!!

20181121210904

G大阪ルーキー中村敬斗のJ1初ゴールが決勝点、21年ぶり9連勝!

スポンサーリンク

閲覧ありがとうございます!!

GOSEです(^^)/

 

11月10日に、ホームの吹田スタジアムで湘南ベルマーレとの第32節が行われ、1点差を守り切ったガンバ大阪が歓喜の8連勝!

 

そして11月24日、今季ホーム最終戦となった第33節 V・ファーレン長崎との戦い、結果は

 

ガンバ大阪 2-1 V・ファーレン長崎

 

果たしてどのような試合だったのでしょうか、下記にて記録に残していこうと思います!

 f:id:GOSE:20180710181832p:plain

 

第33節 ガンバ大阪vsV・ファーレン長崎

最初に

2011年のアジアカップからサッカーを観始め、日本代表選手を中心に海外サッカー、そして地元大阪のガンバ大阪の試合を観始めました。

 

2011~2013年はサッカー漬けで万博記念競技場に足を伸ばしたり、初のJ2に落ちた後も応援を続けていましたが、仕事とプライベートなどで忙しくなり、次第にサッカーから離れていきました。

 

しかし2018年、ロシアワールドカップ後にサッカー熱が再燃

 

DAZNと契約し、7月18日の広島戦から再度観始めた、にわかです。

 

時々変な事を書いているかもしれませんが、どうぞよろしくお願い致します!

ガンバ大阪スタメン

GK:1 東口 順昭

DF:3 ファビオ 4 藤春 廣輝 5三浦 弦太 22 米倉 恒貴

MF:7 遠藤 保仁 38 中村敬斗 15 今野 泰幸 50 小野瀬 康介

FW:39 渡邉千真 11 ファン ウィジョ

f:id:GOSE:20180804113253j:plain

V・ファーレン長崎スタメン

GK:30 徳重健太

DF:32 徳永悠平 45 ヨルディ バイス 5 田上大地

MF:3 飯尾竜太朗 38 磯村亮太 15 島田譲 交代 28 翁長聖 19 澤田崇 11 鈴木武蔵

FW:9 ファンマ

 

試合内容と感想について

ガンバの救世主であるFWファン・ウィジョですが、これまで6試合連続ゴールを決めてくれていて、本日の長崎戦でクラブ記録となる7得点目に期待したい所です。

 

そして累積警告で出場停止となったMF倉田秋に代わって、大抜擢となった高校三年生のMF中村 敬斗が、どのような活躍を魅せてくれるのか楽しみですし、ガンバ大阪自身も、クラブ記録と並ぶ9連勝に向けてチーム一丸となって挑んで欲しい!

 

今までの勢いでしたら、十分可能かと思われましたが・・!

 

前半戦 小野瀬の先制ゴールも、守り切れず失点

長崎は開始早々サイドからのクロスを放り込み、ガンバ陣営を脅かしますが、決定機とはなりません。

 

ガンバ大阪も負け時と、左サイドのDF藤春 廣輝が切り込んでクロスを放り込むなどしてチャンスを広げ、本日スタメン出場となったMF中村敬斗がシュートを打つなど得点には結びつきませんが、チャンスはしっかりと作っていました。

 

お互いに激しいセカンドボールの奪い合い、主導権を握るべく中盤での攻防が激しく行われていましたが・・

 

試合が動いたのが前半9分、FWファン・ウィジョのラストパスを受けたMF小野瀬康介が、キーパーの動きを見据え、体勢を崩しつつも冷静に蹴り込み、縦に縦に仕掛ける華麗なる速攻、今季3ゴール目となったゴールは、ガンバ大阪の幸先の良い先制点となりました!

f:id:GOSE:20181124235654j:plain

そこからはガンバ大阪がペースを徐々に掴み始め、ワンタッチプレーで、テンポよくゴールを運んでいき、FWファン・ウィジョがゴール前でのシュート、FW\渡邉千真がミドルシュートを放つシーンもありましたが、追加点ならず。

 

追加点を決めきれないガンバ大阪に対して、徐々に勢いを増しつつある長崎に、前半29分サイドからシンプルに放り込まれ、フリーになっていたMF翁長聖に、ゴール前でシュートを打たれるなどありましたが、何とか失点は防げていました。

 

しかし前半42分、左サイドを突破した長崎MF飯尾竜太朗が、フワリと浮いたクロスをガンバゴール前に供給、それをMF中村敬斗が処理しきれなかった所を、待ち構えていた飯尾が右足を振り抜き、J1初ゴールを決められ同点(*_*)

f:id:GOSE:20181125003014j:plain

ワイドからワイドへ、長崎を象徴するかのようなプレイでしてやられたガンバ大阪、1-1の同点で後半に挑みます。

 

後半戦 決勝点はルーキー中村敬斗のJ1初ゴール

後半50分、MF遠藤のまた抜きパスをゴール前で受けた米倉がドリブルからのパス⇒ゴール前からの渡辺のシュートはGKに弾かれますが、こぼれ球をMF中村敬斗が右足を振り抜き、自身リーグ戦初ゴールとなる勝ち越しゴーーーール!!!

f:id:GOSE:20181125022046j:plain

このまま試合が終わってくれたら良かったのですが、何としてでも勝ちたい長崎の猛攻を受け、幾度となくゴールを脅かされますが、小野瀬が自陣ゴール前まで戻ってきての献身的な守備や、後半60分にはGK東口の好セーブもあり、紙一重の所で得点を許さず。

 

DFヨルディ バイスのシュートを止める際、GK東口 順昭は一瞬ボールとは逆方向に重心が移動していましたが、抜群の反射神経で枠内のボールを弾いてセーブ成功と、流石の日本代表GKといった所でしょうか。

f:id:GOSE:20181125011021j:plain

一進一退の攻防が続きますが、中盤で小野瀬がボールを奪われてしまい、チャンスとばかりにガンバ大阪ゴールに襲い掛かる長崎。

 

最後はFWファンマに決定機となるシュートを打たれますが、ポストに救われ窮地を脱します。

 

やはり1点差ってのは色々と心臓に悪い

 

後半90分、アディショナルタイム3分に入る間際も長崎の猛攻が続きガンバ大阪のゴール前で、ワチャワチャしていましたが、辛くもかき出してからのガンバ大阪のカウンター!

 

最後の最後まで目が離せない展開が続きましたが、予定の3分を15秒程超えた辺りで、ホイッスルが鳴り響き・・・

 

ガンバ大阪、1点差を守り切り21年ぶりとなる9連勝となりました!!

 

試合を終えて感想 中村敬斗について

宮本監督に代わって、怒涛の勢いでクラブ記録と並ぶ9連勝を成し遂げてくれました。

 

ファン・ウィジョが7戦連発とはいかず残念ではありましたが、それを補って余りあるインパクトを残してくれたのが、30試合ぶりにスタメンとなったMF中村敬斗でした

 

 前半からシュートを打ち存在感を発揮していましたが、前半42分の同点ゴールを許してしまったシーンは、彼自身のクリアミスが大きく響いてしまいましたからね。

 

ルーキーならここで萎縮してしまいそうなのですが・・、ここぞの場面となった後半52分、こぼれ球を冷静に蹴り込み決勝ゴール!

f:id:GOSE:20181125023226j:plain

ヒーローインタビューも彼でしたし、これが懲罰で前半の内に交代となっていたら、天と地ほどの差があった事でしょう。

 

高校3年生、18歳3カ月27日で達成、ガンバ大阪では初めての下部組織出身以外の飛び級プロ契約選手が、1年目で待望の初ゴール。

 

1つの大きな失敗を許し、大抜擢した中村敬斗を使い続けた、宮本監督の采配も良かったのでしょうかね。

 

宮本監督曰く「失点の場面だったり、勝ちはしましたけど課題が残ったが、連勝も出来ているし、最後も勝ってしっかり終わりたい」

 

是非最後も柏レイソルに勝ってクラブ記録となる10連勝で来季に繋げて欲しい所です。

関連記事について

11月10日に行われた32節 湘南戦です

www.gosekun.com

 

最後に 

感無量です、宮本監督に代わって、誰がこのような快進撃を予想していたでしょうか。

 

Jリーグ最終となる34節は12月1日 アウェーで三協フロンテア柏スタジアムで行われます。

 

既にJ2降格が決まっている柏レイソルですが、後は選手達と宮本監督を信じ、クラブ新記録を達成して欲しい所です!

 

さてさて、ここまで読んで頂きありがとうございます!

また次回に~(^^)/