GOSE@趣味とガンバとタイガース模様

初めまして、GOSEです。趣味のゲームやアニメ、投資関連。最近は阪神タイガース記事を中心に書いています。阪神今年は優勝や!!

20181121210904

ベティス ビジャレアルに競り負け敗戦 乾は出場無しで苦しい状況か

スポンサーリンク

こんにちは!GOSEです(^^)/

 

11月12日に行われた、ラ・リーガ第12節では、激しい打ち合いの末に、バルセロナ相手にベティスが辛勝した試合でした。

 

乾貴士はベンチスタートでしたが、ジョーカーとして後半85分に出場を果たしています。

 

そして11月26日、2週間ぶりとなったラ・リーガ第13節が行われ、結果は

 

ビジャレアル 2-1 ベティス

 

果たしてどのような試合だったのでしょうか、記録に残したいと思います!

f:id:GOSE:20180903201921j:plain

 

 

ラ・リーガ第13節 ビジャレアルvsベティス

レアル・ベティススタメン

GK:13 パウ・ロペス

DF:5 マルク・バルトラ 23 アイサ・マンディ 4 ズハイル・フェダル

MF:2 フランシス・ゲレーロ 6 セルヒオ・カナレス 14 ウィリアム・カルヴァーリョ 18 アンドレス・グアルダード 20 ジュニオル・フィルポ

FW:17 ホアキン・サンチェス 16 ロレンソ・モロン・ガルシア

f:id:GOSE:20180804113253j:plain

ビジャレアルスタメン

GK:1 セルヒオ アセンホ

DF:16 アルフォンソ ペドラサ 6 ビクトル ルイス 4 ラミロ フネス モリ 2 マリオ ガスパール

MF:14 トリゲロス 5 サンティアゴ・カセレス 19 サンティ カソルラ 8 パブロ フォルナルス

FW:7 ジェラール モレノ 30 サムエル・チュクウェゼ

試合内容と感想

ビジャレアルのホームスタジアム エスタディオ・デ・ラ・セラミカで行われた1戦。

 

ベティスにとってアウェーとなりますが、試合前だけを見ると選手達がお互いに笑いあって、ほんわかしていましたし、選手間はお互いに仲が良いのでしょうね。

f:id:GOSE:20181126223007j:plain

(ベティスFWホアキンのニッコリ笑顔)

 

前半開始早々、お互いにチャンスを作る展開で、互角・・かと思いきやDFマルク・バルトラのミスも合って、何度かゴールを脅かされるベティスですが、スペイン代表GKパウ・ロペスが踏ん張っていました。

f:id:GOSE:20181126223536j:plain

ベティスは、中盤以降でしっかりとボールをキープし、ビジャレアル守備陣の隙を伺いますが、中々突破出来ず、尚且つシュートにも迫力がないように思えます。

 

解説の中山淳氏曰く、ボール保持率は高いが、最終ラインで持つ時間が長いって駄目だしをしていましたね、結局後ろに下げざるを得ないシーンも多々ありました。

 

前半45分には、FWホアキンが、自身自らゴール前まで運び、ワンツーからのシュートを狙いますが、肝心のシュートがミートせず不発。

 

お互いにチャンスを作りつつも、スコアレスで前半を終えていますが、後半に入ってから試合が激しく動きます。

 

ビジャレアルに勢いが出始めて、ベティスGKパウ・ロペスのビックセーブも空しく、後半51分連続コーナーキックからFWジェラール モレノがドフリーからのヘディングシュートを決められ失点。

f:id:GOSE:20181126230838j:plain

そして直後となる後半53分には、FWサムエル・チュクウェにもシュートを決められ2失点目。

 

ミスはあれど、それなりに守り切っていたベティスDF陣の集中力が切れてしまったのか・・・

 

 ベティスDFジュニオルの対応が甘く、もっとハッキリして欲しかったと、解説の中山淳氏がダメ出ししていましたが、色々と勿体ない失点ではありました。

 

2点ビハインドのベティス、乾貴士の投入が期待されましたが、残念ながら今回も出番なく、ライバルであるロ・チェルソが投入されています。

 

尚且つ後半89分に、そのロ・チェルソが意地の一発を決め1点差としますが、反撃はそこまで。

f:id:GOSE:20181126232413j:plain

前節でバルセロナを打ち合いの末に破ったベティスですが、連勝とはならず、無念の敗戦となりました。

 

ビジャレアル 2-1 ベティス

 

関連記事について

11月12日に行われたラ・リーガ第12節です

www.gosekun.com

 

最後に  乾貴士について

乾貴士、今回も出番無しと日本代表戦に招集されていませんでしたので疲れも無いはずですが、様々な記事で書かれている通り、苦しい立場に置かれていますね。

 

ただ古巣エイバルから自ら抜け出し、レベルの高いベティスに移籍したのですから、順風満帆とは行かないのは彼自身覚悟していたとは思います。

 

他の日本代表選手、香川真司であったり、長友佑都、本田圭佑もですが、試合に出られない時期を経験しているわけで、乾貴士も自らの力で乗り切って欲しい所です。

 

次節は12月2日の対ソシエダ戦、乾貴士が活躍してくれる日を楽しみに、今後も応援していきたいと思います!

 

さてさて、ここまで読んで頂きありがとうございます!

また次回に~(^^)/