GOSE@趣味とガンバとタイガース模様

初めまして、GOSEです。趣味のゲームやアニメ、投資関連。最近は阪神タイガース記事を中心に書いています。阪神今年は優勝や!!

20181121210904

乾貴士 オリンピアコス戦に出場もアシスト&ゴール未遂 あと一押しが足りない・・!

スポンサーリンク

日本時間2018年11月30日、ヨーロッパリーグ グループF第5節が行われ、ホームのベティスが1点を守り切り、EL決勝T進出を決めました!

 

後半63分から、バルサ戦以来の出場となった乾貴士、果たしてどのような試合だったのでしょうか、記録に残したいと思います!

f:id:GOSE:20180903201921j:plain

 

 

ELグループリーグ第5節 ベティスvsオリンピアコス

レアル・ベティス スタメン

GK:13 ジョエル ロブレス

DF:5 マルク・バルトラ 23 アイサ・マンディ 12 シドネイ

MF:11 クリスティアン テージョ 6 セルヒオ・カナレス 14 ウィリアム・カルヴァーリョ 21 ジオヴァニ ロ チェルソ 20 ジュニオル・フィルポ

FW:7 セルヒオ レオン 9 アルナルド サナブリア

f:id:GOSE:20180804113253j:plain

オリンピアコス スタメン

GK:93 ジョゼ・サ

DF:21 コンスタンティノス・ツィミカス 26 ヤゴシュ・ヴコヴィッチ 66 パプ・アブ・シセ 14 オマル・エラブデラウィ

MF:5 アンドレアス・ブーハラキス 4 マディ・カマラ 12 ギリェルメ 17 マティアス・ナウエル 56 ダニエル・ポデンセ

FW:7 コスタス・フォルトゥニス

試合内容と感想

これまでELリーグで無敗のベティスは、ギリシャの名門であるオリンピアコスを、ホームで迎えての1戦。

 

ラ・リーガでは、中々勝ちきれない試合が多いベティスですが、ELリーグでは絶好調で、本日も試合の主導権を握る展開が続きます。

 

前半16分、カナレスがオリンピアコスのゴール付近にフリーキックを放り込みますが、マンディが倒されたとの事でPKの判定。

 

決めればELリーグ初ゴールとなったレオンが蹴ったシュートは、GKジョゼ・サに阻まれ、ベティスは先制の大チャンスを逃す形となりました。

f:id:GOSE:20181130203233j:plain

レオンがすかさず詰めて、こぼれ球を押し込もうとしたのですが、それもGKジョゼ・サに弾かれています。

 

結構久々にPKを止めるシーンを観た気がしますが、これは相手Gkが見事だったとしかいいようがないですね

これを機に勢いに乗るオリンピアコスは、前半27分に左サイドを突破したツィミカスがゴール前に完璧なクロスを供給。

 

ブーハラキスが、ベティスのセンターバック陣の合間を抜け、完璧なタイミングでヘディングを合わせますが、枠外に逸れます。

 

サッカーの神様って、最後の最後に意地悪をしてくるんですよね。

 

その後も一進一退の攻防で、どちらが点を取っても可笑しくない時間が続きますが、チャンスを掴んだのはベティスでした。

 

前半38分 ベティスは敵陣ペナルティエリア付近で、ロ チェルソ⇒サナブリアとパスを繋ぎ、DF陣を翻弄。

 

最後は、サナブリアからのパスを受けたカナレスがDF陣に囲まれる前に、左足一閃!

f:id:GOSE:20181130205753j:plain

ベティスらしいパスサッカーで相手を崩しきっての先制点で、前半を終えています。

 

ベティス 1-0 オリンピアコス

 

後半戦 乾貴士出場も決定機を逃す

ベティスが1点リードで迎えた後半戦、サナブリアの豪快なシュートシーンもありましたが、中々追加点を奪う事が出来ません。

 

ボールを支配しながらも、得点を決める事が出来ないベティスらしい展開ではありましたが、しびれを切らしたキケ監督は後半63分に、PKを外したレオンを下げて・・・

 

MF乾貴士を投入します

f:id:GOSE:20181130212117j:plain

乾貴士は、11月12日に行われたバルセロナ戦以来となる出場となりましたが、目に見える結果が、手から喉が出るほど欲しい状況。

 

レオンの代わりに2トップの左に入った乾貴士は、交代直後の65分に、敵陣深くまでボールを運んだカナレスが、途中出場となった左サイドのジュニオルにパス。

 

そしてペナルティエリア近くに張っていたMF乾貴士にボールが渡り、すかさずシューーーートを打ちますが、相手DFに阻まれゴールならず。

 

後半70分にも、ベティスがカウンターから一気に敵陣深く切り込み、カナレスのパスを受けた乾貴士、シュートを放つもゴールならず。

f:id:GOSE:20181130213238j:plain

ほぼトップスピードまで加速していた乾貴士でしたが、ちょっとパスが弱すぎたために、相手DF陣に囲まれてしまいましたね、惜しかった・・・

 

オリンピアコスは終盤、苦し紛れともいえるロングボールでベティス陣営に迫りますが、後半89分!

 

味方陣地内でパスを受けたMF乾貴士は、ドリブルからの見事なスルーパスをMFアルナルド サナブリアに通します。

 

フリーのサナブリアは、ゴール前までボールを運び、強烈なミドルシューーートを放つも、枠に嫌われゴールならず・・

 

しかし、猛ダッシュでこぼれ球を拾った乾貴士が、これまた全力のダイレクトボレーシュートをブチかましますが、惜しくもGKジョゼ・サの正面で、追加点ならず・・・

f:id:GOSE:20181130214904j:plain

初アシスト未遂&初ゴール未遂となったわけですが、あともう一押しなんですよね、本当に惜しいシーンでした(*_*)

 

試合はそのままタイムアップを迎え、1点差を守り切ったベティスの勝利となり、ベティスが3勝2分けの成績で最終節を待たずして、グループステージ突破となりました!

 

ベティス 1-0 オリンピアコス

 

関連記事について

11月26日に行われたラ・リーガ第12節です

www.gosekun.com

最後に  乾貴士について

久々の出場になった乾貴士ですが、3本のシュートは全て外れてしまい、目立った結果を残す事が出来ませんでしたが、短い出場時間の中で、良い動きもあり最低限の存在感はアピール出来たのではないでしょうか。

 

特に最後のダイレクトボレーシュートは、久々に豪快な乾貴士のシュートシーンだったんですけどね、GK正面にいってしまったのが残念でならないですし、ゴールを決めてくれないと、序列は変わらないと思うので、次に訪れるチャンスに期待したい所です。

 

次節は12月2日 20:00から行われる、ベティスvsソシエダ戦

 

果たして乾貴士の出場はあるのか!楽しみに待ちたいと思います(^^)/

 

さてさて、ここまで読んで頂きありがとうございます!

また次回に~(^^)/