GOSE@趣味とガンバとタイガース模様

初めまして、GOSEです。趣味のゲームやアニメ、投資関連。最近は阪神タイガース記事を中心に書いています。阪神今年は優勝や!!

20181121210904

大阪観光でおすすめ! なんばや道頓堀でグルメな食べ呑み歩きを楽しもう

スポンサーリンク

活気に溢れて元気になる街、大阪

 

こちらの記事は、大阪観光で最もお勧めしたい道頓堀やなんばのグルメやショッピングについて記載しています。

 

昔から馴染みのある街で、大阪の街って汚いかったり治安が悪いってイメージがある方も多いと思うんですよ。

 

 

オタク気質な私でも安心して歩ける場所があるのですが、それほどディープな場所でもなく、皆様が大阪の街に遊びにくる機会があった際に、少しでも参考になれば幸いです!

f:id:GOSE:20181203231728j:plain

 

天王寺~難波へ

私の出発点は、いつも天王寺からです。

 

ここも思い出が一杯詰まった街で通天閣やMIOあべのハルカスなどなど、スポットは沢山あるのですが、今回は真っ直ぐ地下鉄御堂筋線を使って難波駅に降り立ちました。

f:id:GOSE:20180429113457j:plain

地下鉄難波駅に降り、少々歩くとタカシマヤにたどり着いてから、地上に出て私がブラブラ向かうのが、なんばパークスです。

 

なんばパークス

f:id:GOSE:20180429114645j:plain

〒556-0011 大阪府大阪市浪速区難波中二丁目10番70号

営業時間 物販店舗11:00~21:00  飲食店舗11:00~23:00

地上10階、地下3階建て。

 

かつてプロ野球球団の「南海ホークス」の本拠地球場として使用されていましたが、1998年に解体。

 

現在は南海グループが「なんばパークス」として直営しています。

 

ここをオススメする理由は、日本で一番美しい屋上庭園があるからです。

f:id:GOSE:20180429115344j:plain

 

f:id:GOSE:20180429115502j:plain

 

平成17年に屋上緑化大賞 国土交通大臣賞 などに受賞してたりしますが、海外でも、その評価は高く

 

平成24年には米誌「Travel+Leisure」 世界で最も美しい都市公園 認定

平成26年にはアメリカCNN局 世界で最も美しい空中庭園 認定などなど・・

 

f:id:GOSE:20180429120428j:plain

都会ながら緑溢れる空間を体験でき、内部もオシャレなお店が沢山ありますので、家族連れや女性客なども安心して買い物が出来るおススメのスポットです!

 

まあ私は服とかあまり買わないので、殆ど散歩がメインですけどね!

 

LABI1なんば

なんばぱーくすのお隣には「LABI1なんば」という名前の、めちゃくちゃデカい「ヤマダ電気」が隣接しています。

f:id:GOSE:20180429122135j:plain

〒556-0011 大阪府大阪市浪速区難波中2丁目11番35号

 営業時間 10:00 ~ 22:00

 

かつては北関東の風雲児と呼ばれていたヤマダ電機ですが、カメラ系家電量販店が立地する都心部ターミナル駅前に出店するにあたり新たに立ち上げた都市型大型店舗となるLBAI

 

LBAIとは「LIFE ABILITY SUPPLY」の造語で、特に規模が大きい高崎、池袋、なんばの3店舗はLABI1と名付けられているんだそうです。

 

男がときめく家電製品や、子供の心を放さないオモチャなどが沢山あるので(トイザらスもなんばパークスと合体してたりしますが)

 

買い物だけなら、なんばパークスと合わせてここで十分ですね(´・ω・`)

 

 戎橋筋商店街

f:id:GOSE:20180429232004j:plain

ここはもう、なんていうか・・人!人!!人だらけ!!!

 

有名な「グリコの看板」「かに道楽」で有名な戎橋から~

f:id:GOSE:20180429232645j:plain

 

南の高島屋、南海なんば駅までを結ぶ商店街です。

f:id:GOSE:20180429233450j:plain

大阪・ミナミのど真ん中に位置し、元禄時代から続く老舗から、最先端のファッションをリードするショップが所せましと密集しています。

 

昼だろうが夜だろうが、人でごった返していて活気が溢れています。

この通りが私は大好きでして、何百回歩いたかわからないほどですね。

 

2006年に、なんばマルイとTOHOシネマズなんばの開業や

 

戎橋(通称:ひっかけ橋)は、2007年に新しい戎橋に架け替えられてキレイになったり、2010年に戎橋北詰にH&M戎橋店が出店するなど、他にも定着したりしなかったりと色々なお店が建ちましたね。

 

戎橋近辺なら、誰もがしっているであろう

 

道頓堀本店 かに道楽

f:id:GOSE:20180429235359j:plain

〒542-0071 大阪府大阪市中央区道頓堀1-6-18

営業時間 11:00 ~ 23:00

 

 店舗は、関西・関東・浜松・岡山・広島・松山の各地域にある、

「とれとれ~ぴーちぴーち、かに料理~」のCMソングで有名な、かに料理の専門店です。

 

道頓堀川に、一定の間隔で3店舗並んでたりするのですが、よく見る上記の写真は道頓堀本店の、かに道楽ではないでしょうか。

 

ちなみにこの巨大なかにの看板、動きます。

 

実は食べた事ないんですが、かにの看板を見る度に、ああ道頓堀やわ( ゚Д゚)って気持ちになります、なぜか。

 

大阪王将 道頓堀本店

f:id:GOSE:20180430001338j:plain

〒542-0076大阪府大阪市中央区道頓堀1-6-13

 営業時間 11:00 ~ 26:00

 

餃子の王将とのれん問題などがあり、よく間違えられる事も多い大阪王将ですが、今は完全な別会社として認知されています。

 

その大阪王将の本店が、実は道頓堀川沿いにあります。

大阪?らしい派手な餃子の看板が目印ですね。

 

え?じゃあ昔から道頓堀にあったの?って話なんですが、そうではなく道頓堀本店は2012年にオープンした比較的新しい店舗です。

 

旗艦店としての本店ってわけですね。

(1号店って意味では大阪京橋にあります)

 

餃子の王将も、大阪王将もどちらも美味しいし好きなのですが、大阪王将の餃子は、ニンニクの臭いが抑えられていて(100%ではないでしょうが)人と会う前なんかに、どうしても餃子が食いてえ!!!ってなった時は、

 

大阪王将にレッツゴーです( ゚Д゚)

 

 つぼらや 道頓堀店

f:id:GOSE:20180430003132j:plain

〒542-0071大阪市中央区道頓堀1-6-10

 営業時間 11:00 ~ 23:00

 

大阪市の新世界と道頓堀に店舗を構える、ふぐ料理の専門店です。

 

ふぐ外食企業としては1920年創業の老舗で、ネームバリューはトップレベルではないでしょうか。

 

目印は上記写真の巨大なトラフグの提灯で、道頓堀ではかに道楽の「カニ」と「くいだおれ太郎」とともに、道頓堀の顔みたいなもんですね。

 

ふぐ料理としては比較的安価で味わえるのも、人気の1つではないでしょうか(^^)/

 

中座くいだおれビルの「くいだおれ太郎」

f:id:GOSE:20180430004037j:plain

〒542-0071 大阪府大阪市中央区道頓堀1丁目7−21

営業時間は、各店舗によって異なります。

 

中座くいだおれビルとは、マスコットキャラクター「くいだおれ太郎」をマネジメントする株式会社くいだおれが運営するビルの名称です。

 

2008年4月8日に建物の老朽化や周辺環境の変化などもあって、同年7月8日に閉店となりました。

 

2009年に、閉店したくいだおれビルから、小道を挟んで左3件分にあった劇場「中座」跡地にあったビルの名称が「中座くいだおれビル」に変更され、くいだおれ太郎も同じビルに移設されました。

(ちなみに元のくいだおれビルは、くいだおれ太郎の土産物屋として営業されています)

 

中座くいだおれビルは、1F~4Fにカラオケ屋や、お土産屋。

たこ焼きやお好み焼きなどの大阪グルメとなる飲食店が数多く入っています。

 

道頓堀の象徴の1つだった「くいだおれ太郎」がお出迎えしてくれるのも魅力ですね。

 

私もくいだおれ太郎がいてくれると、なんか嬉しいです( *´艸`)

 

金龍ラーメン

f:id:GOSE:20180430014746j:plain

〒542-0077大阪府大阪市中央区道頓堀1-1-18

24時間営業

 

大阪らしい派手な外装と共に、創業は1982年と昭和の時代から愛されてきた大阪ミナミを代表するラーメンチェーン店です。

 

メニューは「ラーメン」と「チャーシューメン」の二種類のみ。

お値段は600円と900円

 

スープは鶏ガラベースのシンプルな味で人によっては「期待していったのに薄くてシンプルでガッカリした」って声も聞こえてきます。

 

もちろん人それぞれあるので一概には言えないのですが、金龍は24時間営業なんですよね。

 

ってことはですよ、呑んべえなんかが深夜か朝方に最後の〆として食べて帰る時には、あっさりした味のほうが食べやすいと思うのですよ。

 

お茶漬け的な感じなんですが、「キムチ」や「にんにく」なんかが無料で食べ放題となっていますので、シンプルな味に飽きたら投入して味わうってのも良いかもしれませんね(^^)

 

法善寺横丁

f:id:GOSE:20180430011724j:plain

〒 542-0076 大阪市中央区難波1丁目付近

 

ミナミの繁華街にありながら、道頓堀川付近の喧騒とは少々雰囲気の違う難波情緒溢れる横丁があります。

 

そこは織田作之助の小説「夫婦善哉」でも有名な石畳の路地で、様々な名店が立ち並んでいます。

f:id:GOSE:20180430013238j:plain

東西に伸びた2本の路地、誘われるがままに入っていきましょう、そこには、カジュアルなお好み焼きや高級割烹などの料理店やバーがびっしりと並んでいます。

 

どちらかというと夜から賑わってくる箇所ですね。

 

その中心に位置するのが大阪人が親しみを込めて「水掛不動さん」と呼ぶ西向不動明王があります。

f:id:GOSE:20180430013405j:plain

空襲で近辺は焼失したようですが、この不動尊だけは無事で、人々が願いを込めて水を掛けるため、いつしか緑色の苔に覆われたとの事。

 

私も、ここに来るときは手を合わせますね。

 

遊びやグルメの旅で大阪を訪れるのも良いですが、こういった場所で大阪の風情を感じてみてください。

 

関連記事について

www.gosekun.com

 

www.gosekun.com

 

www.gosekun.com

 

最後に

以前あった店が無くなってたり、違う店に代わっていたとしても街全体の雰囲気は変わらないと思うのですよ。

 

道頓堀や、なんば・・そして少々オタク気質な日本橋方面など、本当に活気に満ちていて、心がウキウキしてくる素敵な場所です。

 

是非一度、観光してみてください!オススメです!

 

さてさて、ここまで読んで頂きありがとうございます!

また次回に~(^^)/