GOSE@Jリーグ&海外サッカー情報局

Jリーグのガンバ大阪を中心にサッカーの情報の記事を書いています

20181121210904

ベティス乾貴士 公式戦3試合連続出場無し 更なる奮起に期待したい

スポンサーリンク

12月7日に行われた国王杯4回戦 セカンドレグ ベティスvsラシン・サンタンデール戦に、7試合ぶりに先発出場した乾貴士。

 

ベティス自体は快勝となりましたが、千載一遇のチャンスを決めきれず、少々悔いの残る試合となってしまいました。

 

そして本日12月10日にラ・リーガ15回戦が行われ、結果は

 

ベティス 2-0 ラージョ

 

果たしてどのような試合だったのでしょうか、記録に残したいと思います!

f:id:GOSE:20180903201921j:plain

 

 

ラ・リーガ第15節 ベティスvsラージョ

レアル・ベティススタメン

GK:13 パウ・ロペス

DF:12 シドネイ 5 マルク バルトラ 23 アイサ・マンディ

MF:20 ジュニオール フィルポ 6 セルヒオ カナレス 14 ヴィリアン カルバーリョ 21 ジオヴァニ ロ チェルソ 19 アントニオ バラガン

FW:9 トニー・サナブリア 16 ロレン モロン

f:id:GOSE:20180804113253j:plain

ラーヨ・バジェカーノスタメン

GK:13 ストレ ディミトリエフスキ

DF:7 アレックス モレノ 16 ジョルディ アマト 23 アレハンドロ ガルベス 17 ルイス アドビンクラ

MF:22 ホセ アンヘル ポソ 12 ジャネリ インビュラ 27 サンティ コメサーニャ 8 オスカル トレーホ

FW:18 アルヴァロ ガルシア 11 アドリ エンバルバ

試合内容と感想

ベティスは公式戦、国王杯等を合わせると3連勝中で、勝ち筋が確立しつつあるのでしょうか。

 

チーム状況は良いかと思いますが、乾貴士はベンチスタート。

 

ライバルであるロ・チェルソやカナーレスが好調で、何度か訪れたチャンスに決めきれず、中々結果が出せず、かなり苦しい状況ではあると思います。

 

国王杯から中3日となるので、スタメンではないと思っていましたが、少しでもチャンスに絡みたい状況で、途中出場に期待したい所でしたが・・

前半戦~後半戦

 

前半23分、絶好調のロ・チェルソ、自身のパスミスでラージョFWアルヴァロ ガルシアにゴール前までボールを運ばれますが、流石の守護神といいましょうか、GKパウ・ロペスが立ち塞がりゴールを奪わせません。

f:id:GOSE:20181210214631p:plain

GKパウ・ロペスの活躍もあり失点こそ無かったものの、前半戦ではベティス&ラージョは、お互いにチャンスらしいチャンスは殆ど無く、スコアレスで後半戦へと進みます。

 

後半に入り、ベティスFWロレンが決定機を迎えますが、ゴールならず。

 

徐々にですがベティスが押し始めて、一度は流された後半55分のプレイがVARで検証の結果、PKの判定。

f:id:GOSE:20181210220631p:plain

それまで決定機を外すなど、あまり存在感が無かったロレンですが、これでチャラになりましたかね。

 

このPKを6試合中4試合で得点を決めているロ チェルソが冷静に決めて、ベティスが先制点を奪う形となりました!

 

そして後半76分、センターライン付近から、ベティスDFシドネイが単身ドリブル突破でボールを運んだかと思いきや、CBとは思えないテクニックで相手DFを避けた瞬間、右足を振り抜きます。

 

今シーズン初ゴールとなった2点目で、かなり余裕の状況となったベティスが最後まで失点を許さず、2-0のスコアで快勝となりました。

 

しかし残念ながら、我らが乾貴士は最後の最後まで出番が無く、とうとう公式戦3試合連続で出番無しとなってしまいました・・・

関連記事について

www.gosekun.com

最後に 乾貴士について

ここ数試合、ロ・チェルソやカナーレスがゲームの中心となる事が多く、我らが乾貴士もベンチ入りするも、公式戦では移籍後初めて3試合連続で出番がないなど、中々チャンスを貰う事が出来ない状況です。

f:id:GOSE:20181210222825p:plain

(PKを蹴る前のロ・チェルソ)

 

ロ・チェルソは現在、パリ・サンジェルマンからの買取オプション付きの期限付き移籍となっていますが、ベティスとしては買取する移行のようで、そうなると益々、乾貴士の出番が・・

 

乾貴士は試合後のコメントで

 

「正直今は、俺がやれるポジションがない。3-5-2でやっている以上、自分のやれるポジションというのは…。俺はインテリオール(サイドハーフ)でも、別にFWの一角でもいいんだけど、そこでは他の選手のがいいと思われているのでなかなかチャンスをもらえない。難しいですね」

 

と語っています。

 

30歳となった乾貴士、今シーズンチャンスはまだあると思いますが、目立った活躍がないままだと、来季は完全に構想外となると思われますので、更なる奮起に期待したい所です。

 

さて次回は12月14日に行われる、ヨーロッパリーグ最終節となる 

 

デュドランジュvsベティス

 

10月5日に行われた第2節でのデュドランジュとの1戦では、ベティスが3点を奪い、乾貴士は、71分までプレーして快勝となった試合でした。

 

果たして乾貴士の出番はあるのか!

 

期待して待ちたいと思います。

 

さてさて、ここまで読んで頂きありがとうございます!

また次回に~(^^)/