GOSE@Jリーグ&海外サッカー情報局

Jリーグのガンバ大阪を中心にサッカーの情報の記事を書いています

20181121210904

ベティス乾貴士国王杯フル出場を果たすもアピールには至らず

国王杯グループF第6節が現地時間12月13日に行われ、我らが乾貴士も先発フル出場を果たし数々の見せ場を作りつつも結果は、

 

F91デュデランジュ 0-0 レアル・ベティス

 

果たしてどのような試合だったのでしょうか、記録に残したいと思います!

f:id:GOSE:20180903201921j:plain

 

 

国王杯 デュデランジェvsベティス

レアル・ベティススタメン

GK:1 ホエル・ロブレス

DF:4 ズハイル・フェダル 12 シドネイ

MF:3 ハビ・ガルシア 8 乾貴士 14 ウィリアム・カルバーリョ 17 ホアキン 34 ウィルフリッド・カプトゥーム

FW:2 フランシス・ゲレロ 16 ロレン・モロン 11 クリスティアン・テージョ

f:id:GOSE:20180804113253j:plain

デュドランジュ スタメン

GK:12 ランドリー・ボンヌフォワ

DF:5 トム・シュネル 24 エディソン・ヨルダノフ 26 ジェリー・アダイ・プレンペー 39 アニス・エル・ヒリティ

MF:10 ドミニク・シュトルツ 14 クレマン・クチュリエ 22 ステルヴィオ 99 レヴァン・ケニア

FW:9 ダネル・シナニ 77 ダヴィド・トゥルペル

試合内容と感想

ベティスは、ここまで3勝2分けの負けなしで、既に決勝トーナメント出場を決めていますが、対するデュドランジュは5連敗を喫し、既に敗退が決まっています。

 

共に消化試合での1戦となりましたが、我らが乾貴士が、前回のカップ戦に続いて先発出場!

f:id:GOSE:20181214202103p:plain

デュドランジュホームのスタッド・ヨジー・バーテルでの1戦は、夜9時からのキックオフで気温は0度、凍り付いたピッチに、お互いの選手達が滑って、お互いに精細を欠いていました。

 

前半16分、センターライン上で、FWロレンが滑りながらも右サイドを単身駆け上がったMF乾貴士にパスを送り、ドリブルで相手ペナルティエリアまで切り込みます!!

f:id:GOSE:20181214203602p:plain

f:id:GOSE:20181214204631p:plain

しかし残念ながら相手DFに阻まれシュートを打てず・・

 

実況の桑原学さんも仰ってましたが、ベティスの選手達はボールを支配しながらも、ツルツル滑るピッチにかなり苦戦していて、なかなか効果的な攻撃が行えない状態です。

 

そんな状態でもベティスは前半25分、FWホアキンからのパスを受けたFWフランシスが右サイドを駆け上がってからのクロスを放り込みますが・・・

 

ベティスの波状攻撃を受け流すデュドランジュGKボンヌフォワ。

 

前半35分には、センターライン付近から、攻撃の起点となるスルーパスをMF乾貴士が通します。

 

ゴールぎわ、FWフランシス⇒FWロレンがシュートを打ちますが、またしてもデュドランジュGKボンヌフォワが立ち塞がり、ゴールならず。

f:id:GOSE:20181214205309p:plain

今日のMVPは、間違いなくGKボンヌフォワかと思いますが、前半43分に、FWロレンのパスを受けたMF乾貴士が、中央をドリブル突破!

 

溜めを作りつつ、シュートチャンスを伺いますが、デュドランジュキャプテンのDFトム・シュネルに倒され、ゴール真正面でのフリーキックの判定。

f:id:GOSE:20181214205739p:plain

我らがキャプテンFWホアキンの枠内シュートは、またしてもGKボンヌフォワに阻まれゴールならず!

 

前半はスコアレスで終えましたが、デュドランジュは後半60分に初シュートを放つなど、若干勢いがついてきた印象でしたが、ベティスの優勢は変わりません。

 

しかしピッチが凍り付いている状態では、選手達が踏ん張れないんですよね、ベティスが優勢なれど得点は奪えない展開が続きます。

 

そして迎えた後半88分、ホアキンに代わって途中出場となったMFリャド・ブデブスからのコーナーキックを、MF乾貴士とのワンツーから、MFカプトゥームがふわりと浮いたクロスを放り込みます。

 

完全にフリーとなっていたMFハビ・ガルシアがヘッドで合わせますが、またしてもデュドランジュGKボンヌフォワの好セーブで、得点ならず!!

f:id:GOSE:20181214211350p:plain

どうせなら勝ってほしかったですが、万全とは言えないピッチコンディションでの戦い、乾貴士を始めケガ人が出なかったのは良かったのかもしれません。

 

何度も何度もGKボンヌフォワの好セーブに阻まれ、結局0-0のスコアレスドローで試合終了となりましたが、ベティスはグループ首位で決勝トーナメント進出を果たす形となりました!

 

関連記事について

 12月7日に行われた国王杯4回戦 ラシン・サンタンデール戦 セカンドレグです

www.gosekun.com

最後に 

今回の試合、ピッチコンディションが悪い中、そこそこボールが乾貴士に回ってきて、前半~中盤あたりまでは、単身ドリブル突破を計ったり、終盤に入ってからは、パスで味方選手のチャンスを作るリンクマンのような動きをしていましたね。

 

f:id:GOSE:20181214215235p:plain

現状の乾貴士はカップ戦要員となっていますが、少しずつでも目に見える結果を残して、リーグ戦にも先発として出場して欲しい所です。

 

次戦は12月16日24時15分キックオフ予定の、RCDエスパニョール戦!

 

中3日での戦いとなるだけに、乾貴士の先発出場は無いかもしれませんが、ベティスの勝利を応援したいと思います!!

 

さてさて、ここまで読んで頂きありがとうございます!

また次回に~(^^)/