GOSE@趣味とガンバとタイガース模様

初めまして、GOSEです。趣味のゲームやアニメ、投資関連。最近は阪神タイガース記事を中心に書いています。阪神今年は優勝や!!

20181121210904

ふたご座流星群などの天体観測は露天風呂がオススメ!その理由とは?

スポンサーリンク

三大流星群と言われる「しぶんぎ座流星群」「ペルセウス流星群」「ふたご座流星群」

 

その中でも、毎年12月に安定して天体観測が出来、2018年には12月14日にピークを迎えた「ふたご座流星群」

 

見たかったけど寒くて外に出られない・・、何か良い方法は無いものか・・っと、そんなあなたにお送りする天体観測の記事となっています。

 

皆様の参考になれば幸いです!

f:id:GOSE:20181215103238j:plain

 

天体観測は露天風呂で観賞するお勧めの理由について

午前二時、フミキリに望遠鏡を担いでった~♪(ちょっと古い?)

 

っと、この歌のように夜中にガッツリと、ほろ苦い天体観測をしても良いのですが、現実は中々寒くてベランダでやろうにも、ウォーキングの合間だろうと、風邪を引いてしまう危険性があります。

 

 特に12月なんて地域によっては、べらぼうに寒いと思いますので、折角の天体ショーを見れずに嘆いている方も多いのでないでしょうか。

 

そんなあなたに是非お勧めしたいのが「露天風呂で天体ショーを観測しよう」です!

 

露天風呂で観賞するメリットデメリットについて

最初はベランダで天体観測を行っていたのですが、本当に寒くて10分くらいで部屋の中に退散してしまいました。

 

それでも1個は流れ星を見られたのですが・・・ちょっと物足りなかったですね。

 

下記で露天風呂で天体観測を行うメリット、デメリットについて記載しています。

 

まずはメリットから見ていきましょう、

 

メリット1 寒さをしのげる

最大のメリットと言えるのが寒さをしのげる・・って事ですね。

 

今回の「ふたご座流星群」を見るのに、ベランダで椅子を置いて防寒着を用意し、毛布も被っての重装備で挑んだのですが、寒くて10分くらいが活動限界でした。

 

もっと長い時間観賞するのにはどうすれば良いのか・・っと、反省をいかして、実際にスーパー銭湯ですが露天風呂に赴き、夜空を見上げてみました。

f:id:GOSE:20181215110904j:plain

流星群を見るのにオススメの時間は「ボ~と15分、夜空を見上げる」と書かれていましたが、湯舟に浸かったまま、15~30分程は夜空を見続ける事に成功しています!

 

メリット2 素っ裸での天体観測は、なんか気持ちいい

なんか変態っぽく聞こえるかもしれませんが、防寒着を重装備することなく、素っ裸での天体観測は最高でしたね。

 

寒さに縮こまる事もなく、何事にも縛られる事もなく、無限に続く宇宙に思いを馳せる・・

 

通常なら不可能な状態で、堂々と長時間の観賞が可能となるのです、小さな悩みなど吹っ飛んでしまうくらいに、解放感が半端ない状態!

 

デメリット1 温泉の種類と設置場所

メリットもあればデメリットも存在します。

 

屋根付きの露天風呂ですと、夜空を見るのに邪魔で肝心の天体観測が行えないのです。

 

また例え屋根がついていなくても、座る事を前提に設置されている温泉が殆どだと思うので、長時間首を上に向けていると、痛めてしまう恐れがあります。

 

ですので、理想としては屋根のついていない「寝転がり湯」「壺湯」が個人的にオススメなのですが、それらが設置されている温泉を、事前に把握していないといけないのが敷居が高いかもしれません。

 

デメリット2 明るさとゆげ

基本的にスーパー銭湯の露天風呂は「明るい」のと、普段なら気分を盛り上げてくれる「ゆげ」が邪魔で、殆ど星空が見えない事に気付きました。

 f:id:GOSE:20181216115004j:plain

これは盲点でした、光量を抑えてある温泉もありますが、基本的に安全のために明るい事が殆どで、なおかつ冬場の温泉となると、夜空を見上げていても、ゆげのせいで視界が遮られてしまうのです。

 

熟練の天体眼視観測者でもない限り、明るい所で流れ星を、ましてや雲なのか、ゆげなのかよくわからない中での観測は、困難を極める事でしょう。

 

デメリット3 温度調節が大変

いくら冬場の露天風呂でも、風呂温度が40℃を超えているようでは、個人差はあれど長時間の入浴は不可能ですよね。

 

ですので熱くなってきたから風呂から上がって椅子で休憩・・とかしていては夜空を見る余裕もないですし、身体に負荷が掛かってしまいます。

 

長時間お風呂に入るのには、38℃~39℃が丁度良いと思いますが、ぬる湯に設定している温泉を、事前に把握していないと失敗してしまうと思うので、注意が必要です。

 

まとめと感想について

デメリットのほうが多いやんけ!?

 

ただ私は月に4回以上は、スーパー銭湯に出かける程の銭湯好きですので、「温度も38℃くらい」に抑えられていて「寝転がり湯」がある銭湯を事前にチェックし、そこに行くことを決意しておりました。

 

まあそれでも「明るさ」「ゆげ」に関してはどうしようもなかったので、思った以上の成果を挙げる事が出来ませんでした・・・

 

 でも、確かに見たのです。

 

「明るさ」「ゆげ」のせいで殆ど星空が見れない状態でしたが、それらに負けない程の力強い光を放って夜空を走る一筋の流星を・・・

f:id:GOSE:20181216121850j:plain

結構諦めかけていたのですけどね、「寝転がり湯」に入って10分程粘った時に、目の前を本当に一瞬でしたが駆け巡ったのです。

 

願い事の「ね」の字を言うまでもない程でしたが、温泉の気持ちよさもあって晴れやかな気分になりましたね( *´艸`)

 

ま、まあここまで書いて何ですが、めちゃくちゃオススメとは言えませんが、皆様もよければ「露天風呂での天体観測」を行ってみては如何でしょうか!

 

さてさてここまで読んで頂きありがとうございます!

また次回に~(^^)/