GOSE@Jリーグ&海外サッカー情報局

Jリーグのガンバ大阪を中心にサッカーの情報の記事を書いています

20181121210904

ガンバ大阪のグッズ購入は吹田スタジアムのブルスパジオがオススメ!

ガンバ大阪のホームスタジアム「パナソニックスタジアム吹田」

 

中々行く時間が取れなかったのですが、ようやく初めて訪れる機会がありまして、ガンバ愛溢れる空間を目の辺りにして、興奮しまくり&感激しちゃってました。

 

おかげでガンバ愛が再燃焼してしまっている私ですが、 スタジアム内にあるオフィシャルショップ「ブルスパジオ」と、ガンバ大阪の歴史を体感出来るミュージアム「ブルストリア」も本当に素晴らしくて、ガンバファンなら是非訪れて欲しいスポット!

 

今回は、吹田スタジアムについてご紹介したいと思います!

f:id:GOSE:20181220195054j:plain

 

吹田スタジアムが素晴らしすぎた件について

2011アジアカップにてサッカーを観始めて、同年2011年から地元大阪のクラブである「ガンバ大阪」を応援するようになり、いつの間にか7年の月日が流れていました。

往年のファンの皆様からしたら、まだまだにわかレベルで、尚且つプライベートが忙しかった時期があり、「吹田スタジアム」に足を運ぶ機会が今まで無かったのですが・・

 

2018年12月1日に「EXPOシティ」に足を運ぶ機会があり、合わせて吹田スタジアムも見学出来た次第です。

 

完全にオフシーズンで静かな状態でしたが、その分ゆっくりと見学する事が出来ました。

 

万博記念公園駅~吹田スタジアムまで

2011~2012年までは「公園東口駅」で降りて、以前のホームスタジアム「万博記念競技場」に足を運んでいました。

f:id:GOSE:20181220200435j:plain

今回は、最寄り駅となる「万博記念公園駅」で降りましたが、朝早かったこともあり、それ程多くの人はいませんでしたね(時間が経つにつれ爆発的に増えましたが)

f:id:GOSE:20181220203512j:plain

駅から真っ直ぐに進むと「EXPOシティ」が眼前に広がってきましたが、写真右手にあるスロープを上っていき、道なりに歩いていきます。

 

案内の看板がありましたので、迷う事は無かったですが、大体歩いて15~20分程はかかるようです、良い運動ですね。

 

案内通りに進んでいくと・・・「パナソニック吹田スタジアム」が見えてきました!!

f:id:GOSE:20181220205343j:plain

完全にオフシーズンにも関わらず、多くの方がスタジアム方面に進んで、何故だろうと首をかしげていたのですが・・・

f:id:GOSE:20181220205950j:plain

隣接している総合スポーツ広場では、未来のサッカー選手になるべく子供達が切磋琢磨していましたし、スポーツ広場では野球をされている方々がおられたりと、スタジアムを中心に賑わっているように感じました。

 

吹田スタジアム~ブルスパジオとブルストリアへ

f:id:GOSE:20181220210552j:plain

暫くは吹田スタジアムの写真を夢中で撮りまくっていましたが、時間も限られているので、もう一つの楽しみであった「ブルスパジオ」と「ブルストリア」に向かいます

 

ブルスパジオとは

吹田スタジアム内にある、ガンバ大阪オフィシャルショップ「ブルスパジオ」では、公式グッズや各種アパレル用品、お菓子など様々なアイテムを買い求める事が可能となっています。

f:id:GOSE:20181220220316j:plain

(写真撮影OKでした)

自分の好きなクラブグッズで覆われている空間ですので、心地よいのは当たり前なのですが、なにより雰囲気が最高でしたね。

 

これまではオンラインショップでアイテムを物色していましたが、実際に手に取り、質感を確かめる事ができ、嬉しさのあまりニットキャップやバッグ、ガンバカードなどを、ついつい購入してしまいました。

 

オフシーズンなのと、時間帯も比較的早く空いていましたので、落ち着いて見て回れましたし、スタッフさんも丁寧で気持ちよく買い物が出来ました。

 

ブルストリアについて

ブルストリアに隣接しているミュージアム「ブルストリア」は入場無料で、ガンバ大阪の歴史を体感する事が出来るのです。

f:id:GOSE:20181220221640j:plain

f:id:GOSE:20181220221550j:plain

それ程広くは無かったですが、質量に圧倒されましたし、トップチームとアカデミーが過去に獲得してきたトロフィーの数々を見て、名門ガンバ大阪の歴史を肌で感じる事が出来ました。

 

他にも歴代選手のサイン入りスパイクや、選手パネルなども展示されているので、ガンバ大阪というクラブが、ギュッと圧縮された空間に足を踏み入れては如何でしょうか!

 

関連記事について

 ガンバ大阪の試合についての記事も書いています

www.gosekun.com

 

最後に

今回、吹田スタジアムに足を運びましたが、お陰でガンバ愛が激しく燃え続けています。

 

宮本恒靖監督率いるガンバ大阪は来期どのような戦いを魅せてくれるのでしょうか。

 

それが楽しみで仕方がない今日この頃です。

 

さて、ここまで読んで頂きありがとうございます!

また次回に~(^^)/