GOSE@Jリーグ&海外サッカー情報局

Jリーグのガンバ大阪を中心にサッカーの情報の記事を書いています

20181121210904

2019アジアカップ GL突破も審判に助けられた試合 原口PK弾のみのパッとしない辛勝

森保一監督率いる、新生サッカー日本代表

 

2019アジアカップが開幕し、1月9日に注目の初戦となるトルクメニスタン戦を迎えましたが、予想とは裏腹に開始早々の大苦戦。

 

最後の最後まで目が離せない接戦の末に、3-2のスコアで辛くも勝利としました。

 

そして1月13日、グループ突破が掛かるオマーン戦を迎えましたが、結果は

 

オマーン 0-1 日本

 

果たしてどのような試合だったのでしょうか、下記にて記録に残していこうと思います!

f:id:GOSE:20181012231359j:plain

 

 

2019アジアカップ オマーンvs日本

 

アジアカップ初戦、トルクメニスタン戦では、1トップで出場したFW大迫の2ゴールと、2列目のMF堂安のアジアカップ最年少弾で、辛くも勝利。

 

しかし不動の活躍を果たしたFW大迫が、右臀部(でんぶ)痛の痛みで欠場となり、第2GKの東口も腰痛のために欠場と、1戦目の事を考えるとピンチとも言える状況。

 

しかしですね、楽な試合なんて無いとはいえアジアカップ優勝を目標に掲げる日本代表が、主力選手1~2人の欠場で苦戦、尚更敗北となってしまうと、先が思いやられるので、ここは逆に快勝を期待したい所ですね。

 

日本代表 スタメン

GK:12 権田修一

DF: 19 酒井宏樹 16 冨安健洋 22 吉田麻也  5 長友佑都

MF:6 遠藤航 7 柴崎岳 21 堂安律 8 原口元気  9 南野拓実 

FW:11 北川航也

f:id:GOSE:20180804113253j:plain

オマーン スタメン

GK:18 ファイズ アルルシェイディ

DF:2 モハンメド アルムサラミ 11 サード アルムハイニ 13 ハリド アルブライキ 17 アリ アルブサイディ

MF:12 アフメド アルマハイジリ 20 サラー アルヤハヤエイ 23 ハリブ アルサーディ

FW:6 ラエド サレフ 15 ジャミール アルヤハマディ 16 ムフセン アルガッサニ

 

試合内容と感想

初戦のトルクメニスタン戦では、2ゴールの活躍を果たしたFW大迫と、アジアカップ最年少ゴールを決めたMF堂安の活躍で、辛くも勝利となった日本代表。

 

しかしキーマンとも言える不動のFW大迫、右臀部(でんぶ)の痛みが悪化したのか無念の欠場となり、代わりに入ったのが清水エスパルスのFW北川。

 

これは彼にとって大チャンスですね、是非とも代表に定着出来るようなゴール、もしくはアシストやプレイを魅せて欲しい所ですね。

 

第2GKであるガンバ大阪の東口も腰痛のために欠場となりましたが、初戦に酷評されたGK権田ですが、更なる活躍に期待したい所です。

日本代表 原口がPK獲得で先制!

オマーンは勝利しなければ決勝トーナメント出場が、かなり厳しくなる状況ですので、完全には引かずに前線に選手を数名残して、虎視眈々とゴールを狙う、カウンターも視野に入れた戦い方ですね。

 

そのためか、前回のトルクメニスタン戦よりかは、戦いやすそうではありましたが、開始2分でMF原口のシュートや、MF南野に至っては、2回続けてチャンスに決めきれないなど、中々最後の押しが決まらない状況。

 

MF南野は、全体を通してドリブル突破にキープ力、そして献身的な守備など存在感をバリバリ発揮してくれていただけに、得点を決めて欲しかった所。

 

試合の流れは掴んでいる日本、前半28分の波状攻撃の末に、こぼれ球を拾ったMF原口がペナルティエリア内で倒され、PKを獲得!

f:id:GOSE:20190114011237j:plain

まあこれは少々ラッキーな判定のように見えましたが、MF原口自身が決めて、日本代表が待望の先制点を得る事に成功します!

 

そして終了間際の前半45分に、MFアルヤハヤエイの強烈なシュートを、DF長友が身体をはってブロック!

 

画像かなり悪いですが・・・、解説の松木さんも「ああ、当たってるねw」とかいってたので、かなりラッキーでした。

f:id:GOSE:20190114011320j:plain

ペナルティエリア内だったのでPKかと思いきや、オマーンの必死の抗議も主審が見逃してくれたのか、コーナーキックの判定。

まさしく九死に一生の場面でしたが、1点リードで日本は前半を終えています。

後半戦 日本代表追加点目指すも・・

微妙なPK獲得での1点のみでは「やっぱり大迫がいないと・・」と言われても仕方ない状況、森保監督は後半12分、不振のFW北川に変えて、FW武藤を投入します。

 

しかしそれでも攻撃の形を思うように作れない状況で、逆にオマーンはFWの選手を次々と投入、流れを徐々に掴み始めます。

 

守勢に回る日本代表、辛くもゴールを守っていますが、追加点が遠い状況。

 

後半39分、前半にイエローカードを貰っているMF堂安に変えて、俊足のMF伊東をピッチに投入し、得意のドリブルで見せ場を作るも、得点には至らず。

 

 その後もスコアは動かず、MF原口のPK弾での1点を守り切り、GL突破を決めました!!

 

オマーン 0-1 日本

最後に 

試合後、PK弾を決めたMF原口は、試合後のテレビインタビューで「勝ちましたし、予選は突破しましたが、内容的には良くなかったし…、まぁ良くなかったですね」と、反省を口にしています。

 

FW陣の北川と武藤も、大迫の代わりとも言える活躍は出来ずに、勝ったとはいえ、何処か消化不良な内容でしたね。

 

1月17日 日本 VSウズベキスタン

 

GL突破を決めたとはいえ、最後も気を抜かず1位突破を確実となる、快勝に期待したい所です!

 

さてさて、ここまで読んで頂きありがとうございます!

また次回に~( *´艸`)