GOSE@Jリーグ&海外サッカー情報局

Jリーグのガンバ大阪を中心にサッカーの情報の記事を書いています

20181121210904

ラ・リーガ第20節 カナーレス躍動!辛勝ながらもジローナを破りベティス2019初勝利!

スポンサーリンク

日本時間1月14日の早朝に行われたラ・リーガ第19節 レアル・マドリードとの1戦は、古巣相手に決めたカナーレスの同点弾も空しく、レアルのセバージョスが値千金となるFKを直接決めて、ベティスの敗戦となった試合でした。

 

2連敗中のベティス、何とか流れを取り戻したい所ですが、現在10位に位置付けている、ジローナFCとの1戦を迎えます。

 

カナーレスを中心に得点は取れていますが、どうも守備に綻びがあるようで、ここ数試合不安定ですよね。

 

挙句にMFカルバーリョが累積警告で出場停止と、果たしてどうなるのか・・気になる結果は!

 

レアル・ベティス 3ー2 ジローナFC

 

果たしてどのような試合だったのでしょうか、記録に残したいと思います!

f:id:GOSE:20180903201921j:plain

 

 

ラ・リーガ20節 ベティスvsジローナ

レアル・ベティス スタメン

GK:13 パウ・ロペス

DF:23 アイサ・マンディ 19 アントニオ・バラガン 5 マルク・バルトラ

MF:3 6 セルヒオ・カナレス 18 アンドレス・グアルダード 21 ジオヴァニ・ロ・チェルソ  9 ジオヴァニ・ロ・チェルソ

FW:9 トニー・サナブリア 11 クリスティアン・テージョ 16 ロレン・モロン

f:id:GOSE:20180804113253j:plain

ジローナ スタメン

GK:13 ヤシン・ボノ

DF:2 ベルナルド 5 ペドロ・アルカラ 15 フアンペ

MF:8 ペレ・ポンス 9 ポルトゥ 10 ボルハ・ガルシア 23 アレイクス・ガルシア 24 ペドロ・ポーロ

FW:22 ドゥンビア・セイドゥ 34 バレリー・フェルナンデス

試合内容と感想

さてベティスホームのエスタディオ・ベニート・ビジャマリンでの1戦

 

相も変わらず、パっと見で満席に近い状態で雰囲気最高ですねえ、こういうスタジアムで応援したら、心から選手と一体になれそうな感じです。

f:id:GOSE:20190120201617p:plain

リーグ戦で勝ちから遠ざかっているベティス、今日こそは何としてでも勝ちたい所でしたが・・・

 

前半戦 ベティス先制も守備の綻びで失点の連続

両チームお互いに3バックの陣営、試合開始から攻防が続きますが、試合が動いたのは前半12分

 

ペナルティエリアぎりぎりでファールを得たベティス、MFカナーレスかMFテージョ、どちらが狙うのかって場面でしたが・・

f:id:GOSE:20190120202621p:plain

GKヤシン・ボノが一度は触りましたが、MFテージョの右足から生まれた強烈なシュートを止めきる事が出来ず、ベティスが幸先よく先制となりました!

 

いや~、これは見事でしたねえ、痺れるシュートでした!

 

ジローナはセットプレーからの失点がリーグ全体で19位と、かなり苦手としているのですね、その後は完全にベティスペースとなり、何度も何度も波状攻撃を受けますが、辛くも失点は免れています。

 

完全にベティスペースでしたが、FWドゥンビアに対して、あわやPKかという場面もあり、守備面で危なげなシーンが散見されていましたが・・。

 

前半35分、前線から詰めに来るジローナの選手達の圧力で、DFバラガンの不用意なバックパスをペナルティエリアで拾ったFWドゥンビア。

 

FWドゥンビア⇒MFポルトゥ⇒MFガルシアと、縦に縦に素早いパス回しを披露し、最後はGKパウ・ロペスが飛び出していたため、無人のゴールにMFガルシアが冷静に決めて同点ゴール!

f:id:GOSE:20190120210112p:plain

ここからは、ほぼ完全にジローナペースになってしまい、後半42分。

 

中盤を試合しつつ、ジワジワとベティス陣営にボールを運んでいき、ペナルティエリア内のスルーパスに反応したMFポルトゥがゴールに迫る!!!

 

本来ならGKパウ・ロペスがセーブして終わりのはずが、何と足で弾いてしまい、そのままMFポルトゥがキープからのループパス⇒FWドゥンビアのヘディングシューーート!

f:id:GOSE:20190120210246p:plain

前半開始直後からイケイケムードだったのに、またしても守備の綻びから失点失点の連続で、前半終了間際で逆転を喫したベティス。

 

何とか後半の巻き返しに期待したい所ですが・・!

 

後半戦 ベティスの華麗なる逆転勝利!

1点ビハインドのベティス、ホームで何としてでも勝ちたい所。

 

後半53分 ジローナのコーナーキックを凌いだベティスは、テンポよくボールを前線に運び、MFカナーレスが左サイドを全速力で駆け抜け、一気にペナルティエリアまでボールを運びます!

f:id:GOSE:20190120223600p:plain

一瞬の溜めを作りつつ、DF2人の注意を引きつけた上で、逆サイドのFWロレンに流してゴールと。

 

FWロレンも落ち着いて、ワンタッチからのまた抜きシュートでしたからね、見事な連動でした。

 

その後も、一進一退の攻防が続きますが、ジローナはFWドゥンビアがゴールを狙い、ベティスはロ・チェルソやカナーレスが前線にボールを運び、チャンスを演出し続けていますがゴールならず。


後半80分、ポジション的に乾貴士のライバルとなるMFライネスがピッチに投入され、ラ・リーガデビューを果たしましたが、後半85分には、ボール寄こせ!ってしっかりアピールしてましたしね。

f:id:GOSE:20190120220349p:plain

そして左サイドから切り込んでアシスト未遂となりましたが、しっかりとチャンスを演出していましたし、即スタメンとは絶対にならないでしょうが、上々のデビューを果たしたのはないでしょうか。

このままドローで試合が終わりそうな雰囲気もありましたが、アディショナルタイムは4分!

 

ここからベティスの執拗な攻撃が始まり、後半92分

f:id:GOSE:20190120220451p:plain

波状攻撃を凌ぐジローナでしたが、途中出場のMFドゥグラス・ルイスがクリアしようとしたボールを、後ろから妨害したMFロ・チェルソ。

 

多分ドゥグラスは見えてなかったのでしょうね、ボールを蹴るはずがロ・チェルソの足を蹴ってしまい、PKの判定!

 

そしてPKを蹴るのは、完全にベティスの中心となったカナーレスですが、GKの逆をつく3試合連続となるゴールを決めて、試合終了間際に、歓喜の大逆転となりました!

f:id:GOSE:20190120221459p:plain

試合はその後すぐに終わりましたが、ベティスにとって2019年に入って初勝利となりました!

 

カナーレス、今回はゴール無いかなあとか思ってたら、最後の最後にPKでゴールと、やっぱり彼は持ってるんでしょうかねえ、今日も目を奪われるダイナミックなプレイと、華麗なテクニックに目を奪われてしまいました・・!

 

ベティス 3-2 ジローナ

 

関連記事について 

日本時間1月14日に行われたレアル・マドリードとの第19節です

www.gosekun.com

 

最後に

最近はベティスの試合を観てて、いつも目を奪われているのがMFカナーレスの活躍ですね。

f:id:GOSE:20190120223833p:plain

最早完全にベティスの中心選手となりましたが、同点弾をアシストした高速カウンターは見事の一言でした。

 

現在、アジアカップに帯同している乾貴士にとって、カナーレスの座を奪うのは完全にイバラの道かと思いますが、ベティスに残留か、それとも同じラ・リーガ1部のアラベスに移籍となるのか。

 

今後も要注目ですね!

 

さてさて、ここまで読んで頂きありがとうございます!

また次回に~(^^)/