GOSE@Jリーグ&海外サッカー情報局

Jリーグのガンバ大阪を中心にサッカーの情報の記事を書いています

20181121210904

2019アジアカップ 冨安のA代表初&最年少ゴールでサウジを破りベスト8進出!

スポンサーリンク

初戦のトルクメニスタン戦やオマーン戦での苦戦続きの連続で、中々パっとしない試合が続いていましたが、グループステージ最終戦となるウズベキスタン戦で、粘り強い逆転勝ちを収め、勢いが出てきた我らがサッカー日本代表。

 

ここからが本番とも言える「ノックアウトステージ」に駒を進めましたが、負ければ終わりの一発勝負!

 

ベスト8進出をかけてサウジアラビアとの死闘を迎えますが、気になる結果は!

 

日本 1-0 サウジアラビア

 

果たしてどのような試合だったのでしょうか、下記にて記録に残していこうと思います!

f:id:GOSE:20181012231359j:plain

 

 

2019アジアカップ 日本vsサウジアラビア

 

サウジアラビアとの対戦成績は、8勝1分4敗と大きく勝ち越してはいますが、アジアカップで日本の4回に次ぐ3回の優勝経験を誇る強豪国ですね。

ノックアウトステージ(決勝トーナメント)の中で、アジア王者経験を持つ国同士が戦うのは、このカードのみとの事で、 しっかりと勝利を収めて決勝へと弾みをつけて欲しい所です。

 

そんな大一番、日本代表のスタメンは下記の通りとなりました。

 

日本代表 スタメン

GK:12 権田 修一

DF:5 長友 佑都 16 冨安 健洋 19 酒井 宏樹 22 吉田 麻也

MF:6 遠藤 航 7 柴崎 岳 8 原口 元気 9 南野 拓実 21 堂安 律

FW:13 武藤 嘉紀

f:id:GOSE:20180804113253j:plain

サウジアラビア スタメン

GK:21 モハンメド アルオワイス

DF:2 モハンメド アルブライク 4 アリ アルブライヒ 13 ヤシル アルシャハラニ 23 ムハンマド アルファティル

MF:10 サレム アルダウサリ 11 ハタン バヒブリ 14 アブドゥラー オタイフ 16 フセイン アルモカハウィ 20 アブドゥルアジズ アルビシ

FW:19 ファハド アルムワラド

 

試合内容と感想

負ければ即敗退・・・

 

この言葉の意味は重く、選手はもちろん応援している我々にも重く伸し掛かってきますね。

 

1つのミスが命取りになりかねない試合、一瞬でも目を離せない熱い試合となる事でしょう!

 

前半戦 富安のアジアカップ最年少ゴールで先制!

サウジは開始早々から日本陣営でボールを支配し、ガツガツと攻め込み続けて、開始1分でフリーキックからのヘディングシュートを打ってくるなど、ペースを掴み試合の主導権を握ります。

 

前半12分には、DF吉田麻也の顔面セーブでゴールを免れるなど、ピンチなれど日本DF陣は集中し、最後の最後で踏ん張り続けています。

 

サウジの猛攻の前に、日本としては耐えるしかないわけで、何とか先制点を奪いたい所ですが・・・

そして前半20分、左サイドでMF原口の粘りでコーナーキックを獲得し、キッカーはMF柴崎岳!

f:id:GOSE:20190121223806j:plain

ゴール前、まるで吸い込まれるかのように、お互いの選手達が集まる中心にボールを放り込み、フリーとなっていたDF冨安健洋がヘッドで合わせて・・・・!

 

値千金となる先制ゴーーーール!!!!

f:id:GOSE:20190121231159j:plain

 

MF原口元気の粘りからのコーナー獲得、そしてMF柴崎岳の見事なコーナーキックも見事の一言です!

その後は日本に勢いが出て、それまで劣勢だった中盤でボール奪取及びキープが出来るようになっていき攻勢を強めますが、得点には至らず。

 

しかし前半を通して見ると、左右から攻め込まれ、シュートを許すシーンも多々あり、尚且つサウジのボール支配率は60%を超えておりましたが、集中力を切らさなかったDF陣の奮闘もあり、辛くも無失点で前半を終えました!

 

後半戦 守備に忙殺されるもDF陣の踏ん張りで無失点!

後半に入っても、サウジの攻勢は止む所か激しさを増し、日本ゴールに迫ってきます。

 

先制点をアシストしたMF柴崎岳、後半6分に冒したパスミスで窮地に陥るシーンもありましたが、相棒のMF遠藤航のフォローもあり事なきを得ています。

 

全体を通してサウジに支配される時間が多かった中盤ですが、要所要所で相手の縦パスをカットし、攻守に渡って活躍していたMF遠藤航が頼もしかったですね。

 

しかし後半も半分を過ぎた頃から、日本代表のペースが落ちていき、攻撃に迫力と厚みが消えるばかりか、セカンドボールも拾えず、ボールキープもままならない状態になっていきます。

 

大体こういった試合は、ハイペースだったサウジの方が先にスタミナが切れて、日本の時間になっていったりするのですが・・・

 

ラストまで攻守に渡ってボールを支配され、ゴールに襲い掛かるサウジの選手達を必死で食い止める日本のDF陣。

 

今回の試合は攻撃陣よりも、DF長友佑都やDF吉田麻也などが終始身体を投げ出しての必死のブロックなど、守備陣の踏ん張りが印象に残りましたね。

f:id:GOSE:20190121231042j:plain

(守備の要、吉田麻也も疲労困憊)

 

この試合のボール保持率ですが、日本はわずか23.7%、対するサウジアラビアは76.3%と、後半など特に殆ど守備をしているように思えました。

 

パス数でも日本の197本に対してサウジアラビアが659本と、完全に中盤を支配される時間が長く、終始心臓に悪い試合で、審判も完全にサウジよりになっていき、解説の松木さんが声を裏返す場面や、怒声を挙げる時もありました。

 

アディショナルタイムは4分、最後の最後まで攻め込まれるシーンが続きますが、集中力を切らさずに日本代表がサウジを下し、ベスト8進出を決めました!1

 

日本 1-0 サウジアラビア

 

DF冨安健洋の代表初ゴール&アジア杯最年少弾について

東京五輪世代の期待の若手、大型CBとしても将来の日本を背負って立つ選手として注目されていますが、現在彼は20歳と77日で、本日のゴールはA代表として初なだけではなく、アジア杯最年少ゴールとの事。

f:id:GOSE:20190121232048j:plain

今大会の初戦・トルクメニスタン戦でMF堂安律が20歳207日で達成したかと思えば、あっという間にCB冨安健洋が更新。

 

若手が躍動する姿は、将来に希望を持てますので、これからもどんどん活躍していって欲しいですね!

 

最後に

次回は中2日となる1月24日のベトナム戦!

 

森保監督は「また次の試合でも勝って、応援してくださる方に勝利を届けられるようにしたい」とコメント

 

ベトナムに負ける姿は想像出来ないのですが、サッカーは何が起こるかわからないですからね、油断せずしっかりと勝ってほしい所です。

 

さてさて、ここまで読んで頂きありがとうございます!

また次回に~( *´艸`)