GOSE@Jリーグ&海外サッカー情報局

Jリーグのガンバ大阪を中心にサッカーの情報の記事を書いています

20181121210904

アラベス乾貴士 惜しいシーン連発も攻守に渡って存在感を発揮し勝利に貢献

スポンサーリンク

乾貴士にとってスペインで3番目のクラブである「アラベス」

 

開幕当初は快進撃を果たしましたが、後半になるにつれて失速、現在アラベスは3連敗中で、4試合勝利がなく9勝5分8敗と、厳しい状態となっているようです。

 

レアル・ベティスでスタメンの座を掴む事が出来ず、アジアカップでも不完全燃焼に終わってしまった彼ですが、アラベス移籍後に即スタメンでの起用と、その期待値の高さが伺えますね。

 

その中で我らが乾貴士は、半年間のレンタル移籍の中で、どのような活躍を残すのか、1試合1試合見逃せない展開が続きますが・・

 

大注目の初陣となる2月12日に行われたラ・リーガ第23節の結果は、

 

アラベス 2-0 レバンテ

 

果たしてどのような試合だったのでしょうか、下記にて記録に残していこうと思います!

 

 

ラ・リーガ第23節 アラベスvsレバンテ

アジアカップ終了後、丁度1週間前の2月5日にクラブに合流、そして15日の金曜日には入団会見を行い、背番号は11に決まりましたね。

 

果たして乾貴士は、低迷するアラベスの救世主となる事が出来るでしょうか!

 

アラベス スタメン

乾貴士は3トップの一角、右ウィングでの出陣となりましたが、中に切り込むキレキレのドリブルと、ロシアワールドカップで魅せてくれたシュートをいま一度!!

f:id:GOSE:20190212201648p:plain

 

レバンテ スタメン

f:id:GOSE:20190212201758p:plain

試合内容と感想

月曜日のナイトゲームとなりますので空席が目立ち、静かなデビュー戦となりましたが、後半になるにつれて観客が増えていき、声援が大きくなっていきましたね。

前半戦 CBラグアルディアのヘディングでアラベス先制

アラベスの基本戦術は、ボールを奪ってからは縦に縦に早いパスを前線に送り、ポゼッションで相手を崩すのではなく、速攻でゴールを奪うスタイル。

 

前半4分すぎた頃のファーストタッチ後は積極的にボールを追いかけ、前線からプレッシャーをかけ続ける乾貴士、前半8分にはレバンテDFの股を抜くパスを前線に通すなど、こういったパスやクロスを右サイドから供給するのが、今後は求められるはず。

 

Embed from Getty Images

 

ただ右サイドから左サイドに、状況に応じて縦横無尽にポジションが変化していましたが、前半16分にはFWジョニーのクロス→FWカジェリのヘディング不発後に、頭で押し込むチャンスが巡ってきますが、惜しくも枠内!

 

今季10得点を挙げているセットプレーを武器の一つとしていますが前半23分、FWジョニーのコーナーキック→CBラグアルディアがヘディングで合わせ、アラベスが先制!!

 

Embed from Getty Images

 

CBラグアルディアは今季初ゴール、アラベスとしても4試合ぶりの得点との事で、これを弾みに勢いをつけて欲しい所。

 

乾貴士は前半36分に、絶妙なクロスを左サイドから供給し、レバンテゴール前に張っていたCBラグアルディアがヘッドで合わせますが、惜しくもゴールならず。

 

前半43分には、左サイドから得意のドリブルでファールを誘いゴール前でフリーキックを得るなど、得点には結びつきませんでしたが、攻守に渡り存在感を発揮し、チームに貢献している姿が印象的でしたね。

 

試合はその後もアラベスペースで進み、1点リードで前半終了となりました。

 

アラベス 1-0 レバンテ

 

後半戦 スタンディングオベーションを受ける乾貴士

1点リードのアラベス、後半46分にはレバンテの選手を巧みなボール捌きで交わし、シュートを打つなどゴールとはなりませんでしたが、ワクワクさせてくれる乾貴士が返ってきたように思えます。

 

後半55分と後半60分には、ゴール前でシュートを打ちましたが、残念ながら宇宙開発&シュートパワーが足りずGKに阻まれゴールならず。

 

Embed from Getty Images

 

このあたりの精度を高めていければ良いのですけどね、勿体ないといえば勿体ないですが、ベティスと違うのは、しっかりとボールが集まるという事ですね、ゆえに早い内にゴールを決めたい。

 

後半71分には、レバレスGKの位置を見てセンターライン付近から超ロングシュートを打ち、残念ながらペナルティエリア外にボールは飛んでいきましたが、積極的にゴールを狙う姿勢は、純粋にサッカーを楽しんでいるように思えます。

 

乾貴士は後半87分に交代となりましたが、本来ならもう少し早く下げる予定だったようですが、良い調子だったために送れたそうです。

 

そしてピッチを去る際に、アラベスの本拠地であるメディソロサに集まった観客から「スタンディングオベーションで称賛」されるなど、第一印象は最高の結果となったようです。

 

Embed from Getty Images

 ↑ボールをユニの下に隠してゴールを喜ぶジョニーと、称えるワカソ

 

試合はその後、FWジョニーがレバンテDFルクレからボールを奪い、試合終了間際にダメ押しとなる1点を決め、無失点での快勝となりました!

 

アラベス 2-0 レバンテ

 

Embed from Getty Images

 

FWジョニーですが、前半はポジションを変更するなどして、クロスやパスを多く乾貴士に供給してくれていましたし、彼との連携が今後楽しみですね!

最後に 乾貴士について

デビュー戦では、アシストやゴールなどの結果に残る活躍とはなりませんでしたが、監督の評価は上々で、以前から所属していたチームなのかな?って思わせるほど全体的にフィットしていましたね。

 

前半後半を通して守備時の寄せも早く、攻守に渡って数多くのチャンスメイクを果たし、3連敗中だったアラベスに勢いを与える勝利に貢献出来たのが最大の収穫で、これに関しては次回以降に繋がる結果になったと思います。

 

Embed from Getty Images

 

ベティスを押しのけて、アラベスは勝ち点を35にのばして6位に浮上、ヨーロッパリーグ出場圏内に入る事ができましたが、次節は日本時間17日の早朝4時45分に行われる、ラ・リーガ第24節 ベティスvsアラベス

 

いきなり楽しみな一戦となりますが、期待して待ちたいと思います!

 

さてさて、ここまで読んで頂きありがとうございます!

また次回に~(^^)/