GOSE@趣味とガンバとタイガース模様

初めまして、GOSEです。趣味のゲームやアニメ、投資関連。最近は阪神タイガース記事を中心に書いています。阪神今年は優勝や!!

20181121210904

2019Jリーグ開幕間近!ガンバ大阪のスタメン予想と今季について思う事

スポンサーリンク

2月22日、ヤンマースタジアムでセレッソ大阪vヴィッセル神戸のオープニングマッチを皮切りに、いよいよJリーグが開幕となりますね!

 

私もガンバ大阪一筋で、1年を通して応援していこうと考えていますが、気になるのは今季の開幕カードのスタメンと、成績予想かと思います。

 

2月23日、パナソニックスタジアム吹田で行われる

「ガンバ大阪vs横浜F・マリノス」

 

今から楽しみで仕方ないのですが、様々な本を読んで、尚且つ去年のスタメンを考慮に入れて結果・・・

f:id:GOSE:20190218221531p:plain

 

ガンバ大阪 Jリーグ開幕戦予想スタメン

殆ど昨季のスタメンメンバーが残っていますし、即スタメンレベルの新戦力も限られているので、サッカーダイジェストの予想そのままなのですが、個人的にはこれしか考え付かないなあっと。

 

GKは日本代表 東口順和

GKは安定感抜群の東口 順和、アジアカップでは怪我のために、唯一試合に出る事が出来ませんでしたが、今季もメインGKとして活躍してくれる事でしょう。

 

現在第二GKの林 瑞輝は、昨季のJ1第9節・大阪ダービーのセレッソ大阪戦で、負傷した東口順和に変わってJ1デビューを果たし、安定したプレイで無失点に抑える活躍。

 

今季は出番ありますかね、楽しみです!

 

CB 三浦 弦太とキム・ヨングォンが有力

CBの二人は、三浦弦太と新加入のキム・ヨングォンを第一に、タイの強豪ムアントン・ユナイテッドから移籍した青山直晃ですね。

 

三浦弦太は23歳の若さながら、昨年から引き続いてガンバ大阪のゲームキャプテンを務めるとの事で、今季は後方からのロングフィールを鍛え、更に磨きをかけるとの事。

 

Embed from Getty Images

 

日本代表としてもアジアカップでは1試合のみの出場となり、まだまだ不安定なプレイ内容ではありましたが、更なる成長が期待できます。

 

そして補強の目玉となった韓国代表のキム・ヨングォンは、6年ぶりのJリーグ復帰となり、現役代表レベルの選手ですし、退団したCBファビオの後釜としては十分すぎる能力でしょう。

 

三浦弦太と同じく、後方からのビルドアップが得意のようで、ガンバ大阪の目指す「縦に早い攻撃」にマッチしていますし、確実に活躍してくれると思われます。

 

最後に青山直晃は、対人・対空共に高レベルでベテランの業で、1年間という長い戦いを支えてくれるはず!

 

左右のSBは藤春 廣輝とオ・ジェソク?

左SB藤春 廣輝は、昨季は怪我のために離脱していた時期もありましたが、復帰後は宮本恒靖監督指揮の下、ハードワークと攻撃参加で存在感を示してくれて、残留の立役者の1人でした。

 

Embed from Getty Images

 

今季で9年目となるベテランの活躍に期待したい所です。

 

そして右SBは、今季7年目を迎えるオ・ジェソクはフィジカルを武器とし、右サイドが崩される事が少ないのは、彼の存在が大きく安定した守備力で、今季もスタメンで間違いなしだと思います。

 

そして、オ・ジェソクとスタメン争いとなりそうなのが、昨季J3に降格が決まったロアッソ熊本で大ブレイクし、9得点12アシストを記録した、新加入の田中 達也ですね。

 

現在はアルビレックス新潟に所属している同姓同名の、元日本代表の田中 達也がいますが、一瞬彼が新加入したのかと勘違いしてしまいましたが・・

 

てっきり2列目で使うと思っていて 、後述するMF小野瀬 康介とのスタメン争いになるかと思いきや、取りあえずはSBとして起用する予定のようです。

 

彼がSBにハマれば、より一層攻撃的な布陣になると思いますので、今から楽しみですね、期待しています!!

 

ダブルボランチは不動の遠藤保仁と今野 泰幸か?

遠藤 保仁が散らして、今野 泰幸が潰す。

 

Embed from Getty Images

 

ガンバ大阪の屋台骨となる元日本代表の両名は、不動のスタメンとして今季も機能する事でしょう。

 

ただJリーグで数少ない1億円プレイヤーの1人である遠藤保仁は39歳、今野泰幸も36歳と全試合を通してフル稼働は厳しいと思うので、ベガルタ仙台のレンタル移籍から復帰した矢島 慎也と、宮本恒靖監督期待の高 宇洋らとの、ローテーションが大事になるかと思います。

 

特に高 宇洋は昨季に12試合に出場し、しっかりと存在感を発揮していましたので、期待したい所です!!

 

2列目のサイドは倉田 秋と小野瀬 康介か

ガンバ大阪11年目となる背番号10番、倉田 秋はキレキレのドリブルとハードワークで、左サイドのスタメンは間違いなしだと思います。

 

Embed from Getty Images

 

私がJリーグをガッツリ観はじめた2011年頃、彼はセレッソ大阪に期限付き移籍となっていましたが、清武 弘嗣や乾貴士と並んで、凄い選手がいるなあっと注目していました。

 

今季もガンバ大阪を支える選手の1人になるのではないでしょうか!

 

そして昨季より右サイドのスタメンとして、名を馳せているのが小野瀬 康介ですね。

 

レノファ山口から移籍後、チームに慣れてきた後半になるにつれて、ドリブル突破とクロスで数多くのチャンスメイクで存在感を示し、今季はどれくらい得点を決めてくれるのか、楽しみで仕方ないですね。

 

FWはファン・ウィジョで確定 アデミウソンか渡邉 千真か

2トップの一角は間違いなくファン・ウィジョで確定かと思います。

 

アジアカップから復帰後は不動のスタメンとして、そのずば抜けた決定力を遺憾なく発揮し、J1残留の立役者の1人となってくれていました。

 

Embed from Getty Images

 

今季は何得点決めてくれるのか、楽しみで仕方ないです。

 

そして彼の相棒となるのは、アデミウソンか渡邉 千真か!

 

アデミウソンは、足の付け根に痛みが生じる、サッカー選手に多い疾患の「グロインベイン症候群」のために合流が遅れましたが、夏以降復帰し、後半戦になるにつれてポテンシャルを発揮。

 

昨季、残留に向けてのテコ入れとして新加入した渡邉 千真を押しのけて、スタメンで活躍してくれていましたね。

 

渡邉 千真は、得点力というより日本代表の大迫 勇也のようにキープ力でボールを保持し、周囲を活かす万能型FWです。

 

途中からの合流とはいえ、昨季は15試合に出場し3得点のみと、少々物足りない数字ではありますが、チームの一員としてフィットしていくのは今季からだと思いますので、期待したいと思います。

 

最後に 宮本恒靖監督について

開幕カードの横浜F・マリノス戦のチケット購入してまして、久々のスタジアム観戦、今から緊張してしまいますが楽しみで仕方ないです!!

f:id:GOSE:20190218184517j:plain

ツネ様こと、宮本恒靖監督は見れば見るほど男前で、今季もその手腕に期待が掛かりますね。

 

Embed from Getty Images

 

補強内容が他のクラブと比べても派手さが無く、かなり堅実な内容となっており、昨年と同じレベルでは、昨年以上の結果は望めないとしつつも、個人の質を高めていってチームのレベルを高めていく。

 

それでも足りない面は、スピードアップに田中 達也を、そしてディフェンスラインからのビルドアップにキム・ヨングォンを獲得し、昨季の課題を埋めるピースとして獲得してもらったとの事。

 

どのようになっていくか、誰にもわかりませんが監督と選手を信じて全力で応援していきたいと思います。

 

さてさて、ここまで読んで頂きありがとうございます!

また次回に~(^^)/