GOSE@Jリーグ&海外サッカー情報局

Jリーグのガンバ大阪を中心にサッカーの情報の記事を書いています

20181121210904

2019Jリーグ第3節 ガンバは3試合で8失点かつホームで2連敗 グランパスの勢いに力負け

スポンサーリンク

2019年2月22日金曜日にJ1リーグが開幕、我らがガンバ大阪は、前節の清水エスパルスとの対戦で攻撃陣が覚醒し、4得点を挙げる快勝となりましたが、今回の相手は2連勝中の名古屋グランパス!

 

1勝1敗のガンバに対して、2連勝と最高のスタートを切った強敵を前に、その勢いを止める事が出来るのか!っと期待した1戦でしたが、結果は

 

ガンバ大阪 2-3 名古屋グランパス

 

果たしてどのような試合だったのでしょうか、下記にて記録に残していこうと思います!

f:id:GOSE:20190309150204p:plain

 

Jリーグ第3節 ガンバ大阪vs名古屋グランパス

ガンバ大阪は前節と同じメンバーですね、名古屋グランパスは前節でセレッソ大阪相手に2得点を挙げ、勝利に貢献したFW赤崎 秀平がスタメンとなっています。

ガンバ大阪スタメン

f:id:GOSE:20190303094519j:plain

ベンチ入り選手

GK 23 林 瑞輝

DF 13 菅沼 駿哉 14 米倉 恒貴

MF 6 田中 達也 21 矢島 慎也 28 高 宇洋

FW 39 渡邉 千真

名古屋グランパス スタメン

f:id:GOSE:20190309173152p:plain

ベンチ入り選手

GK 16 武田 洋平

DF 3 櫛引 一紀 5 千葉 和彦

MF 4 小林 裕紀 9 長谷川 アーリアジャスール 28 榎本 大輝

FW 27 相馬 勇紀

試合内容と感想について

ガンバ大阪のホームとなる、パナソニック吹田スタジアムでの1戦となりますが、好調の名古屋グランパス相手に、今季ホーム初勝利となるか、期待したい所でしたが・・

前半戦 ガンバ大阪開始1分でいきなり失点

グランパスボールから始まりましたが、MF和泉、DF吉田、MF米本と細かくパスを繋がれて左サイドを完全に崩され、あっという間にガンバ陣営に迫ってきたと思ったら、最後はDF吉田からのマイナスのクロスをFW赤崎に流し込まれ、開始1分で失点・・・

 

2017年に期限付き移籍でガンバ大阪に在籍していたこともあり、古巣への一発という形となりましたね。

 

しかしガンバは3試合連続の失点、開始直後の集中力と守備陣に問題があるのでしょうか・・

 

前半10分、自陣ペナルティエリアから前線へのロングパスが繋がり、最後はMF倉田のミドルシュートまで漕ぎ付けますが、GKランゲラックの正面で、ゴールならず。

 

その後もサイドからMF小野瀬の突破や、開始直後は圧倒されていたMF遠藤とMF今野の中盤もペースを取り戻し、ボールを持つ時間が増えてきているガンバ。

f:id:GOSE:20190306203440j:plain

特にアデミウソンが、味方へのパスと前線でのボールキープ、そしてシュート共にキレキレで、多くのチャンスメイクをしてくれていますが、半面ファン・ウィジョにはボールが収まらない印象。

 

ペースを取り戻したガンバ、前半の内に1点返しておきたい所ですが、一進一退の攻防の末に前半37分!

 

右サイドを突破したMF小野瀬が、ディフェンスラインとGKの間に入れる絶妙なグラウンダーのクロスを放り込み、FWファン・ウィジョが合わせてゴール前に飛び込こみますが、対応したグランパスDF中谷の足に当たってオウンゴールとなり、ガンバが1点返す事に成功!

 

しかし、その1分後となる前半38分、センターライン付近のフリーキックを獲得したグランパス、キッカーのMFシャビエルがクロスを供給すると、MFシミッチが頭で合わせて、あっという間に得点を決められてしまいます・・

 

その後も、グランパスペースで前半終了を迎えますが、辛くも失点を許さず切り抜けています。

 

ガンバ大阪 1-2 名古屋グランパス

後半戦 激しい点の取り合いも藤春のオウンゴールで負け越し

f:id:GOSE:20190309155501p:plain
前半スタッツを見るに、互角に見えますがチャンスはグランパスが多く掴んでいた印象です。

 

後半が始まり1点ビハインドのガンバですが、後半47分に迫りくるグランパス選手をかわしたMF小野瀬がMF遠藤と繋ぎ、前線のFWファン・ウィジョにすかさずロングパスを放り込みます。

絶妙なトラップでボールをキープしたウィジョのシュートは、飛び出しが一瞬早かったGKランゲラッチに阻まれゴールならず。

 

後半に入って左サイドのDF藤春とMF倉田が活性化してきて、グランパスゴールに迫るシーンもあり、頼りのFWファン・ウィジョにボールを預けるも横に横に逃げるプレイでは迫力不足で、シュートまで進めず。

 

そして後半64分、カウンターで一気にグランパスの左エリアを駆け抜けるFWアデミウソン、ペナルティエリア左に追い込まれたかに見えましたが、グランパスDF中谷のファールを誘い、ここでPK獲得!!!

 

GKランゲラックと熱い読み合いがありましたが、FWアデミウソンが冷静に決めて、同点弾ーーーーーー!!!

f:id:GOSE:20190309162940p:plain

本日も大活躍のFWアデミウソンですが、かなり安定してますね、本当に頼りになります。

ガンバはその後5分ごとに選手交代を続けて、MF遠藤、DFオ・ジェソク、そしてFW倉田を下げて、MF矢島、DF米倉、FW渡邉を投入し、3トップの攻撃的な布陣で構成を仕掛けますが、グランパスの守備陣を突破出来ずに、時間だけが過ぎていきます。

 

そして後半42分、途中出場のグランパスFW相馬が、左サイドをドリブル突破し、一気にペナルティエリア左まで持ち込んでグラウンダーのクロスを放り込みます。

 

GK東口が一度は弾きますが、カバーに入ったDF藤春に当たってしまい、ここで無念のオウンゴール、アディショナルタイムは4分ありましたが、最早追いつく力はガンバに無く、ホームで2連敗となってしまいました。

 

ガンバ大阪 2-3 名古屋グランパス

 

関連記事について

前節、ガンバ大阪vs清水エスパルスの試合内容です

www.gosekun.com

最後に 

いやあ、前半後半通して2回、グランパスに追いつくも最後は不運とも言えるオウンゴールで無念の敗戦となりましたが、藤春に関しては、あれは事故みたいなもので致し方ないでしょうね。

 

しかし3試合で8失点はリーグワーストですが、宮本監督なら徐々に修正していってくれる事を信じています。

 

勝てそうな雰囲気もあったんですけどね、かなり悔しい展開となってしまいましたが、次戦は3月17日に行われる第4節!

 

優勝候補の川崎フロンターレとのアウェー戦となりますが、果たして!!

 

さてさて、ここまで読んで頂きありがとうございます!

また次回に~(^^)/