GOSE@Jリーグ&海外サッカー情報局

Jリーグのガンバ大阪を中心にサッカーの情報の記事を書いています

20181121210904

2019森保ジャパン 国際親善試合に挑むJリーグ勢、乾貴士と香川真司について思う事

2019年サッカー日本代表は、4年ぶりに行われたアジアカップから始まりましたが、残念ながらあと一歩及ばず準優勝で幕を閉じましたね。

 

そして本日3月14日、国際親善試合のコロンビア戦(3月22日)と、ボリビア戦(3月26日)に挑む23人を発表!!

 

乾貴士がアジアカップから引き続き代表戦に挑む形となり、トルコで活躍中の香川真司が8カ月ぶりに代表復帰となりましたが、この2試合での活躍の出来で、同年6月に行われる「コパアメリカ」に挑む選手達が決まるといっても過言ではない前哨戦!!

 

2019アジアカップでの主力の大半は呼ばれていませんが、Jリーグ勢と個人的に応援している乾貴士と香川真司について書いていきたいと思います。

f:id:GOSE:20190130204300j:plain

 

森保ジャパン 乾貴士と香川真司について思う事

スペインのラ・リーガ、アラベスでスタメンの座を掴み、2試合連続のゴールを決めるなど好調の乾貴士と、トルコ・リーグのベシクタシュで鮮烈デビューを果たし、スーパーサブとして大活躍している香川真司。

 

他に注目している選手はというと・・ 

 

国際親善試合に挑む23人の選手たち

GK:12 権田 修一

DF:5 長友 佑都 16 冨安 健洋 19 酒井 宏樹 22 吉田 麻也

MF:6 遠藤 航 7 柴崎 岳 8 原口 元気 9 南野 拓実 21 堂安 律

FW:15 大迫 勇也

Embed from Getty Images

 

アジアカップ決勝戦、カタール戦のスタメンは上記の通りでしたが、GK権田 修一とDF陣では長友 佑都、酒井 宏樹、吉田 麻也が、そしてMFとFWでは遠藤 航と原口 元気、大迫 勇也が怪我と所属クラブの決定などもあって、招集外となっています。

GKについて 注目は東口 順昭

東口 順昭(32歳=ガンバ大阪)、シュミット・ダニエル(27歳=ベガルタ仙台)、中村 航輔(24歳=柏レイソル) 

Embed from Getty Images

 

ポルトガルの「ポルティモネンセSC」に移籍したGK権田 修一が今回招集されませんでしたので、ガンバ大阪の正GKで安定感が売りのGK東口 順昭が、メインになるのではないかと考えています。

 

アジアカップでは怪我のために唯一試合に出場する事が出来ませんでしたが、その時のうっ憤を国際親善試合で晴らして欲しい所です。

DF陣について 注目は昌子源と冨安健洋

西 大伍(31歳=ヴィッセル神戸)、佐々木 翔(29歳=サンフレッチェ広島)、昌子 源(26歳=トゥールーズ)、室屋 成(24歳=FC東京)、三浦 弦太(24歳=ガンバ大阪)、安西 幸輝(23歳=鹿島アントラーズ)、畠中 槙之輔(23歳=横浜F・マリノス)、冨安 健洋(20歳=シントトロイデン)

Embed from Getty Images

(CB冨安 健洋)

 

アジアカップでは、CB吉田 麻也の相棒として貫禄の大活躍が記憶に新しいですが、今回もキッチリと代表に選ばれています。

 

Embed from Getty Images

(CB昌子 源)

 

鹿島アントラーズから、フランスのリーグアン「トゥールーズ」に移籍したCB昌子 源、日本人CBに海外でのプレーは無理と言われていましたが、吉田 麻也以来ぞくぞくと海外に挑戦し成功していってますね。

 

とりあえずCBは、この2人がメインになるかと思いますが、SB長友 佑都と酒井 宏樹の変わりに、誰がメインになるのか気になる所です。

 

MFについて 乾貴士と香川真司に期待

乾 貴士(30歳=アラベス)、香川 真司(29歳=ベシクタシュ)、山口 蛍(28歳=ヴィッセル神戸)、小林 祐希(26歳=ヘーレンフェーン)、宇佐美 貴史(26歳=デュッセルドルフ)、柴崎 岳(26歳=ヘタフェ)、中島 翔哉(24歳=アルドゥハイル)、南野 拓実(24歳=ザルツブルク)、守田 英正(23歳=川崎フロンターレ)、堂安 律(20歳=フローニンゲン)

 

前回は怪我のために招集されませんでしたが、カタールに移籍した中島 翔哉が復帰、新三銃士の南野 拓実と堂安 律が選ばれているのも楽しみですね。

  

Embed from Getty Images

(乾貴士 果たして凶と出るか吉と出るか)

 

ラ・リーガ「ベティス」ではスタメンの座を奪う事は出来ませんでしたが、移籍先のラ・リーガ「アラベス」で攻守共にインパクトを残しつつ、2試合連続のゴールを決めるなど大活躍中の乾貴士。

 

完全に波に乗っている状態ですが、この時期での代表復帰は正直微妙かなあとも思っています。

 

勿論代表戦で彼の活躍が観られるのは嬉しい事ではあるのですが、アジアカップではちょっと不遇でしたし、リーグに戻った際のコンディションと、何より怪我が心配ですね。

 

折角アラベスで掴んだチャンスが不意にならないように、活躍を期待したいと思います。

 

Embed from Getty Images

 

ドイツのブンデスリーガー「ドルトムント」で不遇の時を過ごしていた香川真司ですが、トルコリーグのベシクタシュにレンタル移籍を決断。

 

デビュー戦で2ゴールを決めるなど鮮烈な印象を受け付け、怪我で1試合欠場していましたが、復帰後すぐにゴールを決めるなど、トルコでは香川旋風が巻き起こっている状態です。

 

夢であるスペインリーグのクラブに移籍出来るか、ベシクタシュでの活躍次第かと思いますが、彼もまたクラブ復帰後のコンディションと怪我が心配ですね。

 

乾貴士と香川真司、両名ともクラブでの活躍を優先してほしいのが正直な気持ちではありますが、選ばれたからには全力で応援したいと思います!!

 

FWについて 絶対的エース大迫 勇也の変わりは?

鈴木 武蔵(25歳=北海道コンサドーレ札幌)、鎌田 大地(22歳=シント=トロイデンVV)

 

Embed from Getty Images

(FW鈴木 武蔵)

 

ジャマイカ人の父と日本人の母を持つ25歳のストライカーは、J2クラブのV・ファーレン長崎で覚醒し、今季よりJ1クラブの北海道コンサドーレ札幌で活躍している選手です。

 

武器はフィジカルとスピード、ポテンシャルの塊ともいえる選手でDFの背後のスペースにすっと入る裏抜けを得意としています。

 

森保ジャパンで初選出となりましたが、果たしてどのようなプレイでアピールしてくれるのか楽しみですね!

 

Embed from Getty Images

(FW鎌田 大地)

 

Jリーグクラブのサガン鳥栖で活躍後、ドイツブンデスリーガーのフランクフルトに移籍しましたが、1シーズンでの出場は3試合のみと、残念ながら戦力外通告を受けてしまいます。

 

その後はベルギーリーグのシント=トロイデンVVにレンタル移籍となり、ストライカーとしての才能が大爆発して現在は12試合で10得点を挙げるなど、代表に呼ばれるほどの活躍を見せてくれているようです。

 

大迫 勇也に代わるFWとして、代表戦でしっかりとアピールを期待したい所です!

 

最後に

3月22日に激突するのは、W杯で戦って勝利したコロンビアとなりますが、レベルで見ると10回ガチで戦って何度勝てるかって相手ではありますが、森保ジャパンがどのようなサッカーを魅せてくれるのでしょうか。

 

新三銃士の中島 翔哉、南野 拓実、堂安 律ですが、乾貴士と香川真司を抑えてスタメンの座をキープし続けるのか、見所は沢山ありますが、来週22日を楽しみに待ちたいと思います。

 

さてさてここまで読んで頂きありがとうございます!

また次回に~(^^)/