GOSE@Jリーグ&海外サッカー情報局

Jリーグのガンバ大阪を中心にサッカーの情報の記事を書いています

20181121210904

J1リーグ第4節 SB起用 三浦弦太のゴールでガンバが王者フロンターレに勝利

スポンサーリンク

2019年2月22日金曜日にJ1リーグが開幕!

 

3月9日に行われたJ1リーグ第3節 ガンバ大阪ホームとなるパナソニック吹田スタジアムで名古屋グランパスを迎え撃ちましたが、打ち合いの末に1点差で敗北してしまい、守備面で大きな課題を残す形となりましたね。

 

現在1勝2敗と中々波に乗り切れていませんが、3月17日15時に行われた川崎フロンターレとの1戦!結果は、

 

川崎フロンターレ 0-1 ガンバ大阪

 

果たしてどのような試合だったのでしょうか、下記にて記録に残していこうと思います!

f:id:GOSE:20190317145955p:plain

 

Jリーグ第4節 川崎フロンターレvsガンバ大阪

ガンバ大阪は3月17日現在、3戦1勝2敗で勝ち点3で順位は11位、対する川崎フロンターレは3戦3分で勝ち点3で順位は13位となっています。

 

お互いに勝ち点3が喉から手が出るほど欲しい状態かと思いますが、勝利の女神はどちらに微笑むのでしょうか!

ガンバ大阪スタメン

f:id:GOSE:20190317151122p:plain
ベンチ入り選手

GK 23 林 瑞輝

DF 14 米倉 恒貴 22 オ ジェソク

MF 6 田中 達也 15 今野 泰幸 21 矢島 慎也

FW 39 渡邉 千真

川崎フロンターレ スタメン

f:id:GOSE:20190317151012p:plain

ベンチ入り選手

GK 21 新井 章太

DF 2 登里 享平 26 マギーニョ

MF 6 守田 英正 19 齋藤 学 22 下田 北斗

FW 9 レアンドロ ダミアン

試合内容と感想について

ガンバ大阪はSBのオ・ジェソクとダブルボランチの一角である今野 泰幸がベンチスタートとなり、DF菅沼 駿哉とMF高 宇洋がスタメンでのスタートとなりましたね。

 

今野 泰幸がいないとガンバ大阪は勝てないと言われてますが、果たして・・!

 

川崎フロンターレの前節、横浜F・マリノス戦観ましたけど、大島の変わりに入った田中 碧が攻守に渡って輝いていたので警戒したい所ですが、レアンドロ ダミアンと守田 英正がベンチスタート、ACLの疲れなのかな?

前半戦 ペースを握られながら前半を無失点で切り抜けるガンバ

前半開始早々は、お互いに丁寧なパス回しで中盤で様子を探り合っていましたが、ファーストシュートはフロンターレのMF中村 憲剛と、MF長谷川 竜也の左サイドから切り崩しされたりと、ヒヤヒヤするシーンも多々ありましたが、ガンバDF陣は辛くも失点を免れる展開が続きます。

f:id:GOSE:20190306203440j:plain

ガンバとしては、フロンターレ最終ラインのパスミスを上手くついたり、カウンターでFWアデミウソンが流石のボールキープ力で切り込んだりしてましたが、MF田中 碧に上手く押され切られたりと、ゴールとはならず。

 

互角の展開ではありますがセカンドボールも取られ気味で、シュートシーンまで攻め込まれる展開が続き、どちらかというとフロンターレペースながらも、辛くも無失点で切り抜けられた前半という印象でした。

 

川崎フロンターレ 0-0 ガンバ大阪

後半戦 フロンターレの攻勢を凌ぎ切り、三浦弦太の決勝ゴールが決まる

前半戦のスタッツ

f:id:GOSE:20190317155759p:plain

数値が物語っていますが、ボール支配率や枠内シュート数など、挙句の果てにはパス成功率も劣勢とあっては、中々厳しいモノがありますね。

 後半何とか修正して攻勢に出て欲しい所ですが、後半50分頃にガンバMF小野瀬 康介がフロンターレDF陣を手玉に取る股抜きパスで、あわや得点か!って場面があり、そこからの連続コーナーキックを獲得するなど、徐々に流れを掴みつつあるように思えました。

 

しかし後半56分にMF山村 和也を下げてMF齋藤 学を投入したフロンターレは、再度流れを掴みなおして、再三の波状攻撃を仕掛けてきますが辛くも耐えきるガンバ大阪。

 

更に後半66分、MF長谷川 竜也に変えてFWレアンドロ ダミアンがピッチに投入され、更に攻勢に厚みを増そうとするフロンターレ。

f:id:GOSE:20190317163928p:plain

ガンバ大阪視点で胃が痛くなる程の劣勢の中、再三の波状攻撃を仕掛けられますが、本当に紙一重で辛くも凌ぎ切るDF陣営と、中々交代選手を投入しない宮本恒靖監督。

 

後半81分、フロンターレはMF中村 憲剛を下げてMF下田 北斗を投入し、最後の攻勢を仕掛けてあわや失点・・・という場面も、GK東口の勇気ある飛込で乗り切っています。

 

そして後半91分、 中盤でボールをキープしたガンバ大阪が、FWアデミウソンが溜めを作ってMF倉田 秋に繋ぎ、駆け上がってきたDF藤春 廣輝に丁寧なパスを供給。

 

トップスピードでフロンターレのペナルティエリアに切り込み、グラウンダーのクロスを供給、これをフリーになっていた今季SB起用の三浦 弦太が難なく流し込んで劇的決勝弾となりました!!

f:id:GOSE:20190317170528p:plain

アディショナルタイムは4分ありましたが、ここまで全く交代枠を使ってなかった宮本恒靖監督が、時間稼ぎも兼ねてFWアデミウソンとMF小野瀬 康介を下げて、FW渡邉 千真とDF米倉 恒貴を投入した所で、試合終了の笛。

 

フロンターレの攻勢を辛くも凌ぎ切ったガンバ大阪の勝利となりました!!

 

川崎フロンターレ 0-1 ガンバ大阪

関連記事について

前節、ガンバ大阪vs名古屋グランパスの試合内容です

www.gosekun.com

 

最後に 

ガンバ大阪は、これまで守備に不安を抱えていましたが、今節は耐えに耐えて無失点で乗り切り、引き分けに終わるかと思いきや、SB起用の三浦弦太が決勝点と、宮本監督の狙いがズバリ的中した、見事な勝利!!

f:id:GOSE:20190317173541p:plain
様々な面で劣勢の中、最後の決勝弾はついつい思わず大声で叫んでしまっていましたが、大興奮の1戦となりました。

 

次節は、代表戦を挟んでの3月30日に行わえるJ1リーグ第5節、パナスタでヴィッセル神戸を迎え撃つ形となります。

 

既にチケットが売り切れているようですが、また気合入れて応援したいと思います!!

 

さてさて、ここまで読んで頂きありがとうございます!

また次回に~(^^)/