GOSE@Jリーグ&海外サッカー情報局

Jリーグのガンバ大阪を中心にサッカーの情報の記事を書いています

20181121210904

「久保建英」現状はレアルが行う青田買いの1人!リーガデビューの日を迎えるためには?

f:id:GOSE:20190525155550j:plain
2019年6月14日、日本のサッカー界に置いて歴史的な出来事がありました。18歳の若さで日本代表デビューを果たし、15日から開幕する「コパ・アメリカ」にも出場予定の「久保建英」が、スペインの超名門「レアル・マドリード」への移籍が決定したのです!

レアル・マドリードで輝きを!久保建英の挑戦

2019年、J1リーグで首位を走るFC東京に在籍し、もはや日本でプレーするレベルではなく、海外クラブに移籍するのは、秒読み段階と言われていました。下部組織出身である事から、バルセロナと、4度もの交渉が進められていましたが、折り合いがつかず難航。

 

パリSGなどからも正式オファーがあったようで、動向が注目されていましたが・・・、最終的に射抜いたのは、バルセロナのライバルクラブである「レアル・マドリード」!

レアルと5年契約!当面は3部相当のカスティージャでプレイ

スペインリーグは6月14日現在、オフシーズンとなっていますが、レアル・マドリードは6月に入ってからベルギー代表の「アザール」、セルビア代表「ヨビッチ」、フランス代表「メンディ」を獲得するなど、流石ブランド力と資金力で、各国の代表レベルの選手を補強しまくっていますね。

 

移籍したからといって、いきなり彼らと試合に出れるというわけではなく、当面はスペイン3部リーグとなるカスティージャでプレーする事が決定しているとの事。

f:id:GOSE:20190330225644j:plain

「新ネイマール」「フラメンゴの若き至宝」と名高い18歳の「ヴィニシウス・ジュニオール」は実力が認められ、昨季カスティージャからトップチープ入りし大活躍していましたが、久保建英も同じ道を辿る事が出来るのか大注目ですね。

現状ではレアルが行っている青田買いの1人

レアル・マドリードを始め、世界のビッククラブは将来性を見込んで、10代の選手を早い段階で高額で買い取る「青田買い」の傾向が強くなっていて、日本の至宝とも言える「久保建英」ですが、彼レベルの選手はゴロゴロといるのが、世界とも言えます。

 

上記の「ヴィニシウス・ジュニオール」と境遇は同じように思えますが、彼とは移籍金のレベルが桁違いで、4500万ユーロに対して「久保建英」は200万ユーロ。見込み無しと見られれば容赦なく放出されてしまうでしょう。

 

しかし「久保建英」自身が持つポテンシャルを、レアルはしっかりと評価してくれているようで、「エクセレントなテクニック、優れたスキルとプレービジョン、素晴らしいドリブルとゴールを備えている」と公式サイト上で紹介されています。

f:id:GOSE:20190130204300j:plain

これまで実力はありながら、言葉の壁に遮られ活躍しきれなかった日本人選手は数多くいましたが、「久保建英」自身、スペイン語が理解出来る事も、かなりのアドバンテージかと思います。

 

定石通り、いきなりビッククラブではなく、例えばベルギーリーグや、オランダのエールディヴィジを経由するのも、1つの手だと思いますが、彼の意思を尊重し「レアル・マドリード」で活躍出来る日を楽しみに待ちたいと思います!

 

最後に J1リーグ久保建英 プレー集

スペインリーグより実力が落ちるJ1リーグとはいえ、首位を走るFC東京で堂々のスタメンを張っている「久保建英」のプレー集です。

www.youtube.com

あと少しで、日本で彼のプレーを見られなくなるのは寂しくもありますが、いつの日かレアル・マドリードの一員として、ラ・リーガの舞台で活躍する彼の姿を観たいものです。

 

さてさて、ここまで読んで頂きありがとうございます!

また次回に~(^^)/