GOSE@Jリーグ&海外サッカー情報局

Jリーグのガンバ大阪を中心にサッカーの情報の記事を書いています

20181121210904

コパ・アメリカ2019 若きサムライブルーはチリ戦の大敗に何を見たのか?

f:id:GOSE:20190130204300j:plain

2019年6月18日、「コパ・アメリカ2019」グループリーグC組第1節、日本vsチリ

 

サッカー日本代表にとっても、サポーターにとっても、待ちに待った初陣!生放送で観たかったのですが、日本時間AM8:00からキックオフと、社会人にはかなり厳しい時間帯で、泣く泣く自宅に帰ってからの視聴となりましたが・・

 

結果は「日本 0-4 チリ」と、完全なる敗北!下馬評通りと言えばそうなのですが、残念な気持ちと「将来への希望」が見えた試合内容でした。

コパ・アメリカ 日本vsチリ戦の感想

正直言うとですね、ガチの南米チーム相手に例えフル代表で挑んだとしても、1勝出来るか出来ないかだと思うのですよ。そこに経験値の低い若手主体のチームで挑んでも、余程うまく行かない限りは大量失点で3連敗で帰る形になると思います。

 

ですので、例え負けたとしても、何を得て何処までやれるのかを見る大会だと思っています。

日本代表スタメン

GK 23 大迫敬介(サンフレッチェ広島)

DF 2 杉岡大暉(湘南ベルマーレ) 5 植田直通(サークル・ブルージュ/ベルギー) 14 原輝綺(サガン鳥栖) 16 冨安健洋(シント・トロイデン/ベルギー)

MF 3 中山雄太(ズヴォレ/オランダ) 7 柴崎岳(ヘタフェ/スペイン) 10 中島翔哉(アル・ドゥハイル/カタール) 21 久保建英(FC東京)

FW 9 前田大然(松本山雅FC) 13 上田綺世(法政大学)

f:id:GOSE:20190618212316j:plain

代表チームに選手の拘束権がないので、A代表初となる選手が6人、東京五輪候補が23人中18人と、若手主体のサムライブルーが、南米の強豪国チリに挑む形となります。

チリ代表スタメン

GK:アリアス

DF:イスラ、メデル、マリパン、ボーセジュール

MF:プルガル、アランギス 、ビダル

FW:フエンサリダ、バルガス、サンチェス

f:id:GOSE:20190618212328j:plain

チリ代表のスタメンメンバーは、試合開始5日前に公開されており、11人中8人が前回の優勝メンバーで構成。ベテラン揃いでフレッシュさには欠けますが、3度目の優勝をガチで狙いに来ている布陣。

 

若き日本代表とは、天と地ほどに違う形となりますね。ガチメンバー相手に何処まで戦えるか注目していたのですが・・

完全に力負け!4失点大敗の日本代表について

前半30分過ぎた頃までは両チーム互角とも言える展開で、一進一退の攻防を繰り広げていましたが、まるで準備運動を終えたかのようなチリ代表に立て続けにシュートシーンを演出され、前半41分にセットプレーで日本代表は痛恨の失点。

 

本当に強いチームとの対戦って、互角に見えても細かい部分で明確な差が生まれているんですよねえ。勿論日本代表にも光る部分は多くありましたが、先発のFW上田綺世が再三のチャンスを、尽く外してしまったのは痛かった。

 

1点でも決めてくれていれば・・・とは感じていましたが、Jリーガーでもなく大学生で、まだアマチュアでの経験しかないわけで、デビュー戦が「コパ・アメリカのチリ」ってのは、とんでもない事なんじゃないかと。

Embed from Getty Images

是非この経験を糧に大成していってほしいです!

久保建英のコメントは「ただ勝ちたかった」

今大会の日本代表選手の中で、最も注目され期待されているであろう「久保建英」も自身のドリブルからのシュートで、あわや代表初ゴールというシーンもありましたが不発に終わっています。

 

 まあ今は、逆にこれでいいと思うんですよ。南米の強豪であるチリ相手に、自身の力でチャンスを演出出来ているのですから。

Embed from Getty Images

今回の悔しさをバネに、将来は誰もが驚く活躍をしてくれると信じていますし、応援しています!

 

最後に、敗戦を糧にウルグアイ戦で勝利を!

平均年齢は22.3歳となる日本代表。最初の30分間は「自分達でもやれる!」という気持ちと勝ちにいく姿勢で、一時はチリ代表に警戒感を持たせたのだと思います。

 

しかし前半、後半と失点を重ねていく内に気持ちが沈んでいき、選手達のプレー内容もバラバラになりがちで、お粗末と言わざるを得ないシーンが増えていったように思えます。

 

次戦は、日本時間2019年6月21日AM8:00から行われるウルグアイ戦!

 

チリ戦と同様に苦戦する展開になるかと思いますが、どのように修正し挑むのか楽しみに待ちたいと思います!

 

さてさて、ここまで読んで頂きありがとうございます!

また次回に~(^^)/